This is my DRAMA

MIYAI FILM

This is my DRAMA

MIYAI FILM

冊数 3

紙本 1

更新 2014.04.07

ジャンル その他1 エッセイ2

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『キラキラ Sparkling』

    KOHEI.MIYAI著

    MIYAI FILM発行

    その他

    2014.02.24

    d本:130㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 62

    レビュー 0

    データ本

    1,100円

    紙本

    1,100円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ある一匹の蜘蛛のお話。 孤独な彼の毎日は、獲物を包み、眠り、 時折、空に浮かぶ「くも」に憧れるだけだった。 ある日の明け方、 美しい羽を持つ獲物との出会いから、 彼は、自分が「生まれた意味」を理解していく・・・。 この「絵本」にはまだ「絵」がありません。 今後、色んな人に、それぞれのイメージを描いてもらおうと思ってます。 完成次第、一冊一冊発表出来ればと思っています。 絵を描いてくれる人も募集してます。 「子供も大人も好きな本」 「読んで英語が学べる本」 「読んで日本語が学べる本」 「読んで何かが学べる本」 「寂しい時に読みたくなる本」 「嬉しい時は本棚にある本」 「誰かにあげたくなる本」 「持ってることを内緒にしたい本」 「別に、まあなんとなく好きな本」 誰かのそういう一冊になりたいものです。 ※こちらの作品は、紙本のレイアウトを重視して作られています。 データ版・EPUB版をデバイスで表示する際、読みづらい可能性がございますが、御了承下さい。

    データ本
    1,100円
    購入
    紙の本
    1,100円
    購入

    『キラキラ Sparkling』

    KOHEI.MIYAI著

    MIYAI FILM発行

    その他

    -

    ある一匹の蜘蛛のお話。
    孤独な彼の毎日は、獲物を包み、眠り、
    時折、空に浮かぶ「くも」に憧れるだけだった。
    ある日の明け方、
    美しい羽を持つ獲物との出会いから、
    彼は、自分が「生まれた意味」を理解していく・・・。


    この「絵本」にはまだ「絵」がありません。
    今後、色んな人に、それぞれのイメージを描いてもらおうと思ってます。
    完成次第、一冊一冊発表出来ればと思っています。
    絵を描いてくれる人も募集してます。

    「子供も大人も好きな本」
    「読んで英語が学べる本」
    「読んで日本語が学べる本」
    「読んで何かが学べる本」
    「寂しい時に読みたくなる本」
    「嬉しい時は本棚にある本」
    「誰かにあげたくなる本」
    「持ってることを内緒にしたい本」
    「別に、まあなんとなく好きな本」

    誰かのそういう一冊になりたいものです。


    ※こちらの作品は、紙本のレイアウトを重視して作られています。
    データ版・EPUB版をデバイスで表示する際、読みづらい可能性がございますが、御了承下さい。

    データ本:1,100円

    紙本:1,100円

  • 『らいおんのため息』

    KOHEI.MIYAI著

    MIYAI FILM発行

    エッセイ

    2014.04.07

    d本:28㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ユートピアがあると言う。 ないことは知ってる。 行ってみる価値はある・・・。 ※こちらの作品のデータ本のレイアウトは、iPhoneでの表示に最適化されています。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『らいおんのため息』

    KOHEI.MIYAI著

    MIYAI FILM発行

    エッセイ

    -

    ユートピアがあると言う。
    ないことは知ってる。
    行ってみる価値はある・・・。


    ※こちらの作品のデータ本のレイアウトは、iPhoneでの表示に最適化されています。

    データ本:無料

  • 『俺が眠っていた間』

    KOHEI.MIYAI著

    MIYAI FILM発行

    エッセイ

    2014.01.30

    d本:24㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    俺が眠っていた間の出来事・・・だと思います。 ※こちらの作品のデータ本のレイアウトは、iPhoneでの表示に最適化されています。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『俺が眠っていた間』

    KOHEI.MIYAI著

    MIYAI FILM発行

    エッセイ

    -

    俺が眠っていた間の出来事・・・だと思います。


    ※こちらの作品のデータ本のレイアウトは、iPhoneでの表示に最適化されています。

    データ本:無料

KOHEI.MIYAI

1981/12/16 
大阪生まれ 京都育ち 東京在住
何かを書く時にはいつも、その映像を思い浮かべて書きます。
いつか文字が形になって動き出したら、そこで初めて伝わることもあるかなと。[MIYAI FILM]には、そんなささやかな企みも込めてます。誰かに読んでもらう時には「きっと、【あなたの想像は、私の創造を超えて行く。】」という想いも一緒に手渡せるようにと思ってます。
これからも頑張ります。いつもありがとう。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • カンボジアの水は澄んでいる

      【人生を前向きに生きていくためのヒントを探す滞在記】 《 カンボジアの価値観を見れば自分の価値観が見えてくる⁈ 》 ========== バーテンダーとして働いていた俺は伸び悩んでいた 「価値」とはなんかのか たくさんの人を幸せに出来るスーパー接客マスターになるためには何が必要なのか? そのヒントを得るための第一歩として、縁もゆかりもない異国の地 カンボジア シェムリアップへとやってきた カンボジアの歴史や文化、人々と触れ合い、そこにある価値観や様々な問題と向き合う中で日々成長していく自分 旅を終えた時、その先に見えた価値観とは⁈ ========== この作品は21つのエピソードと共にシェムリアップの情報や写真なども盛り込んだシェムリアップ旅エッセイです

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      840円
      購入
    • yoron color ~与論島旅写真集~

      鹿児島最南端の島「与論島」 この島には、素朴で温もりのある輝く風景が広がっています この作品はヨロンブルーをはじめ、ビーチや自然などの風景を 独自の視点で切り取った与論島旅写真集です。 「探し求めた色がある。」 キラキラしたヨロン色をぜひ ※この作品の売り上げの一部はヨロン島サンゴ礁基金に寄付させて頂きます

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      1,223円
      購入
    • かーそる 2016年11月号

      2017年1月13日更新 2017.01.13 誤字修正 ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の創刊号です。 目次 ■特集1:脱知的生産の技術 ・知的よ、サラバ(倉下忠憲) ・知的はライフの中にある(Tak.) ・「技術」から「技道」へ(ruu_embo) ・技術ということ、生産ということ(いっき) ・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki) ・人間の条件?(Go Fujita) ・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa) ・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw) ■特集2:私と知的生産の技術 ・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita) ・知的生産の原風景(Tak.) ・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa) ・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo) ・書いてから、書く。(choiyaki) ・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲) ・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき) ■コラム ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita) ・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲) ■巻末のあれこれ ≪刺激剤としての読書案内≫ ≪執筆者一覧≫ ≪Editor's sound≫

      データ本
      814円
      購入
      紙の本
      1,760円
      購入
    • かーそる 2017年7月号

      ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の第二号です。 目次 ■特集:書く道具と書く動機 前半 ・ポメラを九年使って、僕が考えたこと(Hibiki Kurosawa) ・たくらみの暖炉(いっき) ・心地よく書くために。書きだす前にできるちょっとした工夫。(ruu_embo) ・「書く」の向こうに待つもの(choiyaki) ・文章スケッチを楽しむ(Go Fujita) ・文章を効率的に書く方法(倉下忠憲) ・黒歴史は動機だったのか道具だったのか(Tak.) ■インタビュー:シェイクとスイングの向こう側へ ■特集:書く道具と書く動機 後半 ・書く。整える、共感。(ruu_embo) ・微小パルスの水路(いっき) ・道具にひきだされる「こだわり」の味わい(choiyaki) ・道具としての雑多、動機としての雑多(Tak.) ・シンプルは武器になる(Go) ・テレビのようなメカニズム(Hibiki Kurosawa) ■執筆の現象学(倉下) ■ひびきあい ・境界のない議論 はじめに(Go)] ・「かーそる」読書日記⑦ Go Fujitaさんの章 子どもの知的生産の技能を,学校,家庭,地域社会で育てる(Lyustyle) ・忘れてしまうぼくたちが忘れないために(Go) ・境界のない議論 さぁしごとしよう(Go) ■コラム ・アルテさんのブックガイド 『思考のエンジン』(倉下) ・「万年筆インク紙」片岡義男 (ruu) ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go) ■巻末のあれこれ ・≪刺激剤としての読書案内≫ ・≪執筆者一覧≫ ・≪Editor's sound≫

      データ本
      814円
      購入
      紙の本
      1,760円
      購入