音楽は一生かけて楽しもう

ERIS

冊数 37

紙本 37

更新 2022.11.15

ジャンル 音楽37

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽と生きる、音楽に生きる。
もう少しだけ知りたい
大好きな音楽と音楽家のこと。

個性豊かな著名執筆陣が魅力の、いままでにない音楽雑誌「ERIS」。
電子書籍版は無料です!年3回発行予定です。

※閲覧にはパスワードが必要です。http://erismedia.jp で会員登録を行ってください

  • 音楽雑誌エリス
    編集人は音楽評論家萩原健太。個性豊かな音楽評論家が知見と感覚をベースに執筆します。

  • 『雑誌「エリス」第37号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2022.11.17

    d本:212㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 44

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第37号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    『ERIS』第37号をお届けします。巻頭記事では“ロック・ギターの醍醐味”とも言えるスライド・ギターの新旧名手とそのプレイを、青山陽一がたっぷりと解説。各ギタリストの特色やチューニングにも触れながら、華麗なるスライドの世界にご案内します。独特の空間の中でレコーディングした高田漣、待望の3年ぶりの新作については、松永良平がインタビュー。ほか亀渕昭信の60年前、学生時代の原稿発掘! デレク・トラックスへのインタビュー、アタッカ・クァルテット、ジェリー・ガルシア、ニルス・ロフグレン、ブルース・ロバーツ等々、レギュラー執筆陣の健筆ぶりを、たっぷりお楽しみください。なお、無料購読には本誌HP(https://erismedia.jp/)からの登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第36号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2022.07.15

    d本:204㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 50

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第36号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    日本のロック/フォークの胎動期に顔を合わせた、あがた森魚と鈴木慶一。第36号巻頭はお二人による特別対談です。偶然の出会いから生まれた「赤色エレジー」と“はちみつぱい”。また当時、二人の周辺で形成されつつあった音楽シーンの詳細…。興味深い裏話が満載の貴重な証言集となりました。これは必読です。ほか、連載陣それぞれのテーマは、コール・ポーター、カウボーイのスコット・ボイヤー、5月に亡くなった世界的サントゥール奏者のシヴ・クマール・シャルマ、サルサの女王セリア・クルス、そして今は無き「サンケイホール」で行われた記念碑的来日公演の数々…。国境も時代もジャンルも飛び越えて、『エリス』の音楽の旅は続きます。無料購読には本誌HP(https://erismedia.jp/)からの登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第35号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2022.03.17

    d本:218㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 51

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第35号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    巨人、ニール・ヤングの本当の傑作とは? 直枝政広(カーネーション)が自身の音楽観とともに考察する必読の“私論”を巻頭に、「モア・ザン・ライナー・ノーツ」ではパンチ・ブラザーズの新作と、その原点となったトニー・ライスの83年作を宇田和弘がダブル解説。北中正和は、今年亡くなったインドの大歌手ラタ・マンゲシュカルの膨大な功績を振り返ります。ほか、亀渕昭信のリッキー・ネルソン、萩原健太のポール・ウィリアムス等々、今回の『ERIS』もジャンルを横断・縦断しながら、読み応え十分の記事をお届けします。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第34号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2021.11.25

    d本:224㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 57

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第34号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

     『ERIS』は創刊10周年を迎えました。ご愛読ありがとうございます。その記念号の巻頭は、大貫妙子がジョニ・ミッチェルを語るインタビュー。また“More Than Liner Notes”では新聞各社・音楽担当記者3名の方に、それぞれのフェイバリット・アルバムについて思い切り書いていただきました。編集長・萩原健太はローラ・ニーロのソングライターとしての魅力をクローズアップ。ロックンロールからワールド・ミュージック、ミュージカル、新世代のクラシックまで、『ERIS』はオール・ジャンルで音楽ファンのみなさんのご期待に応えます。今後ともよろしくお願い致します。無料購読には本誌HP(https://erismedia.jp/)からの登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第33号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2021.07.15

    d本:244㌻ 10inch版

    紙本:256㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 63

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,760円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第33号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    はっぴいえんど『風街ろまん』から50年。松本隆みずからが、そのレコーディングと日本のロックの大変革時代を振り返るスペシャル・インタビュー。ダイア・ストレイツのマネジャーだったエド・ビクネルが語る、英ロック・シーンの裏事情。新版映画公開と新舞台版の公演再開で話題必至の『ウエスト・サイド・ストーリー』の背景。ほか、ウォーレン・ジヴォン、ポール・サイモン、キング・カーティスの“謎盤”など、「ERIS」第33号はまたまた音楽ファンの興味を掻き立てます。無料購読には本誌HP(https://erismedia.jp/)での登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,760円

  • 『雑誌「エリス」第32号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2021.03.18

    d本:214㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 67

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第32号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    デビュー40年を数える佐野元春。彼にキャリアの重要な節目と音楽観を編集長・萩原健太が聞く長編2万字インタビュー掲載! 昨年9月に没した戦後シャンソンを代表するジュリエット・グレコの最盛期を振り返る蒲田耕二による追悼。ピーター・バラカンはSP復刻の理想形を追求するレーベル“Dust-to-Digital”にスポットライトを当てます。ほか、天辰保文のジェシ・エド・デイヴィス、亀渕昭信はエルヴィスとサム・クックが歌ったポピュラー・スタンダードの深層…などなど、「ERIS」は今号も興味深いテーマ満載! 無料購読には本誌HP https://erismedia.jp/ からの登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第31号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2020.11.12

    d本:248㌻ 10inch版

    紙本:256㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 57

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,760円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第31号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    アレサ・フランクリンが亡くなって2年。"クイーン・オブ・ソウル"のひとことで片づけられないその真髄を、P. バラカン、鷲巣功、萩原健太がいま一度熱く語ります。そして編集長・萩原によるこれまでなかったアレサのアルバム全ガイドも必読。ほかギタリストの佐橋佳幸による青春のアンドリュー・ゴールド再訪、亀渕昭信の連載は知る人ぞ知るカルト・クラシック、ジョディ・レイノルズ「エンドレス・スリープ」を掘り起こします。深くて楽しい「ERIS」は、今号も音楽ファンのハートを揺さぶり、火をつけます。連載陣も快調! お楽しみください。無料購読には本誌HP http://erismedia.jp/ からの登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,760円

  • 『雑誌「エリス」第30号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2020.07.16

    d本:218㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 56

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第30号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    『ERIS』30号をお届けします。巻頭では「オールナイトニッポン」往時の人気DJ、亀渕昭信に泉麻人&萩原健太が根ほり・葉ほり、そのウラオモテと詳細を問いただします。そして高野寛が自身のメンター的存在だったトッド・ラングレンの“あの名盤”を再訪。先ごろ亡くなったモリ・カンテとコラ普及の業績を北中正和が、コロナに倒れたジョン・プライン追悼を宇田和弘が執筆。編集長・萩原は、ブライアン・ウィルソン研究の中間報告…等々、『ERIS』は今号も“音楽”にあふれた読物満載です。無料購読には本誌ウェブサイト(http://erismedia.jp/)での登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第29号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2020.03.12

    d本:222㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 56

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第29号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    編集長・萩原健太と水口正裕が再訪するアメリカン・ニュー・シネマとその音楽。奇跡の来日!? 気鋭のロッキン・フォーキー、ジェイソン・イズベルに天辰保文が速攻インタビュー。北中正和の台湾ポップス取材記。亀渕昭信はポップ・カントリー草創期の名曲紹介。高田漣はエディ・ヴァン・ヘイレンのギター遍歴を深掘りします。第29号を数える『エリス』、まだまだ熱い!

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第28号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2019.11.15

    d本:228㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 67

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第28号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    『ERIS』第28号です! 巻頭は細野晴臣の米国ツアーを中心に、長年のバンド・メンバー高田漣がインサイド・リポート。細川周平によるジョアン・ジルベルト追悼記、そして能地祐子がパンチ・ブラザーズにインタビュー、彼らの音楽性の核心へと肉迫します。もちろん連載執筆陣も揃って力作を提供、“音楽を読む”『ERIS』をお楽しみください。無料購読には本誌ウェブサイト(http://erismedia.jp/)での登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」 第27号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2019.07.18

    d本:228㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 56

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」 第27号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    北中正和による1969年ロック全盛期の追憶、天辰保文新連載、岡本郁生が巨匠エディ・パルミエリに会見! 亀渕昭信のドリス・デイ追悼、さらにポピュラー音楽研究家の三井徹が歴史的米国ルーツ音楽コンピ“Anthology of American Folk Music ”を解説。『ERIS』27号はこれまでにない手応え! 無料購読には本誌ウェブサイト(http://erismedia.jp/)での登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第26号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2019.03.07

    d本:218㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 54

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第26号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    ついに“ブロードウェイ”まで到達したブルース・スプリングスティーンの足跡を萩原健太が再検証! 高田漣は待望の新作を堂々ネタバレ・セルフ解説、シャンソン界異形の巨人シャルル・アズナヴール追悼、自由走行型クラシック・オーケストラのザ・ナイツ…。第26号もオールスター執筆陣でオールジャンルの音楽をカバーする『ERIS』。じっくりお楽しみください!

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第25号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2018.12.06

    d本:218㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 63

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第25号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    巻頭はVJの草分け、小林克也ロング・インタビュー。音楽、トークはじめ克也さんがその多才ぶりを縦横無尽に語ります。さらにあのスティーリー・ダンのプロデューサー、ゲイリー・カッツへのインタビュー、日本だけの洋楽ヒットを詳説する亀渕連載から、アフロビート、ポール・サイモンの新境地まで、執筆陣入魂の音楽記事。必読です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第24号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2018.09.06

    d本:218㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 63

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第24号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    創刊6年、第24号です。歴史的プロデューサー、ピーター・アッシャーが全キャリアのエピソードをたっぷり語るロング・インタビュー、米文学研究・翻訳家の柴田元幸によるキンクスのあの名盤詳説をはじめ、リチャード・カーペンター、バディ・ガイ、シェウン・クティと父フェラ、パンチ・ブラザーズ新作など、オール・ジャンルにわたる熱い記事を堪能してください。無料購読には本誌HP(http://erismedia.jp/)からの登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • 『雑誌「エリス」第23号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    2018.06.07

    d本:224㌻ 10inch版

    紙本:224㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 55

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,628円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『雑誌「エリス」第23号』

    ERIS著

    Eris Media LLC発行

    音楽

    -

    『ERIS』23号は、ミュージシャン青山陽一がエリック・クラプトンの魅力を改めて解析した力作を巻頭に、編集長・萩原健太によるジミー・ウェッブ論、向風三郎のフランス・ギャル追悼ライナー・ノーツ等々、今回も必読の内容。音楽ファンならじっくり読める記事が満載。無料購読には本誌HP(http://erismedia.jp/)からの登録が必要です。

    データ本:無料

    紙本:1,628円

  • もっと見る

book List

この書店の電子書籍をすべて買う

ERIS

編集人:萩原健太

運営

エリスメディア合同会社 / Eris Media LLC

http://erismedia.jp/

お問い合わせはこちら

書店一覧
book store

その他の書店

    • ひかるのきみ 漆

      漆(7)では「乙女」「玉鬘」「初音」を収録しています。 ヒカルの息子・夕霧の不器用すぎる恋バナ、夕顔の娘のスペクタクルな流浪譚、ヒカルの豪邸・六条院の華やかな日常等々。

      データ本
      660円
      購入
      紙の本
      1,298円
      購入
    • ゆめの欠片

      ゆめの欠片

      おさ子著

      みくまり庵発行

      2019年10月1日更新 もっと古い夢日記をいくつか追加しました。 ………………………… 「夢はひらめきの源泉になりうる」 と最近読んだ本にあったので、昔書いた夢日記を紐解いてみました。夢のあのカオスな世界は非常に魅力的ですが、あまり深入りしすぎるのも怖い。ひらめくかどうかはともかく、こうして文字に落とすことが何かの歯止めにもなる気がします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 無罪のボクが女体化性裁?

      【あらすじ】 「被告人、清須静雄を、『同害刑』に処す」  それは「同害刑」、あるいは、「同害報復」とも呼ばれた。  内容を一言で言うなら「目には目を、歯には歯を」。  つまり、被害と同一の加害によって報復を行う刑罰のことである。  清須静雄の場合は、「強姦には強姦を」となった。  静雄は裁判中、一貫して無罪を主張していた。  かれは義姉・冬美と関係を持ったが、それは互いに同意を得てのはずだった。  しかし、彼女は一転して強姦を主張し、静雄を刑事裁判に追い込んだ。  静雄には、事実上の極刑である「同害刑」が執行されることとなった。  ナノマシン技術の発達により、性転換はより簡便な技術となった。  静雄は自身の身体を、強引に女体化させられた。  そして、行われる刑の執行――。  凄惨を極める、その内容……。  そして、被害者・冬美の真意が明かされる。 【目次】 プロローグ 第一章 女体化 第二章 輪姦 第三章 同害報復 エピローグ 【登場人物】 ●清洲静雄(20)  強姦事件の犯人として「同害刑」の判決を受けた若者。  しかし、実際は合意の上での行いであり、裁判中は常に無罪を主張していた。  判決後、ナノマシンによって女体化され、同害報復を受ける。 ●駿河冬美(22)  静雄の義姉。静雄の兄と結婚し、同居していた。  静雄とは合意の上で寝たはずが、一転して強姦を主張し、刑事裁判となる。  彼女の真意は、物語の最後で明らかとなる。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 超びんかん 男の娘アイドル

      2015年4月17日更新 「EPUB設定」にて、目次のチェックを外して再度発行。 ………………………… 二本松パオルは、中学二年生の男の娘。 今日も女装姿でストリーミング配信中、スカイプで男性であることをバラされてしまう。 その男こそ、パオルが憧れていた女装のギタリスト・湊征士郎だった。 「二人で、アイドルをやらないか?」 征士郎はパオルにとんでもない相談をもちかけてくる。 しかも、二人はやがて、相思相愛の恋人となり……?

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 第二章 NO9 横書き サイボーグ・ドッグ・ベイリー

      ニュートロの街の人たちは、高齢者が多いので、ベイリーは、トロントの病院で癌感知犬の修行をして、街の人の手助けをします。山の中では、絶滅の狼を自然に返したということで、コヨーテと狼の異種交尾が起こりました。そして、超巨大なコヨーテオオカミも存在します。人が破壊した自然では、生態系が狂ってきていますが、今までにない天候の異変で巨大な落雷が発生してしまいました。そして、トロント動物園の安全装置が機能しなくなり、動物が逃げてしまいました。べいりーは、5000頭もの猛獣を動物園に戻すことができるのでしょうか。

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      購入
    • サイボーグ・ドッグ・ベイリー NO.8

      2013年3月11日更新 元CSPC長官の悪だくみ。人工的に研究飼育したモンスターワニドラゴンがトロント地下鉄で大暴れをします。懸命の捜索からも逃げて、秘密基地で新たにグレードアップを企んでいます。 ………………………… ベイリーにも子供が誕生しました。そして、本格的なスーパードッグとしての働きが要請されます。癌、糖尿病感知犬として、トレーニングを積みました。マイケルの父は、CSPCの長官となりました。動物界の研究が大掛かりで進展をします。

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      購入