BCCKS

0

login
会員登録

yoshikawa mihoさんの著書

  • 『行き先の思い出せないバス』

    吉川みほ

    フラスコ書房

    詩歌

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.01.22

    新書版 130 300円
    閲覧数180冊
    タチヨミ数38冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数5冊

    【紙本】

    販売中

    2017.01.15

    新書版 128 1,050円

    行き先の思い出せないバス

     インターネット上の歌会サイト、その他へ投稿した短歌から365首を選んで一部を改稿し、約1年半の記録として編んだ歌集です。 自選5首 いま部屋ではしゃぎ回っているこれは窓から入ったマグリットの雲 雨の日の夜間点滅信号機 路上に生まれる消える生まれる ああ、そうだクジラだったと思い出す バスは大きくカーブしていく 噴水が花に埋もれて目を閉じるどこにも行けない舟の姿で 「ありがとう壊れちゃったけど返すね」と、浜に打ち上げられてた人形 表紙画:みたくるぶし「雨」 https://note.mu/qurubushi

    データ本
    300円
    購入
    読む
    紙の本
    1,050円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 277円/紙本あり
    • 未入手
« 1 »