おはなしの喫茶室

夜の路地裏にぽつんと灯る喫茶室 ちいさなおはなしをお出しします

おはなしの喫茶室

冊数 2

紙本 2

更新 2019.02.05

ジャンル 文芸2

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『アカパナの手紙』

    かくら こう著

    おはなしの喫茶室発行

    文芸

    2019.12.30

    d本:66㌻ 文庫版

    紙本:64㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 2

    レビュー 0

    データ本

    242円

    紙本

    726円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    アカパナの手紙

    かくら こう著

    おはなしの喫茶室発行

    2019年12月30日更新 表紙デザインを更新しました ………………………… 2019年2月4日更新 「おはなしの喫茶室 店主の手帖」追加 ………………………… 2019年1月27日更新 表紙・総扉・挿絵改め ………………………… とびきりおいしいパンの秘密は、真っ赤なピエロ鼻。それは犬みたいにするどい嗅覚。アカパナのパン屋に遺伝する特別な鼻。 でも、その鼻のせいで、頑固な父娘は大げんか。 ある夜、娘は家を飛び出して大陸へ渡る船へ乗り込み、一方父親は「娘の鼻をふつうの鼻にしてくれる」っていう〈なんでも可能な存在〉を名乗る正体不明のへんてこなやつと契約を交わして遠い山を目指して旅に出た。 わけもわからないまま残された奥さんともうひとりの娘のもとへ、ふたりから手紙が届き、家族の時間が動いてゆく。

    データ本
    242円
    購入
    紙の本
    726円
    購入

    『アカパナの手紙』

    かくら こう著

    おはなしの喫茶室発行

    文芸

    -

    2019年12月30日更新
    表紙デザインを更新しました
    …………………………
    2019年2月4日更新
    「おはなしの喫茶室 店主の手帖」追加
    …………………………
    2019年1月27日更新
    表紙・総扉・挿絵改め
    …………………………
    とびきりおいしいパンの秘密は、真っ赤なピエロ鼻。それは犬みたいにするどい嗅覚。アカパナのパン屋に遺伝する特別な鼻。
    でも、その鼻のせいで、頑固な父娘は大げんか。
    ある夜、娘は家を飛び出して大陸へ渡る船へ乗り込み、一方父親は「娘の鼻をふつうの鼻にしてくれる」っていう〈なんでも可能な存在〉を名乗る正体不明のへんてこなやつと契約を交わして遠い山を目指して旅に出た。

    わけもわからないまま残された奥さんともうひとりの娘のもとへ、ふたりから手紙が届き、家族の時間が動いてゆく。

    データ本:242円

    紙本:726円

  • 『おはなし手帖』

    かくら こう著

    おはなしの喫茶室発行

    文芸

    2019.05.30

    d本:122㌻ 新書版

    紙本:128㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 9

    レビュー 0

    データ本

    タチヨミのみ

    紙本

    1,111円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    おはなし手帖

    かくら こう著

    おはなしの喫茶室発行

    〈奇妙で不思議な幻の小片標本〉 ◆2011年5月、Twitter@ohanasitechoでちいさなおはなしの発信をはじめました。 2019年1月までに約800のおはなしをつぶやきました。 この本には206作を選び、「夜を歩く君へ」「月と砂漠へ焦がれる」「そのとき海の音を聴いた」「猫偏愛の」「地図のない町を歩く」「その国へ渡る切符を持っている」「青に捧ぐこと」と、七つの章におさめました。

    データ本
    タチヨミのみ
    なし
    読む
    紙の本
    1,111円
    購入

    『おはなし手帖』

    かくら こう著

    おはなしの喫茶室発行

    文芸

    -

    〈奇妙で不思議な幻の小片標本〉

    ◆2011年5月、Twitter@ohanasitechoでちいさなおはなしの発信をはじめました。
    2019年1月までに約800のおはなしをつぶやきました。
    この本には206作を選び、「夜を歩く君へ」「月と砂漠へ焦がれる」「そのとき海の音を聴いた」「猫偏愛の」「地図のない町を歩く」「その国へ渡る切符を持っている」「青に捧ぐこと」と、七つの章におさめました。

    データ本:タチヨミのみ

    紙本:1,111円

おはなしの喫茶室

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • スパアン

      1919年。在りし日の広島。物産陳列館にまつわる失われし物語。 作家米田淳一の舞台はSFと鉄道だけではない。凝縮された膨大な薀蓄、魅力的なキャラクターによる軽妙な掛け合いは、歴史浪漫にもその才を発揮するのだ(ノベルジャム・チームH担当編集波野發作談)。 1919年。大正8年の頃はあまり後世で注目をされている年代ではない。しかし、変わらず人は営み、世は移り変わっていく。広島がまだHIROSHIMAではなかった頃の、あったかもしれない、いや、あったはずの物語がそこにはあったのだ。 改造社社主・山本実彦、小説家谷崎潤一郎、同じく芥川龍之介は、取材と称して訪れた広島で、林芙美子と珠子の二人の女学生と出会う。そして、若干の下心もあったその会合で、三人は思わぬ展開に肝を冷やす。触らぬ神に祟りなし。触ってしまえば災い転じて福となす。アインシュタインもユーハイムもヤン・レツルもヴィトゲンシュタインも伊藤博文も知らないワンデイエピソード。それは切り取られた広島のユリシーズ。 NovelJam 2017 米光一成賞作品

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      購入
    • 30年後へ「逃げ残り」

      父娘をつなぐ1枚の馬券。「勝ち負け」の外に、広がる世界がある。 2012年10月28日、府中市・東京競馬場。そこには驚きの「大逃げ」を打つ競走馬と、その一頭に思いを託す一人の男がいた――。 ひょんなことから、その時の手帳を見つけた彼の娘は、ギャンブルとは無縁のはずの父の肖像を探し始める。謎解きの延長線上に浮かんだ老人から聞いた、驚きの真実とは……? Novel Jam 2017 出場作品

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • サイマル769 季節の声が通う街

      サイマル769 季節の声が通う街

      萬歳淳一著

      阿賀北ノベルジャム実行委員会発行

      新潟県下越地方、人口約10万人のベッドタウン・新発田市。駅から伸びる商店街の中ほどに建つ市庁舎「ヨリネスしばた」のなかに、コミュニティラジオ局「FMしばた」の公開放送ブースがあります。小野さわ子は、ここで情報番組を担当する、元声優志望のパーソナリティ。性別も年代もさまざま、それぞれの場所で目標や悩みを抱えて暮らす人々に、さわ子の「ゆらぎボイス」は届きます。交通情報や日々の話題、季節ごとの街の催し、リクエスト曲に朗読……さわ子とリスナーの交流から、やがて一つの奇跡がうまれることに―― ラジオの音声、そして、人々から寄せられるメールや便り。「声」がつなげる、街の魅力もたっぷりとつまった連作短編。「阿賀北ノベルジャム2020online」参加作品。 *この作品の執筆・公開にあたり、阿賀北ノベルジャム協賛企業である「株式会社 エフエムしばた」様に、ラジオ局名称の使用許可等、快くご協力をいただきました。心より感謝申し上げます。

      データ本
      769円
      購入
      紙の本
      1,000円
      購入
    • JKファンタジスタMISONOと5つの新潟

      JKファンタジスタMISONOと5つの新潟

      月城いなほ著

      阿賀北ノベルジャム実行委員会発行

      新潟に生まれ新潟で育ち新潟を食し新潟を愛し新潟に死す。 女子高生プロサッカープレイヤー富田美園は透明人間だ。 かわいい妹からチームメイトからアイドルタレントまで巻き込んで、 マイペースにキラーパスを放ちまくる……。 新世代のローテンションスラップスティックSFコメディ爆誕。 時代はこの「新ハチャハチャ系SF」を待っていた。に違いない? チームあがっと・阿賀北ノベルジャム参加作品。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      1,000円
      購入