あなたの心に、
小さな火をともす、
そんな本、
届けます。

kotohima Novels

あなたの心に、小さな火をともす、そんな本、届けます。

kotohima Novels

冊数 17

紙本 14

更新 2016.03.14

ジャンル 文芸13 ミステリー・サスペンス2 絵本1 SF・ホラー・ファンタジー1

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの心に、
小さな火をともす、
そんな本、
届けます。
kotohima Novels

「ことなひまめ事務所」が運営する個人書店です。
主に「夏目椰子」の本を扱っています。夏目椰子の「ツイッター」「フェイスブック」「ブログ」「エッセイ」

  • 夏目椰子の新刊

  • 『あるいは海の風景』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.04.02

    d本:30㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    216円

    紙本

    616円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    夏目椰子の自省的私小説。 家族とは何か? パートナーとは何か? 責任とは何か?

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    616円
    購入

    『あるいは海の風景』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    夏目椰子の自省的私小説。
    家族とは何か? パートナーとは何か? 責任とは何か?

    データ本:216円

    紙本:616円

  • 『のべる』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    2015.04.01

    d本:170㌻ 新書版

    紙本:192㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    216円

    紙本

    1,286円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    のべる

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    2015年3月31日更新 再編集しました。 …………………………  同級生たちから「のべる」と呼ばれ冷やかされていた「ぼく」。ぼくは、自分ではよく分かんないけど、クラスのみんなに嫌われていました。でも、ただ1人、ぼくを好きでいてくれた「タカハシサキ」ちゃんが転校してしまうと、ぼくは急に学校に行くのが嫌になってしまいます。  それからずっと家に引きこもっていたぼくを、一番上のカオル兄ちゃんは自分のいるオビヒロに来るように誘います。二つ返事でぼくは行くことにしました。両親も賛成しました。  ぼくは、お兄ちゃんの友だちの「ヘポ子」さんという女性と知り合います。ヘポ子さんは吃音者でしたが、ぼくの前だけではなぜかかみませんでした。ヘポ子さんは、いつかそういう時が来て、その時に目の前にいた人と結婚することを決めていたことをぼくに告げます。  アルバイトで忙しいカオル兄ちゃんよりも、ぼくは大学で「お乳の研究」をしていたヘポ子さんを手伝いながら一緒に過ごす時間のほうが増えていきます。  やがてヘポ子さんは卒業を迎えますが、それまでの研究がフランスのCNRSという政府機関に認められてヘポ子さんは渡仏することに。ぼくまでもパートナーとして同行することになりました。  フランスのCNRSでさらに研究を進めたぼくたちは、ある種の偶然から「がん細胞」を死滅させる「ヘポコ・イッセリン」という物質を発見します。  その研究を進めることは、がん治療上、世界的に意義のあることでしたが、それだけに巨大で複雑な闇の利権が絡むものでした。  ぼくたちは、利権のエサにされないように「ヘポコ・イッセリン」の実証実験を極秘裏に進めたいとリーダーのアラン・ガロンに申し出ます。アティアガガに住む「ガザブセボイ」という長老の暗示によってその場所が決まり、そこに「月光」という名の研究施設を作りますが、やはり暗示によって現れた「ガザジイ」という老人との生活が始まって間もなく、ヘポ子さんは自らが乳がんに冒されていることが分かります。ぼくたちはヘポ子さんを使った人体実験をすることになりますが、やがてそれは一定の成果を挙げていきます。  それから1年後、ノーベル賞の発表がありました。ぼくは19歳で史上最年少の受賞をしていました。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    1,286円
    購入

    『のべる』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    -

    2015年3月31日更新
    再編集しました。
    …………………………
     同級生たちから「のべる」と呼ばれ冷やかされていた「ぼく」。ぼくは、自分ではよく分かんないけど、クラスのみんなに嫌われていました。でも、ただ1人、ぼくを好きでいてくれた「タカハシサキ」ちゃんが転校してしまうと、ぼくは急に学校に行くのが嫌になってしまいます。
     それからずっと家に引きこもっていたぼくを、一番上のカオル兄ちゃんは自分のいるオビヒロに来るように誘います。二つ返事でぼくは行くことにしました。両親も賛成しました。
     ぼくは、お兄ちゃんの友だちの「ヘポ子」さんという女性と知り合います。ヘポ子さんは吃音者でしたが、ぼくの前だけではなぜかかみませんでした。ヘポ子さんは、いつかそういう時が来て、その時に目の前にいた人と結婚することを決めていたことをぼくに告げます。
     アルバイトで忙しいカオル兄ちゃんよりも、ぼくは大学で「お乳の研究」をしていたヘポ子さんを手伝いながら一緒に過ごす時間のほうが増えていきます。
     やがてヘポ子さんは卒業を迎えますが、それまでの研究がフランスのCNRSという政府機関に認められてヘポ子さんは渡仏することに。ぼくまでもパートナーとして同行することになりました。
     フランスのCNRSでさらに研究を進めたぼくたちは、ある種の偶然から「がん細胞」を死滅させる「ヘポコ・イッセリン」という物質を発見します。
     その研究を進めることは、がん治療上、世界的に意義のあることでしたが、それだけに巨大で複雑な闇の利権が絡むものでした。
     ぼくたちは、利権のエサにされないように「ヘポコ・イッセリン」の実証実験を極秘裏に進めたいとリーダーのアラン・ガロンに申し出ます。アティアガガに住む「ガザブセボイ」という長老の暗示によってその場所が決まり、そこに「月光」という名の研究施設を作りますが、やはり暗示によって現れた「ガザジイ」という老人との生活が始まって間もなく、ヘポ子さんは自らが乳がんに冒されていることが分かります。ぼくたちはヘポ子さんを使った人体実験をすることになりますが、やがてそれは一定の成果を挙げていきます。
     それから1年後、ノーベル賞の発表がありました。ぼくは19歳で史上最年少の受賞をしていました。

    データ本:216円

    紙本:1,286円

  • 『因(よるべ)』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.03.26

    d本:30㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 2

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    756円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    因(よるべ)

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    『ハナ本日百歳なり、利三も負けじと八十五なり、めでたきかな、うれしきかな、笑って生きたこの十年(故郷北の又村にて)』夏目椰子の私小説的介護日記。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    756円
    購入

    『因(よるべ)』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    『ハナ本日百歳なり、利三も負けじと八十五なり、めでたきかな、うれしきかな、笑って生きたこの十年(故郷北の又村にて)』夏目椰子の私小説的介護日記。

    データ本:無料

    紙本:756円

  • 『ひまめ』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.03.01

    d本:146㌻ 新書版

    紙本:160㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    324円

    紙本

    1,188円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ひまめ

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

     フリーライターのひまめと小説家を目指すぼくは、ふとした縁で知り合い、風変わりで呑気な共同生活をはじめます。「ひもづる」(ヒモで芋づるのこと)と呼ばれながらも、ぼくは底抜けに天真爛漫なひまめとの生活に、それまで知らなかった「ぼくらサイズのしあわせ」を感じていました。それは、ポケットに入れて持ち歩く笑い袋のようなものでした。ふたりの目に映る社会の様々なことがらを通して、ぼくらは驚き、嘆き、時に憤慨しながらも、小さなしあわせを口笛を吹くように軽やかに満喫していました。  一年半が過ぎた頃、ぼくは「ひもづる」である自分に劣等感を感じるようになりました。そして、ひまめの反対を制して就職することにしたのです。職場で起こした人身事故を通して知り合った被害者宅のおじいちゃんに人の情を感じる一方、上司の陰湿ないじめを受けます。やがてぼくとひまめの生活はすれ違いになり、会話も事務的なものとなってすさんでいきました。そんな中、ぼくの実家の材木店が倒産し、ぼくが保証人になっていた町金融の取り立てが執拗に始まります。ぼくは、ひまめに迷惑をかけることを恐れ、ひまめに黙って東京に出奔します。  ひまめと暮らした、ちっちゃなしあわせに満ちた日々、そしてそれを取り戻す時間のなかで、ぼくはひまめが与えたものの大きさを知ります。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,188円
    購入

    『ひまめ』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

     フリーライターのひまめと小説家を目指すぼくは、ふとした縁で知り合い、風変わりで呑気な共同生活をはじめます。「ひもづる」(ヒモで芋づるのこと)と呼ばれながらも、ぼくは底抜けに天真爛漫なひまめとの生活に、それまで知らなかった「ぼくらサイズのしあわせ」を感じていました。それは、ポケットに入れて持ち歩く笑い袋のようなものでした。ふたりの目に映る社会の様々なことがらを通して、ぼくらは驚き、嘆き、時に憤慨しながらも、小さなしあわせを口笛を吹くように軽やかに満喫していました。
     一年半が過ぎた頃、ぼくは「ひもづる」である自分に劣等感を感じるようになりました。そして、ひまめの反対を制して就職することにしたのです。職場で起こした人身事故を通して知り合った被害者宅のおじいちゃんに人の情を感じる一方、上司の陰湿ないじめを受けます。やがてぼくとひまめの生活はすれ違いになり、会話も事務的なものとなってすさんでいきました。そんな中、ぼくの実家の材木店が倒産し、ぼくが保証人になっていた町金融の取り立てが執拗に始まります。ぼくは、ひまめに迷惑をかけることを恐れ、ひまめに黙って東京に出奔します。

     ひまめと暮らした、ちっちゃなしあわせに満ちた日々、そしてそれを取り戻す時間のなかで、ぼくはひまめが与えたものの大きさを知ります。

    データ本:324円

    紙本:1,188円

  • 『盧生の悪夢』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.03.23

    d本:84㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    778円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    盧生の悪夢

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    2015年3月23日更新 表紙を少し変更しました。 …………………………  ベンチャー起業家、佐竹惇一の本当の逡巡は、今をどうやり過ごすかではなく、明日をいかに生きるかということにあった。  これは懺悔にも似たマゾヒスチックな使命感なのだろうか? それともおれの心を奪った何者かの陰謀か?

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    778円
    購入

    『盧生の悪夢』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    2015年3月23日更新
    表紙を少し変更しました。
    …………………………
     ベンチャー起業家、佐竹惇一の本当の逡巡は、今をどうやり過ごすかではなく、明日をいかに生きるかということにあった。
     これは懺悔にも似たマゾヒスチックな使命感なのだろうか? それともおれの心を奪った何者かの陰謀か?

    データ本:無料

    紙本:778円

  • 『たんてー八百屋』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    2015.03.01

    d本:86㌻ 新書版

    -

    レビュー 1

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    たんてー八百屋

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    2015年3月1日更新 装丁を変更しました。 ………………………… 『たんてー八百屋』は、夏目椰子初の探偵もの、推理物、ミステリー、サスペンスものである。あんがい真面目に書かれている。作者の植物好きがうかがえる。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『たんてー八百屋』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    ミステリー・サスペンス

    -

    2015年3月1日更新
    装丁を変更しました。
    …………………………
    『たんてー八百屋』は、夏目椰子初の探偵もの、推理物、ミステリー、サスペンスものである。あんがい真面目に書かれている。作者の植物好きがうかがえる。

    データ本:無料

  • 『冬の蝉』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.02.18

    d本:64㌻ 新書版

    紙本:64㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    789円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    冬の蝉

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    これは夏目椰子の処女作である。 冬に、蝉は、鳴くのだろうか? 自分探しに旅で作者が見たものとは・・・・・・。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    789円
    購入

    『冬の蝉』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

    これは夏目椰子の処女作である。
    冬に、蝉は、鳴くのだろうか?
    自分探しに旅で作者が見たものとは・・・・・・。

    データ本:無料

    紙本:789円

  • 『たからもの』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    2015.02.15

    d本:158㌻ 新書版

    紙本:224㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,329円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    たからもの

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

     夏のある日、秋田にある老人介護施設に一人の男が訪ねてきた。男の名は米山靖樹、入所中の叔母のサト子に呼ばれ、東京からやってきたのだった。サト子は靖樹に黄ばんだ手紙の束を渡す。その手紙は、サト子の父、樹一郎が妻のタキに戦地から送った『愛の書簡』だった。タキがサト子の夢枕に立って、それを靖樹に渡すよう言ったのだという。  その手紙を預かることに疑問を感じた靖樹だったが、彼はひとまずそれを持って東京に戻った。数日後、その靖樹がまたサト子を訪ねてきた。靖樹は、預かった手紙のこと、それにまつわる当時の思い出を何でもいいから教えてほしいとサト子に願い出る。  靖樹が来た日と樹一郎が戦死した日が同じであったこともあって、サト子はそこに不思議な符合を感じながら、過去に起こった様々な出来事を靖樹に話し始めるのだった。  ひと通り話が終わった後、サト子は靖樹に向かって樹一郎の墓参りに行こう、と提案する。墓前、サト子を背負って線香を上げていた靖樹は、十七年前の亡くなった娘、晶子を思い出す。サト子もまた、顔も記憶にない父、樹一郎に背負われているような感覚になり、二人とも涙が止まらなくなる。  墓参りを終えた帰り道、靖樹の提案で二人は施設の外泊許可をもらって近くの温泉に一泊する。そこで、靖樹は妻、秋子とうまくいっていないことを、サト子は息子、晴彦夫婦との確執を、お互いに打ち明け合うのだった。  翌日、靖樹の提案で、二人は東京の靖国神社に向かう。その日は靖樹の家に一泊し、翌日、念願の靖国神社に詣でた二人だったが、大鳥居を出たところでサト子が貧血で倒れ、都内の病院に搬送される。その知らせを聞いた息子夫婦と孫の登は、秋田から一路東京に向かうのだった。  サト子の病状は快方に向かい、退院を明日に控えたその晩、靖樹の家には、靖樹夫婦と晴彦家族のにぎやかな声がこだましていた。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,329円
    購入

    『たからもの』

    夏目椰子著

    kotohima Novels発行

    文芸

    -

     夏のある日、秋田にある老人介護施設に一人の男が訪ねてきた。男の名は米山靖樹、入所中の叔母のサト子に呼ばれ、東京からやってきたのだった。サト子は靖樹に黄ばんだ手紙の束を渡す。その手紙は、サト子の父、樹一郎が妻のタキに戦地から送った『愛の書簡』だった。タキがサト子の夢枕に立って、それを靖樹に渡すよう言ったのだという。
     その手紙を預かることに疑問を感じた靖樹だったが、彼はひとまずそれを持って東京に戻った。数日後、その靖樹がまたサト子を訪ねてきた。靖樹は、預かった手紙のこと、それにまつわる当時の思い出を何でもいいから教えてほしいとサト子に願い出る。
     靖樹が来た日と樹一郎が戦死した日が同じであったこともあって、サト子はそこに不思議な符合を感じながら、過去に起こった様々な出来事を靖樹に話し始めるのだった。
     ひと通り話が終わった後、サト子は靖樹に向かって樹一郎の墓参りに行こう、と提案する。墓前、サト子を背負って線香を上げていた靖樹は、十七年前の亡くなった娘、晶子を思い出す。サト子もまた、顔も記憶にない父、樹一郎に背負われているような感覚になり、二人とも涙が止まらなくなる。
     墓参りを終えた帰り道、靖樹の提案で二人は施設の外泊許可をもらって近くの温泉に一泊する。そこで、靖樹は妻、秋子とうまくいっていないことを、サト子は息子、晴彦夫婦との確執を、お互いに打ち明け合うのだった。
     翌日、靖樹の提案で、二人は東京の靖国神社に向かう。その日は靖樹の家に一泊し、翌日、念願の靖国神社に詣でた二人だったが、大鳥居を出たところでサト子が貧血で倒れ、都内の病院に搬送される。その知らせを聞いた息子夫婦と孫の登は、秋田から一路東京に向かうのだった。
     サト子の病状は快方に向かい、退院を明日に控えたその晩、靖樹の家には、靖樹夫婦と晴彦家族のにぎやかな声がこだましていた。

    データ本:無料

    紙本:1,329円

  • もっと見る

夏目椰子

「ひとり」を笑わせ、「ひとり」を泣かせ、「ひとり」を咲かせる物語を、かけがえのない「ひとり」のために書き上げること。それが、一生懸けても叶えたいボクの夢です。「ツイッター」はこちら。https://twitter.com/yashinatume
「フェイスブック」はこちら。https://www.facebook.com/natumeyashi?ref=bookmarks
「ブログ」はこちら。http://kotohima.rakusaba.jp/?cat=135
B型いて座。

運営

ことなひまめ事務所

http://www.officematroos.com

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 棕櫚shuro第二号

      棕櫚shuro第二号

      マルカフェ文藝部著

      マルカフェ文藝部出版発行

      2013年秋冬コレクション。マルカフェ文藝部の季刊誌第二号。 【小説】 石川友助 「灼熱のタンガロア」 市川すなお 「シンゴのフリーズ」 カフェラテ 「ひらめきまんじゅう」 鈴木清涜 「燔祭」 中川マルカ 「ザムザ兄さん」 なかぎりせいじ 「相与田郷ノート(1)『林田 富夫』」 もりせいちる 「リコレクション/Gatto Bianco」 【自由律俳句】 天坂寝覚 「夢につづく」 【コラム】 鈴木清涜 「ヘルツォークの視線」 中川マルカ 「失恋ケイク」 【漫画】 津川智宏/つがわちひろ 「オブクロイ山のヌシ」 【アート、イラスト】 オカザキトモノリ 「マリンライン」 葛城美保子 「002-1」「002‐2」 なかの真実 「桜の樹・秋」

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      1,512円
      購入
    • スポラディックE層

      駅を通過するほか交わることのない、幾つかの、人生。 個性あふれるそれぞれの作品が一本の線でふとつながる瞬間。あなたは何を目撃するだろう。2013年発表「スポラディックE層」本編に加え、書き下ろし作品を盛り込んだ「外伝」を一冊にまとめた単行本です。

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      1,556円
      購入
    • 時空間エンタングル

      時空間エンタングル

      悪紫苑著

      AXION物理学研究所発行

      2012年12月20日更新 この世の終わりが来る前に更新……。 ………………………… とある研究都市にある、重力研究所。そこの地下施設で働く酒井の元に、素粒子研究所から、ひとりの女性が尋ねてくる。全く面識のない彼女から告げられたのは、謎の天体〈ゴースト〉を巡る、奇妙な共同研究の申し込みだった。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • ハウツー メルセデス・ベンツのバッテリー交換

      メルセデスベンツC200コンプレッサー(KOMPRESSOR)セダンW203(2代目C200 2000〜2007年=W203)の写真を交えたバッテリー交換マニュアルです。バッテリーの劣化と過放電によりリモートキーでドアの自動アンロックさえ出来なくなった状態から新品バッテリーに交換して復活するまでを順を追って説明します。今回は交換バッテリーに「Panasonic製ブルーバッテリーcaos」を選択し、同社のカーバッテリー寿命判定ユニット(オプション販売)「LifeWINK」も接続します。 車種を特定しての説明になりますがバッテリー固定方法が国産車と異なる欧州車のバッテリー交換という点では他のメルセデス・ベンツ、BMW、アウディ等々に応用できると思います。 役にたったら書評ください。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      972円
      購入
    • Scrapbook Vol.4

      Scrapbook Vol.4

      Kikuko Usuyama著

      kikukousuyama出版発行

      Kikuko Usuyama's Scrapbook Vol.4. 写真家・宇壽山貴久子のスクラップブックVol.4です。 これまでの3冊はこちら Scrapbook Vol.1>http://bccks.jp/bcck/100652/info Scrapbook Vol.2>http://bccks.jp/bcck/101750/info Scrapbook Vol.3>http://bccks.jp/bcck/103450/info

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • Scrapbook Vol.5

      Scrapbook Vol.5

      Kikuko Usuyama著

      kikukousuyama出版発行

      Kikuko Usuyama's Scrapbook Vol.5 写真家・宇壽山貴久子のスクラップブックVol.5です。 これまでの4冊はこちら Scrapbook Vol.1>http://bccks.jp/bcck/100652/info Scrapbook Vol.2>http://bccks.jp/bcck/101750/info Scrapbook Vol.3>http://bccks.jp/bcck/103450/info Scrapbook Vol.4>http://bccks.jp/bcck/107375/info

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 계획된 종말

      2013年2月6日更新 誤文字が確認され修正いたしました。 ………………………… 2013年1月12日更新 계획된 종말 최종 증보판입니다. ………………………… 먼저 깨달아야 할 것은 하나님께서 세상을 창조하실 때 이미 이 지구의 종말을 계획하고 창조하셨다는 것이다.그 해답은 다음 말씀이다. 이사야46:8~10절에“내가 종말(마지막,끝,미래,끝 시간)을 처음(시작, 최초)부터 고하며(예언하다) 아직 이루지 아니한 일을 옛적부터 보이고 이르기를 나의 모략이 설 것이니 내가 나의 모든 기뻐하는 것을 이루리라 하였노라”고 말씀하셨다.즉,이 세상을 창조하실 때 이미 이 지구의 종말을 계획하고 창조하셨다는 것이다.구약성경에 기록된 예언의 말씀에 대하여 더 정확하고 명확한 해답이 신약성경에 기록되어 있다. 베드로후서 3:7절에“이제 하늘과 땅은 그 동일한 말씀으로 불사르기 위하여 간수하신바 되어 경건치 아니한 사람들의 심판과 멸망의 날까지 보존하여 두신 것이니라” 즉,지금 보이는 이 지구 즉,하늘(천)과 땅(지)은 그 동일한 말씀(구약성경에 예언하신대로)대로 불사르기 위해서 간수하고 계시는데,이 지구의 마지막 날은 바로 경건치 아니한 사람들의 심판과 멸망의 날이 될 것이며,그 날까지 보이는 하늘과 땅과 그 가운데 모든 만물을 보존해 두시고 계신다는 것이다.이 말은 실로 엄청난 예언이다.이 세상에 그 어떤 책이나 사람들이 이렇게 정확하게 보이는 이 지구와 그 가운데 있는 모든 만물의 마지막 날에 대해서,그 마지막 날에 어떻게 종말을 맞게 될 것인지에 대해서 기록하고 있으며,말하고 있는가?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      983円
      購入
    • 計画された終末

      計画された終末

      申玉珠牧師著

      ソロモンの知恵出版発行

      2014年9月7日更新 全世界に来ようとしている大患難、いまだかつてなかったような試練の時が私たちの目の前に来ている。 ………………………… 大患難 マタイ24章21節 そのときには、世の初めから、今に至るまで、いまだかつてなかったような、またこれからもないような、ひどい苦難があるからです。 マルコ13章19節 その日は、神が天地を創造された初めから、今に至るまでいまだかつてなかったような、またこれからもないような苦難の日だからです。 どんなにひどい苦難かな、その日数が少なくされなかったら、この地の上にいるすべての人はもちろん、神を信じるという者たちさえも、ひどい苦難から救われることは難しいであろうと強調している預言の御言葉である。ここで、私たちが今まで見聞きして来た終わりの時に対するあらゆる人々の聖書的でないことばを捨てなければならない すなわち、苦難の前にクリスチャンはみな携挙されるという話や、苦難がないという話、今キリストと共に歩んでいるから天国地獄も否認する人々の話など…そこで、かならず、生きておられる神のことばだけを信じなければならないということである。これに対してよりはっきり預言されている解答の御言葉を探して思い浮かんで見よう 黙示録9章6節 その期間には、人々は死を求めるが、どうしても見いだせず、死を願うが、死が彼から逃げて行くのである。 その日に起こる大苦難は、耐えられないほどの苦しさのあまり、死を求めるが、死が彼から逃げて行くと預言している。言い換えれば、苦しさのあまり死にたくても自ら命を絶つこともできない大苦難であることが含まれた預言の御言葉である。それで、神はご自分が選ばれた者たちのため、その日を少なくされるとすでに預言しておかれたのである。次の御言葉を通じて聖霊の御声を聞こう。 マタイ24章22節 もし、その日数が少なくされなかったら、ひとりとして救われる者はないでしょう。しかし、選ばれた者のために、その日数は少なくされます。 マルコ13章20節 そして、もし主がその日数を少なくして下さらないなら、ひとりとして救われる者はないでしょう。しかし、主は、ご自分で選んだ選びの民のために、その日数を少なくしてくださったのです。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入