BCCKS

0

login
会員登録

  • 『胸形氏の信仰と神聖な風景シンボル』

    髙鶴 中

    写真

    権限:管理者

    【データ本】

    2021.09.11

    10inch版 50 1,429円

    【紙本】

    未販売

    2021.10.05

    10inch版 48 3,795円

    胸形氏の信仰と神聖な風景シンボル

     古墳時代に初めて胸形氏は、日本の島(沖ノ島)や宗像地域沿岸に神聖な世界を浸透させた。古代古墳建造族は、神聖な風景シンボルを古墳群と関連させ築造していく。沖ノ島祭祀を担った古代豪族、胸形氏が崇拝した宗像地域、福津市沿岸に広がる神聖な風景と古墳群の位置関係を表した単行本・写真集。日本の田園風景に生み出された神聖な風景形成と人工的に造られた古墳群の位置関係は、完全な儀式化した古墳文化と伝統を表した遺産である。 撮影地区: 福岡県宗像市:神湊エリア 福岡県福津市沿岸に広がる古墳群:勝浦エリア、新原・奴山古墳群、須多田古墳群、宮司地区 福岡県粕屋郡新宮町:相島。

    データ本
    1,429円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 1299円
    • 未入手
« 1 »