タイプセンター・ブックストア

type.center bcck store

冊数 25

紙本 3

更新 2018.01.01

ジャンル 文芸24 カルチャー全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「文字文学」第三弾!

    文字にまつわる小説・随筆コンピレーション第三弾、できました。今回もバラエティに富んだセレクションとなっています。文字の文学、おたのしみください。

  • 『文字文学 Ⅲ』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    2018.03.16

    d本:158㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    800円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字文学 Ⅲ

    type.center 編著

    type.center出版発行

    2018年3月16日更新 円城塔「ぞなもし狩り」を追加しました ………………………… 「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第3弾。収録作品は、「『の』の字の世界」佐藤春夫/「左ぎっちょの正ちゃん」小川未明/「みじかい木ペン」宮沢賢治/「筆」斎藤茂吉/「字餘りの和歌俳句」正岡子規/「人生・文章習練の書」恩地考四郎/「算盤が恋を語る話」江戸川乱歩/「鉛筆のシン」夢野久作/「僕の読書法」織田作之助/「触覚について」宮城道雄/「ぞなもし狩り」円城塔/「校正後に」芥川龍之介の12篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    800円
    購入

    『文字文学 Ⅲ』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    2018年3月16日更新
    円城塔「ぞなもし狩り」を追加しました
    …………………………
    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第3弾。収録作品は、「『の』の字の世界」佐藤春夫/「左ぎっちょの正ちゃん」小川未明/「みじかい木ペン」宮沢賢治/「筆」斎藤茂吉/「字餘りの和歌俳句」正岡子規/「人生・文章習練の書」恩地考四郎/「算盤が恋を語る話」江戸川乱歩/「鉛筆のシン」夢野久作/「僕の読書法」織田作之助/「触覚について」宮城道雄/「ぞなもし狩り」円城塔/「校正後に」芥川龍之介の12篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本:無料

    紙本:800円

  • 「文字文学」まとめました

    文字にまつわる小説・随筆など青空文庫に置かれているものから選りすぐりの作品を「文字文学」と名付けました。気になる作品から1つづつ読むも良し、巻頭から順番に読むも良し。『文字文学 II』ではインディー作品も収録しバラエティに富んだセレクションとなっています。巻末には出宰漱太郎による解説文が付いています。文字についての文学、おたのしみください。

  • 『文字文学 II』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.09

    d本:128㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    800円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字文学 II

    type.center 編著

    type.center出版発行

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」坂口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    800円
    購入

    『文字文学 II』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」坂口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本:無料

    紙本:800円

  • 『文字文学』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.09

    d本:142㌻ 文庫版

    紙本:128㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 13

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    800円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字文学

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆など青空文庫に置かれているものをまとめて「文字文学」と名付けました。収録作品は「文字に対する敏感」久保田万太郎/「文字と速力と文学」坂口安吾/「カタカナニツイテ」伊丹万作/「ローマ字論者への質疑」萩原朔太郎/「北派の書論」内藤湖南/「拓本の話」會津八一/「料理芝居」北大路魯山人/「書について」高村光太郎/「私の書に就ての追憶」岡本かの子/「文字禍」中島敦 の10篇。解説は出宰漱太郎。  

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    800円
    購入

    『文字文学』

    type.center 編著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆など青空文庫に置かれているものをまとめて「文字文学」と名付けました。収録作品は「文字に対する敏感」久保田万太郎/「文字と速力と文学」坂口安吾/「カタカナニツイテ」伊丹万作/「ローマ字論者への質疑」萩原朔太郎/「北派の書論」内藤湖南/「拓本の話」會津八一/「料理芝居」北大路魯山人/「書について」高村光太郎/「私の書に就ての追憶」岡本かの子/「文字禍」中島敦 の10篇。解説は出宰漱太郎。  

    データ本:無料

    紙本:800円

  • 「文字文学」を1作品づつ

    文字にまつわる小説・随筆を1作品ずつコンパクトに読みたい場合にはこちらからどうぞ。

  • 『楽書(『茶話』より)』

    薄田泣菫著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:10㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている本作は、薄田泣菫が新聞夕刊に連載していたというコラム集『茶話』からの一作。書聖と呼ばれた王羲之にまつわる逸話を薄田ならではの皮肉交じりで軽妙に描く。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『楽書(『茶話』より)』

    薄田泣菫著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている本作は、薄田泣菫が新聞夕刊に連載していたというコラム集『茶話』からの一作。書聖と呼ばれた王羲之にまつわる逸話を薄田ならではの皮肉交じりで軽妙に描く。

    データ本:無料

  • 『余と万年筆』

    夏目漱石著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:12㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    余と万年筆

    夏目漱石著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている夏目漱石の『余と万年筆』。ペリカンの万年筆との格闘が描かれる中で、ブランド名であるはずのペリカンが、巧みな比喩によって活きたペリカンを思わせる。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『余と万年筆』

    夏目漱石著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている夏目漱石の『余と万年筆』。ペリカンの万年筆との格闘が描かれる中で、ブランド名であるはずのペリカンが、巧みな比喩によって活きたペリカンを思わせる。

    データ本:無料

  • 『辞書』

    折口信夫著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:20㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    辞書

    折口信夫著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている折口信夫の『辞書』の根底にあるのはやはり民俗学からの視座。折口は過去のリファレンスとしての態度と、いまも生きている方言をも網羅すべき態度を辞書に求める。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『辞書』

    折口信夫著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている折口信夫の『辞書』の根底にあるのはやはり民俗学からの視座。折口は過去のリファレンスとしての態度と、いまも生きている方言をも網羅すべき態度を辞書に求める。

    データ本:無料

  • 『黄山谷について』

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:10㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    黄山谷について

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている高村光太郎の『黄山谷について』。宋の文人の書を「稚拙野蛮」「不器用」と評しながらも愛をふんだんに盛り込んだ高村らしい想いが書き綴られている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『黄山谷について』

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている高村光太郎の『黄山谷について』。宋の文人の書を「稚拙野蛮」「不器用」と評しながらも愛をふんだんに盛り込んだ高村らしい想いが書き綴られている。

    データ本:無料

  • 『神神の微笑』

    芥川龍之介著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:28㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    神神の微笑

    芥川龍之介著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている芥川龍之介の『神神の微笑』。支那から持ち込まれた文字が、独自の平仮名へと変容する日本文化と日本人を、宣教師・オルガンティーノを通じて強く認識する。近頃映画化された遠藤周作の『沈黙』で描かれた日本の切支丹文化のアナザーストーリーとして見ることも可能だ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『神神の微笑』

    芥川龍之介著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されている芥川龍之介の『神神の微笑』。支那から持ち込まれた文字が、独自の平仮名へと変容する日本文化と日本人を、宣教師・オルガンティーノを通じて強く認識する。近頃映画化された遠藤周作の『沈黙』で描かれた日本の切支丹文化のアナザーストーリーとして見ることも可能だ。

    データ本:無料

  • 『梔子』

    ナベタン・ヘッセ著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:38㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    梔子

    ナベタン・ヘッセ著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学 II」にも収録されているナベタン・ヘッセの『梔子』は「文字文学」では初のインディーズ作家の作品。文芸としての趣きはもちろん、文章はテキストである、という定義に基くメタ文学的視点も併わせ持つ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『梔子』

    ナベタン・ヘッセ著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学 II」にも収録されているナベタン・ヘッセの『梔子』は「文字文学」では初のインディーズ作家の作品。文芸としての趣きはもちろん、文章はテキストである、という定義に基くメタ文学的視点も併わせ持つ。

    データ本:無料

  • 『新作いろは歌留多』

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:8㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    新作いろは歌留多

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」阪口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『新作いろは歌留多』

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    「文字による文字のための文字のサイト」type.centerが、文字にまつわる小説・随筆などをまとめた「文字文学」のシリーズ第2弾。収録作品は、「楽書」薄田泣菫/「余と万年筆」夏目漱石/「辞書」折口信夫/「黄山谷について」高村光太郎/「神神の微笑」芥川龍之介/「梔子」ナベタン・ヘッセ/「新作いろは歌留多」阪口安吾 の7篇。解説は出宰漱太郎。

    データ本:無料

  • 『墓』

    正岡子規著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:20㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    正岡子規著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。正岡子規は死んだ後の様子を描いた『墓』のあとがきで、自分の墓への希望を書体も細かに綴っている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『墓』

    正岡子規著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。正岡子規は死んだ後の様子を描いた『墓』のあとがきで、自分の墓への希望を書体も細かに綴っている。

    データ本:無料

  • 『小学教育の事』

    福沢諭吉著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:24㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    小学教育の事

    福沢諭吉著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。福沢諭吉は『小学教育の事』で「平仮名と片仮名と較べて、市在民間の日用にいずれか普通なりやと尋ねれば、平仮名なりと答えざるをえず。」と説く。他にも「五十韻は学問(サイヤンス)なり。いろはは智見(ノウレジ)なり。」など、思わず膝を打つ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『小学教育の事』

    福沢諭吉著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。福沢諭吉は『小学教育の事』で「平仮名と片仮名と較べて、市在民間の日用にいずれか普通なりやと尋ねれば、平仮名なりと答えざるをえず。」と説く。他にも「五十韻は学問(サイヤンス)なり。いろはは智見(ノウレジ)なり。」など、思わず膝を打つ。

    データ本:無料

  • 『「峠」という字』

    中里介山著

    type.center出版発行

    文芸

    2017.02.24

    d本:10㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    「峠」という字

    中里介山著

    type.center出版発行

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。『「峠」という字』は、中里介山が個人雑誌『峠』を創刊した際の巻頭言。中里の生んだ未完の巨編にしてベストセラー『大菩薩峠』にも用いられた「峠」の字への想いは、まさに人生観そのものへと至る。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『「峠」という字』

    中里介山著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    文字にまつわる小説・随筆選集「文字文学」(type.center編)。『「峠」という字』は、中里介山が個人雑誌『峠』を創刊した際の巻頭言。中里の生んだ未完の巨編にしてベストセラー『大菩薩峠』にも用いられた「峠」の字への想いは、まさに人生観そのものへと至る。

    データ本:無料

  • 『文字に対する敏感』

    久保田万太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:8㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    type.center編「文字文学」にも収録されている「文字に対する敏感」は久保田万太郎による文字の第一印象としての視覚的効果についての随筆。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『文字に対する敏感』

    久保田万太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている「文字に対する敏感」は久保田万太郎による文字の第一印象としての視覚的効果についての随筆。

    データ本:無料

  • 『文字と速力と文学』

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:14㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字と速力と文学

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作は、「無頼派」坂口安吾による思考(想念)と、それを文字として書く速力のずれに関する随筆。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『文字と速力と文学』

    坂口安吾著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作は、「無頼派」坂口安吾による思考(想念)と、それを文字として書く速力のずれに関する随筆。

    データ本:無料

  • 『ローマ字論者への質疑』

    萩原朔太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:12㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    type.center編「文字文学」にも収録されている萩原朔太郎による本作は、ローマ字を推進しようとする動きに対し、詩人らしく発音や音韻などに展開し批判をする。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『ローマ字論者への質疑』

    萩原朔太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている萩原朔太郎による本作は、ローマ字を推進しようとする動きに対し、詩人らしく発音や音韻などに展開し批判をする。

    データ本:無料

  • 『カタカナニツイテ』

    伊丹万作著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:14㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    カタカナニツイテ

    伊丹万作著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学」にも収録されている「カタカナニツイテ」で伊丹万作は活字の漢字とカタカナの形の親和性などを説いている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『カタカナニツイテ』

    伊丹万作著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている「カタカナニツイテ」で伊丹万作は活字の漢字とカタカナの形の親和性などを説いている。

    データ本:無料

  • 『北派の書論』

    内藤湖南著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:24㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    北派の書論

    内藤湖南著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学」にも収録されている「北派の書論」で、それまで全く価値を見出されていなかった北魏の碑が注目されている当時の流行に対し、内藤湖南は北派南派の相違点をあげながら反論を展開していく。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『北派の書論』

    内藤湖南著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている「北派の書論」で、それまで全く価値を見出されていなかった北魏の碑が注目されている当時の流行に対し、内藤湖南は北派南派の相違点をあげながら反論を展開していく。

    データ本:無料

  • 『拓本の話』

    會津八一著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:16㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    拓本の話

    會津八一著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学」にも収録されている「拓本の話」。ここで會津八一は拓本の価値と魅力、そして実用とすべき旨を綴っている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『拓本の話』

    會津八一著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている「拓本の話」。ここで會津八一は拓本の価値と魅力、そして実用とすべき旨を綴っている。

    データ本:無料

  • 『書について』

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:14㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    書について

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作「書について」で高村光太郎は書字に向かう健気な気持を滔々と書き綴っている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『書について』

    高村光太郎著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作「書について」で高村光太郎は書字に向かう健気な気持を滔々と書き綴っている。

    データ本:無料

  • 『料理芝居』

    北大路魯山人著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:10㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    料理芝居

    北大路魯山人著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作は、北大路魯山人は良寛の言葉を引用した、料理についての随筆。しかし書字にも通じる話となっている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『料理芝居』

    北大路魯山人著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作は、北大路魯山人は良寛の言葉を引用した、料理についての随筆。しかし書字にも通じる話となっている。

    データ本:無料

  • 『私の書に就ての追憶』

    岡本かの子著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:12㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作では、波瀾万丈な人生を送った岡本かの子の自身の書に対する幼少からの記憶を綴っている。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『私の書に就ての追憶』

    岡本かの子著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作では、波瀾万丈な人生を送った岡本かの子の自身の書に対する幼少からの記憶を綴っている。

    データ本:無料

  • 『文字禍』

    中島敦著

    type.center出版発行

    文芸

    2015.01.01

    d本:22㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    文字禍

    中島敦著

    type.center出版発行

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作「文字禍」は、中島敦による、文字の霊を探る博士の体験を想いを綴った寓話である。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『文字禍』

    中島敦著

    type.center出版発行

    文芸

    -

    type.center編「文字文学」にも収録されている本作「文字禍」は、中島敦による、文字の霊を探る博士の体験を想いを綴った寓話である。

    データ本:無料

  • 祝『親愛なる』東京TDC賞2015/RGB賞受賞メイルインタビュー!

    gggで開催中の「TDC展2015」でもRGB賞として展示されている『親愛なる』。この小説はもともとBCCKSで公開され大きな反響を呼びました。『親愛なる』の書き出しがメールのやりとりであることに因んで、今回type.center編集部はプロジェクトメンバーにメールでのインタビューを敢行、BCCKS上にて同じフォーマットで公開しました。お楽しみください!

  • d本:44㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    「東京TDC賞2015」でRGB賞を受賞した『親愛なる』。その小説に倣いプロジェクトメンバーの方々にメールでのインタビューを敢行、さらに同じBCCKSのフォーマットで掲載をしました。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『「親愛なる」東京TDC賞2015 RGB賞受賞記念メイルインタビュー』

    type.center著

    type.center出版発行

    カルチャー全般

    -

    「東京TDC賞2015」でRGB賞を受賞した『親愛なる』。その小説に倣いプロジェクトメンバーの方々にメールでのインタビューを敢行、さらに同じBCCKSのフォーマットで掲載をしました。

    データ本:無料

  • 『親愛なる 立ち読み版』

    いとうせいこう著

    いとう出版発行

    文芸

    2014.06.16

    d本:22㌻ 新書版

    -

    レビュー 2

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    この本はパーソナライズ小説『親愛なる』の立ち読み版です。 申込サイトはこちら!  http://seiko.bccks.jp 8月31日までの期間限定発売です。 『親愛なる』は、小説家いとうせいこうによって書かれた、読者ひとりひとりに合わせて小説の細部にアレンジが施されたパーソナライズ小説です。 1997年、「メール配信」のみで発表された『黒やぎさんたら』という幻の小説がありました。メール配信というメディアの特性を活かしてパーソナライズを施した小説です。いまこの小説に『親愛なる』という新たなタイトルをつけ、「紙の本」として緊急出版することとなりました。 紙なのに、一冊一冊内容が違う! どのようなパーソナライズが施されているのかは、お手元に届いてからのお楽しみとさせてください。いや、そんな大それたことはしてないので、大きな期待はしないでください。1997年当時のメール配信の雰囲気を残したいという思いもありまして、抑え目のパーソナライズになっております。でも、読めばきっと、ドキッとすることがあると思いますよ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『親愛なる 立ち読み版』

    いとうせいこう著

    いとう出版発行

    文芸

    -

    この本はパーソナライズ小説『親愛なる』の立ち読み版です。
    申込サイトはこちら! 
    http://seiko.bccks.jp
    8月31日までの期間限定発売です。

    『親愛なる』は、小説家いとうせいこうによって書かれた、読者ひとりひとりに合わせて小説の細部にアレンジが施されたパーソナライズ小説です。
    1997年、「メール配信」のみで発表された『黒やぎさんたら』という幻の小説がありました。メール配信というメディアの特性を活かしてパーソナライズを施した小説です。いまこの小説に『親愛なる』という新たなタイトルをつけ、「紙の本」として緊急出版することとなりました。

    紙なのに、一冊一冊内容が違う!

    どのようなパーソナライズが施されているのかは、お手元に届いてからのお楽しみとさせてください。いや、そんな大それたことはしてないので、大きな期待はしないでください。1997年当時のメール配信の雰囲気を残したいという思いもありまして、抑え目のパーソナライズになっております。でも、読めばきっと、ドキッとすることがあると思いますよ。

    データ本:無料

book List

この書店の電子書籍をすべて買う

type.center

● type.center は「文字による文字のための文字のサイト」です。今、そしてこれから「文字をつかう人」と「文字をつくる人」に向けて、ニュースやインタビュー記事、独自の連載など、盛り沢山・文字だくさんでお送りします。よろしくお願いします。 ●
http://type.center/

運営

type.center

http://type.center

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • はこ庭のごはん

      はこ庭のごはん

      こばゆきえ著

      なかにわ出版発行

      東京国分寺市・東恋ヶ窪「ちいさなごはんや はこ庭」の日替わり定食は、毎日献立が変わりました。 本書は、8年間にわたる営業期間中に供された献立名と、その簡単な作り方を全部収録しております。 全献立を収録!という特徴のほかに、 「毎日違うメニュー」とうたいながらも、何度も繰り返し作られた店主お気に入りメニューや、内容はほぼ変わらないながらも名前だけ変えたズルいメニューなど、店主の偏った嗜好や性分も垣間見れる側面を併せ持っております。 また、 256ページものページ数を割いているくせに、それでも文字数が多過ぎて二段組にしないと収まりきれない点、料理本のくせに白黒印刷の文字だけで構成されている点、など、語れば尽きぬ、ちょっとどうかしている本でもあります。 さてみなさま。 そんな「はこ庭のごはん」、 各ご家庭に一冊、いかがですか? 『ちいさなごはんや はこ庭』は東京・国分寺・東恋ヶ窪で2009年~2017年まで営業していた飲食店。可能な限り地場産の野菜を使い、毎日違うメニューが楽しめる玄米ごはんの定食をお出しする店でした。 こちらは紙本専用データになります。 電子書籍のデータは https://bccks.jp/bcck/151824/info をご利用くださいませ。

      データ本
      700円
      購入
      紙の本
      1,804円
      購入
    • はこ庭 366日

      はこ庭 366日

      こばゆきえ著

      なかにわ出版発行

      『ちいさなごはんや はこ庭』の日替わりメニューを、366日分にギュッとまとめ、ざっくりとした作り方と共にご紹介いたします。 本書は、表紙はカラー、内容はモノクロの印刷形態の廉価版です。 フルカラー版は↓こちらからご利用くださいませ。 https://bccks.jp/bcck/152233/info 基本の味付けの配合や、人気のポテトサラダの作り方も掲載! 当時撮影の写真も多数収録! 季節の献立をひと月ごとにまとめてあります。 毎日の献立作りに息詰まった時、ぱらりとページをめくってみてください。なにかしらのヒントやひらめきのお手伝いができましたら幸いです。 『ちいさなごはんや はこ庭』は東京・国分寺・東恋ヶ窪で2009年~2017年まで営業していた飲食店。可能な限り地場産の野菜を使い、毎日違うメニューが楽しめる玄米ごはんの定食をお出しする店でした。

      データ本
      700円
      購入
      紙の本
      1,307円
      購入
    • いつか裏切る世界のために

      西洋風ファンタジー。 苛められ、無視された場所から逃げ出した少年ラッセが出会ったのは、十年ほど前に、大陸を支配する皇国によって滅ぼされた北方の島国『銀鉄の国』に暮らす人々の特徴である血の気のない肌と、その銀鉄の国を守っていた騎士の証である『羽を模した留め金』を持つ、ネイという名の、ラッセと同い年にみえる少年。十年もの間『奇跡の子等』以外の子供が生まれていない大陸と銀鉄の国、その世界を旅するラッセとネイが、最後に辿り着いた結論は。

      データ本
      270円
      購入
      紙の本
      購入
    • 帝華大学物語

      大学を舞台にした少しSF風物語。都会の街中に建つ帝華大学理工科学部の建物には秘密があった。その秘密を識る者達の、物語。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • ショートショート~短編の中に我あり~

      1作品わずか2000文字未満で綴られるショートショートの物語集。 不思議な作品から比喩表現を多く用いた作品など様々な物語が収録されています。 どこか心に響き渡る作品を是非ご一読ください。

      データ本
      432円
      購入
      紙の本
      864円
      購入
    • ホカホカ物語

      ホカホカ物語

      兼高貴也著

      無色出版発行

      ストレス社会で疲れた生活を送るあなたに読んでもらいたいほっこりする作品を各CASEごとに用意しています。CASEごとに一話完結ですので、気になる箇所から読んでいくことも可能ですし、最初からの流れで繋がりがあるので、最初から読んでいくことも可能です。 表紙と登場人物のマンガ及びイラストはたけのこさんが描いてくださいました。 また、今回は編集担当として編集者ユカリノさんにもお力をお借りしました。 待望の電子書籍としての発行です。是非とも、このストレスを感じてしまう時代に少し安らぎを感じ取って頂けたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

      データ本
      432円
      購入
      紙の本
      購入
    • 猫虫

      猫虫

      コージ著

      KOJI-EN PUBLISHING発行

      「……きみたちは、お互いに相手の真意を読み合う。それは、それがいつも隠されているからだ。……きみたちは暗号を作って、しかし、肝心要のKeyを密かに何処かに隠す。そうして、自らの真意を他者の眼から遠ざけておく。それでいて、答えであるところの真意が、誰かしらに見つけ出されることを愉しみに待つんだ……」――猫虫  猫虫のオブジェクションは、救いなのか、災いなのか。  みどりというミステリアスな女と、猫虫の登場によって混迷を極める、主人公、純を巡るものがたり。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2017年6月10日更新 カヴァー・デザインをマイナーチェンジしました。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,880円
      購入
    • 夜のヴィヴィはや T.B.D.

      夜をテーマに描く、ヴィヴィオとはやての合同小説集。 執筆:  璃都さん [古都の木の香りは刹那に]  九本麻有巣さん [有がとうございま巣]  多色さん[時雨文芸堂]  ほのかさん [好きこそモノの上手なれ]  一橋。さん [一橋的迷想宮]  瑞穂さん [MOON CHILD]  mugitaさん [ガラクタ。]  森村 慧さん  北乃ゆうひさん [North SunSet]  弐師さん [ZEROPOINT]  雨野渓悟さん [戯言亜空間]  安曇タケオさん [何も探してない。] 表紙イラスト:  川崎しょうさん[syo map] イラスト彩色:  サンぽんさん[だすとdeしゅーと] 編集・発行: 麻鞍ミナト [tsukiAtari]

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      999円
      購入
    • 真夜中のヴィヴィはや dep

      真夜中をテーマに描く、ヴィヴィオとはやての合同小説集。 ………………………… 2016年11月16日更新 本文 一部変更 ………………………… 執筆:  璃都さま [古都の木の香りは刹那に]  森村慧さま  むつさま  一橋。さま [一橋的迷想宮]  多色さま [時雨文芸堂]  瑞穂さま [MOON CHILD]  九本麻有巣さま [有がとうございま巣]  雨野渓悟さま [戯言亜空間] イラスト:  みかぜさま [くずごみ。]  近衛千暁さま 表紙イラスト:  川崎しょうさま [syo map] イラスト彩色:  サンぽんさま [だすとdeしゅーと] 編集・発行: 麻鞍ミナト [tsukiAtari]

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      900円
      購入
    • 製作所13号機 (1) -The factory thirteenth-

      2015年4月7日更新 国産初の「恋をする機械」、近未来に出来! ある日、僕の前に弥生ちゃんが現れて! どうすんの僕! どうしちゃうのさー! ドキドキSFラブコメディ! ………………………… わりと近未来のある日、株式会社如月製作所が、国産初「恋をする機械」如月弥生を完成させた。ある日、平凡な電子系工業高校生、水口祐介の前に彼女が現れて……?? どこにもなかった、学園アンドロイドラブコメディ!!

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入