Dynamo Publishing

BOOKS ダイナモ

Dynamo Publishing

BOOKS ダイナモ

冊数 3

紙本 2

更新 2014.12.16

ジャンル コミック1 絵本1 ノンフィクション1

このエントリーをはてなブックマークに追加

CG制作スタジオ、ダイナモピクチャーズが運営しています。


内外の作家、クリエーター、アーティストが手掛けるノンフィクション・絵本・漫画・小説・写真集など、ジャンルを問わず、取り扱います。

  • d本:50㌻ A5変形版

    紙本:48㌻ A5変形版 カラー

    -

    販売数 13

    レビュー 1

    データ本

    216円

    紙本

    1,500円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    父の転勤で宮本町に引越してきたまちこ。初登校を明日に控えたまちこは気持ちが高鳴ってなかなか寝付けない。幼いころ製鉄所で自分を救ってくれた『センパイ』が宮本高校の学生だったのだ。 食パン少女宮本まちこPV 『拝啓センパイ様』 http://youtu.be/qTFTzaE2UuE

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    1,500円
    購入

    『食パン少女 宮本まちこ』

    原作 谷中ナモ 漫画 熊谷雄太 著

    DYNAMO Publishing発行

    コミック

    -

    父の転勤で宮本町に引越してきたまちこ。初登校を明日に控えたまちこは気持ちが高鳴ってなかなか寝付けない。幼いころ製鉄所で自分を救ってくれた『センパイ』が宮本高校の学生だったのだ。

    食パン少女宮本まちこPV 『拝啓センパイ様』
    http://youtu.be/qTFTzaE2UuE

    データ本:216円

    紙本:1,500円

  • 『パトの小旅行』

    牧野 謙著

    DYNAMO Publishing発行

    絵本

    2014.08.21

    d本:50㌻ 10inch版

    紙本:48㌻ 10inch版 カラー

    -

    販売数 5

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    1,500円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    パトの小旅行

    牧野 謙著

    DYNAMO Publishing発行

    沖縄で迷子になったパト。 行き当たりばったり、のんびり1人旅。 https://www.youtube.com/channel/UC0M0pv-6JeVnmOsd-jqANfg

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,500円
    購入

    『パトの小旅行』

    牧野 謙著

    DYNAMO Publishing発行

    絵本

    -

    沖縄で迷子になったパト。
    行き当たりばったり、のんびり1人旅。
    https://www.youtube.com/channel/UC0M0pv-6JeVnmOsd-jqANfg

    データ本:無料

    紙本:1,500円

  • 『「青馬」と過ごした物語』

    中野壽美著

    DYNAMO Publishing発行

    ノンフィクション

    2015.02.18

    d本:44㌻ 文庫版

    -

    レビュー 4

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2014年7月28日更新 見開き画像を追加しました。 立ち読みで全頁読めるようにしました。 ………………………… 2014年7月16日更新 挿絵を追加しました。 ………………………… 筆者である中野寿美は青森県津軽地方、岩木山のふもとで生まれ育った。 戦後間もない日本復興の時代、1頭の馬が家族のために働いて一家の暮らしを支えていた。 馬の名前は「青馬(アオ)」。 アオは来る日も来る日も休む事なく、山で伐採された杉の木を運ぶ仕事を手伝っていた。 アオと悲しい別れをしたのは今から60年近く前、寿美が小学校2年生の時だったー。 戦後間もない不自由で物の無い時代、子供だった寿美たちに白いご飯をおなか一杯食べさせたアオ。 その為にアオは辛く苦しい、最も過酷な仕事を引き受けて働いた。 馬と人間との繋がりを描く、感動の実話物語。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『「青馬」と過ごした物語』

    中野壽美著

    DYNAMO Publishing発行

    ノンフィクション

    -

    2014年7月28日更新
    見開き画像を追加しました。
    立ち読みで全頁読めるようにしました。
    …………………………
    2014年7月16日更新
    挿絵を追加しました。
    …………………………
    筆者である中野寿美は青森県津軽地方、岩木山のふもとで生まれ育った。
    戦後間もない日本復興の時代、1頭の馬が家族のために働いて一家の暮らしを支えていた。
    馬の名前は「青馬(アオ)」。
    アオは来る日も来る日も休む事なく、山で伐採された杉の木を運ぶ仕事を手伝っていた。
    アオと悲しい別れをしたのは今から60年近く前、寿美が小学校2年生の時だったー。

    戦後間もない不自由で物の無い時代、子供だった寿美たちに白いご飯をおなか一杯食べさせたアオ。
    その為にアオは辛く苦しい、最も過酷な仕事を引き受けて働いた。

    馬と人間との繋がりを描く、感動の実話物語。

    データ本:無料

株式会社ダイナモピクチャーズ

CG制作会社として、前身の会社を含めると20年以上の歴史があります。映画・テレビ・CM・アニメ・遊技機・コンサート映像といった幅広い分野の仕事で鍛えられた制作力を活かし、今後、オリジナル作品の企画開発にも積極的に挑戦します。

運営

株式会社ダイナモピクチャーズ

http://www.dynapix.co.jp

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 「彼女は金切声です。いけませんか?」

       栞鋏 凛声(しおりはさみ りんせい)は、ある事件を切っ掛けに人前で喋ることが出来なく成っておりました。  彼女は、黒板を爪で引っ掻くような耳障りな声で喋るのです。  一緒に暮らす叔母以外に、声を出して話す事が出来る相手はおらず、日常的な意思疎通の方法は筆談でした。  故に、彼女に友達などが出来ようもなく、ましてや恋など無理だと考えておりました。  その奇声の為、彼女が誤って声を発しようものなら、それを耳にした皆に忌み嫌われるのがオチでありました。  けれども、黙ってニコニコ笑ってさえいれば、平穏に暮らせるのだと、彼女は理解しておりました。  彼女は、いつも物静かに黙って微笑むだけで、自ら話し掛ける事など、今後無いのだと考えておりました。  けれども、彼女の問題はもっと深刻でありました。  彼女の声は、鐵すらも斬り裂く……まさに金切声。  その見えない刄は、彼女に悲しみだけを与えました。  あの娘(こ)と出会うまでは…… 「あの娘が金(財力)で私を守ってくれるって云うから…… 私は、声(金切声)であの娘の事を守れたら良いのに……そう思ったよ」  彼女は、残酷な運命を背負いながらも、明治から大正時代を健気に生きる。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • FishBowl プロローグ

      『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』 売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として 生まれた《僕》 のちに彼は 性転換者の陶芸家や、書けない小説家、 若くして才能豊かな劇作家、 父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹 などとともに 暮らすようになります―― 『プロローグ』においては、 これからはじまる長い物語を前に 《僕》がこれを書くことになった 幾つかの動機が提示されます。 すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、 よりわかりやすい動機も含まれます。 最もわかりやすいのは―― 『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。 それを縦軸にして、また 数多の人々が横軸となり、 物語は進んでいきます。 「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。 ………………………… 2017年9月11日更新 一部改訂 句読点整理 2017年4月4日更新 誤字訂正 句読点整理 2016年10月16日更新 一部訂正 2016年8月17日更新 改頁の訂正

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      940円
      購入
    • 木を伐る

      『私は自分がなにを考え、それをどうこの人に伝えようとしているか不安になった。雨は窓にあたった。私は川を思った。記憶にある川の光景を思い浮かべていた』 突然、義母と暮らすことになった《私》 義母は自分の部屋の窓を覆う大きな木のことで、毎日夫に文句を言ってくる。 《私》は極力それに関わらないようにしているのだが―― 林檎、川の奔流、雨、風、大きな木 幾つかのイメージが重なっていき、 最後に、それが切って落とされるような感じに書いてみました。 ある意味では、怖い話かもしれません。 あるいは、《怖いこと》というのは 主に家庭内で醸成されるものだというのを 示しているものだと思います。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 彼方に吹く風

      彼方に吹く風

      吉田航著

      月夜と少年発行

      芸術は、この世界においてまだ有効な表現活動となりえるのでしょうか。半ば何かにすがるように、身近にいるアーティスト達に「100年後の未来に残したいモノは何か?」と聞き始めたのです。 9名のアーティスト達のインタビューと、尾道市光明寺會舘で行われた展覧会と滞在制作の様子をまとめたドキュメントブック。

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      1,597円
      購入