BCCKS

login
会員登録

Tokyo TDC 一〇〇〇 データ本 上巻

デザイン

2013.08.14

d本:612 A5変形版 38.2MB

入手数 48

閲覧数 157

タチヨミ数 657

デバイスDL数 58

EPUB DL数 1

本の説明

巨大な文庫シリーズ第二弾「Tokyo TDC一◯◯◯」データ本上巻です。約四半世紀分の世界のトップデザインが一◯◯◯頁の文庫版に収められました。

国際コンペで世界的に注目されるTokyoTDC(東京タイプディレクターズクラブ)の、1990年〜2012年まで22年分の世界的なタイポグラフィ、グラフィック、インタラクティブが凝縮された一冊。好きだったあの広告や、かつてバイブルだったあの雑誌や、未だ出会っていなかったあらゆるデザインが手のひらの中で瞬きます。


《受賞者》※一部抜粋 敬称略 あいうえお順
浅葉克己、井上嗣也、植原亮輔、葛西薫、佐藤可士和、佐藤卓、祖父江 慎、立花文穂、田中一光、中島英樹、中村至男、仲條正義、野田凪、服部一成、渡邉良重、M/M(paris)、Stefan Sagmeister、他。

東京タイプディレクターズクラブ

東京TDC 賞=東京TDC(1987 設立)が、1990 年から現在まで毎年開催している、タイポグラフィ&グラフィックデザインの国際賞。15年前にインタラクティブデザイン、現RGB部門を新設。デザインコンペに応募することの希有な作家が参加するコンペとしても知られ、世界で独自のポジションを築いてきた。

540

クーポンコードをお持ちの方はこちら

このユーザの著書

  • このユーザの著書

    「中平卓馬 一〇〇〇」紙本版販売用の本です。 2003年に横浜美術館で開催された「中平卓馬 原点復帰-横浜」展の準備のさなか、大量の未発表モノクロプリントが発見された。同展で一部が公開されたこの写真群の多くは、自宅のある横浜近郊で撮影され、撮影時期は78 年から80年代終わり頃と思われる。当時中平は毎日、日の出とともに、近所を歩き、自転車を漕ぎ、撮影し、そして自らプリントを焼いていたという。本書は、その膨大なプリントから〈自動車が写っている写真〉もしくは〈自動車も写っている写真〉だけを選出し膨大なページ数に綴じた。世界的に見てもおそらく最も稀有な写真家/批評家の一人である中平卓馬を、言葉ではなく写真から読み解くことを試みた写真集である。編集・構成=松本弦人

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    3,640円
    購入

    中平卓馬 一〇〇〇 紙本版

    中平卓馬著

    一〇〇〇bunko発行

    データ本:無料

    紙本:3,640円

  • このユーザの著書

    「宇川直宏 一〇〇〇」紙本版販売用の本です。 既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、最も自由な表現活動を行う希有なアーティスト宇川直宏。その創造性は彼を取り巻くすべてを対象とし、現代美術作家としてだけではなく、メディアレイピスト、VJ、DJ、デザイナー、文筆家、アートディレクター、大学教授と、フリースタイルでジャンルを横断する。気鋭・巨匠とのコラボレーションは枚挙に遑が無く、アートディレクションはボアダムズからブルガリまで、VJ共演はジェフ・ミルズからメルツバウまで、執筆はニコラ・テスラ概論から石立鉄男研究までと、幅広く多岐に渡る。2010年には日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」を個人で開局し、記録的なビューワー数で国内外にて話題を呼ぶ。 巨大な文庫「一〇〇〇本」シリーズ第三弾『宇川直宏 一〇〇〇』は、署名者の知名度や希少価値によって価値変動をみせる「サイン色紙」の世界に斬り込んだ『宇川直宏/UKAWA'S TAGS FACTORY!!!!!!!!!!(完結編)/1000 Counterfeit Autograph!!!!!!!!!!』(2014年/山本現代)のカタログであり、初めてサインをおねだりされてとっさに横尾忠則と描いたことから始まる、筆跡憑依者宇川直弘約20年間の記録である。 全方位的鬼才宇川直弘を一〇〇〇頁ゆえに捉え獲られた荒唐無稽な一冊!!!!!!!

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    3,640円
    購入

    宇川直宏 一〇〇〇 紙本版

    宇川直宏著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:無料

    紙本:3,640円

  • このユーザの著書

    Nadiff「一〇〇〇本トーク」vol.2「写真と写真集」。 初めてのオナニーがヘルムート・ニュートンで小学生にして2年間の登校拒否時に父親の事務所の写真集にまみれて過ごした町口覚。 高卒でデザイン事務所のペーペーを何件も渡り歩き(生意気だから即クビ)独立した90年以降、国内外の写真と写真家そのもへの関わりを意識した本づくりを重ねてきた中島英樹。 日本を代表する造本家二人の大きな違いと大いなる共通点が見え隠れした2時間30分超えの濃密な鼎談を冊子にまとめました。 人生、踏み外してナンボです。

    データ本
    216円
    購入
    読む
    紙の本
    購入

    一〇〇〇トーク vol.2 中島英樹×町口覚×松本弦人

    一〇〇〇BUNKO著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:216円

  • このユーザの著書

    巨大な文庫シリーズ第二弾「Tokyo TDC一◯◯◯」データ本下巻です。約四半世紀分の世界のトップデザインが一◯◯◯頁の文庫版に収められました。 国際コンペで世界的に注目されるTokyoTDC(東京タイプディレクターズクラブ)の、1990年〜2012年まで22年分の世界的なタイポグラフィ、グラフィック、インタラクティブが凝縮された一冊。好きだったあの広告や、かつてバイブルだったあの雑誌や、未だ出会っていなかったあらゆるデザインが手のひらの中で瞬きます。

 《受賞者》※一部抜粋 敬称略 あいうえお順
浅葉克己、井上嗣也、植原亮輔、葛西薫、佐藤可士和、佐藤卓、祖父江 慎、立花文穂、田中一光、中島英樹、中村至男、仲條正義、野田凪、服部一成、渡邉良重、M/M(paris)、Stefan Sagmeister、他。

    データ本
    540円
    購入
    読む
    紙の本
    購入

    Tokyo TDC 一〇〇〇 データ本 下巻

    Tokyo Type Directors Club著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:540円

  • このユーザの著書

    巨大な文庫シリーズ第二弾「Tokyo TDC一◯◯◯」紙本版です。約四半世紀分の世界のトップデザインが一◯◯◯頁の文庫版に収められました。 国際コンペで世界的に注目されるTokyoTDC(東京タイプディレクターズクラブ)の、1990年〜2012年まで22年分の世界的なタイポグラフィ、グラフィック、インタラクティブが凝縮された一冊。好きだったあの広告や、かつてバイブルだったあの雑誌や、未だ出会っていなかったあらゆるデザインが手のひらの中で瞬きます。

 《受賞者》※一部抜粋 敬称略 あいうえお順
浅葉克己、井上嗣也、植原亮輔、葛西薫、佐藤可士和、佐藤卓、祖父江 慎、立花文穂、田中一光、中島英樹、中村至男、仲條正義、野田凪、服部一成、渡邉良重、M/M(paris)、Stefan Sagmeister、他。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    3,456円
    購入

    Tokyo TDC 一〇〇〇 紙本版

    Tokyo Type Directors Club著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:無料

    紙本:3,456円

  • このユーザの著書

    「町口覚一〇〇〇」データ本の第二巻! 森山大道をはじめとする写真集、アートブックのデザインを手掛け、90年代以降の日本写真史を代表する作品にも多数関わってきたマッチ&カンパニー主宰、デザイナー・町口覚。デザインのみならず、自身が編集、出版を手掛ける出版レーベル「M」「M Light」「MMM」では、現在までに34冊を出版し、世界最大のフォトマーケット・PARIS PHOTOに毎年出展し好評を博しています。 巨大な文庫「一〇〇〇本」シリーズ第一弾、『町口覚一〇〇〇』は、町口覚が選びぬいた戦後の写真集38冊の複写を、1024頁という暴力的ボリュームに刷り込んだ、まさに「写真集の写真集」。本のオブジェクトな存在感に圧倒されつつ、頁をめくると、濱谷浩「雪国」(1956年)、ウィリアム・クライン「NEW YORK」(1956年)、石元泰博「ある日ある所」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)と、次々と写真集のディティールや印刷面がダイジェストにたち顕れる。戦後から2012年に至る写真出版史をヴィジュアライズした、他に類をみない1冊です。

    データ本
    324円
    購入
    読む
    紙の本
    購入

    町口覚 一〇〇〇 データ本2

    町口覚著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:324円

  • このユーザの著書

    「町口覚一〇〇〇」データ本の第三巻! 森山大道をはじめとする写真集、アートブックのデザインを手掛け、90年代以降の日本写真史を代表する作品にも多数関わってきたマッチ&カンパニー主宰、デザイナー・町口覚。デザインのみならず、自身が編集、出版を手掛ける出版レーベル「M」「M Light」「MMM」では、現在までに34冊を出版し、世界最大のフォトマーケット・PARIS PHOTOに毎年出展し好評を博しています。 巨大な文庫「一〇〇〇本」シリーズ第一弾、『町口覚一〇〇〇』は、町口覚が選びぬいた戦後の写真集38冊の複写を、1024頁という暴力的ボリュームに刷り込んだ、まさに「写真集の写真集」。本のオブジェクトな存在感に圧倒されつつ、頁をめくると、濱谷浩「雪国」(1956年)、ウィリアム・クライン「NEW YORK」(1956年)、石元泰博「ある日ある所」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)と、次々と写真集のディティールや印刷面がダイジェストにたち顕れる。戦後から2012年に至る写真出版史をヴィジュアライズした、他に類をみない1冊です。

    データ本
    324円
    購入
    読む
    紙の本
    購入

    町口覚 一〇〇〇 データ本3

    町口覚著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:324円

  • このユーザの著書

    「町口覚一〇〇〇」紙本版販売用の本です。 森山大道をはじめとする写真集、アートブックのデザインを手掛け、90年代以降の日本写真史を代表する作品にも多数関わってきたマッチ&カンパニー主宰、デザイナー・町口覚。デザインのみならず、自身が編集、出版を手掛ける出版レーベル「M」「M Light」「MMM」では、現在までに34冊を出版し、世界最大のフォトマーケット・PARIS PHOTOに毎年出展し好評を博しています。 巨大な文庫「一〇〇〇本」シリーズ第一弾、『町口覚一〇〇〇』は、町口覚が選びぬいた戦後の写真集38冊の複写を、1024頁という暴力的ボリュームに刷り込んだ、まさに「写真集の写真集」。本のオブジェクトな存在感に圧倒されつつ、頁をめくると、濱谷浩「雪国」(1956年)、ウィリアム・クライン「NEW YORK」(1956年)、石元泰博「ある日ある所」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)と、次々と写真集のディティールや印刷面がダイジェストにたち顕れる。戦後から2012年に至る写真出版史をヴィジュアライズした、他に類をみない1冊です。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    3,456円
    購入

    町口覚 一〇〇〇 紙本版

    町口覚著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:無料

    紙本:3,456円

  • このユーザの著書

    「町口覚一〇〇〇」データ本の第四巻! 森山大道をはじめとする写真集、アートブックのデザインを手掛け、90年代以降の日本写真史を代表する作品にも多数関わってきたマッチ&カンパニー主宰、デザイナー・町口覚。デザインのみならず、自身が編集、出版を手掛ける出版レーベル「M」「M Light」「MMM」では、現在までに34冊を出版し、世界最大のフォトマーケット・PARIS PHOTOに毎年出展し好評を博しています。 巨大な文庫「一〇〇〇本」シリーズ第一弾、『町口覚一〇〇〇』は、町口覚が選びぬいた戦後の写真集38冊の複写を、1024頁という暴力的ボリュームに刷り込んだ、まさに「写真集の写真集」。本のオブジェクトな存在感に圧倒されつつ、頁をめくると、濱谷浩「雪国」(1956年)、ウィリアム・クライン「NEW YORK」(1956年)、石元泰博「ある日ある所」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)と、次々と写真集のディティールや印刷面がダイジェストにたち顕れる。戦後から2012年に至る写真出版史をヴィジュアライズした、他に類をみない1冊です。

    データ本
    324円
    購入
    読む
    紙の本
    購入

    町口覚 一〇〇〇 データ本4

    町口覚著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:324円

  • このユーザの著書

    森山大道をはじめとする写真集、アートブックのデザインを手掛け、90年代以降の日本写真史を代表する作品にも多数関わってきたマッチ&カンパニー主宰、デザイナー・町口覚。デザインのみならず、自身が編集、出版を手掛ける出版レーベル「M」「M Light」「MMM」では、現在までに34冊を出版し、世界最大のフォトマーケット・PARIS PHOTOに毎年出展し好評を博しています。 巨大な文庫「一〇〇〇本」シリーズ第一弾、『町口覚一〇〇〇』は、町口覚が選びぬいた戦後の写真集38冊の複写を、1024頁という暴力的ボリュームに刷り込んだ、まさに「写真集の写真集」。本のオブジェクトな存在感に圧倒されつつ、頁をめくると、濱谷浩「雪国」(1956年)、ウィリアム・クライン「NEW YORK」(1956年)、石元泰博「ある日ある所」(1958年)、ロバート・フランク「THE AMERICANS」(1958年)と、次々と写真集のディティールや印刷面がダイジェストにたち顕れる。戦後から2012年に至る写真出版史をヴィジュアライズした、他に類をみない1冊です。

    データ本
    324円
    購入
    読む
    紙の本
    購入

    町口覚 一〇〇〇 データ本1

    町口覚著

    一〇〇〇BUNKO発行

    データ本:324円

  • このユーザの著書

    「TOKYO DESIGNERS WEEK 2012 伊藤若冲展」松本弦人出展作品のダイジェスト版です。近く立ち上げる「一〇〇〇本」シリーズの番外編です。会場では実際の「一〇〇〇本」をご覧いただけますが入場料が高いです。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    購入

    伊藤若冲一〇〇〇ダイジェスト版

    松本弦人著

    一〇〇〇本編集部発行

    データ本:無料

  • このユーザの著書

    一〇〇〇本概要公開版

    松本弦人著

    一〇〇〇本編集部発行

    1000ページの文庫本シリーズ「一〇〇〇本」の概要です。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    購入

    一〇〇〇本概要公開版

    松本弦人著

    一〇〇〇本編集部発行

    データ本:無料

みんなの書評

本を入手していないと書評は書けません。