自作ノベルを紹介しています

ひいらぎ書店

自作ノベルを紹介しています

ひいらぎ書店

冊数 4

紙本 4

更新 2017.06.20

ジャンル 文芸4

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『太陽と傀儡のマドンナ 上』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    2017.06.08

    d本:226㌻ 文庫版

    紙本:256㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 3

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,404円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私立英美学園に転校してきた凪は、美しい姉妹に出会う。妹の那波に心惹かれるうちに、姉妹の秘密に触れていく。学園ファンタジー。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,226円
    購入

    『太陽と傀儡のマドンナ 上』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    -

    私立英美学園に転校してきた凪は、美しい姉妹に出会う。妹の那波に心惹かれるうちに、姉妹の秘密に触れていく。学園ファンタジー。

    データ本:無料

    紙本:1,404円

  • 『太陽と傀儡のマドンナ 下』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    2017.06.08

    d本:226㌻ 文庫版

    紙本:224㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 3

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,307円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私立英美学園に転校してきた凪は、美しい姉妹に出会う。妹の那波に心惹かれるうちに、姉妹の秘密に触れていく。学園ファンタジー。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,144円
    購入

    『太陽と傀儡のマドンナ 下』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    -

    私立英美学園に転校してきた凪は、美しい姉妹に出会う。妹の那波に心惹かれるうちに、姉妹の秘密に触れていく。学園ファンタジー。

    データ本:無料

    紙本:1,307円

  • 『不完全な舞姫と虚飾の貴公子 上』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    2017.05.24

    d本:172㌻ 文庫版

    紙本:224㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 6

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,307円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    呼結高校に通う美鈴はある日、卒業までお小遣いなしと父親から通達される。その理由が定かでない中、同級生の白夜から彼の身に起きる不可思議な現象を解決するように依頼される。二人は謎を追ううちに、はるか昔千年も前の恋に翻弄され始める。ちょっと不思議なラブストーリー

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,144円
    購入

    『不完全な舞姫と虚飾の貴公子 上』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    -

    呼結高校に通う美鈴はある日、卒業までお小遣いなしと父親から通達される。その理由が定かでない中、同級生の白夜から彼の身に起きる不可思議な現象を解決するように依頼される。二人は謎を追ううちに、はるか昔千年も前の恋に翻弄され始める。ちょっと不思議なラブストーリー

    データ本:無料

    紙本:1,307円

  • 『不完全な舞姫と虚飾の貴公子 下』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    2017.05.24

    d本:206㌻ 文庫版

    紙本:256㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 5

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,404円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    呼結高校に通う美鈴はある日、卒業までお小遣いなしと父親から通達される。その理由が定かでない中、同級生の白夜から彼の身に起きる不可思議な現象を解決するように依頼される。二人は謎を追ううちに、はるか昔千年も前の恋に翻弄され始める。ちょっと不思議なラブストーリー

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,226円
    購入

    『不完全な舞姫と虚飾の貴公子 下』

    青木 柊子著

    ひいらぎ出版発行

    文芸

    -

    呼結高校に通う美鈴はある日、卒業までお小遣いなしと父親から通達される。その理由が定かでない中、同級生の白夜から彼の身に起きる不可思議な現象を解決するように依頼される。二人は謎を追ううちに、はるか昔千年も前の恋に翻弄され始める。ちょっと不思議なラブストーリー

    データ本:無料

    紙本:1,404円

青木 柊子

せつない小説おいてます/ファンタジー要素のある小説に興味あり

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • インディーズ作家の生きる道

       Do It Yourself.  言うは易く行うは難し。自分で「やる」道も「やらない」道もある。  誰もが「publisher」になれる時代とはいえ、出版へ至る企画・執筆・編集・校正・制作・流通・宣伝などのプロセスすべてを「自分でやる」ハードルはそれなりに高い。時間は誰にとっても平等で、限りのある資源だ。  既存の商業流通を離れたところにどんな道があるのか、なぜその道を選ぶのか。ともに「書く」ことを仕事としながら、いまは「やらない」道を選んだまつもとあつし氏と、「やる」道を選んだ倉下忠憲氏。進む方角は違えど、それぞれの信じた道だ。二人の語る言葉は、きっと道しるべとなる! ●まつもとあつし 『僕がセルフパブリッシングできてない理由』 (初出:『月刊群雛』2014年05月号) ●倉下忠憲『星空とカレイドスコープ ~セルフパブリッシング作家の多様な存在可能性~』 (初出:『月刊群雛』2014年07月号) 伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      827円
      購入
    • かーそる 2016年11月号

      2017年1月13日更新 2017.01.13 誤字修正 ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の創刊号です。 目次 ■特集1:脱知的生産の技術 ・知的よ、サラバ(倉下忠憲) ・知的はライフの中にある(Tak.) ・「技術」から「技道」へ(ruu_embo) ・技術ということ、生産ということ(いっき) ・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki) ・人間の条件?(Go Fujita) ・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa) ・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw) ■特集2:私と知的生産の技術 ・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita) ・知的生産の原風景(Tak.) ・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa) ・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo) ・書いてから、書く。(choiyaki) ・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲) ・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき) ■コラム ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita) ・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲) ■巻末のあれこれ ≪刺激剤としての読書案内≫ ≪執筆者一覧≫ ≪Editor's sound≫

      データ本
      800円
      購入
      紙の本
      1,485円
      購入
    • 幸せになってね小百合さん

      新聞を開くと毎日のように凶悪な事件が掲載されていた。姑息な手段で資産をため込む輩の記事も目に余った。小百合さんはそんな記事に目を通しながら世知辛い世の中を憂いていた。ある日、小百合さんは持病の片頭痛に顔を歪めた。片頭痛の痛みは一瞬だった。痛みが去ると小百合さんはとても穏やかな気分に満たされ、我知らずフッと唇の先を震わすのが癖になっていた。その日も片頭痛が小百合さんを襲った。小百合さんはグッと歯を食いしばり激痛を堪えた。痛みが去りとても安寧な気分に満たされフッと口もとを綻ばせた小百合さんの双眸がギラッと光った。 慎ましくお淑やかな小百合さんと穏やかな性分の敏行は一大決心しました。そんなふたりを決して笑ったりしないでください。ふたりはとても真剣なのですから。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,284円
      購入
    • よわむしコギツネゴンのちょうせん

      走ってもジャンプしても、いつもいちばんびりびりのゴンは、友だちから『いつもいちばんびりの、びりびりびっけ、びりびっけ』と、あだ名で呼ばれていました。 ゴンは、びっけびっけとあだ名で呼ばれるのが、ほんとうは、とてもいやだったのですが『しかたがないや、ボクはなにをしても、いちばんびりの、びりびりのびっけ…びりだから』と、思っていました。 そんなある日のことでした。 ゴンは草原の王様、ライオンにおいかけられました。にげ回るゴンの目の前に、とつぜん地球がパカーンとふたつに割れたような大きくて深い谷があらわれました。 谷の底にはからだがぜんぶ口みたいな怪獣がいて、谷におちたらさいご、ライオンでもゾウでもキリンでもペロッと一飲みにしてしまう。といわれていました。 「どうしよう…どうしよう…」 ゴンは谷を越える自信がありませんでした。 ゴンは谷を前にしてブルブルとふるえていましたが、ふっと、『おまえはね。ほんとうはなんでもできるつよいコギツネなんだよ。ただ、おまえができない。できっこない。と、じぶんで思っているだけなんだよ』と、いつかお母さんがいっていたことを思いだしました。 「よしっ!」 くちびるをギュッとむすんだゴンは、ゆうき、おもいきりゆうきをだして谷越に挑戦しました。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      705円
      購入