BCCKS

0

login
会員登録

  • 『ひかる雪』

    雫石晃嗣

    アリエス

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.05.15

    新書版 32 220円

    【紙本】

    販売中

    2020.05.15

    新書版 48 792円

    ひかる雪

    ひかる雪

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

    [童話]  北の大地には、大きな都市といくつかの小さな村がありました。人々は毎日、村から大きな都市まで通い、忙しく働いていました。  和みの村のヒカルはおじいさんの手伝いで毎日、森の手入れをしていました。ある日、ヒカルのお母さんが都会に疲れて心が凍ってしまいました。ヒカルはお母さんの心をとかすために森の中に現れるという光る雪を探す旅にでることにしました。そしてヒカルは仲間とともに森に許されるためにいろいろと考えながら光る雪を探していきます。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    792円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 200円/紙本あり
    • 更新
  • 『清らかな流れの後に -表-』

    雫石晃嗣

    アリエス

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.04.30

    新書版 152 440円

    【紙本】

    販売中

    2020.04.10

    新書版 160 1,210円

    清らかな流れの後に -表-

     既婚のエリート男が一回り年下の「透明」な女性に勘違いの恋心を抱き、そして不倫に発展させたものの、その不倫関係の重さに引けを感じてしまう。勝手に恋と勘違いし、疑似恋愛を楽しんでおきながら、女性の心を弄び、女性を拒絶するという身勝手で馬鹿な男の末路は閑職からの飼い殺しであった。

    データ本
    440円
    購入
    紙の本
    1,210円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 400円/紙本あり
    • 未入手
  • 『清らかな流れの後に -裏-』

    雫石晃嗣

    アリエス

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.04.30

    新書版 164 440円

    【紙本】

    販売中

    2020.04.30

    新書版 192 1,309円

    清らかな流れの後に -裏-

     恋愛経験の乏しい真面目な女が既婚の一回り年上の男性に本気の恋心を抱き、自ら交際に発展させる。その交際を機に女は濡れるほど感じるキスを経験し、自分の性に目覚める。だが女は苦悩の末、男は一人だけではないことに気づき、一歩前へ進んでいくことになる。

    データ本
    440円
    購入
    紙の本
    1,309円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 400円/紙本あり
    • 未入手
  • 『清らかな流れの後に -幻-』

    雫石晃嗣

    アリエス

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.04.30

    新書版 86 330円

    【紙本】

    販売中

    2020.04.30

    新書版 96 957円

    清らかな流れの後に -幻-

     既婚のエリート男が一回り年下の透明で清楚な女性に勘違いの恋心を抱き、時間が止まったままの幻のスパイラルに陥ってしまう。あの日、彼女が出張に行かなかったら・・・。  (※「清らかな流れの後に-表-」のアナザーストーリー)

    データ本
    330円
    購入
    紙の本
    957円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円/紙本あり
    • 未入手
  • 『ノスタルジア』

    雫石晃嗣

    アリエス

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.04.10

    新書版 26 無料

    【紙本】

    未設定

    ノスタルジア

    ノスタルジア

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

     佐々木悠は二十年以上前に親子関係の精神的な貧しさから故郷を棄て、九州で生活していた。そんな佐々木は自身のスマートフォンの衛星画像アプリで故郷の秋田に設置されている「油を掘る機械」を静止画で見ていた。佐々木は幼い頃から秋田の油田に設置されていたその「油を掘る機械」の動きが好きだった。佐々木は、自分の故郷に設置されている「油を掘る機械」を見ているにつれ、自分の懐かしい時代を思い返し、昔感じていた親子関係の精神的な貧しさが薄れ、望郷の念を蘇らせていく。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円
    • 未入手
  • 『三番目の風』

    雫石晃嗣

    アリエス

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.04.10

    新書版 50 無料

    【紙本】

    未設定

    三番目の風

    三番目の風

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

     三十年間勤めた会社をあっさりと辞めてしまった佐伯健一郎は、自身のサード・ステージでからしバターを塗ったトーストサンドを売るフードワゴンを始めることにした。そんな健一郎に対して妻の里美は反対もせず、楽しめることをしようとする健一郎を応援していた。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円
    • 未入手
  • 『親を棄てる時』

    雫石晃嗣

    アリエス

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.04.08

    新書版 118 440円

    【紙本】

    販売中

    2020.04.10

    新書版 128 1,111円

    親を棄てる時

    親を棄てる時

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

     貧しさゆえに自分の子供を捨てる親がいる。介護疲れから自分の親に手をかける子供がいる。自分の子供に甘え過ぎた結果、子供に捨てられる親がいる。  あなたが金の要求さえしなければ、僕はあなたを棄てることはなかった。

    データ本
    440円
    購入
    紙の本
    1,111円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 400円/紙本あり
    • 未入手
« 1 »