名もなき花を見つめる時

純文堂ノベルハウス

名もなき花を見つめる時

純文堂ノベルハウス

冊数 2

紙本 1

更新 2020.09.17

ジャンル 文芸2

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『ひかる雪』

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

    文芸

    2020.05.15

    d本:32㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    792円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ひかる雪

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

    [童話]  北の大地には、大きな都市といくつかの小さな村がありました。人々は毎日、村から大きな都市まで通い、忙しく働いていました。  和みの村のヒカルはおじいさんの手伝いで毎日、森の手入れをしていました。ある日、ヒカルのお母さんが都会に疲れて心が凍ってしまいました。ヒカルはお母さんの心をとかすために森の中に現れるという光る雪を探す旅にでることにしました。そしてヒカルは仲間とともに森に許されるためにいろいろと考えながら光る雪を探していきます。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    792円
    購入

    『ひかる雪』

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

    文芸

    -

    [童話]
     北の大地には、大きな都市といくつかの小さな村がありました。人々は毎日、村から大きな都市まで通い、忙しく働いていました。
     和みの村のヒカルはおじいさんの手伝いで毎日、森の手入れをしていました。ある日、ヒカルのお母さんが都会に疲れて心が凍ってしまいました。ヒカルはお母さんの心をとかすために森の中に現れるという光る雪を探す旅にでることにしました。そしてヒカルは仲間とともに森に許されるためにいろいろと考えながら光る雪を探していきます。

    データ本:220円

    紙本:792円

  • 『ひかる雪』

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

    文芸

    2020.05.15

    d本:32㌻ 新書版

    紙本:48㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    792円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    ひかる雪

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

    [童話]  北の大地には、大きな都市といくつかの小さな村がありました。人々は毎日、村から大きな都市まで通い、忙しく働いていました。  和みの村のヒカルはおじいさんの手伝いで毎日、森の手入れをしていました。ある日、ヒカルのお母さんが都会に疲れて心が凍ってしまいました。ヒカルはお母さんの心をとかすために森の中に現れるという光る雪を探す旅にでることにしました。そしてヒカルは仲間とともに森に許されるためにいろいろと考えながら光る雪を探していきます。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    792円
    購入

    『ひかる雪』

    雫石晃嗣著

    アリエス発行

    文芸

    -

    [童話]
     北の大地には、大きな都市といくつかの小さな村がありました。人々は毎日、村から大きな都市まで通い、忙しく働いていました。
     和みの村のヒカルはおじいさんの手伝いで毎日、森の手入れをしていました。ある日、ヒカルのお母さんが都会に疲れて心が凍ってしまいました。ヒカルはお母さんの心をとかすために森の中に現れるという光る雪を探す旅にでることにしました。そしてヒカルは仲間とともに森に許されるためにいろいろと考えながら光る雪を探していきます。

    データ本:220円

    紙本:792円

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店