BCCKS

0

login
会員登録

  • 『かつて人々は魔法が使えたらと願った2』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2021.12.01

    新書版 236 715円

    【紙本】

    未設定

    かつて人々は魔法が使えたらと願った2

    爆発のあと意識を取り戻した彩音と薫と徹の三人は、一体どういうわけか、自分たちが魔法のような力が使えるようになっていることに気が付く。一方、自分たちの窮地を救ってくれたアリサは、爆発の影響により、意識不明の昏睡状態に陥ってしまっていた。彩音たち三人はアリサを救うべく地下研究所からの脱出を試みるのだったが、しかし、そこへ突然、大量の魔獣が出現して彩音たち三人に襲い掛かる。だが、彩音たち三人は、ある人物の助力により、この窮地を脱することに成功する。そして彩音たち三人は、自分たちの窮地を救ってくれた人物と会話を進めるうちに、何故自分たち三人が突然魔法が使えるようになったのか、ある仮説に辿り着くことになる……それは古の魔法文明と何か関わりがあるようだったが……果たしてその仮説とは⁉ 一方、その頃、異世界に存在するウルバシー帝国は、異世界へ逃れたアリサを捕らえるため、長距離移動装置であるポータルの稼働準備を終えようとしていた。彩音たちのもとへ忍び寄る帝国軍の魔の手。果たして、彩音たちは帝国軍の魔の手から逃れてアリサを救うことができるのか⁉ 『かつて人々は魔法が使えたらと願った』第二弾‼  こちらは既にkindleから出版している『かつて人々は魔法が使えたらと願った』の三巻と四巻をまとめて、お求め安くしたものになっています。

    データ本
    715円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 650円
    • 未入手
  • 『洞窟を抜けると、そこは異世界だった』

    海田陽介

    新想社

    権限:管理者

    【データ本】

    2021.08.12

    新書版 230 660円

    【紙本】

    未設定

    洞窟を抜けると、そこは異世界だった

    こちらは既にkindleから出版している『洞窟を抜けると、そこは異世界だった』の1〜2巻を一冊にまとめ、少しお求めやすくしたものになっています。 高校で山岳部に入っている僕と雄二のふたりは、山岳部の合宿を終えて、山から下山している最中にふと大きな洞窟を発見する。そしてその発見した洞窟に興味を惹かれたふたりは、洞窟のなかへ入っていく。すると、奇妙な現象が確認された。というのも、ふたりが洞窟から外へ出てみると、一体どういうわけか、時計の針が過去へと巻き戻っていたのだ。このことから、僕と雄二のふたりは、自分たちが発見した洞窟には時間遡行効果があるのだと確信することになる。そしてふたりはこの効果を利用して、ロトシックス当選を狙おうと洞窟のなかへ再び入っていく。だが、そこでふたりは予期せぬ事態に遭遇してしまうことになる。果たして、ふたりが遭遇することになってしまったその予期せぬ事態とは!? 迫り来る異形の生物と、異世界で行われていた軍の秘密実験。

    データ本
    660円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 600円
    • 未入手
  • 『お金がなくても、特別な才能やスキルがなくても、誰でも簡単に、今すぐできるセミリタイア術』

    海田陽介

    新想社

    暮らし全般

    権限:管理者

    【データ本】

    2021.06.14

    新書版 48 330円

    【紙本】

    未設定

    お金がなくても、特別な才能やスキルがなくても、誰でも簡単に、今すぐできるセミリタイア術

    皆さん、できれば働きたくないなぁと思われたことはありませんか? 労働というものは、多くの人間にとって辛いものです。達成困難や目標や、義務があったり、またときには理不尽なことで怒られたりすることがあります。更には職場の人間関係で悩まされたりすることも決して少なくありません。だから、できれば働かずに生きていきたいと思う。でも、とはいえ、生活していくためにはお金が必要で、だから、仕方なく働いている、という方がほとんどなのではないでしょうか? そこでこの本では、そういう方のために、なるべく働かなくても生活していけるようになる方法を書かせて頂きました。といって、それは何か特別な才能や、能力を必要とするようなことではありません。またお金もほとんどかかりません。誰にでも簡単にできます。もし、あなたが今の仕事を辞めたいと思っていたり、あるいは仕事以外に何か他にやりたいことがあるのであれば、ぜひ一度この本を手に取ってみてください。ひょっとしたら、この本はあなたの人生を一変させることになるかもしれません。

    データ本
    330円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 300円
    • 未入手
  • 『その世界と彼等が創られた理由』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2021.03.30

    新書版 242 770円

    【紙本】

    未設定

    その世界と彼等が創られた理由

    これは我々が住む世界から見て遥か遠く昔に分岐したパラレルワールドの物語になる。この世界には、我々の世界とは違い、人間の意志に反応して作用する力が存在し、この力のことを、この世界に住む人々は魔法と呼んで使用していた。しかし、実際にはこの魔法と呼ばれる力の正体は、かつてこの世界に存在していた超文明が科学の力を結集させて作り出したものであった。しかし、この世界に住む人々はそうした事実を過去に起こった最終戦争によって完全に忘れ去っていた。ところで、この世界には魔法ーーー人間の意志に反応して作用する力の副産物して、魔物と呼ばれる、人間を襲う非常に獰猛な生物が存在した。そして人々はこれらの生物に対抗するための機関として、魔法騎士と呼ばれる、魔法に特化した兵士を作り出したのであったがーーー。 こちらはKindleから既に出版されている『その世界と彼等が創られた理由』の1巻〜2巻までを一冊にまとめ、少しお求めやすくしたものになっています。

    データ本
    770円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 700円
    • 未入手
  • 『失われた世界へ 特別編4』

    海田陽介

    新想社

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.10.13

    新書版 196 605円

    【紙本】

    未設定

    失われた世界へ 特別編4

    こちらは既にKindleから出版されている『失われた世界へ14』巻に、『失われた世界へ15』巻の一部を併録し、加筆・訂正したものになっています。  僕と近藤のふたりは力を合わせることによってどうにか窮地を脱し、 エフィシア姫を救出するべくアーレアランス地区へと急行する。しかし、このとき既にエフィシア姫を含め、その護衛役を務めていた田中唯もザーラックの差し向けた刺客の手に落ちてしまっていた。それでも僕と近藤のふたりはどうにかエフィシア姫たちを救おうと奮戦するのだったが、しかし、そこには更にザーラックの仕掛けた罠が存在していて……。

    データ本
    605円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 550円
    • 未入手
  • 『時間改変』

    海田陽介

    新想社

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.07.28

    新書版 272 660円

    【紙本】

    未設定

    時間改変

    時間改変

    海田陽介著

    新想社発行

    ある日、大学生である僕のもとへ、友人の柴田がタイムマシンの開発に偶然成功したと不可解な電話をかけてくる。当然のことながら、そんなことがあるわけがないだろうと主人公は思うのだが、しかし、一方で友人の柴田には有名な物理学者の叔父がおり、あるいはひょっとすると、と、期待することにもなる。その後、主人公が友人の家を訪ねてみると、そこには本当にタイムマシンが存在していた。そして主人公の僕と柴田のふたりは、タイムマシンを使って近未来へタイムトラベルする。と、このとき、ふたりはその訪れた未来で、直近の未来で大地震が発生し、多くのひとが地震で死んでしまうという事実を知ることになる。そしてもとの時間に戻ったふたりは、この未来を変えるために行動を起こし、実際に未来を変えることに成功する。だが、この結果、歴史が書き換えられてしまったとしか思えないような奇妙な現象が続発してしまうことになった……。恐竜から進化した知的生命体と、時間管理局の存在。こちらはKindleから既に販売されている『世界再構築』の一巻から2巻までを一冊にまとめ、お求めやすくしたものになっています。

    データ本
    660円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 600円
    • 未入手
  • 『VIMANA 特別編3』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2020.05.18

    新書版 366 880円

    【紙本】

    未設定

    VIMANA 特別編3

    ルグルプット要塞からの脱出に辛うじて成功した小百合たち四人は、 その後、自分たちがもといた未来の世界へ戻るため、負傷から回復し たエシュナたちの提案を受けて、地球を目指すことになる。小百合た ち四人は地球へ向かう貨物船に乗り込むと、地球を目指してマルダカ ンタ要塞から出発していく。しかし、その行く手には、かつて火星人 の攻撃を受けて滅亡した帝国、ムー帝国復活を目論む勢力が、火星人 を神と崇める宗教組織と結びついて、罠をはって待ち構えていた……。 一方、エシュナたちは、エスタリア軍が地球方面へ向かって艦隊を動か しつつあるという報を受け、そのエスタリア軍を迎え撃つべく再び艦隊 に乗り込んでルグルプット要塞方面へ向かって出陣していく。 その頃、強細胞戦士を駆使して、見事ルグルプット要塞を奪還してみせたエルーナは、 オプトラス中将より、新たな任務を与えられていた。それは次期皇帝を暗殺せよというものであったが……。 果たして小百合たち四人は無事地球へ辿り着けるのか⁉  そしてルグルプット方面へ向かったエシュナたちの戦いの行方は⁉  更に何故オプトラス中将はエルーナに対して皇帝の息子を殺すように命じたのか?  こちらは既にKindleで出版されている『VIMANA』の9巻から10巻までを一冊にまとめたものになっており、一冊ずつ購入していくより少しお得になっています。

    データ本
    880円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 800円
    • 未入手
  • 『the another world 特別編』

    海田陽介

    海田陽介出版

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2019.11.28

    新書版 382 880円

    【紙本】

    未設定

    the another world 特別編

    the another world 特別編

    海田陽介著

    海田陽介出版発行

    主人公である僕と琢磨と舞の三人はYouTuberをしていて、異世界に関係する動画を作っては投稿するという日々を送っていた。そんなある日、三人は、都市伝説としても有名なエレベーターに乗って異世界へ移動できるかどうかの実験を行うことにする。すると、この実験の最中、 琢磨が行方不明になってしまう。残された僕と舞の二人は、もしかすると、本当に琢磨は異世界へ行ってしまったのかもしれないと考え、二人は、異世界へ移動してしまったと思われる琢磨を現実世界に連れ戻すべく、エレベーターに乗って異世界移動を試みる。すると、本当に二人は異世界に辿り着くことになってしまう。二人が辿り着いたその異世界は、二人が暮らす世界よりもほんの僅かにテクノロジーが進んでいると思われる、現代日本によく似た世界だった。そして間も無くふたりは、現実世界からこちらの世界を訪れている村沢という男と偶然知り合う。彼の話によれば、日本政府も異世界の存在には気がついており、こうして村沢のような特派員を使って、異世界の様子を調査研究させているという話であった。では、どうして日本政府が異世界の存在に気がつくことになったのかというと、それは近年宮崎県の山中で発見された、ある異物が切っ掛けであるということだった。果たしてその宮崎県の山中で発見されたという異物とは何なのか⁉︎ また主人公たちはもとの世界へ戻ることができるのか⁉︎ こちらは既にKindleから出版している『the another world』の一巻から二巻までを一冊にまとめたものになっており、一冊ずつ購入していくよりも少しお得になっています。

    データ本
    880円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 800円
    • 未入手
  • 『かつて人々は魔法が使えたらと願った』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2019.11.05

    新書版 284 880円
    閲覧数3冊
    タチヨミ数13冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    かつて人々は魔法が使えたらと願った

    大学の夏休みを利用して、彩音と徹と薫の三人は、 茨城県にある人気のない浜辺でキャンプを楽しんでいた。 するとそこへ、突然、蝙蝠によく似た、体長5メートルを超える謎の巨大生物が姿を現す。 彩音たち三人はその生物に襲われ、殺されかけるが、しかし、九死に一生を得る。 彩音たち三人を窮地から救ってくれたのは、中世ヨーロッパ時代の甲冑を思わせる 鎧を身にまとった女性であった。 当然のことながら、彩音たち三人は、自分たちの命を救ってくれた女性が 何故現代日本において、わざわざ甲冑を身につけているのかと不思議に思う のだったが、しかし、その後、女性の口から驚愕の真実が語られる。 その驚愕の真実とは、デタラメに転移魔法を発動させた結果、 彼女は彩音たちの暮らす、現代日本へと着いたのだというものであった。 アリサと名前を名乗った女性は、敵から逃げるために、目的地を定めることなく 転移魔法を使ったのだ、と、彩音たち三人に対して語る。 彩音たち三人とって女性が語って聞かせたことは、おおよそ信じがたい話ではあったが、 しかしその後、アリサが魔法のような力を実際に彩音たち三人の目の前で使ってみせたので、 彩音たち三人はアリサの言っていることがほんとうのことであると信じざるを得なくなる。 更にその後、興味深い事実が明らかになる。 というのは、アリサが暮らしていた世界で使われていた文字と言葉が、 現代日本で使われているものとほとんど同じであるということがわかったのである。 このことから、彩音たち三人はアリサのもといた世界は、 自分たちの世界から見て近縁のパラレルワールドに該当するのではないかと推測する のだったが、ちょうど時を同じくして、彩音たちの前に自衛隊と思われる集団が姿を現す。 彼らは思念の実体化について研究しており、彩音たち四人に対して ぜひ協力して欲しいと申し出てくるのだったが・・・・・・。 果たして思念の実体化とは⁉ そしてアリサのもといた世界とはどんな世界であるのか⁉  更にその世界と現実世界の関係は⁉ こちらは既にKindleから出版している『かつて人々は魔法が使えたらと願った』の1巻から2巻までを一冊にまとめたものになっています。

    データ本
    880円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 800円
    • 未入手
  • 『仮想現実世界 特別編』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2019.03.20

    新書版 250 770円
    閲覧数4冊
    タチヨミ数12冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    仮想現実世界 特別編

    主人公である井口直人は、過去に体験した、あることを切っ掛けとして、この世界に対して漠然とした疑問を抱くようになっていた。 それは、この世界はもしかすると、仮想現実なのではないか、という疑問であった。そんな日々のなか、井口直人の目の前で、あまりにも信じられない現象が起こるのだったが……。 一方、西暦二千年型世界と呼ばれる、仮想現実世界の管理者であるリュウ・ノガミは、コンピューターホログラム内で暮らす人々は、果たして自我というものを持っているのかどうか、ずっと気になっていた。そこでリュウは、彼等が自我を持っているかどうかの実験を 行うことにする。本来、こうした実験をすることは、リュウが管理している西暦二千年型世界に深刻なエラーを発生させかねなかったので、やってはならないことであったのだが、しかし、仮想現実世界に害を及ぼさない程度の、些細な現実改変なら行っても構わないだろうと考え、リュウは実験を実行に移す。すると、その結果、リュウは興味深い結果を得ることができた。というのは、実験の結果、コンピューターホログラムに過ぎないはずの人間に、ちゃんとした自我が備わっているらしいことがわかったのである。この結果に興奮するリュウだったが、しかし、そのとき、リュウが管理しているコンピューターホログラム内で信じられない現象が起こりはじめる……。 こちらは既にkindleから出版している『仮想現実世界』の一巻から二巻までを一冊にまとめたものとなっており、一冊ずつ購入していくよりも少しお得になっています。

    データ本
    770円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 700円
    • 未入手
  • 『BROKEN WORLD』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.10.01

    新書版 218 770円
    閲覧数3冊
    タチヨミ数7冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    BROKEN WORLD

    BROKEN WORLD

    海田陽介著

    新想社発行

    東京の高校に通う野上彰は、母親と共に夏休みを利用して、母親の実家がある宮崎県日南市を訪れていた。 母親の実家に滞在する予定は一週間であり、そのうちに母親の実家にいてもすることがなくなってしまった彼は、退屈しのぎに、バスで向かうことができる、日南市の繁華街へと向かって移動を開始する。 やがて日南市の繁華街へと辿り着いた彼は、目についたデパートへ向かって歩き出すのだが、しかし、そのとき、突然激しい眩暈に襲われることになる。 そしてその眩暈が収まったとき、彼は全く見知らぬ場所に立っていた。 そこはかつて大きな街が存在していたと思われる、しかし、現在は瓦礫の山と化している場所だった。 どうして自分がこんな場所に立っているのか、大いに混乱することになる彼だったが、そこへ突然、モンスターとしか言いようのない生物が姿を現す。 それは二足歩行する、牛の怪物であった。牛の怪物の体高は軽く二十メートルを超えており、一軒家程の大きさはあろうかという頭部には逆L字型に湾曲した、巨大な角が生えていた。そしてその怪物は、彼に対して襲いかかってきた。 あまりのことに反応することができない彼だったが、その彼を救ってくれた人物がいた。彼は自分の名前をヨウ・フルカワと名乗り、この世界はかつてアメリカ軍が行った異次元の扉を開く実験の結果によって、化け物が蠢く世界に変わってしまったのだと述べるのだったが……。 一方、東京の某出版社で、主にオカルト雑誌のライターをつとめる遠山美咲は、先日、宮崎県日南市で発生した、高校生の失踪事件に興味を覚えて、宮崎県日南市を訪れていた。新聞の記事によれば、現在行くへがわからなくなってしまっているのは、東京の高校に通う野上彰という名前の高校生であるようだった。 彼は夏休みを利用して、母親と共に母親の実家へ帰省していたところ、 突然行方へわからなくなってしまったとのことらしい。警察の調べによれば、今のところ少年の失踪に関して、事件性らしい証拠は何も見つかっていないとのことであった。彼はまるで神隠しにでもあってしまったかのように、突然ぱったりと姿を消してしまっているという。 遠山美咲はこの少年の失踪事件に関して、気になっていることがあった。というのは、彼女の双子の姉も、やはり少年と同じようにかつて彼女が幼い頃、宮崎県日南市で突然姿を消してしまっていたのだ。世間一般的には彼女の姉は変質者に誘拐されて、その後殺されてしまったのだろうという話になっていたが、しかし、彼女は漠然とそうではないのではないかと疑っていた。自分の姉はひょっとすると、どこか別の世界で生きているのではないかと彼女は思っていた。そしてこの宮崎県日南市という場所には、どこか異次元へ通じる扉のようものが存在している のではないかと彼女は考えていた。 その後、彼女は宮崎県日南市で取材を続けるうちに、信じられない現象を目撃することになるのだったが……。 果たして宮崎県日南市で何が起こっているのか⁉ 少年が迷い込んでしまった世界はどんな世界なのか⁉ こちにらは既にKindleで発売している『BROKEN WORLD』の1巻から2巻までを一冊にまとめたものになっています。

    データ本
    770円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 700円
    • 未入手
  • 『WORLD LINE』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.10.01

    新書版 184 550円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数11冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    WORLD LINE

    WORLD LINE

    海田陽介著

    新想社発行

    主人公である僕がいつものように大学に向かって登校していると、 主人公である僕は、突然、人間が全く誰も存在していない、 無人の世界へと迷いこんでしまうことになる。 そして主人公である僕はその無人の世界で、 奇妙な人影を目にすることになる。 間もなく主人公である僕はその無人の世界から もとの世界へ戻ってくることになるが、 主人公である僕は、 自分が無人の世界で見た人影の存在が気になっていた。 主人公である僕は自分が体験したことを大学のサークル仲間に話して聞かせる。 すると、主人公が見た人影についてある仮説が提示されることになった。 その仮説とは、主人公が見たものは、よくインターネットなどで その存在が噂されている時空のおじさんなのではないかというものであった。 一説よれば、時空のおじさんとは、遠い未来からこの世界を訪れているタイムトラベラーであり、 そして、主人公が見た無人の世界というものは、 この時空のおじさんが、時間の最小単位である一瞬を 人工的に引き延ばして作られた空間なのではないかという話であった。 主人公である僕は、何故時空のおじさんがそのような無人の世界を構築しなければならないのか、 その理由が気になってしまうのだが、ちょうどときを同じくて、 主人公たちの前に近未来からやってきたというタイムトラベラーが姿を表す。 彼女は自分がもともといたワールド・ラインが何故か消滅してしまい、 偶然この世界へたどり着くことになってしまったと述べるが……。 果たしてこの世界で何が起ころうとしているのか? そして主人公が無人の世界で見た人影の正体とは!? その存在が見え隠れする、遥か遠い未来世界から現代を訪れているタイムトラベラーの存在。 彼らの正体は一体!? そして消去されてしまったワールド・ライン、パラレルワードとは!? こちらには既にkindleから出版している『WORLD LINE』の一巻から三巻までを一冊にまとめ、一部加筆訂正したものになっています。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円
    • 未入手
  • 『神々の導き』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.08.16

    新書版 254 880円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数9冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    未設定

    神々の導き

    主人公である僕は埼玉県の外れで、個人的博物館を経営している。 彼が経営している博物館に展示されているのは、彼の祖父が生前 収集していた、かなり出どころの怪しい、超古代文明の遺跡物だった。 主人公の祖父は、かつてこの地球には現代文明をも凌ぐ超文明が 存在していたと信じており、生前熱心にそれらの遺跡について調査を行っていた。 そして主人公である僕もそんな祖父の影響を受けて、超古代文明について アマチュアながらも研究を行っている。 そんなある日、主人公のもとに奇妙な依頼が舞い込む。 依頼主は細川真理という名の女性で、彼女は自分と一緒に 行くへ不明になっている父親を探して欲しいと主人公に依頼してきた。 彼女の話によれば、彼女の父親もまた超古代文明の存在を信じており、 その遺跡調査を行っていたということであった。 そして今から一年半ほど前にいつものように遺跡調査へ出かけていき、 それきり帰らないままであると細川真理は主人公に対して告げた。 突然の依頼に戸惑うことになる主人公だったが、 しかしよくわけがわからないままに 主人公は細川真理の父親捜しを手伝うことになる。 そして父親捜しに伴って訪れることになった富士山近辺で、 主人公である僕と細川真理のふたりは、 ある驚愕の真実を知ることになるのだったが……。 隠された真実の人類の歴史と、ふたりのもとへ忍び寄る黒い影……。 こちらは既にkindleで出版している『神々の導き』の1から2巻までを一冊にまとめたものになっており、一冊ずつ購入していくよりも少しお得になっています。

    データ本
    880円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 800円
    • 未入手
  • 『夏の終わりの静かな風』

    海田陽介

    新想社

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.05.28

    新書版 126 550円
    閲覧数2冊
    タチヨミ数16冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    夏の終わりの静かな風

    東京でアルバイトをしながら小説家を目指している僕は 久しぶりに故郷である宮崎県へと帰省する。 そしてそこで偶然再会した友人や家族たちとの会話を通じて、 僕は改めて生きることの意味や、これから先の将来のことに ついて考えていくことになる。 僕が東京に戻る頃、夏の終わりの静かな風が吹き始めていて……。 こちらは既にKindleから出版している『夏の終わりの静かな風』 を加筆訂正し、更に『二十七歳の誕生日』を併録したものになって います。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円
    • 未入手
  • 『VIMANA2』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2018.04.10

    新書版 226 550円
    閲覧数3冊
    タチヨミ数9冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    VIMANA2

    VIMANA2

    海田陽介著

    新想社発行

    オプトラス中将率いるエスタリア帝国軍艦隊がルグプット要塞へ向かって殺到してくる。これを向かえ撃つべくルグルプット要塞から出陣していった地球連合軍であったが、思わぬ苦戦にあう。緒戦において敗退を余儀なくされた地球連合軍は一時ルグルプット要塞付近の宙域まで後退し、その宙域においてエスタリア帝国軍を迎え撃つ。そうして激戦の末にどうにかエスタリア帝国軍を退かせることに成功した地球連合軍であったが、しかし、それはオプトラス中将が巧妙に仕組んだ罠であった。勝利に酔いしれている地球連合軍の隙をついて、一隻のエスタリア強襲揚陸艦がルグルプット要塞内へと忍び込む。そしてその強襲揚陸艦からまさに化け物としか言いようのない強細胞戦士が解き放たれた! その突如として現れた強細胞戦士の前に成す術もなく次々と倒れていくことになる地球連合軍兵士たち。この化け物を駆逐すべく、歴戦の勇者であるエシュナとダートのふたりが応戦に向うが、しかし、そこに強細胞を埋め込まれて復活を果たしたカスターシャが現れる。強細胞戦士を駆逐するはずが、段違いにパワーアップしたカスターシャに追い詰められることになるエシュナとダートのふたり。一方その頃、敵兵侵入によって地獄絵図と化している要塞内を小百合たち4人は必死の思いで逃げ惑っていた。しかし、そこへ強細胞戦士が現れて……。果たして小百合たち4人の運命は!? 更にエシュナとダートの運命は!?『VIMANA』第二弾!! こちにはKindleで既に発売になっている『VIMANA』シリーズの7巻から8巻を一冊にまとめたものとなっています。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 500円
    • 未入手
  • 『失われた世界へ 特別編3』

    海田陽介

    新想社

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.10.27

    新書版 298 660円
    閲覧数33冊
    タチヨミ数13冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    未設定

    失われた世界へ 特別編3

    ………………………… 僕と近藤と田中唯の三人はシュトラによって 銃殺されてしまったはずであった。 しかし、どういうわけか三人は、 シュトラによって銃殺されたはずの牢獄で意識を取り戻す。 それは三人の身を案じた昆虫人の秘策のおかげであった ――――昆虫人は万が一の事態が発生し、 三人が命を落としてしまうことがないよう、 密かに、強化服の改良バージョンである、 強化細胞を三人の身体に授けていたのだ! ――――このおかげで超パワーを身につけた三人は、 シュトラの部下たちを蹴散らし、 囚われているエフィシア姫のもとへ駆けつける ――――だが、またシュトラたちも未来人から技術提供を受けて三人に対抗するべく強化服を完成させていた!  追い詰められる、僕と近藤と田中唯の三人。 果たして三人の運命は!?  そして三人はエフィシア姫を無事に助け出すことができるのか!?  更に遂に自ら動き始める、本当の黒幕であるザーラックの存在! 『失われた世界へ 特別編』第三弾!!  こちらは既にKindleから発売になっている 『失われた世界へ』の11巻から13巻までを 一冊にまとめたものになっており、 一冊ずつ購入していくよりもかなりお得になっています。 『失われた世界へ』を少しでも安く買いたいという方や、 一気に読みたいという方はぜひ!!

    データ本
    660円
    購入
    紙の本
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 600円
    • 未入手
« 1 2