隙間の書店

どらまぁる

隙間の書店

どらまぁる

冊数 0

紙本 0

更新 2021.04.25

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 現在販売停止中です。

     クリスタルな世界への足掛かりとなる三部作。

    「スペンサー」は童話の王道のスタイルを継承しつつ、ステッピングストーンとしての重要な役割を担う小品。「しつらいの風」から「クリスタル」へと読み解く鍵となるでしょう。
    「しつらいの風」は中篇の小説です。そしてまた三部作の中編でもあります。作者の半生を基に綴られた旅物語。1960年代カウンターカルチャーの波に運ばれてインドへと旅立った音楽家が、世界の在り様を体現しようと道を求めて行く話です。ブルーズやロック、ジャズが、暗黒舞踏が、ヒッピーが、オーストラリアン・アボリジニ、インドのグルやヨーギが、そして超意識で世界を認識しようとする武術家がクリスタルな世界への布石となって登場します。
     その「クリスタル」。「スペンサー」と同じく小品で、童話として書かれています。作者が何故この作品を三部作の最後に据えたかは、読後にほんのちょっと思いを巡らせてみて下さい。そしてこれら三作品が、あなたをクリスタルな世界へ導いてくれるようにと願っています。

  • どらまぁるお勧め!

  •  何もかもがデジタル化して行く現代。人間がテクノロジーの隷属となるであろう近未来を見据えて、人間の営みを根底から見つめ直し、世界とどの様に接して行くかが問い質されています。今迄の世界観では推し量れない現実を突き付けられ、何が出来るのかさえもスタートラインに戻されたと言えましょう。
     我々の「意識」の在り様を垣間見させる『しつらいの風』は、答えとは言えないまでも示唆するに十分な内容だと言えます。(どらまぁる書店主)

  • クラシック童話とアヴァンギャルド童話

     巷には幾つか童話のコンペティションがあります。その中のあるコンペでの優秀作以下入選した作品を読みますと「なぜこんなものが?」と、?マークが幾つあっても足らない程の内容です…当該者さん、悪気はありません。コンピュータが選んでいるのではないでしょうから、当然、主催者の考えとそれに準ずる選考委員の質によるものなのでしょう。
    「昔は良かった」とは何と愚かなる…しかし、このところの童話を読む限りこれに尽きてしまいます。そのような作品を世に放り出す前に何を見据えるべきかを、いま一度熟考してほしいと願ってこの二冊をお勧めします。
    「スペンサー」は童へ語り、「クリスタル」は童が語ります。齢を重ねた者が童へ語る事はできますが、童を疾うに越してしまった者が童の目線のつもりで書いたものなど面白かろう筈がありません。そこには大人の傲慢さが隠れています。では、童に語らせる物語とは?「クリスタル」は、年齢を「時間」では刻まないのですから童の目線で世界を語る事が出来得るのです。
     大人が書いた教訓童話など斬捨御免!

book List

有珠 新之助
(ありすしんのすけ)

 本業は音楽家。LPやCDなどの作品を国内外のレーベルより多数リリース。主にアウトサイドで活動して来た為か一般認知度はゼロに等しい。若い頃から親しんできた大好きなデ・ラ・メアの足元位にでも近付きたいと、音楽よりも童話や小説に情熱が移り創作を始める。

書店一覧
book store

その他の書店

    • R & P

       円城ユリアンは若会市の高校に通う普通の少年。ちょっとした事情で生粋のドイツ人でありながら苗字だけ日本名を使っている。  ドイツ人なのに故郷を知らない。ドイツ人だけど心は日本人。忘れた母国語。  悲しむ余裕はあるけど、癖の強い『両親』と仲間たちを見ていると、そういう気分も消えていく。  弄ったり弄られたり、女性に恋をしてしまったりしながら進む物語の開幕です。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 嫌われ者は秘かに嗤う

       あおぞらカフェは若会市某所に店を構える地域密着型の小さなお店。お世辞にも賑わっているとは言えないカフェで、主にカウンター業務を担う鏡石杏璃は不幸な出来事が原因で以前働いていた飲食店を辞めざるを得なくなり、現在に至る。  一つしか年齢が違わず反りの合わない同性の上司と、歴史上の人物と同じ渾名の店長に同性の新人のときどき斜め上をいく発言に驚かされ辟易する一方、私生活はいろんな意味で充実しているなあと感じていて……?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • むらさだめ

      むらさだめ

      宮本誠一著

      夢ブックス発行

      事業に失敗し自己破産した斉藤は、右足に麻痺があります。破産手続きの際、住居も手放した彼に書記官が郊外の空き家を勧めます。そこは高齢者や障がい者を対象とした通信機器利用の研究地区に指定され国からの補助が下り、最近、一人暮らしの家主が亡くなったことで書類上の穴埋めの意味も兼ねていました。 無料で借りられる条件に快諾した斉藤でしたが、実際行ってみると谷間の橋一本で結ばれ明治から昭和、平成にかけ幾度かの合併を経ながら存続してきた限界集落であり、江戸期までは山伏の修業の地だったことを知ります。 村に移り住んだ斉藤がまず知り合ったのは、自分より早く入居していた同じく自己破産者で聴覚障がいの橘佐織でした。しかし彼女は、実は谷向こうに住む満雄と結婚したものの借金だけではなくDVにも苦しんだ挙句、子どもの親権をめぐり離婚争議の最中で、取敢えず距離を置くため逃げて来ている身だったのです。 佐織に案内されながら、徐々に地域の高齢者たちと溶け込むうち、明治の中頃、その村に疱瘡が流行した折り、政府から谷向こうの者たちへ感染を防ぐため橋を落とすよう達しがあった話を聞きます。   そのとき誰もが躊躇する中、悩んだ末まず初めに立上がったのは、三軒村から後妻に来たばかりのフデで、彼女は若い時分、山伏と恋に落ちた過去を持ち、その際、村人たちから厳しい咎めにあっており、しかも佐織の夫、満雄の曾祖母でもありました。 そんな過去のエピソードが現在の物語と絡まりながら解き明かされていくうちに、斉藤は長い歴史の中で様々な状況の変化や制度の変遷の中にあっても、地に足をつけ生きてきた村人たちのたくましさとしたたかさを感じずにはいられないのです。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • A・I

      A・I

      宮本誠一著

      夢ブックス発行

      福祉通所施設職員の伊矢木はいつも通りメンバーのアユムを迎えに行くと、母親と二人暮らしのはずなのに、聞き覚えのない奇妙な声を耳にします。それはアユムの自傷行為に合わせ発せられ、まさかと思う伊矢木でしたが、アユム本人のものであると知ります。それでも重い知的障がいのあるアユムが突然、言葉を発することは考え難く、疑心暗鬼のまま施設へ戻ると、他の二人の重度の知的障がい者の声が聞こえてき、しかも他の職員にはまったく聞こえないことがわかります。声は様々な不満や叱責を伊矢木にぶつけてきますが、これまでは知らなかった彼らの世界や本音も見えてきます。 そんな中、施設にAIの会話ロボットが寄贈され、なんとその声が伊矢木にはまったく聞こえず、アユムたち声の通じる者らから「仲間」と認知され、少々戸惑います。そこへ大きな地震がやってき、逃げ遅れてしまった伊矢木はアユムの声に従いながら避難するのですが…。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • ねぇ、麻弘

      ねぇ、麻弘

      実優著

      実優出版発行

      弟を亡くして20年以上経ったけれど、どうしても本という形で弟が生きていたという事を残したくて伝記という形で本を作成しました。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • セレブな男子を好きになっちゃった!

      2021年5月10日更新 学園ラブコメです。 ………………………… あらすじ 明保野高校に通う生徒の大半はセレブな家庭に生まれ育った令息、令嬢が多いのだが、成績が優秀な人材であれば一般家庭に生まれ育ったごく普通のご子息でも入学は可能で、武市加奈もその一人。 中でも学校一のセレブと言われている高杉晋平は、クラスに馴染めずに誰も利用していない部屋へ入り浸っている事がある。 その部屋にはなぜか同じくセレブの息子である坂本龍、ちゃっかりと武市加奈も出入りするようになって、高杉からも注目されつつある。 高杉の幼馴染である桂耕助は、高杉からはKY炸裂男子と言われるが、セレブなのにどこか常識人。 ある日、武市加奈は高杉晋平と一緒にいるのに関わらず、階段から突き落とされようとするなど嫌がらせ行為をされてしまう。 この事がきっかけで、少しずつ高杉晋平の心に変化が起きていく。 彼女を突き落とそうとした真犯人は、クラスメイトの岡田衣玖だった。 彼女もまた、高杉晋平にひそかに思いをよせているという。 果たして、高杉晋平はどっちの女子を選ぶのか。

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      1,089円
      購入