BCCKS

0

login
会員登録

  • 『箱舟と虹    第一巻 政治家の罪と罰』

    平川博達    吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    ノンフィクション

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.28

    A5変形版 220 324円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    未設定

    箱舟と虹    第一巻 政治家の罪と罰

    これから、「箱舟と虹」シリーズが始まります。世界はいまも局地戦争が続いています。そしてすぐにも「北」からの挑発が現実のものとなるかもしれない。国内的にも、「平和」の「ことば」よりも、残虐な「ことば」と「行い」が目立つようになっていて、総理は、ますます、隣国との対話ひとつできないのです。国会内でも平和的な対話より、強引な言動が増えています。  それゆえに、第一巻は、「政治家の罪と罰」を、紹介しています。  政治家の罪によって、大地が日本が、呪われることのないように、という願いを込めて、政治家の条件、世界平和を造る「ことば」を紹介しています。参考になれば幸いです。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円
    • 新着
  • 『続 魂が自由に成長する生き方』

     平川博達

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    暮らし全般

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.14

    新書版 350 216円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数3冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    続 魂が自由に成長する生き方

    続 魂が自由に成長する生き方

     平川博達著

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版発行

    昨今の北朝鮮では、何が起きているのでしょうか。 それ以上に、日本の総理は、なぜ、理拉問題までアメリカに頼るのでしょうか。そういう政治家は、ごく身近な人間関係でさえ、平和を造れないはずです。武力とか権力によって、周りを威圧するだけでは、本当の平和は作れない。平和をつくるには、平和の「ことば」が必要ではないでしょうか。  そういう事で、この本は、平和を造る「平和」の「ことば」を紹介しています。参考にしてみてください。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『日本人の夜明け』

    平川博達

    箱舟と虹

    暮らし全般

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.06

    新書版 26 無料
    閲覧数5冊
    タチヨミ数0冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数6冊

    【紙本】

    未設定

    日本人の夜明け

    2017年11月29日更新 一部追加しました ………………………… この本は、日常的に問題となっている、政治的、社会的事件を、取り上げながら、人間として、日本人として、魂の成長と自由のために、どう考えたらいいか、その一例を紹介しています。この世に、この日本に生まれた意味と、何を残して死ぬべきか、そういうことを記しています。参考にしてみてください。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第十巻 「仕掛け」人の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.05

    10inch版 286 216円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第十巻 「仕掛け」人の微笑

    いよいよ「揺り動かす天地」も最終巻となります。許されざる罪の責任を問うことになります。「許されざる罪」とは、加害者が、奪った「いのち」を被害者に返さない罪のことです。加害者を死刑にしても、その罪はそれゆえに、永遠に許されることもなく、罪は永遠に残ります。そこでヨシュアたちが採った手段は、自分たちが「揺り動かす天地」となることでした。ご期待ください。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第九巻 「霊的障害」者の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 174 216円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第九巻 「霊的障害」者の微笑

    心の貧しいものは幸いである。そういう人のために天国はある、キリストはいいました。その時の心の貧しさとは、魂の謙虚な人を言います。それゆえに、そういうひとは、霊的障害者ではありません。  本当の霊的障害者とは、一見勝ち組であるような傲慢な人を言います。いじめるもの。いじられている人を助けないもの。見てみる見ぬふりをするものが、魂の成長がないので、霊的障害者となります。それゆえに、そういう障害者は、いつも自分で自分の未来を閉ざしている、そういう事例をこれから紹介します。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第八巻 「心的障害」者の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 166 216円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第八巻 「心的障害」者の微笑

    知的障害ということばあります、そういうひとを日本人は、バカといってきました。しかし、バカをしないひとなどいるでしょうか。一国の総理が、国会で暴言を吐く、ウソをつく、そういう言動は、バカなこと、ではないでしょうか。そういう人の魂に、どういう成長の跡がみられるでしょうか。そう人こそバカであり、罪を造っているのではないでしょうか。殺される方より、心を傷つける、心を殺すほうがほんとうは、心的障害者ではないでしょうか。そういうわけで、この第八巻では、本当の心の障害者とはどういういう者か、紹介していきます。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第七巻 「視覚障害」者の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 198 216円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第七巻 「視覚障害」者の微笑

    見えないということ。全盲者として生まれる、ということ。弱視であったが、中途失明してしまうということ。 それが何を意味するか。おそらくほんとうは、だれでも想像できるはずです。しかし、想像はしても、盲人の人への配慮をするものは、それほど多くはありません。昨今の様な福祉社会になっても、目の不自由な人の心とか魂の慟哭は、想像を絶するものです。それでも、全盲者として生きるひとのように、明るく、ひとりだけの戦いをして、自分の魂を成長させているひとは少ないはずです。なぜ彼らは、そのように前向きに生きられるのか。これから、視覚障害者の魂の声を紹介します。参考にしてみてください。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第六巻 「早世した」魂の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 224 216円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第六巻 「早世した」魂の微笑

    「揺り動かす天地シリーズの第六巻は、堕胎された「いのち」、他人に殺されたものの魂の慟哭の記録です。こうした「殺人」が最近は特に急増しています。不倫の果ての、堕胎。自殺サイトの殺人。なぜ日本人はこうなったのか。なぜ日本人には、「魂」の声が聞こえないのか。それこそ、「いのち」の真実を知らないままで、大人になっているからではありませんか。そういう危機感から、殺されていった 魂の真実を、魂の声として紹介しております。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第五巻 「神」の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 266 216円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第五巻 「神」の微笑

    第五巻は、天地創造の神と、その子の「ことば」です。 天地創造の神は、エホバといいます。エホバとは、「あってあるもの」「すべてのものを有らしめたもの」という意味です。  その神のことをイエスは、愛と言い、その愛とは「誰もを差別しないで愛する」ということ。  そしてその「エホバ」のいる天から、イエスという「人の子」が生まれ、地上の人となった乙女マリヤの子が、イエスとなずけられたのです。そして、イエスさまは、自分の口から、 「わたしは真理であり、永遠のいのちである」から、そういう真理のことばである「わたし」についてきなさい、といいます、その話をこれから紹介します。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第四巻 「イエス」の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 218 216円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第四巻 「イエス」の微笑

    これは「揺り動かす天地」第三巻です。イエス、つまり神の救い、というひとの微笑のなかで、救いを求める、ヨシュアつまり日本名でいう「義也」の話です。イエスといえば、ユダに裏切られた哀しい人間ということに日本ではなっています。しかしユダにしても、裏切ったあとに、自殺しています。  なぜそういう悲劇が起きたか、その背景を紹介する話です。  なぜユダは裏切ったのか。キリストが神の言葉を話したので、理解できなかったわけです。その神の「言葉」の世界に、これからご案内します。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第三巻 「人の子」の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    yoshikawa-shimon-nobuyuki出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 286 216円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第三巻 「人の子」の微笑

    この本は、小説「揺り動かす天地」の第三巻です。ヨシュア、日本名の「義也」が主人公です。  ヨシュアとは、のちに、イエス・キリストの預言者になるものとして生まれた、天地創造の神の前の「義人」というものでした。  それゆえに、「義也」もまた、学校教育を受けることなく、大人になっていきます。しかし、義也もまた、神の「言葉」を知るものとなります。そうして、最後は、「揺り動かす」天地となっていきます。  罪もなく殺されていった、キリストの身代わりになって、殺されていった魂に、寄り添うための「ひとりだけ」の戦を始めることになります。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第二巻 「牧師親子」の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 244 216円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第二巻 「牧師親子」の微笑

    これは小説「揺り動かす天地」全十巻のなかの第二巻です。牧師の娘が、夫と父の葛藤のはざまで苦しみます。父も夫も伝道師でしたが、父は、天国でさえ人に譲る信仰を持っていましたが、夫は、祈りの信仰よりも社会運動で弱者を救うという、社会運動家でした。そうして、父が認知症になったことで、「わたし」も最後に失語症になります。それからの、魂の慟哭の話です。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『揺り動かす天地 第一巻 「お坊さん」の微笑』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.11.04

    10inch版 244 216円
    閲覧数0冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    揺り動かす天地 第一巻 「お坊さん」の微笑

    これは、小説「揺り動かす天地」シリーズ全十巻のなかの第一巻です。 のちに、キリスト教の牧師になる中学生が、お彼岸の日に、「お坊さん」の、「親鸞上人は、善人が救われるなら、どうして悪人が救われないであろうかといっております」という話を聞いた途端に、「ではそれが真実なら、これから、自分も悪人志願しよう」と決意したことで、その日に、「お坊さん」が交通事故で他界した話です。  そうして、牧師になったのでしたが、何度も冤罪をかけられ、逮捕され、ついに、19人の知的障害者が一夜にして殺された事件の容疑者にもされる、という人生が始まったことで、牧師は、「冤罪」という罪に死ぬことも、自分の使命である。天国入る資格もない、といって、死刑判決もそのままうけれて、死んでいった話です。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円
    • 未入手
  • 『天国の証明 第十巻 「天使」の証言』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.09.08

    10inch版 374 432円
    閲覧数2冊
    タチヨミ数7冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    販売中

    2017.09.10

    10inch版 320 1,988円

    天国の証明 第十巻 「天使」の証言

    2017年9月10日更新 一部修正しました。 ………………………… ………………………… 「天国の証明」も、第十巻になりました。最後は、「新しい天国」の管理をしている「天使」の証言となります。  「新しい天国」とは、最も弱いものの重荷を背負うところです。  隣人にいつも「癒し」の風を送っているひとが、新しい「天国」を日々作っています。  そういう「新しい天国」は、とうぜん、「第九巻」にあった「揺り動かす天地」を体験する必要がありました。  どうか、その、自分の罪にまだ死んでいないひとは、第十巻の世界を知って、そういう体験をしてみてください。

    データ本
    432円
    購入
    紙の本
    1,706円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 400円/紙本あり
    • 未入手
  • 『天国の証明 第九巻 「揺り動かす天地」の証言』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.09.08

    10inch版 294 378円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数3冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数3冊

    【紙本】

    販売中

    2017.09.10

    10inch版 320 1,988円

    天国の証明 第九巻 「揺り動かす天地」の証言

    2017年9月9日更新 一部修正しました。 ………………………… 「天国の証明」第九巻は、いよいよ、キリスト教の土台骨である、ペテロの信仰、パウロの信仰に、メスを入れることになります。  つまり、「揺り動かす天地」の証言となります。  つまり、天界が揺れるわけです。天界が天界を、揺り動かすわけです。  そうなると、天地はどうなるのでしょうか。  ご期待ください。  

    データ本
    378円
    購入
    紙の本
    1,706円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 350円/紙本あり
    • 未入手
  • 『天国の証明 第八巻 続「巡礼者」の証言』

    平川博達 吉川宣行 吉野万菜

    箱舟と虹

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.09.08

    10inch版 412 540円
    閲覧数2冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数2冊

    【紙本】

    販売中

    2017.09.10

    10inch版 320 2,042円

    天国の証明 第八巻 続「巡礼者」の証言

    2017年9月9日更新 一部修正しました。 ………………………… 第八巻は、第七巻の続編です。  第一部は、キリストの身代わりとして殺されていった「二歳以下の幼子の母」の声なき声の証言です。  第二部は、日本的にいえば、「三途の川」の証言です。  新しい天国にはいろうとおもえば、古い天国、つまり、自分の「罪に死ぬ」ことが必要でした。  しかも、三途の川には、橋ひとつなく、自由の翼のあるものでも、天候の荒れたときには、だれひとり、川向うの天国に入ることはできないのです。  人間には、一度死ぬことと、死後裁かれることが待っています。  そういう魂に、どういう救いがあるでしょうか。  どうか最後まで読んでみてください。  

    データ本
    540円
    購入
    紙の本
    1,760円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円/紙本あり
    • 未入手
« 1 2 3 4