左の方をタップすると、ページをめくれます。

片根伊六の詩集

左の方をタップすると、ページをめくれます。

片根伊六の詩集

冊数 1

紙本 1

更新 2018.11.16

ジャンル 詩歌1

このエントリーをはてなブックマークに追加

片根伊六

運営

直方体出版

http://katane-iroku.com/

書店一覧
book store

その他の書店

    • トトノイ人 SESSION 001 とくさしけんご

      サウナのための音楽アルバムまで作った作曲家は、一体なぜそうなってしまったのか?幼少期の音楽的原体験から快楽と理性の葛藤まで、結局は密室に回帰してしまう人生の軌跡を辿る。 [サウナ×人]を掘り下げるおしゃべりシリーズ『トトノイ人』創刊!毎回1人にフォーカスし、「サ談会」と称して日本サウナ大使タナカカツキ氏と共にじっくりお話を伺います。SESSION 001でお迎えするのは、作曲家のとくさしけんご氏です。

      データ本
      300円
      購入
      紙の本
      700円
      購入
    • 今日はそんな日

      朝4時起床、昼までのタスクは静かに淡々と。自分に甘く、どこまでも快適を求めた著者が辿り着いたスーパールーティンの生活。時間に支配されることで成果をもたらした創作メソッド。自己管理こそ最高の遊びだ!タナカカツキ描き下ろしコミック

      データ本
      1,650円
      購入
      紙の本
      2,420円
      購入
    • ドゥアン・ダーオのトムヤムクン

      レシピだけが料理本じゃない! トムヤムクンにまつわる楽しい!をぎゅっと詰めこんだ 日本初のトムヤムクンのレシピブックです。 ◆トムヤムクンとは? ◆「滋養食(スープ)」としてのトムヤムクン ◆トムヤムクンの食材 ◆わたしにとってのトムヤムクン、そしてドゥアン・ダーオ ◆[レシピ小説]ドゥアンとダーオのトムヤムクン ◆ドゥアン・ダーオのトムヤムクン ◆ドゥアン・ダーオのトムヤムクン展 ◆SUNDIYと考える ギリギリトムヤムクンワークショップ ◆トムヤムクンでパーティを ◆トムヤムクンをリデザイン ◆残ったトムヤムクンのリメイク法

      データ本
      509円
      購入
      紙の本
      1,223円
      購入
    • できるファイファイマーチYou Can Dance

      誰でも(ゴリラでも)踊れる「ファイファイマーチ」オフィシャル教則本。演劇の〝今〟を常にポップに更新する「快快(faifai)」が、そのステージのハッピーオーラをフレッシュなまま文庫本にパッケージ!さあ踊ってみましょう、You can dance!

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      1,771円
      購入
    • インディーズ作家の生きる道

       Do It Yourself.  言うは易く行うは難し。自分で「やる」道も「やらない」道もある。  誰もが「publisher」になれる時代とはいえ、出版へ至る企画・執筆・編集・校正・制作・流通・宣伝などのプロセスすべてを「自分でやる」ハードルはそれなりに高い。時間は誰にとっても平等で、限りのある資源だ。  既存の商業流通を離れたところにどんな道があるのか、なぜその道を選ぶのか。ともに「書く」ことを仕事としながら、いまは「やらない」道を選んだまつもとあつし氏と、「やる」道を選んだ倉下忠憲氏。進む方角は違えど、それぞれの信じた道だ。二人の語る言葉は、きっと道しるべとなる! ●まつもとあつし 『僕がセルフパブリッシングできてない理由』 (初出:『月刊群雛』2014年05月号) ●倉下忠憲『星空とカレイドスコープ ~セルフパブリッシング作家の多様な存在可能性~』 (初出:『月刊群雛』2014年07月号) 伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      924円
      購入
    • かーそる 2016年11月号

      2017年1月13日更新 2017.01.13 誤字修正 ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の創刊号です。 目次 ■特集1:脱知的生産の技術 ・知的よ、サラバ(倉下忠憲) ・知的はライフの中にある(Tak.) ・「技術」から「技道」へ(ruu_embo) ・技術ということ、生産ということ(いっき) ・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki) ・人間の条件?(Go Fujita) ・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa) ・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw) ■特集2:私と知的生産の技術 ・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita) ・知的生産の原風景(Tak.) ・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa) ・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo) ・書いてから、書く。(choiyaki) ・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲) ・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき) ■コラム ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita) ・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲) ■巻末のあれこれ ≪刺激剤としての読書案内≫ ≪執筆者一覧≫ ≪Editor's sound≫

      データ本
      814円
      購入
      紙の本
      1,760円
      購入