BCCKS

0

login
会員登録

  • 『(続)「親」が守ろう 「子供」の未来』

    吉野万菜 吉川宣行 平川博達

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    家族

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.12.09

    10inch版 186 324円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    販売中

    2018.12.09

    10inch版 192 1,361円

    (続)「親」が守ろう 「子供」の未来

    この本は、「おや」は「まもろう」「こども」の「みらい」の続編です。家族崩壊が始まっています。結婚しない子。親を見棄てる子。親の年金を当てにする子。認知症の親を殺す子。そういう子が多くなっています。そこで、親子の新しい「絆」を造る道を考えてみました。 つまり親も子も、ひとりで生きられないということ。魂の自立には、魂の手助けになってくれる人が必要だ、ということです。参考にしてみてください。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,361円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円/紙本あり
    • 新着
  • 『(ぞく)「おや」が「まもろう」「こども」の「みらい」』

    吉野万菜 吉川宣行 平川博達

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    家族

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.11.29

    10inch版 190 270円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数5冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未販売

    2018.11.29

    10inch版 192 1,361円

    (ぞく)「おや」が「まもろう」「こども」の「みらい」

     家庭崩壊が起こって久しいのですが、昨今では、地方崩壊も起きています。そうして、親子の間でも、殺人事件が起きています。  日本人のどこに、「間違い」があったのでしょうか。天国の準備をすることもなく、ウツになり認知症になり、殺される人も多くなっています。長生きにしても、まったく希望のない長生きとなっています。  そこで、親と子の回復のいくつかの道を紹介してみました。天国に行ったあとでも、役に立つ、魂の永遠の成長に必要な「ことば」を紹介してみました。参考にしてみてください。

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円
    • 新着
  • 『川向こうの声 第五巻 世界の罪』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    伝記・自伝

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.11.23

    10inch版 222 324円
    閲覧数4冊
    タチヨミ数0冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数5冊

    【紙本】

    販売中

    2018.11.23

    10inch版 224 1,545円

    川向こうの声 第五巻 世界の罪

     まことの自衛とはどういうものでしょう。魂の成長を止めないことではないでしょうか。それゆえに、日本人の罪も、世界の罪も、心の栄養となる教育よりも、経済的「もうけ」と、個人的な名誉を優先させる教育によって、魂の成長を止めてしまうことを意味しています。  万物の霊長である人間にとって、魂の成長が止まったときが「死」となります。ウツになり、認知症になっても、魂が死んでいなければ、まだ復活の望みはありますが、魂の成長が止まってしまうと、人間は、光を失います。それだけは避けねばなりません。   自殺に追い込むもの。生きる力を失って、光を失うものは、再起がむつかしくなります。そこでこの本では、自分で自家発電する方法も紹介しています。参考にしてみてください。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,545円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円/紙本あり
    • 未入手
  • 『川向こうの声 第四巻 日本人の罪』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    伝記・自伝

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.11.10

    10inch版 220 270円
    閲覧数3冊
    タチヨミ数0冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数9冊

    【紙本】

    販売中

    2018.11.10

    10inch版 224 1,545円

    川向こうの声 第四巻 日本人の罪

    これからの日本はどうなるでしょうか。日本人は、死んだあと、三途の川を無事渡れるでしょうか。川向こうに無事行けるでしょうか。  日本人の罪とはどういうものでしょう。日本人ほど平和的でありながら、「いじめ」をやめない民族があるでしょうか。確実にいえることは、「いじめ」るものには、魂の成長も自由もない、ということです。魂の成長の止まったものが「いじめる」ということです。  なかでも、愛国的、道徳的なものほど、弱者を切り捨てるのが日本人だ、ということです。そういう日本的な、悪質な、目には見えない罪について、この本は小説風に紹介しています。罪の清算をして、復活にあやかるためにも、参考にしてみてください。  

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    1,545円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円/紙本あり
    • 未入手
  • 『キリストの世界 第五巻 イエスの生と死の迎え方』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    伝記・自伝

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.10.26

    10inch版 218 270円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数4冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    キリストの世界 第五巻 イエスの生と死の迎え方

     イエス・キリストは、なぜ神でありながら、「人の子」として生まれたのか。なぜまた、冤罪まで着せられて、抗議することもなく、殺すよりも殺されることを選んで、「人の子」として死んでいったのか。  それは、それまでの人類の愛が、日本人の信仰にしても、天地創造の神の愛も、キリストの信仰も知らなかったからでした。世界の平和を造る道を知らせるために、「人の子」として生まれ、「人の子」として死ぬことで、復活の道を教えるめに、生き、そして死んでいったわけです。これが、イエス・キリストの人生の目的でした。

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円
    • 未入手
  • 『キリストの世界 第四巻 神の声に目覚めた人へ』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    伝記・自伝

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.10.17

    10inch版 232 270円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    キリストの世界 第四巻 神の声に目覚めた人へ

     人生の目的とは何でしょうか。自分のなかで「永遠に残るもの」とは何でしょうか。魂ではないでしょうか。ところが、人間は、日本人にしても、被害を受けて、あるいは誰かを傷つけて生きています。  ということは、日々自分の犯した罪に死ぬつもりで、死んだつもりで出直すことが、魂の成長には最も望ましいわけです。そうして死後も、自分の罪に死んだものが、永遠の命に生きることになるわけです。参考にしてみて下さい。

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円
    • 未入手
  • 『川向こうの声 第三巻 父と子の罪』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    伝記・自伝

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.10.10

    10inch版 252 324円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2018.10.10

    10inch版 256 1,674円

    川向こうの声 第三巻 父と子の罪

     「父がするように、子もする」  いいことも悪いことも。  そうして、父が罪を犯せば、子も犯すことになる。罪とはどのように、感染もする、遺伝もする。  わが子をいじめる親も、たいていは、そういう親もまた、いじめられておとなになっている。  この小説のふたりの主人公は、ともに、南京攻略で、罪のない中国人を殺してきた父親の子です。そういう、生まれながらの罪を背負った子は、どういう運命の子になるか。  そういうことをテーマにしています。日本人の愛国心にしても、愛ゆえに、親子で、弱者を切り捨てる愛国心もあります。  参考にしてみて下さい。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,674円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円/紙本あり
    • 未入手
  • 『キリストの世界 第三巻 神の試練のなかで』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    伝記・自伝

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.09.29

    10inch版 240 270円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2018.09.29

    10inch版 256 1,674円

    キリストの世界 第三巻 神の試練のなかで

     キリストにも、誘惑もあり、試練もありました。誘惑とは、「私を信じれば、あなたをこの世の権力者にしてあげよう」という悪魔の「ことば」でした。  しかしキリストは、権力者になって、殺すものとなるよりも、神の子でありながら、人間に仕える道を選びました。殺されることを選びました。いじめられてきた人を救い出すために。  日本の権力者を目指してきたものは、どうでしょうか。我が身を犠牲にしてでも、拉致家族を救ってきたでしょうか。  そういうことです。我が身を捨ててでも平和を望むものこそ、ほんとうに日本を愛している政治家である、と、キリストは言います。参考にしてみて下さい。

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    1,674円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円/紙本あり
    • 未入手
  • 『安部総理の誘惑と試練』

    平川博達

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    評論

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.09.07

    新書版 44 無料
    閲覧数19冊
    タチヨミ数0冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数27冊

    【紙本】

    未設定

    安部総理の誘惑と試練

    安部総理の誘惑と試練

    平川博達著

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版発行

    2018年7月16日更新 2018年9月更新 一部修正しています。また一部追加をしております。 …………………………  個人の罪と、一国の代表者の罪とは違います。  それ故に安倍総理も、一国も早く、「お友達内閣」を解散すべきです、  友人しか優遇しない生き方をやめるべきです。  平和を造ろうと思うなら、敵でさえ心を開くべきではないでしょうか。武力によるのではなく、真理の「ことば」で隣国との平和も造るべきではないでしょうか。  そういうわけで、この本は、無料で公開していますので、是非参考にしてみてください、日本はすでに危機的ですから。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円
    • 未入手
  • 『(続)安倍総理の誘惑と試練』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    評論

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.09.06

    10inch版 274 270円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数7冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2018.09.06

    10inch版 288 1,804円

    (続)安倍総理の誘惑と試練

     日本人はなぜ「いじめ」をやめないのでしょうか。  イギリス王室は何故いつも、不倫騒動を起こすのでしょうか。  ドイツのキリスト教は、なぜヒトラ―の暴走に、同調したのか。  イスラム国の「自爆テロ」は、ほんとうに「日本人」の神風特攻の真似をしているのか。  アメリカは、これからも本当に「自由の女神」か。  安倍政権は、ほんとうに、家庭崩壊を食い留めるために、魂の成長のために、憲法改正を望んでいるのか。  本当の自衛権とは、国土を守ることか。いじめをなくすことか。  人生における誘惑と試練はどう違うのか。  そういうことをテーマにしています。

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    1,804円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円/紙本あり
    • 未入手
  • 『川向こうの声 第二巻 母と子の罪』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    家族

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.08.12

    10inch版 264 324円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数13冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2018.08.12

    10inch版 288 1,799円

    川向こうの声 第二巻 母と子の罪

    母親の愛は、たしかに偉大ですが、母親の間違った愛によって、一生涯にわたって、不孝になった「子」もかなり多いようです。わが子をいじめ、わが子を殺す親にしても、それもしつけであった、と言う。  そういう殺人事件も後を絶ちません。  そういう母親の愛の中で生きるほかない人生に、どういう生きる意味があるのか。しかも、そういう母親も高齢者になると、認知症になています。  それでも、そういう人生にも光があるとすれば、それはどういう光か。どういう真理か。そういうことを追求したこれは小説です。参考にしてみてください。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,799円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円/紙本あり
    • 未入手
  • 『キリストの世界 第二巻 心強い助け主の紹介』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    家族

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.07.25

    10inch版 168 324円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数14冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    販売中

    2018.07.25

    10inch版 192 1,415円

    キリストの世界 第二巻 心強い助け主の紹介

     知的障害者は、今も差別を受けています。しかし、最も哀しいことは、親でさえ、障碍のある我が子を「家の倉庫」に、あるいは、こっそり施設に入れる者がいる、という現実です。  また、継父にいじめられる子らも、後を絶ちません。これもまた、実父母に責任があります。しかし、真実は、日本人は、キリストのように聖霊を受けて自立する生き方を知らないから、こういう悲劇が起きているわけです。  魂の成長と自立がないところでは、どういう親子の間でも事件がおきます。それで、魂の成長と自立を助けてくれる「助け主」という聖霊をこの本で紹介しています。是非参考にしてみてください。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,415円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円/紙本あり
    • 未入手
  • 『川向こうの声 第一巻 夫婦の罪』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.07.13

    10inch版 258 270円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数4冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2018.07.13

    10inch版 256 1,674円

    川向こうの声 第一巻 夫婦の罪

    夫婦は他人か、それとも魂の良き伴侶か。 とうぜん、それは、夫婦の下で生まれ育った子の成長によって判断できます。何とか夫婦であっても、幼児虐待をする親も多いものです。  しかしそういう親に棄てられても、その子にも魂というものがあって、再生もある、ということです。そういう、両親の虐待のなかで、目を覆いたくなるような悲劇の中で生きるほかなかった人の魂の真実を、実話を、小説を通してこの本では紹介しています。そういう試練もあるということ。耐えるほかない忍耐によって、品性が生まれるということ。そういう、最後に誰よりも輝く品性の人を紹介をしています。

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    1,674円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円/紙本あり
    • 未入手
  • 『キリストの世界 第一巻 日本人へのメッセージ』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    教育

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.07.01

    10inch版 208 無料
    閲覧数7冊
    タチヨミ数0冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数20冊

    【紙本】

    未販売

    2018.07.01

    10inch版 224 1,491円

    キリストの世界 第一巻 日本人へのメッセージ

    サッカーワールドカップで、対ポーランド戦では、いかにも日本的な、小さな愛国的な、勝つだけの、人間としてのエチケットさえ捨てた試合運びをしてくれました。国内ですでに、日大の監督の、スポーツ指導者とは思えないような、勝った方が正義だ、というような陰湿な部員の育て方を見てきたばかりでした。やはりスポーツ界では、閉鎖的な心しか造らないのではないかと、暗澹としたものです。そこで、日本人の未来のために、世界に開かれた愛国心、魂の成長に必要なエチケットを、キリストのメッセージから、紹介することにしました。参考にしてみて下さい。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円
    • 未入手
  • 『日本人の夜明け 第十巻 「死後」の使命を知るもの 』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    家族

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.06.02

    10inch版 200 270円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数17冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    販売中

    2018.06.02

    10inch版 224 1,545円

    日本人の夜明け 第十巻 「死後」の使命を知るもの 

    2018年6月2日更新 誤字訂正 …………………………  認知症も増えていますが、そういう認知症のままで死ねば、どういう「あの世」が待っているでしょうか。  しかも、遺された子や孫のなかには、そういう親の年金をあてにした、いわゆる「ひきこもり」も増えています。   またごく普通のサラリーマンにしても、定年後は、生き甲斐もなく支えるよりは、支えられる人間になっていきます。  そういう日本人に、どういう夜明けがあるでしょうか。  そういうわけで、「日本人の夜明け」最終巻の第十巻では、「あの世」の使命を紹介しています。天国の造り方、天国の支え方。そういう仕事を覚えれば。あの世でも失業することはありません。ご参考にしてみて下さい。

    データ本
    270円
    購入
    紙の本
    1,545円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 250円/紙本あり
    • 未入手
  • 『日本人の夜明け  第九巻 天地創造の神を体現する』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    家族

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.05.23

    10inch版 192 324円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数20冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2018.05.23

    10inch版 192 1,523円

    日本人の夜明け  第九巻 天地創造の神を体現する

     生きる歓び、生き甲斐というものは、個人の努力だけではどうにもなりません。心にしても、心の手助けがなければ、隣人への手助けもできません。  認知症の介護にしても、ひとりの努力だけではできません。介護する人の心が、ほかのひとの手助けと生きる歓びで充たされているときだけ、介護もできます。  ですから、老人ホームで介護をしている方には、とくに、だれかの心の手助けが必要です。ひとりで背負い込ませてはいけないのです。ムリが続けば殺したくなります。生きる歓びを生み出すものを、聖書では聖霊と言っています。そういう聖霊のお手伝いこそ、必要です。それゆえに、聖霊を知っているひとからの手助けが大事となります。  そういうことを紹介しています。是非参考にしてみてください。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,523円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円/紙本あり
    • 未入手
« 1 2 3 4 5 6