BCCKS

0

login
会員登録

  • 『我が輩は覚り妖怪である(猫♂2才)』

    白黒ゆきち

    白黒出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2019.02.19

    文庫版 6 無料
    閲覧数10冊
    タチヨミ数0冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数6冊

    【紙本】

    未設定

    我が輩は覚り妖怪である(猫♂2才)

    覚り妖怪──── 人の心を読む事が出来る伝承上の妖怪の一種 時にはその力を使って人を欺き襲いかかるとも言われている しかし俺の目の前に現れた“そいつ”はどう見てもただの猫だった────── 巻き込まれ型の主人公、北条孝幸が覚り妖怪の“さとり”と彼らを取り巻く様々な友人たちとの日常を描く笑いあり、シリアスあり、ときどき作者の暴走ありのドタバタコメディー!! 猫「この作品は普通の男子高校生と覚り妖怪を名乗る猫(我が輩)がどうにかなっていく様を描いた作品である。 ちなみに言っておくが某有名小説家殿の作品とは一切関係ないのでその点を心得て読んでほしい。 それでは後ほど会おう」

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円
    • 未入手
« 1 »