BCCKS

0

login
会員登録

  • 『伯章【杵築藩儒 綾部絅斎先生につき大庄屋 後藤宏生による物語り】』

    綾部 敦

    doncha.net

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2019.07.13

    新書版  -  無料
    閲覧数15冊
    タチヨミ数0冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数10冊

    【紙本】

    未設定

    伯章【杵築藩儒 綾部絅斎先生につき大庄屋 後藤宏生による物語り】

    物語りのはじめに  豊後の国杵築藩三万二千石、松平家の家臣、綾部道弘の屋敷に産声があがった。男の子である。その子は進平と名づけられ、やがて元服して絅斎(けいさい)と号した。これは彼の生涯を記す物語である。  杵築藩には六つの手永があり、一つごとに大庄屋が置かれ、その範囲を差配する村々には各村庄屋が置かれた。その一つである小原手永は、杵築藩中最大の村数を抱える手永大庄屋で、後藤氏がそれらを統括していた。  寛政八年(西暦で一七八六年)の春、国東郡小原村に位置する役宅ではすでに隠居した後藤宏生(ひろなり)が病に臥せりながら来客を待っていた。やがて六人の客が宏生の元を訪れた。宏生が長く付き合いをしてきた庄屋の面々や彼の友人達であった。やがて彼は友人達に口を開いた。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    -
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円
    • 未入手
« 1 »