タイプセンター・ブックストア

type.center bcck store

冊数 25

紙本 3

更新 2018.01.01

ジャンル 文芸24 カルチャー全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「文字文学」第三弾!

    文字にまつわる小説・随筆コンピレーション第三弾、できました。今回もバラエティに富んだセレクションとなっています。文字の文学、おたのしみください。

  • 『文字文学 Ⅲ』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    2018.03.16

    d本:158㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    800円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字文学 Ⅲ

    type.center 編著

    type.center出版発行

    2018年3月16日更新 円城塔「ぞなもし狩り」を追加しました ………………………… 「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第3弾。収録作品は、「『の』の字の世界」佐藤春夫/「左ぎっちょの正ちゃん」小川未明/「みじかい木ペン」宮沢賢治/「筆」斎藤茂吉/「字餘りの和歌俳句」正岡子規/「人生・文章習練の書」恩地考四郎/「算盤が恋を語る話」江戸川乱歩/「鉛筆のシン」夢野久作/「僕の読書法」織田作之助/「触覚について」宮城道雄/「ぞなもし狩り」円城塔/「校正後に」芥川龍之介の12篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    800円
    購入

    『文字文学 Ⅲ』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    2018年3月16日更新
    円城塔「ぞなもし狩り」を追加しました
    …………………………
    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第3弾。収録作品は、「『の』の字の世界」佐藤春夫/「左ぎっちょの正ちゃん」小川未明/「みじかい木ペン」宮沢賢治/「筆」斎藤茂吉/「字餘りの和歌俳句」正岡子規/「人生・文章習練の書」恩地考四郎/「算盤が恋を語る話」江戸川乱歩/「鉛筆のシン」夢野久作/「僕の読書法」織田作之助/「触覚について」宮城道雄/「ぞなもし狩り」円城塔/「校正後に」芥川龍之介の12篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本:無料

    紙本:800円

  • 「文字文学」まとめました

    文字にまつわる小説・随筆など青空文庫に置かれているものから選りすぐりの作品を「文字文学」と名付けました。気になる作品から1つづつ読むも良し、巻頭から順番に読むも良し。『文字文学 II』ではインディー作品も収録しバラエティに富んだセレクションとなっています。巻末には出宰漱太郎による解説文が付いています。文字についての文学、おたのしみください。

  • 『文字文学 II』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.09

    d本:128㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    800円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字文学 II

    type.center 編著

    type.center出版発行

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」坂口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    800円
    購入

    『文字文学 II』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」坂口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本:無料

    紙本:800円

  • 『文字文学』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.09

    d本:142㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 13

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    800円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字文学

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆など青空文庫に置かれているものをまとめて「文字文学」と名付けました。収録作品は「文字に対する敏感」久保田万太郎/「文字と速力と文学」坂口安吾/「カタカナニツイテ」伊丹万作/「ローマ字論者への質疑」萩原朔太郎/「北派の書論」内藤湖南/「拓本の話」會津八一/「料理芝居」北大路魯山人/「書について」高村光太郎/「私の書に就ての追憶」岡本かの子/「文字禍」中島敦 の10篇。解説は出宰漱太郎。  

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    800円
    購入

    『文字文学』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆など青空文庫に置かれているものをまとめて「文字文学」と名付けました。収録作品は「文字に対する敏感」久保田万太郎/「文字と速力と文学」坂口安吾/「カタカナニツイテ」伊丹万作/「ローマ字論者への質疑」萩原朔太郎/「北派の書論」内藤湖南/「拓本の話」會津八一/「料理芝居」北大路魯山人/「書について」高村光太郎/「私の書に就ての追憶」岡本かの子/「文字禍」中島敦 の10篇。解説は出宰漱太郎。  

    データ本:無料

    紙本:800円

  • 「文字文学」を1作品づつ

    文字にまつわる小説・随筆を1作品ずつコンパクトに読みたい場合にはこちらからどうぞ。

  • 『楽書(『茶話』より)』

    薄田泣菫著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:10㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている本作は、薄田泣菫が新聞夕刊に連載していたというコラム集『茶話』からの一作。書聖と呼ばれた王羲之にまつわる逸話を薄田ならではの皮肉交じりで軽妙に描く。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『楽書(『茶話』より)』

    薄田泣菫著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている本作は、薄田泣菫が新聞夕刊に連載していたというコラム集『茶話』からの一作。書聖と呼ばれた王羲之にまつわる逸話を薄田ならではの皮肉交じりで軽妙に描く。

    データ本:無料

  • 『余と万年筆』

    夏目漱石著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:12㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    余と万年筆

    夏目漱石著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている夏目漱石の『余と万年筆』。ペリカンの万年筆との格闘が描かれる中で、ブランド名であるはずのペリカンが、巧みな比喩によって活きたペリカンを思わせる。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『余と万年筆』

    夏目漱石著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている夏目漱石の『余と万年筆』。ペリカンの万年筆との格闘が描かれる中で、ブランド名であるはずのペリカンが、巧みな比喩によって活きたペリカンを思わせる。

    データ本:無料

  • 『辞書』

    折口信夫著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:20㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    辞書

    折口信夫著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている折口信夫の『辞書』の根底にあるのはやはり民俗学からの視座。折口は過去のリファレンスとしての態度と、いまも生きている方言をも網羅すべき態度を辞書に求める。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『辞書』

    折口信夫著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている折口信夫の『辞書』の根底にあるのはやはり民俗学からの視座。折口は過去のリファレンスとしての態度と、いまも生きている方言をも網羅すべき態度を辞書に求める。

    データ本:無料

  • 『黄山谷について』

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:10㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    黄山谷について

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている高村光太郎の『黄山谷について』。宋の文人の書を「稚拙野蛮」「不器用」と評しながらも愛をふんだんに盛り込んだ高村らしい想いが書き綴られている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『黄山谷について』

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている高村光太郎の『黄山谷について』。宋の文人の書を「稚拙野蛮」「不器用」と評しながらも愛をふんだんに盛り込んだ高村らしい想いが書き綴られている。

    データ本:無料

  • 『神神の微笑』

    芥川龍之介著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:28㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    神神の微笑

    芥川龍之介著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている芥川龍之介の『神神の微笑』。支那から持ち込まれた文字が、独自の平仮名へと変容する日本文化と日本人を、宣教師・オルガンティーノを通じて強く認識する。近頃映画化された遠藤周作の『沈黙』で描かれた日本の切支丹文化のアナザーストーリーとして見ることも可能だ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『神神の微笑』

    芥川龍之介著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている芥川龍之介の『神神の微笑』。支那から持ち込まれた文字が、独自の平仮名へと変容する日本文化と日本人を、宣教師・オルガンティーノを通じて強く認識する。近頃映画化された遠藤周作の『沈黙』で描かれた日本の切支丹文化のアナザーストーリーとして見ることも可能だ。

    データ本:無料

  • 『梔子』

    ナベタン・ヘッセ著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:38㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    梔子

    ナベタン・ヘッセ著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されているナベタン・ヘッセの『梔子』は「文字文学」では初のインディーズ作家の作品。文芸としての趣きはもちろん、文章はテキストである、という定義に基くメタ文学的視点も併わせ持つ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『梔子』

    ナベタン・ヘッセ著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されているナベタン・ヘッセの『梔子』は「文字文学」では初のインディーズ作家の作品。文芸としての趣きはもちろん、文章はテキストである、という定義に基くメタ文学的視点も併わせ持つ。

    データ本:無料

  • 『新作いろは歌留多』

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:8㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    新作いろは歌留多

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」阪口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『新作いろは歌留多』

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」阪口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本:無料

  • 『墓』

    正岡子規著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:20㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    正岡子規著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。正岡子規は死んだ後の様子を描いた『墓』のあとがきで、自分の墓への希望を書体も細かに綴っている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『墓』

    正岡子規著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。正岡子規は死んだ後の様子を描いた『墓』のあとがきで、自分の墓への希望を書体も細かに綴っている。

    データ本:無料

  • 『小学教育の事』

    福沢諭吉著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:24㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    小学教育の事

    福沢諭吉著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。福沢諭吉は『小学教育の事』で「平仮名と片仮名と較べて、市在民間の日用にいずれか普通なりやと尋ねれば、平仮名なりと答えざるをえず。」と説く。他にも「五十韻は学問(サイヤンス)なり。いろはは智見(ノウレジ)なり。」など、思わず膝を打つ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『小学教育の事』

    福沢諭吉著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。福沢諭吉は『小学教育の事』で「平仮名と片仮名と較べて、市在民間の日用にいずれか普通なりやと尋ねれば、平仮名なりと答えざるをえず。」と説く。他にも「五十韻は学問(サイヤンス)なり。いろはは智見(ノウレジ)なり。」など、思わず膝を打つ。

    データ本:無料

  • 『「峠」という字』

    中里介山著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:10㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    「峠」という字

    中里介山著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。『「峠」という字』は、中里介山が個人雑誌『峠』を創刊した際の巻頭言。中里の生んだ未完の巨編にしてベストセラー『大菩薩峠』にも用いられた「峠」の字への想いは、まさに人生観そのものへと至る。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『「峠」という字』

    中里介山著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。『「峠」という字』は、中里介山が個人雑誌『峠』を創刊した際の巻頭言。中里の生んだ未完の巨編にしてベストセラー『大菩薩峠』にも用いられた「峠」の字への想いは、まさに人生観そのものへと至る。

    データ本:無料

  • もっと見る

book List

この書店の電子書籍をすべて買う

type.center

● type.center は「文字による文字のための文字のサイト」です。今、そしてこれから「文字をつかう人」と「文字をつくる人」に向けて、ニュースやインタビュー記事、独自の連載など、盛り沢山・文字だくさんでお送りします。よろしくお願いします。 ●
http://type.center/

運営

type.center

http://type.center

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 鈴木勉の本(抜粋版)

      『鈴木勉の本』は、字游工房が1999年に制作した、初代字游工房社長である鈴木勉の仕事をまとめた書籍です。ここでは鈴木の手がけた書体を紹介している第一部を中心に公開しております。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • RHYTHM AND FINGER DRUMMING

      RHYTHM AND FINGER DRUMMING

      NERALT著

      MUSIC THEORY WORKSHOP JAPAN発行

      本書は、伝統的なパッド付きサンプラーであるAKAI社のMPCシリーズ及びその派生系をリアルタイムに叩くパフォーマンスに関する基本的な情報を提供します。 AKAI社のパッド付きハードウェアサンプラー「MPCシリーズ」は、HIP HOPを中心にクラブミュージックのリズムセクションを担う重要な制作機器として浸透しました。 同時に、制作だけではなく「パフォーマンス」のツールとしても使用され、特にリアルタイムにパッドを叩くアートフォームである通称「指ドラム」と呼ばれるスタイルは、本物のドラム演奏とは異なった独自の発展をみせています。 しかし「指ドラム」はギター演奏やピアノ演奏といった伝統的なフォームに比べると、まだまだ情報が不足しているといえるかもしれません。 「指ドラム」に関するTipsは多くあるものの、体系だった情報は少なく、新たに始めたいと思っている人が参考にできるものはほとんどありません。 これは当然「指ドラム」が比較的歴史の浅い文化であるということが第一の原因ですが、同時に本物のドラム演奏の延長と考えられ、「指ドラム」のオリジナリティがまだまだ認識されていないからなのかもしれません。 もちろん「指ドラム」はドラムである以上本物との類似性はありますが、「指ドラム」には「指ドラム」だけの特徴があり、この点に注目することでもっと楽しくプレイできるはずです。 本書ではこの「指ドラム」を独自性のある新たな演奏様式ととらえ、基本的な考え方と具体的な練習内容を提供します。 皆さんの指ドラム生活がより一層楽しくなりますように。

      データ本
      1,080円
      購入
      紙の本
      1,458円
      購入
    • 座談会「インターネット・リアリティとは?」

      1991年8月6日,世界最初のウェブサイト(http://info.cern.ch/)が設立されました.それからちょうど20年が経とうとする現在,インターネットはわたしたちにとって,ごくあたりまえの存在となっています.誰かとコミュニケーションをとったり,調べものをしたり,自分の創作物を発表したり,さらにそれを批評しあったり……そこには,ネットならではの作法やリアリティが存在しているように感じられます.日々わたしたちがネットに接しているなかで,ネット特有の〈リアリティ〉を認識するようになっている,とすれば,それはどういうことなのでしょうか? この座談会では,出演者それぞれがネットに感じる「インターネット・リアリティ」ともいうべき〈リアリティ〉とは何か,なぜそう感じるのか,を探ります. -------------------------------------------------------------- 日時:2011年7月24日(日)午後6時より 出演:エキソニモ 思い出横丁情報科学芸術アカデミー(谷口暁彦+渡邉朋也) 栗田洋介(CBCNET) youpy 畠中実(ICC)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 座談会「ポスト・インターネットを読む」

      2012年1月よりICCで行われた「インターネット アート これから」展で行われた座談会シリーズの記録です。 ------------------------------------ 座談会「ポスト・インターネットを読む」 日時:2012年2月11日(土)午後4時 出演:萩原俊矢、谷口暁彦、栗田洋介、渡邉朋也(ネット中継による参加)、畠中実(ICC)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入