あなたの心に、
小さな火をともす、
そんな本、
届けます。

kotohima Novels

あなたの心に、小さな火をともす、そんな本、届けます。

kotohima Novels

冊数 17

紙本 14

更新 2016.03.14

ジャンル 文芸13 ミステリー・サスペンス2 絵本1 SF・ホラー・ファンタジー1

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの心に、
小さな火をともす、
そんな本、
届けます。
kotohima Novels

「ことなひまめ事務所」が運営する個人書店です。
主に「夏目椰子」の本を扱っています。夏目椰子の「ツイッター」「フェイスブック」「ブログ」「エッセイ」

  • 夏目椰子の新刊

  • 『あるいは海の風景』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.04.02

    d本:30㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    216円

    紙本

    616円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    夏目椰子の自省的私小説。 家族とは何か? パートナーとは何か? 責任とは何か?

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    616円
    購入

    『あるいは海の風景』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    夏目椰子の自省的私小説。
    家族とは何か? パートナーとは何か? 責任とは何か?

    データ本:216円

    紙本:616円

  • 『のべる』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    2015.04.01

    d本:170㌻ 新書版

    紙本:192㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    216円

    紙本

    1,286円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    のべる

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    2015年3月31日更新 再編集しました。 …………………………  同級生たちから「のべる」と呼ばれ冷やかされていた「ぼく」。ぼくは、自分ではよく分かんないけど、クラスのみんなに嫌われていました。でも、ただ1人、ぼくを好きでいてくれた「タカハシサキ」ちゃんが転校してしまうと、ぼくは急に学校に行くのが嫌になってしまいます。  それからずっと家に引きこもっていたぼくを、一番上のカオル兄ちゃんは自分のいるオビヒロに来るように誘います。二つ返事でぼくは行くことにしました。両親も賛成しました。  ぼくは、お兄ちゃんの友だちの「ヘポ子」さんという女性と知り合います。ヘポ子さんは吃音者でしたが、ぼくの前だけではなぜかかみませんでした。ヘポ子さんは、いつかそういう時が来て、その時に目の前にいた人と結婚することを決めていたことをぼくに告げます。  アルバイトで忙しいカオル兄ちゃんよりも、ぼくは大学で「お乳の研究」をしていたヘポ子さんを手伝いながら一緒に過ごす時間のほうが増えていきます。  やがてヘポ子さんは卒業を迎えますが、それまでの研究がフランスのCNRSという政府機関に認められてヘポ子さんは渡仏することに。ぼくまでもパートナーとして同行することになりました。  フランスのCNRSでさらに研究を進めたぼくたちは、ある種の偶然から「がん細胞」を死滅させる「ヘポコ・イッセリン」という物質を発見します。  その研究を進めることは、がん治療上、世界的に意義のあることでしたが、それだけに巨大で複雑な闇の利権が絡むものでした。  ぼくたちは、利権のエサにされないように「ヘポコ・イッセリン」の実証実験を極秘裏に進めたいとリーダーのアラン・ガロンに申し出ます。アティアガガに住む「ガザブセボイ」という長老の暗示によってその場所が決まり、そこに「月光」という名の研究施設を作りますが、やはり暗示によって現れた「ガザジイ」という老人との生活が始まって間もなく、ヘポ子さんは自らが乳がんに冒されていることが分かります。ぼくたちはヘポ子さんを使った人体実験をすることになりますが、やがてそれは一定の成果を挙げていきます。  それから1年後、ノーベル賞の発表がありました。ぼくは19歳で史上最年少の受賞をしていました。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    1,286円
    購入

    『のべる』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    -

    2015年3月31日更新
    再編集しました。
    …………………………
     同級生たちから「のべる」と呼ばれ冷やかされていた「ぼく」。ぼくは、自分ではよく分かんないけど、クラスのみんなに嫌われていました。でも、ただ1人、ぼくを好きでいてくれた「タカハシサキ」ちゃんが転校してしまうと、ぼくは急に学校に行くのが嫌になってしまいます。
     それからずっと家に引きこもっていたぼくを、一番上のカオル兄ちゃんは自分のいるオビヒロに来るように誘います。二つ返事でぼくは行くことにしました。両親も賛成しました。
     ぼくは、お兄ちゃんの友だちの「ヘポ子」さんという女性と知り合います。ヘポ子さんは吃音者でしたが、ぼくの前だけではなぜかかみませんでした。ヘポ子さんは、いつかそういう時が来て、その時に目の前にいた人と結婚することを決めていたことをぼくに告げます。
     アルバイトで忙しいカオル兄ちゃんよりも、ぼくは大学で「お乳の研究」をしていたヘポ子さんを手伝いながら一緒に過ごす時間のほうが増えていきます。
     やがてヘポ子さんは卒業を迎えますが、それまでの研究がフランスのCNRSという政府機関に認められてヘポ子さんは渡仏することに。ぼくまでもパートナーとして同行することになりました。
     フランスのCNRSでさらに研究を進めたぼくたちは、ある種の偶然から「がん細胞」を死滅させる「ヘポコ・イッセリン」という物質を発見します。
     その研究を進めることは、がん治療上、世界的に意義のあることでしたが、それだけに巨大で複雑な闇の利権が絡むものでした。
     ぼくたちは、利権のエサにされないように「ヘポコ・イッセリン」の実証実験を極秘裏に進めたいとリーダーのアラン・ガロンに申し出ます。アティアガガに住む「ガザブセボイ」という長老の暗示によってその場所が決まり、そこに「月光」という名の研究施設を作りますが、やはり暗示によって現れた「ガザジイ」という老人との生活が始まって間もなく、ヘポ子さんは自らが乳がんに冒されていることが分かります。ぼくたちはヘポ子さんを使った人体実験をすることになりますが、やがてそれは一定の成果を挙げていきます。
     それから1年後、ノーベル賞の発表がありました。ぼくは19歳で史上最年少の受賞をしていました。

    データ本:216円

    紙本:1,286円

  • 『因(よるべ)』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.03.26

    d本:30㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 2

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    756円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    因(よるべ)

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    『ハナ本日百歳なり、利三も負けじと八十五なり、めでたきかな、うれしきかな、笑って生きたこの十年(故郷北の又村にて)』夏目椰子の私小説的介護日記。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    756円
    購入

    『因(よるべ)』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    『ハナ本日百歳なり、利三も負けじと八十五なり、めでたきかな、うれしきかな、笑って生きたこの十年(故郷北の又村にて)』夏目椰子の私小説的介護日記。

    データ本:無料

    紙本:756円

  • 『ひまめ』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.03.01

    d本:146㌻ 新書版

    紙本:160㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    324円

    紙本

    1,188円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ひまめ

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

     フリーライターのひまめと小説家を目指すぼくは、ふとした縁で知り合い、風変わりで呑気な共同生活をはじめます。「ひもづる」(ヒモで芋づるのこと)と呼ばれながらも、ぼくは底抜けに天真爛漫なひまめとの生活に、それまで知らなかった「ぼくらサイズのしあわせ」を感じていました。それは、ポケットに入れて持ち歩く笑い袋のようなものでした。ふたりの目に映る社会の様々なことがらを通して、ぼくらは驚き、嘆き、時に憤慨しながらも、小さなしあわせを口笛を吹くように軽やかに満喫していました。  一年半が過ぎた頃、ぼくは「ひもづる」である自分に劣等感を感じるようになりました。そして、ひまめの反対を制して就職することにしたのです。職場で起こした人身事故を通して知り合った被害者宅のおじいちゃんに人の情を感じる一方、上司の陰湿ないじめを受けます。やがてぼくとひまめの生活はすれ違いになり、会話も事務的なものとなってすさんでいきました。そんな中、ぼくの実家の材木店が倒産し、ぼくが保証人になっていた町金融の取り立てが執拗に始まります。ぼくは、ひまめに迷惑をかけることを恐れ、ひまめに黙って東京に出奔します。  ひまめと暮らした、ちっちゃなしあわせに満ちた日々、そしてそれを取り戻す時間のなかで、ぼくはひまめが与えたものの大きさを知ります。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,188円
    購入

    『ひまめ』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

     フリーライターのひまめと小説家を目指すぼくは、ふとした縁で知り合い、風変わりで呑気な共同生活をはじめます。「ひもづる」(ヒモで芋づるのこと)と呼ばれながらも、ぼくは底抜けに天真爛漫なひまめとの生活に、それまで知らなかった「ぼくらサイズのしあわせ」を感じていました。それは、ポケットに入れて持ち歩く笑い袋のようなものでした。ふたりの目に映る社会の様々なことがらを通して、ぼくらは驚き、嘆き、時に憤慨しながらも、小さなしあわせを口笛を吹くように軽やかに満喫していました。
     一年半が過ぎた頃、ぼくは「ひもづる」である自分に劣等感を感じるようになりました。そして、ひまめの反対を制して就職することにしたのです。職場で起こした人身事故を通して知り合った被害者宅のおじいちゃんに人の情を感じる一方、上司の陰湿ないじめを受けます。やがてぼくとひまめの生活はすれ違いになり、会話も事務的なものとなってすさんでいきました。そんな中、ぼくの実家の材木店が倒産し、ぼくが保証人になっていた町金融の取り立てが執拗に始まります。ぼくは、ひまめに迷惑をかけることを恐れ、ひまめに黙って東京に出奔します。

     ひまめと暮らした、ちっちゃなしあわせに満ちた日々、そしてそれを取り戻す時間のなかで、ぼくはひまめが与えたものの大きさを知ります。

    データ本:324円

    紙本:1,188円

  • 『盧生の悪夢』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.03.23

    d本:84㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    778円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    盧生の悪夢

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    2015年3月23日更新 表紙を少し変更しました。 …………………………  ベンチャー起業家、佐竹惇一の本当の逡巡は、今をどうやり過ごすかではなく、明日をいかに生きるかということにあった。  これは懺悔にも似たマゾヒスチックな使命感なのだろうか? それともおれの心を奪った何者かの陰謀か?

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    778円
    購入

    『盧生の悪夢』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    2015年3月23日更新
    表紙を少し変更しました。
    …………………………
     ベンチャー起業家、佐竹惇一の本当の逡巡は、今をどうやり過ごすかではなく、明日をいかに生きるかということにあった。
     これは懺悔にも似たマゾヒスチックな使命感なのだろうか? それともおれの心を奪った何者かの陰謀か?

    データ本:無料

    紙本:778円

  • 『たんてー八百屋』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    2015.03.01

    d本:86㌻ 新書版

    -

    レビュー 1

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    たんてー八百屋

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    2015年3月1日更新 装丁を変更しました。 ………………………… 『たんてー八百屋』は、夏目椰子初の探偵もの、推理物、ミステリー、サスペンスものである。あんがい真面目に書かれている。作者の植物好きがうかがえる。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『たんてー八百屋』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    -

    2015年3月1日更新
    装丁を変更しました。
    …………………………
    『たんてー八百屋』は、夏目椰子初の探偵もの、推理物、ミステリー、サスペンスものである。あんがい真面目に書かれている。作者の植物好きがうかがえる。

    データ本:無料

  • 『冬の蝉』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.02.18

    d本:64㌻ 新書版

    紙本:64㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    789円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    冬の蝉

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    これは夏目椰子の処女作である。 冬に、蝉は、鳴くのだろうか? 自分探しに旅で作者が見たものとは・・・・・・。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    789円
    購入

    『冬の蝉』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    これは夏目椰子の処女作である。
    冬に、蝉は、鳴くのだろうか?
    自分探しに旅で作者が見たものとは・・・・・・。

    データ本:無料

    紙本:789円

  • 『たからもの』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.02.15

    d本:158㌻ 新書版

    紙本:224㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,329円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    たからもの

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

     夏のある日、秋田にある老人介護施設に一人の男が訪ねてきた。男の名は米山靖樹、入所中の叔母のサト子に呼ばれ、東京からやってきたのだった。サト子は靖樹に黄ばんだ手紙の束を渡す。その手紙は、サト子の父、樹一郎が妻のタキに戦地から送った『愛の書簡』だった。タキがサト子の夢枕に立って、それを靖樹に渡すよう言ったのだという。  その手紙を預かることに疑問を感じた靖樹だったが、彼はひとまずそれを持って東京に戻った。数日後、その靖樹がまたサト子を訪ねてきた。靖樹は、預かった手紙のこと、それにまつわる当時の思い出を何でもいいから教えてほしいとサト子に願い出る。  靖樹が来た日と樹一郎が戦死した日が同じであったこともあって、サト子はそこに不思議な符合を感じながら、過去に起こった様々な出来事を靖樹に話し始めるのだった。  ひと通り話が終わった後、サト子は靖樹に向かって樹一郎の墓参りに行こう、と提案する。墓前、サト子を背負って線香を上げていた靖樹は、十七年前の亡くなった娘、晶子を思い出す。サト子もまた、顔も記憶にない父、樹一郎に背負われているような感覚になり、二人とも涙が止まらなくなる。  墓参りを終えた帰り道、靖樹の提案で二人は施設の外泊許可をもらって近くの温泉に一泊する。そこで、靖樹は妻、秋子とうまくいっていないことを、サト子は息子、晴彦夫婦との確執を、お互いに打ち明け合うのだった。  翌日、靖樹の提案で、二人は東京の靖国神社に向かう。その日は靖樹の家に一泊し、翌日、念願の靖国神社に詣でた二人だったが、大鳥居を出たところでサト子が貧血で倒れ、都内の病院に搬送される。その知らせを聞いた息子夫婦と孫の登は、秋田から一路東京に向かうのだった。  サト子の病状は快方に向かい、退院を明日に控えたその晩、靖樹の家には、靖樹夫婦と晴彦家族のにぎやかな声がこだましていた。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,329円
    購入

    『たからもの』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

     夏のある日、秋田にある老人介護施設に一人の男が訪ねてきた。男の名は米山靖樹、入所中の叔母のサト子に呼ばれ、東京からやってきたのだった。サト子は靖樹に黄ばんだ手紙の束を渡す。その手紙は、サト子の父、樹一郎が妻のタキに戦地から送った『愛の書簡』だった。タキがサト子の夢枕に立って、それを靖樹に渡すよう言ったのだという。
     その手紙を預かることに疑問を感じた靖樹だったが、彼はひとまずそれを持って東京に戻った。数日後、その靖樹がまたサト子を訪ねてきた。靖樹は、預かった手紙のこと、それにまつわる当時の思い出を何でもいいから教えてほしいとサト子に願い出る。
     靖樹が来た日と樹一郎が戦死した日が同じであったこともあって、サト子はそこに不思議な符合を感じながら、過去に起こった様々な出来事を靖樹に話し始めるのだった。
     ひと通り話が終わった後、サト子は靖樹に向かって樹一郎の墓参りに行こう、と提案する。墓前、サト子を背負って線香を上げていた靖樹は、十七年前の亡くなった娘、晶子を思い出す。サト子もまた、顔も記憶にない父、樹一郎に背負われているような感覚になり、二人とも涙が止まらなくなる。
     墓参りを終えた帰り道、靖樹の提案で二人は施設の外泊許可をもらって近くの温泉に一泊する。そこで、靖樹は妻、秋子とうまくいっていないことを、サト子は息子、晴彦夫婦との確執を、お互いに打ち明け合うのだった。
     翌日、靖樹の提案で、二人は東京の靖国神社に向かう。その日は靖樹の家に一泊し、翌日、念願の靖国神社に詣でた二人だったが、大鳥居を出たところでサト子が貧血で倒れ、都内の病院に搬送される。その知らせを聞いた息子夫婦と孫の登は、秋田から一路東京に向かうのだった。
     サト子の病状は快方に向かい、退院を明日に控えたその晩、靖樹の家には、靖樹夫婦と晴彦家族のにぎやかな声がこだましていた。

    データ本:無料

    紙本:1,329円

  • もっと見る

夏目椰子

「ひとり」を笑わせ、「ひとり」を泣かせ、「ひとり」を咲かせる物語を、かけがえのない「ひとり」のために書き上げること。それが、一生懸けても叶えたいボクの夢です。「ツイッター」はこちら。https://twitter.com/yashinatume
「フェイスブック」はこちら。https://www.facebook.com/natumeyashi?ref=bookmarks
「ブログ」はこちら。http://kotohima.rakusaba.jp/?cat=135
B型いて座。

運営

ことなひまめ事務所

http://www.officematroos.com

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • ガーナNOW!女子大生は見た【カラー版】

      本書は神戸市外国語大学に在籍する学生記者・矢達侑子が、ガーナ大学(ガーナ共和国・首都アクラ)へ留学した2013年8月から14年8月までの約1年間に、NPOメディア「開発メディアganas」で連載した記事を集めたものです。タイトルの通り、女子大生(当時20〜21歳)の視点から、等身大のガーナをつづっています。食文化、紛争、インフレ、ファッション、バレンタインデー、大学のストライキなど、さまざまなテーマを取り上げており、ガーナの多様な面を知ることができる一冊です。

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      2,398円
      購入
    • ガーナNOW!女子大生は見た【モノクロ版】

      本書は神戸市外国語大学に在籍する学生記者・矢達侑子が、ガーナ大学(ガーナ共和国・首都アクラ)へ留学した2013年8月から14年8月までの約1年間に、NPOメディア「開発メディアganas」で連載した記事を集めたものです。タイトルの通り、女子大生(当時20〜21歳)の視点から、等身大のガーナをつづっています。食文化、紛争、インフレ、ファッション、バレンタインデー、大学のストライキなど、さまざまなテーマを取り上げており、ガーナの多様な面を知ることができる一冊です。

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      1,178円
      購入
    • THE OROCHI 魔物の子の物語 上

       ある夏の日、山陰、出雲の町に奇怪な老人が現れ、空に吸い込まれて消えた。その日から主人公の中学生、山田辰也の周りに不思議なことが起こるようになる。出雲大社神職の旧家、山田家には忘れ去られた言い伝えがあった。「88代目の子孫が、日本を救う」。実は辰也がその子孫だった。中学生の自分にどうやって日本を救えというのか、そんなことよりバンド仲間の女子のことが気にかかるのに…。そのころ、史上最大の危機が日本に迫りつつあった。ストーリーは予想外の展開を見せ、衝撃的な結末とともに出雲神話の謎が解明されていく。

      データ本
      486円
      購入
      紙の本
      1,199円
      購入
    • THE OROCHI 魔物の子の物語 下

       ある夏の日、山陰、出雲の町に奇怪な老人が現れ、空に吸い込まれて消えた。その日から主人公の中学生、山田辰也の周りに不思議なことが起こるようになる。一方、出雲大社神職の旧家、山田家には忘れ去られた言い伝えがあった。「八十八代目の子孫が日本を救う」。辰也がその子孫だった。だが、中学生の自分にどうやって日本を救えというのか。辰也はとまどう。そんなことよりバンド仲間の女子のことが気にかかるのに。有史以来最大の危機に見舞われる中、辰也は言い伝え通り日本を救うことができるのか。ストーリーは予想もしない展開を見せ、衝撃的な結末とともに出雲神話の謎が解明されていく。

      データ本
      486円
      購入
      紙の本
      1,394円
      購入