菊池とおこの本の書店

トーコブックス

菊池とおこの本の書店

トーコブックス

冊数 2

紙本 2

更新 2021.07.11

ジャンル エッセイ2

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ◆エッセイ

  • d本:116㌻ A5変形版

    紙本:128㌻ A5変形版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    1,100円

    紙本

    1,690円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2017年から2019年にかけてnoteに発表したエッセイのセレクト版。アラフォーでのスピード婚とスピード離婚、離婚後に出会った外国人高齢彼氏との年の差恋愛とその帰結など、著者の経験を縦糸に綴る、恋愛や結婚や性や生き方を巡るあれこれからの解放宣言。いくつになっても、何が起きても、人生は楽しい。

    データ本
    1,100円
    購入
    紙の本
    1,690円
    購入

    『離婚した時、もうセックスは終わりだなと思っていた。』

    菊池とおこ著

    トーコブックス発行

    エッセイ

    -

    2017年から2019年にかけてnoteに発表したエッセイのセレクト版。アラフォーでのスピード婚とスピード離婚、離婚後に出会った外国人高齢彼氏との年の差恋愛とその帰結など、著者の経験を縦糸に綴る、恋愛や結婚や性や生き方を巡るあれこれからの解放宣言。いくつになっても、何が起きても、人生は楽しい。

    データ本:1,100円

    紙本:1,690円

  • 『あれは、赤い花。』

    菊池とおこ著

    トーコブックス発行

    エッセイ

    2021.07.11

    d本:92㌻ A5変形版

    紙本:96㌻ A5変形版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    1,100円

    紙本

    1,580円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    あれは、赤い花。

    菊池とおこ著

    トーコブックス発行

    エッセイ集『離婚した時、もうセックスは終わりだなと思っていた。』に続く、約2年間の歩み。すべてが片付き心晴れ晴れ前に進もうとしていた矢先に見舞われた、突然の体調不良。取りこぼしていた自分の中の問題に向き合った著者の、傷つきと回復の日々の記録。

    データ本
    1,100円
    購入
    紙の本
    1,580円
    購入

    『あれは、赤い花。』

    菊池とおこ著

    トーコブックス発行

    エッセイ

    -

    エッセイ集『離婚した時、もうセックスは終わりだなと思っていた。』に続く、約2年間の歩み。すべてが片付き心晴れ晴れ前に進もうとしていた矢先に見舞われた、突然の体調不良。取りこぼしていた自分の中の問題に向き合った著者の、傷つきと回復の日々の記録。

    データ本:1,100円

    紙本:1,580円

菊池とおこ

■ライター/駆け出しのカウンセラー■テーマ:ジェンダーの問題や心の問題、恋愛と結婚、離婚、助平など■執筆メディア:DAILY ANDS、cocoiro、佐伯ポインティの猥談タウン回覧板など■https://note.mu/toko_kikuchihttps://twitter.com/toko_kikuchi

書店一覧
book store

その他の書店

    • MOZ

      MOZ

      東京藝術大学著

      moz出版発行

      『MOZ』は、東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻学生が中心となって制作したタイポグラフィ雑誌。創刊号特集はSWISS Inspired。「世界はなぜヘルベチカを選ぶのか」。グラフィックデザイナー・色部義昭と建築家・長谷川豪の対談。so+ba、岡崎智弘、ゴードン恵美インタビューなど。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      814円
      購入
    • 有田満弘 カルドセプト画集

      2022年1月3日更新 増刷に向けて確認・調整 ………………………… イラストレーター有田満弘の『カルドセプト』シリーズ関連全作品75点を、「着想・調査・構想」に焦点をあてたコメントと共に収録。創作のバックボーンに迫る。未使用カード「ミラクルコール」も収録。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      2,343円
      購入
    • 先生、けも耳はえちゃったんですケド

      八代蜜は十八歳の誕生日を迎えた当日に突然ケモ耳化してしまう。養護教諭であり兄の友人の坂下恭治を頼ると、それは発情の証であり通常は子供のころのワクチン接種で抑えられるものだと聞く。発情して困惑する蜜に、恭治は「治療と思えばいい」と唇を塞いできて…。恋愛無精の養護教諭×甘え下手な高校生。誰にもナイショのもふもふ学園BL。

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      購入
    • 【お試し版】先生、けも耳はえちゃったんですケド

      八代蜜は十八歳の誕生日を迎えた当日に突然ケモ耳化してしまう。養護教諭であり兄の友人の坂下恭治を頼ると、それは発情の証であり通常は子供のころのワクチン接種で抑えられるものだと聞く。発情して困惑する蜜に、恭治は「治療と思えばいい」と唇を塞いできて…。恋愛無精の養護教諭×甘え下手な高校生。誰にもナイショのもふもふ学園BL。――こちらは「先生、けも耳はえちゃったんですケド」のお試し版になります。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 運命の泉 上 (前編)

      左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか? 運命の泉 上  (前編)  主人公は、運命の人を探すために旅に出た。何一つの目的地もないまま生まれ育ったところから出て初めての街に着くのだった。その街に着いてみると何か何まで初めて見る物であり光景であり。全てのことに驚くのだが、そこで、初めての試練であり。左手の小指ある赤い感覚器官の指示であり。運命の相手を探すための時の流れの修正が開始されたのだ。その修正の内容の中には初めての街を救うために隣の街から援軍の要請に向かう。その途中で何者か知らない者に襲われて・・・・知らない村に着いた。だが、幼児後退などの病気に掛かってしまったが病気は治るのだろうか、運命の相手には会えるのだろうか、運命の相手とは誰なのだろうか・・・・。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      998円
      購入
    • 早く月に帰りたい

      早く月に帰りたい

      垣根 新著

      垣根 新出版発行

      主人公の輪は、月の住人だ。月人は、背中に蜉蝣のような羽を持ち、左手の小指に赤い感覚器官があった。背中の羽で、他世界、過去、未来を飛び、赤い感覚器官で、連れ合いを探す為の導きを示す。輪は、連れ合いを探し出す事できるか?。そして、連れ合いと共に月に帰る事ができるか?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,324円
      購入
    • 愚者の螺旋劇場

      夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。 それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。 それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。 すると人生の向こう側だ。 (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 青橙の春

      あの頃は毎日が祝祭だった。 甘く切ない瞬間の持続が僕たちの時間の正体で、拒むものなど何ひとつなかった。 一切が美しくそして敵意に満ちていて、失望もまた甘い自己陶酔なのだった。 だから、あの頃の僕たちは遠い果てなどではなく、《現在─此処》にこそ執着して、脳裏に幽霊のような女神の貌をなぞる。 ぼくはあのとき、たしかに「季節外れのサクラ」を見た。 だから……と言っていい、最後まで希望を捨てきれないままなのだ。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入