BCCKS

0

login
会員登録

  • 『夢のマカロンる~む♪ゆるふわDINKSが注文住宅を建てる』

    未衣子

    さいたま養豚場

    住まい・インテリア

    権限:管理者

    【データ本】

    2022.05.13

    文庫版 50 550円

    【紙本】

    販売中

    2022.04.17

    文庫版 48 660円

    夢のマカロンる~む♪ゆるふわDINKSが注文住宅を建てる

    埼玉の片田舎で、二人暮らしに特化した終の棲家を作り、ミニマル&サイレントに暮らしたい! 夫婦二人きりの、いわゆるDINKSと呼ばれる世帯に当てはまる著者が、二人用の注文住宅を建てて、なんとか暮らし始めるまでの記録。 初心者なりに間取りやデザインを考えるための取り組み方から、二人暮らし向けの住まいで削ぎ落したもの、片田舎暮らしの雑感まで。 ■超合理ハウス《愛の巣》計画 ■不動産王に叱られる! ■風に惹かれて土地選び ■ささやかだけれど(家づくりで)役に立つこと -人力ディープラーニング、好きなホテルの思い出、色彩検定、Sweet Home 3D、幽体離脱ごっこ- ■究極の二人暮らしとは -キッチン、仕事部屋、ランドリールーム、和室(a.k.aトレーニングルーム)、トイレ、存在しないベランダ- ■親までノリノリ住宅展示場 ■東向きの窓 ■絶対搬入不可能!代替案でウルトラC ■入居初日がいちばん幸せ? ■家に来てほしくない人feat.家に行きたくない人 ■夢のマカロンる~む♪ ■ハムスターのように(Like a Hamster) ■実家を超えた片田舎に住んでる

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    660円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円/紙本あり
    • 未入手
  • 『ちょっとした貴族のように』

    未衣子

    さいたま養豚場

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2021.04.19

    文庫版 50 550円

    【紙本】

    販売中

    2021.04.11

    文庫版 48 660円

    ちょっとした貴族のように

    ロリィタの美貴(ミキ)は、きものの貴婦人こと麗香(レイカ)の生家に、奇妙な成り行きで居候している。ちょっとした貴族のように暮らす、ふたりの着道楽を描いた小説。 生きるために買い物をやめられないすべての人へ!

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    660円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円/紙本あり
    • 未入手
  • 『右耳がずっと聞こえない』

    未衣子

    さいたま養豚場

    エッセイ

    権限:管理者

    【データ本】

    2021.03.31

    文庫版 50 550円
    閲覧数9冊
    タチヨミ数276冊
    デバイスDL数1冊
    EPUB DL数9冊

    【紙本】

    販売中

    2018.03.11

    文庫版 48 660円

    右耳がずっと聞こえない

    右耳がずっと聞こえない

    未衣子著

    さいたま養豚場発行

    あなたのお涙、頂戴しません! “わたしは物心ついたときから片耳難聴で、子どもの頃からずっと右耳が聞こえない状態にある。どれくらい聞こえないのか。今、静かなところにいる方は、親指と人差し指をくっつけて、耳元へ近づけてから、二つの指をすり合わせてみてほしい。意外にも大きな音がするはずだ。わたしの右耳には、その音がまったく聞こえない”――実は右耳が聞こえないのをずっと隠して生きてきた著者が、日常生活に差支えない程度の身体的欠損について、笑いあり涙なしでお届けします。 ■~はじめに~右耳がずっと聞こえない ■一生右耳が聞こえないと悟ったときの衝撃 ■治らなくてもいい、治さなくてもいい、治らないんだけど ■「聞こえません」が言えない ■超健康なのに《要再検査》になる健康診断はクソ ■もう《聞こえないわたし》を幽閉しない ■片耳難聴がイヤフォンで音楽を聴くとどうなる? ■世界で一番わたしの片耳難聴を心配する人物について ■実はかなり聞こえてなかったっぽい ■カミングアウトは誰のためでもない ■耳鳴りは幽霊の仕業 ■森永の珈琲牛乳プリン ■「聞こえる」と「聞こえない」のはざまで~おわりに~

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    660円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円/紙本あり
    • 未入手
  • 『着物を着ているだけのこと』

    未衣子

    さいたま養豚場

    エッセイ

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.03.28

    文庫版 50 550円

    【紙本】

    販売中

    2020.03.28

    文庫版 48 660円

    着物を着ているだけのこと

    祖母の遺品整理から突如として幕開けた着物生活。 令和元年の覚醒、抗えない遺伝子の叫び、浪費の限りを尽くす戦いが、ついに新たなる犠牲者を呼ぶ……。 マイペースにのんびり着物を楽しむ初心者の随筆です。 ・プロローグ 令和の着物女子 ・節約には着物がいいよ ・個性――未だ見ぬ貴女の服 ・文様――柄柄柄 ・【前編】孫冥利に尽きる ・【後編】レジェンド降臨 ・スカートの裾がめくれてる ・和洋ヲ折衷セヨ! ・わたしの一張羅(ワンピース) ・エピローグ 悪質な勧誘

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    660円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円/紙本あり
    • 未入手
  • 『ツイ婚したよ!~Twitterで出会った人と結婚しましたよ~』

    未衣子

    さいたま養豚場

    エッセイ

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.11.06

    文庫版 50 550円
    閲覧数7冊
    タチヨミ数44冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数9冊

    【紙本】

    販売中

    2018.10.27

    文庫版 48 660円

    ツイ婚したよ!~Twitterで出会った人と結婚しましたよ~

    Twitterで出会った人と結婚しました。 交際して5年、結婚して3年が経ちます。 ■ドラム缶に詰められ海に捨てられる~はじめに~ ■#1 出会い ■初彼氏は中学のときチャットで会った人 ■ネット恋愛はゲンジツ恋愛に劣るのか ■#2 オフ ■《出会いのきっかけ》を詐称しています ■自然な出会い/不自然な出会い ■#3 交際 ■「ツイ婚」がトレンド入りした日 ■スマホの画面ばかり見ている夫婦 ■新婚ぶるのはもうやめる~おわりに~

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    660円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円/紙本あり
    • 未入手
  • 『ひかれあう巨像』

    未衣子

    さいたま養豚場

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.10

    文庫版 66 440円
    閲覧数4冊
    タチヨミ数32冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数13冊

    【紙本】

    販売中

    2017.10.18

    文庫版 64 671円

    ひかれあう巨像

    ひかれあう巨像

    未衣子著

    さいたま養豚場発行

    【巨体観音像のミニ写真集つき】 物心ついた頃から2体の巨像の足元で暮らす少女サラ。 母親に見捨てられ、祖母の邸宅で暮らす彼女は、ついに受験生になった。 学業や友人関係に悩む彼女のもとに、突如として現れた少女、華子との出会いにより、彼女の人生がゆるやかに変わっていく。 祖母との絆、華子との関係、対になった双樹白大観音像の秘密……。 『観音小説』に続く、巨大観音像への愛を込めた小説。 巻末には、著者が全国各地で撮影した巨大観音像のミニアルバムを収録しています。

    データ本
    440円
    購入
    紙の本
    671円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 400円/紙本あり
    • 未入手
  • 『観音小説』

    未衣子

    さいたま養豚場

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.12.12

    文庫版 98 550円
    閲覧数47冊
    タチヨミ数86冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数4冊

    【紙本】

    販売中

    2015.11.03

    文庫版 96 880円

    観音小説

    観音小説

    未衣子著

    さいたま養豚場発行

     うさぎの楽園、世界一の観音、しがない会社員のわたしと、《女王》と呼ばれる女。  この《白兎大観音》、日本各地に存在する巨大観音像たちに比べればまだ随分と歴史は浅いけれども、それでもすでに十年以上は、ここ埼玉県坂戸市の、大きな護り役として生き永らえている。かつては日本一の高さを誇る立像であった牛久大仏の背を抜いてさらに世界一の座に躍り出、あるいは、世界一美しいと称賛された小豆島大観音に勝るとも劣らぬ柔和な造形の、夢のような観音像。金色の身体をもつ加賀大観音をも圧倒するほど奇抜なそのご尊顔は、頭頂にすっと伸びるふたつの細長い耳、伏しがちな黒目に、なだらかで控えめな鼻、笑みをたたえる小動物の口許をした、世にも珍しい《うさぎ様》なのであった。これこそが、新しい埼玉県のシンボルとなってまだ間もない、《白兎大観音》である。  巨大観音像といえば、やけに景気の良かった時代の実業家たちによって、日本各地へ私的に建立されたものが多く知られているが、近年はその後の不景気な時代の風潮もあってか、新たな像の誕生は長らく無かったのだった。今や、当時に散々流行したような豪奢で浮かれたテーマパークたちもおおよそ閉鎖し、あるいはほとんど寂れてしまって、どこもかしこも始終、現実的な空気が充満している。こんな時代に今更、巨大観音像なんて。一体、誰が何のために!

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    880円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円/紙本あり
    • 未入手
« 1 »