BCCKS

0

login
会員登録

  • 『泉鏡花 現代語訳集 別巻6 茸の舞姫・黒壁、他5編』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.24

    文庫版 118 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数5冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集 別巻6 茸の舞姫・黒壁、他5編

    泉鏡花の短編作品の現代語訳。 【収録作】  茸の舞姫・星あかり・三尺角拾遺・黒壁・革鞄の怪・妙齢・画の裡、以上7編 【あとがき より】 本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉鏡花(1873-1939)の作品の現代語訳である。 鏡花の作品世界に満ち溢れる、美妙幽玄な魅力を音に聞き、それを味わってみようと足を踏み入れたものの、特異な文体によって描き出される風景の綺羅のような輝きに目を眩まされ、道半ばで現の世に戻らざるを得なかった人はけっして少なくないだろう。 訳者が目指したのは、現代の一般的読者が、大きな困難を感じることなく、内容を把握しながら読み通すことのできる文章に仕上げることであった… 【訳者略歴】 白水 銀雪(しろみ ぎんせつ) 慶應義塾大学大学院博士課程中退(専攻:数学) システムエンジニア・プロジェクトマネージャー・コンサルタントとして、宇宙分野を中心とする科学技術系システム開発に従事 現在、蓼科にて山暮らし

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集 別巻5 婦人十一題・湯島の境内、他4編』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.23

    文庫版 138 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数25冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集 別巻5 婦人十一題・湯島の境内、他4編

    泉鏡花の短編作品の現代語訳。 【収録作】  十六夜・婦人十一題・若菜のうち・湯島の境内・妖怪年代記・人魚の祠、以上6編 【あとがき より】 本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉鏡花(1873-1939)の作品の現代語訳である。 鏡花の作品世界に満ち溢れる、美妙幽玄な魅力を音に聞き、それを味わってみようと足を踏み入れたものの、特異な文体によって描き出される風景の綺羅のような輝きに目を眩まされ、道半ばで現の世に戻らざるを得なかった人はけっして少なくないだろう。 訳者が目指したのは、現代の一般的読者が、大きな困難を感じることなく、内容を把握しながら読み通すことのできる文章に仕上げることであった… 【訳者略歴】 白水 銀雪(しろみ ぎんせつ) 慶應義塾大学大学院博士課程中退(専攻:数学) システムエンジニア・プロジェクトマネージャー・コンサルタントとして、宇宙分野を中心とする科学技術系システム開発に従事 現在、蓼科にて山暮らし

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集 別巻1 外科室・夜行巡査、他4編』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.18

    文庫版 120 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数26冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集 別巻1 外科室・夜行巡査、他4編

    泉鏡花の短編作品の現代語訳。 【収録作】  外科室・夜行巡査・怪談女の輪・蛇くひ・夜釣・清心庵、以上6編 【あとがき より】 本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉鏡花(1873-1939)の作品の現代語訳である。 鏡花の作品世界に満ち溢れる、美妙幽玄な魅力を音に聞き、それを味わってみようと足を踏み入れたものの、特異な文体によって描き出される風景の綺羅のような輝きに目を眩まされ、道半ばで現の世に戻らざるを得なかった人はけっして少なくないだろう。 訳者が目指したのは、現代の一般的読者が、大きな困難を感じることなく、内容を把握しながら読み通すことのできる文章に仕上げることであった… 【訳者略歴】 白水 銀雪(しろみ ぎんせつ) 慶應義塾大学大学院博士課程中退(専攻:数学) システムエンジニア・プロジェクトマネージャー・コンサルタントとして、宇宙分野を中心とする科学技術系システム開発に従事 現在、蓼科にて山暮らし

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集16 卵塔場の天女』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.10

    文庫版 140 275円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数21冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集16 卵塔場の天女

    【あらすじ】 能役者橘八郎が、久し振りで勤めのため帰郷することとなり、ちょうど京都へ行く用があった私は自然と誘われ、雪国の都を見物しようと、東京から信越線を使って大回りをした。 当地へ着いた晩の九時、すぐに一風呂浴びて、お膳で銚子を一本という、旅では重要なところだが、八郎は私に向かい、…自分を待っていてくれる女があるので、ちょっと顔を見せて来たい…と言う。 八郎がその女、お悦のために、魂に火を点じて、何とか命を消さずに済んだという話を聞いていた私は、ぜひ会ってみたく、彼と連れ立ち、その家である老舗の紅屋へと赴いた。 そこで親しく旧懐を交わしている内、何のきっかけもなかったのに、お悦が、ふと…おひささん…と言い出した。 間もなく知ったが、お久は、生まれてすぐ養女へ遣られた、八郎の実の妹であった― 流派の名を汚すことなく歩んできた能役者としての自負、矜持と激しい求道心、それが元で生じる親類世間との軋轢を、お悦との関係と絡めて織り上げた、一風奇妙な、それでいて爽やかな物語。

    データ本
    275円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集15 陽炎座』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.09

    文庫版 112 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数16冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数4冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集15 陽炎座

    【あらすじ】 春たけなわのある日、亀戸天神へ参拝した帰りに、水のぬるんだ、川沿いの通りを陽炎に纏いつかれながら来ると、どこからともなく、遠くで鳴物の音が聞こえ始めた。 「狸囃子というんだよ、昔から本所の名物さ。」「あら、嘘ばっかり。」 ちょうどそこに、美しい女と、若い紳士が居合わせて、こう言葉を交わしたのを松崎は聞き取った。 気をそそって人を寄せる、その囃子に誘われて来ると、ここにも、そこにも、ふらふらと、春の陽を中へ取り込んで、白く点したような行燈を軒に掛けた、木賃宿の並ぶ場所。 周囲とは場違いな、大きく立派な空家が一つあって、それを囲む、二間ほどの高さの古い船板塀の前に、お玉杓子が群がって押し競饅頭しているように、子どもが大勢集っていた。 そこに敷かれた、じめじめした筵の舞台で、飛んだり、跳ねたり、ばたばたばたと演じられていた子ども芝居を何気なく観始めると、先ほどの二人連れが、やはり囃子に導かれて来たらしく姿を現した。 その奇妙な芝居の中で、近頃亡くなった近所の評判娘、忘れ得ぬその娘の名を松崎は耳にする。 そして、美しい女もまた、その名に、帰りかけた足を止めたのであった。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集14 伯爵の釵』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.08

    文庫版 66 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数17冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数3冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集14 伯爵の釵

    【あらすじ】 ある年、激しい旱魃のあった真夏のこと、北陸の都で、女優を主とした帝都東京の新劇団が七日間の興行をして、湧くような全市の人気を博した。 面立ちの美しく涼しい女優たちの中でも、「一番の明星」と皆に称えられた村井紫玉が、一人でそッと忍び歩きをして、日本三名園の一つに数えられるという、景色の優れた公園で、柳の茶屋という店に憩った。 そこで紫玉は、木陰の暗がりに、空き屋かと思われる、廂の朽ちた誰もいない店と、その軒下の土間の、三味線を背負った乞食坊主を見る。 この情景を目にして、憐れに感じると同時に、忌わしく思った彼女は、指輪を三つも四つもはめた白い指をつッと挙げて、鬢の後れ毛を掻いたついでに、白金の浮き彫りの、白く輝く鸚鵡の釵を抜いて、逆さにして、吸いかけた煙管の脂を取り除いた。 と、坊主が、もぞもぞと肩を揺すり、片目の潰れた青膨れの顔を向けて、じッと紫玉の姿を見たかと思うと、前屈みに、よたりと立って、樹の下の暗がりをたどたどしく下りて来て、はッと紫玉が顔を上げると、既に敷居を越えて、目の前の土間に両膝をついていた。 そして、虫歯が疚いて耐え難いので、まじないとして、紫玉自らの手で、白金の釵を虫歯の穴へ挿し入れて欲しいと乞う。 仕方なく応じた紫玉は、その釵に導かれるように、奇怪な事件へと陥るのであった。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集13 化銀杏』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.07

    文庫版 80 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数17冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集13 化銀杏

    【あらすじ】 北陸に旅行して、何かのついでに金沢をお通りになる時、もしあなたが珍しいものを好む心をお持ちならば、「化銀杏の旅館」にお泊まりになるといい。 寝床に入って、夜半の鐘声が森と聞こえ、凄まじい風がざッと吹いて身に沁みる時、長い廊下の最端に、ひたひたと足音が起こり、夜の寂寞を破って近づき来たり、障子の外に黒い影がさッと映って、諸君の寝息を窺うことだろう。 その時、静かにしていなされば、影はすッと障子を開けて、後ろ向きに銀杏返しの髪を見せたまま、諸君の枕辺に近づくはずだ。 諸君が真っ白な細い顔立ちを一目見て、思わずぞッとなさると同時に、影は行燈の火を吹っ消して、闇の中を走り去る… 本作はこの幽霊の謂われを物語る。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集12 照葉狂言』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.06

    文庫版 158 275円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数13冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数4冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集12 照葉狂言

    【あらすじ】 幼くして母を亡くした私の心を慰めてくれたのは、二坪に満たない日陰の庭に大きく育った一本の青楓と、継母のいる向かいの家の、優しい姉上、そしてもう一つ、町の外れの見世物小屋にかかる興行であった。 その入り口には桜の造花を廂に差して、枝々に、「て」「り」「は」と一つひとつ染め抜いた、赤と、白の、たくさんの小提灯を、数え切れないほど吊るして、夕暮にはそれらすべてに灯が入れられた。 毎晩見に行く私の顔を覚えて、ある日、一座の女が、深紅の鹿の子染めのうつくしい座蒲団の上に座らせてくれたが、演目が果てた後、送ってもらって家に帰った私は、我が家の世話をしてくれていた伯母が、警察に捕らえられる光景に遭遇する。 わたしのところへいらっしゃい―と言ってくれる、姉上と女役者の言葉に、私の気持ちが揺れた時、継母の声がしたため、咄嗟に女役者のあたたかい肩掛の下に、小さな私の身体は潜り込んだ。 それから八年、何もかもが変わってしまった故郷へ、その一座の一員として立ち戻った私は、あの青楓のために、懐かしい姉上が不幸な境遇に陥っていることを聞き知ったのであった。

    データ本
    275円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集11 古狢』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.05

    文庫版 62 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数13冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数8冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集11 古狢

    【あらすじ】 久しぶりに故郷へ戻った帰省者が、その美しい従妹の娘、お町と連れ立ち、昔よく行った蓮池を訪れる途中、北国の冬空らしく、それまで日の当たっていたそこにさっと村雨がかかった。 その雨を凌ぐために入った、土間を奥深く、広々と取った、しんとして暗い、大きな蓮根問屋の縁台で、お町が七輪で焼いた慈姑を肴に麦酒を飲みながら、帰省者は、前々日に泊まった鹿落の温泉で、真夜中、厠の黒い戸の裏側の桟にうねうねと絡む、美しい白い手を見た―と話した。 思わず念仏を唱えるくらいびっくりしたが、何のことはない、ただ先へ入っていた女が、人影が来たので急いで戸を閉めただけのことだ―と続いて説明すると、お町は、鹿落の旅館の、その三つ並んだ真ん中の厠は、取り壊されて今はないはずです―と言う。 そして、ずッと川上の川魚料理の店の、お藻代という女中が、一夜の情事の際の事故が元となり、鹿落の温泉で亡くなった話を語り始めた。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集10 海神別荘』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.04

    文庫版 98 220円
    閲覧数3冊
    タチヨミ数19冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数5冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集10 海神別荘

    【あらすじ】 海底世界の公子は、さまざまな海の宝と引き換えに、貧しい漁師の美しい一人娘を妻として迎えることとなった。 案内の女官に海底へと導かれたその美女は、故郷を離れて嘆き悲しむのではないかという公子の懸念をよそに、彼の力と宮殿の壮麗さ、そこに満ち溢れる金銀宝玉を喜び、人間の世界へなど帰りたくはないと言う。 が、いまや自らの身を包むこの栄華、それは措くとしても、自分が海の底で生きていることだけは、どうしても故郷の人々に知らせたく、そのために一度陸へ戻らせて欲しい―と強く請うた。 それに対し、公子は「人は自分自身だけで生を生きなければならない。それに、ここに来た貴女は、もう人間ではない。」と宣告したのだった。 人々の目に、自分が蛇体に見えることを知った美女は悲泣し、どうか殺して欲しいと公子に願うのである。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集9 縷紅新草』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.03

    文庫版 76 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数16冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数5冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集9 縷紅新草

    【あらすじ】 ある小春日和の午後、辻町糸七は、一昨年この世を去った従姉の娘、お米と連れ立ち、故郷の寺へその墓参りに来た。 手に提げた間抜けな昼提灯を、「持ちましょう」とお米が言うのを断ると、「ご自分の手で誰かさんのお墓へお供えなさりたいのでしょう」と藪から棒をくらう。 三十年前、生活に行き詰まった辻町が、自殺しようと城の堀の上を徘徊した際、そこにもう一人、寂しい姿の見えた、初路という若い娘のことを、お米は言ったのである。 もと千五百石の一人娘だった初路は、家が没落して親類へ引き取られ、はんかち工場で刺繍の賃仕事をしていたが、容姿の美しさと針仕事の腕を他の女工から嫉妬され、彼女が考案した、蜻蛉の二つ連なった刺繍の図案に当てつけた中傷を苦に、自ら命を断ったのだった。 あわれな姫君を偲び、その霊も慰めようと墓地へ来た二人の前に、四人の男が慌てふためいて姿を現し、先頭の寺爺が、「蜻蛉の幽霊が出た」と言う。 蜻蛉の幽霊なら怖くはない、とお米が先へ立ってまず母の墓へ、次いで初路の墓へ向かうと、そこには無残にも荒縄でがんじがらめに縛られた石塔が転がっていた。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集8 草迷宮』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.03

    文庫版 232 385円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数24冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数4冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集8 草迷宮

    【あらすじ】 物心つく前の最後の記憶に残る、亡き母の唄っていた懐かしい手毬唄。 それについて思い出したのは、母とよく一緒に毬をついていた三人の娘のことである。 一人は既に亡くなり、一人は嫁いで会うことができず、もう一人は神隠しにあって行方が知れない。 唄への憧れが募り、その文句を求め、その娘を探して、諸国を旅して回っていた葉越は、ある夏、三浦半島秋谷を流れる小さな川で、五色の糸でかがられた美しい毬を拾う。 ちょうどそこに来合わせた爺に、その地で起こった不思議な話を聞いて、彼は黒門の別邸と呼ばれる曰くつきの屋敷の一間を借りることにした。 しばらく滞在して旅の疲れを休めたく、また、そこで自分の望みが叶うような気がしたからである。 街道の茶店で、爺に連れ添う婆から、やはり黒門での無残な出来事を聞き、浮かばれぬ人々の供養を頼まれた旅の僧が、その夜、明と二人、蚊帳の中に枕を並べていると、ぽたり-と何かがその枕元へ落ちてきた。

    データ本
    385円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 350円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集6 夜叉ヶ池』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.03.01

    文庫版 122 220円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数55冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数5冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集6 夜叉ヶ池

    【あらすじ】 文学士山沢学円は、見物学問の帰り道、三国ヶ岳の麓で、行方不明となっていた親友の萩原と思わぬ再会をする。 萩原も一昨年、この山中にある夜叉ヶ池を見に来て、鐘撞き堂を守ってきた老人の死に遭遇し、さらに人間離れした美しさの娘、百合と出会ったことで、そこに隠れ住むことを決意したのであった。 その鐘は、昔夜叉ヶ池に封じ込められた竜神に、池から出ないという約束を守らせるため、一日に三度撞き鳴らすべきもので、一度でもこれを怠ると、たちまち大嵐が起こり、一帯は水の底に沈むと言い伝えられている。 この約束に縛られ、恋しい千蛇ヶ池の親王に会いに行くことのできない、現在の夜叉ヶ池の主、白雪姫は、自らの手で鐘を打ち壊そうとするが、従者たちの懸命な説得と、ふと聞こえてきた百合の子守唄により思いとどまる。 しかしその直後、旱魃に耐え切れなくなった村の者たちは、雨乞いの生贄とするため百合を捕らえにかかるとともに、萩原には鐘を撞く事を止めるよう迫ったのである。 ※本作品には、山津波の描写が含まれています。2011年早春に起こった大震災、および夏の豪雨災害などの辛い記憶がお残りの方には、心の傷がお癒えになってからお読みいただければと思います。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集5 義血侠血』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.02.29

    文庫版 100 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数18冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数3冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集5 義血侠血

    【あらすじ】 ある夏の日、馬丁とは見えない男の御す、高岡から石動へと向かう乗合馬車に、一人の怪しい美人が客となる。 そこへ普段から反目しあっている人力車が通りかかって、両者は自然相争う形となり、これがもとで御者は職を失ってしまう。 後日、夜更けに涼みに出たその女、実は滝の白糸という評判の水芸の太夫は、浅野川にかかる天神橋の上で先日の御者に出会い、男の身の上を聞いて彼の望みの実現を援助しようと申し出た。 こうして男は東京へ遊学したが、その学業の成就も近くなったとき、白糸は仕送りの金を強奪されてしまう。 悲嘆と絶望とに沈んで街をふらついているうち、見えざる手に導かれるように、今度は自らが強盗の加害者となり、殺人まで犯してしまった彼女は、数奇な巡り合わせにより参考人として裁判に出廷し、そこに思いもかけず先の御者の姿を見るのである。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集4 春昼・春昼後刻』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.02.28

    文庫版 174 275円
    閲覧数2冊
    タチヨミ数21冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数7冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集4 春昼・春昼後刻

    【あらすじ】 夢を見ないか-と人に勧めているような、この上なく麗らかな春の日に、一人の散策者が三浦半島の付け根にある山寺を訪れる。 あたりに張り散らされた巡礼札の中、美しい女文字で書かれた和歌に目を留めた彼は、寺を守る出家から、この歌にまつわる不思議な話を聞かされる。 それは、互いに触れ合うことも、言葉を交わすこともなく、常識では計り知れない情念の働きかけと受け止めによる、夢の契りで結ばれた男と女の物語だった。 寺を辞し、出家の話に思いを巡らしながら宿へ戻る途中、散策者は自分の行く手にその女主人公の姿を認めるのである。

    データ本
    275円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円
    • 未入手
  • 『泉鏡花 現代語訳集1 歌行燈』

    白水銀雪

    銀雪書房

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.02.26

    文庫版 124 220円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数28冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数7冊

    【紙本】

    未設定

    泉鏡花 現代語訳集1 歌行燈

    【あらすじ】 霜月十一月の月の冴えた夜、二人の老人が桑名の駅に降り立ち、宿屋へ向かう人力車の上から、博多節を唄って流す門付けらしい男の姿を目にする。 その男はうどん屋の暖簾をくぐり、そこで酒をあおりながら何故か頻りに按摩の笛を気にするのだった。 一方、宿に付いた二人は、土地の唄でも聞こうと芸者を呼ぶが、残っていたのは三味線も踊りもできない芸音痴。しかし、唯一つ何とか真似ができると始めた舞を見て、老人たちは驚愕する。 この芸者と、うどん屋で門付けの語る身の上話とが、縦糸・横糸となって美しく見事な物語の錦が織り成されていく。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
1 2 »