情報文化広報プロジェクト

フォトセクション

情報文化広報プロジェクト

フォトセクション

冊数 5

紙本 0

更新 2013.11.10

このエントリーをはてなブックマークに追加

book List

この書店の電子書籍をすべて買う

フォトセクション

茨城大学教育学部情報文化課程 情報文化広報プロジェクトです。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • Interview! 005 京都府立植物園 樹木医 肉戸 裕行さん

      Interview!、今回は京都府立植物園樹木医の肉戸 裕之さんに話を聞いた。もし植物が病気をしていたり枯れかけていたら、必要な処置を施す樹木医の仕事と、植物園の取り組み等について話を聞かせてもらいました。木や花、もの言わぬ植物達の声を聞く人は、どんな風に世の中をみて、日々を過ごしているんだろうか。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • Interview! 002 Dragon Ash ATSUSHIさん(POWER of LIFE代表)

      2013年4月30日更新 奥付に『POWER of LIFE』のウェブサイトURLを追記 本文中の数字が横たわって表記される箇所を修正 ………………………… Dragon Ashのダンサー、ATSUSHIさんにダンスとの出会いや日々のトレーニングなどについてや、彼が発起人となり代表を勤める、生命の大切さや尊さをアスリートやミュージシャンの写真展やライブイベントを通して伝える活動を続ける「POWER of LIFE」のことについてお話を伺った。「POWER of LIFE」設立のきっかけの一つの重要な要因となった、千葉のアニマルシェルターを訪れた時、彼の胸に去来したものはなんだったのだろうか。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 僕が政治家になった理由 ZINCLO!011 中谷一馬

      「ZINCLO!」シリーズでは「人」を伝えていきます。 第十一巻は、菅直人元首相の秘書を勤め、2011年、神奈川県会議員選挙史上最年少(当時27歳)で当選した中谷一馬氏をクローズアップ。中谷氏は以前、街の不良少年の代表格として雑誌にも紹介されるような存在だった。そんな彼がなぜ政治家を志したのか? どんな活動をしているのか?   これから政治の世界を目指す人にぜひ読んでほしい一冊。

      データ本
      250円
      購入
      紙の本
      購入
    • バンドビジネス成功術 ZINCLO!004 KEN渡邉

      「ZINCLO!」シリーズでは「人」を伝えていきます。 第四巻は、長年音楽業界の現場でミュージシャンの契約、権利関係などを手がけてきた渡邊氏のインタビュー。これから音楽で身を立てていこうとする人必読の情報が語られています。

      データ本
      250円
      購入
      紙の本
      購入
    • 死ぬためだけに生きた人生

      死ぬためだけに生きた人生

      逝子著

      岡山ゆきんこ出版発行

      ゆきんこは白くない白くなりきれなかったゆきんこは死ぬために生きると決めて新しい人生と残りの人生を涙のために生きることにした、そんな毎日を35歳のこの節目に一冊の遺書として語り遺すことにしました。 相談もできない理解なんかされないし、理解されたいとも思わない私は私の中で大切に生きている。

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      購入
    • Brusque

      Brusque

      L'ONO著

      Blind Willie & Sons発行

      今回、「BRUSQUE」という写真集を作るにあたり、もっとも時間をかけたのが写真の並び順だったんだよ。なぜかって?例えばさ、気に入った写真をただ漠然と並べても、それはそれなりに出来たとは思うよ。でも、敢えてそうしなかった訳は何かってことだよね。うん、それは物凄く簡単なことさ。このBRUSQUEには物語が必要だったんだよ。僕の好きなミュージシャンはアルバムの曲順(流れ)にとても気を使う人が多い気がする。この流れこそが物語なんだよ。レコードに例えてみると、シングル・コレクションやベスト盤にはしたくなかったんだ。ある1つのテーマが背骨になっている作品の方がグッと惹きつけられるし、長く愛される気がする。そしてこの本もそうなって欲しいと思ってるよ。だから、この BRUSQUE はお気に入りの写真を寄せ集めた作品集ではないと言い切れる。冗談を言ってみれば、場面場面で翻弄されつつも、自分勝手に結末を解釈出来る明け方に見た、いつか夢の話、という感じかな。

      データ本
      300円
      購入
      紙の本
      999円
      購入
    • Small Galaxy Tour Guide

      Small Galaxy Tour Guide

      l'Ono著

      Blind Willie & Sons発行

      l'Ono(ル・オノ) 2015年夏に発売された、1st写真集「Small Galaxy Tour Guide」が、しれっと再発売中!

      データ本
      270円
      購入
      紙の本
      1,760円
      購入
    • 愚者ぐしゃ

      セックスレス。欲求不満。夫の浮気相手、男。壊れていく自分を止められない! 死してなお愚かな女のいびつな愛の形。 夫とのセックスレスな生活に悩みすぎて心を病み、あげく夫がゲイだったことを知って衝動的に死を選んでしまったカオリ。気づいたら、幽霊となって夫と暮らしていたマンションに戻っていた。自分がいなくなったそのマンションで、男の恋人と暮らす夫。かっこ良くもないくせに自信満々なその恋人と仲睦まじい夫を見ているうち、カオリは色々な恨みが込み上げてきて…… NovelJam 2017 出場作品

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 老人とプログラム言語

      古いプログラム言語を操る老人と、介護アンドロイドの秘密とは…… 「世界中の滅びたデジタルの遺産を探している」「そんなことに意味があるのかね」「俺は外の人間だ。外から来て、空白を埋めて、帰る。それでいいと思っている」「あの子を外に連れて行ってくれないか」――突然現れたデジタル考古学者マコトと、ずっと一緒にいたミコロフ爺さんの会話。介護アンドロイドの少年は、部屋の外でそれを聞いた。  古いプログラム言語の仕事を、細々と請け負うミコロフ爺さんただ一人が入居者の老人ホーム。アンドロイドの少年は爺さんと二人、静かに過ごしていた。そんな暮らしが、“外の世界”から来たマコトの乱入で激変する。刺激に満ちた“外”の情報、疑問にも思わなかった、爺さんに発注される“仕事”の真相。珍しいプログラム言語を収集しているというマコトの行動は、爺さんと少年の日常を壊してしまうのだが……。「行け。お前には外の世界がある」――これは老人にそう告げられ、少年が外に旅立つまでの、とある物語。 松永肇一:著 賀屋聡子:編集 NovelJam 2017 海猫沢めろん賞作品

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入