BCCKS

login
会員登録

うらゆきひめ

絵本

2013.11.29

d本:50 10inch版 1.8MB

EPUB:1.5MB

紙本:48 10inch版

入手数 5504

閲覧数 556

タチヨミ数 219

デバイスDL数 113

EPUB DL数 173

紙本販売数 58

レビュー 5

本の説明

2013年11月28日更新
プロフィール欄に「書店」へのリンクを追加しました。
…………………………
だれもが知っている童話『白雪姫』の、グリム兄弟による初版をもとに、物語の中で起きている出来事はほぼそのままに、ただ裏側から光を当てるような視点であらたに創作しました。実は「白雪姫はとても醜かった」というところから始まります。

KINOTORIKO

東京生まれ。小さいころオーストラリアで過ごし、マザーグースなどを愛読して育つ。青山学院大学にて英米文学を学び、卒業後はフリーのイラストレーターとして "木野鳥乎" の名前で広告・出版・ウェブ等の制作にかかわる。
いっぽうで2001年ころから、自由なカタチの絵本づくりをめざし、企画から絵と言葉、造本を含めた制作に取り組む。これらの活動は "きのとりこ / KINOTORIKO " 名で発表。

「うらゆきひめ」には紙本もあります。
BCCKS内書店はココ> http://bccks.jp/store/92784
HPはココ> http://www.kinotori.com/

1,674

クーポンコードをお持ちの方はこちら

このユーザの著書

みんなの書評

本を入手していないと書評は書けません。

つまらん

くそ

2013年第20週の栞のオススメ本です。
KINOTORIKOさんの麗しい二冊をそっと置かせていただきます。(栞)

子供には読ませたくありませんが、大変おもしろいパロディでした。おとぎ話はこれでいいかもしれませんが、続きをぜひ読みたいものです。

とても良かった。
みんな少しずつ歪んでいて、薄氷に乗ったまま成長していったその歪みがなにかのきっかけで破断するさま。
そしてそのあと。

もっと先が読みたくなりますが、あれはあれで正しいエンディングなのかもしれませんね。