自作ラノベから、IT系、幕末歴史系ノンフィクションまで

田所稲造ファンタジーオンラインブックストア

自作ラノベから、IT系、幕末歴史系ノンフィクションまで

田所稲造ファンタジーオンラインブックストア

冊数 1

紙本 0

更新 2015.04.08

ジャンル SF・ホラー・ファンタジー1

このエントリーをはてなブックマークに追加

無理のない程度に頑張ります。

  • 『製作所13号機 (1) -The factory thirteenth-』

    田所稲造著

    発行

    SF・ホラー・ファンタジー

    2015.04.08

    d本:186㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    220円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2015年4月7日更新 国産初の「恋をする機械」、近未来に出来! ある日、僕の前に弥生ちゃんが現れて! どうすんの僕! どうしちゃうのさー! ドキドキSFラブコメディ! ………………………… わりと近未来のある日、株式会社如月製作所が、国産初「恋をする機械」如月弥生を完成させた。ある日、平凡な電子系工業高校生、水口祐介の前に彼女が現れて……?? どこにもなかった、学園アンドロイドラブコメディ!!

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    購入

    『製作所13号機 (1) -The factory thirteenth-』

    田所稲造著

    SF・ホラー・ファンタジー

    -

    2015年4月7日更新
    国産初の「恋をする機械」、近未来に出来! ある日、僕の前に弥生ちゃんが現れて! どうすんの僕! どうしちゃうのさー! ドキドキSFラブコメディ!
    …………………………
    わりと近未来のある日、株式会社如月製作所が、国産初「恋をする機械」如月弥生を完成させた。ある日、平凡な電子系工業高校生、水口祐介の前に彼女が現れて……?? どこにもなかった、学園アンドロイドラブコメディ!!

    データ本:220円

  • 書店仕切り記事

    ジャンルごとに本の並びを区切ったり、本をオススメする文章や画像を書き込めます

     見出、本文、画像のパネルを本の編集と同じように追加、編集、削除することができます。
    http://bccks.jp/
    ↑URLは自動的にリンクに変換されます。

田所 稲造

元「小説大好き!」4代目総支配人(管理人)です。仕事の片手間に、ラノベなど書ければなあと思っています。どうぞよろしくお願いします。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 天を掘る 天文日本書紀編

      スフィンクスは何故作られたか。それは2万6千年もの時間を扱える「歳差暦」を導き出した古代天文学の目的を果たすためだった! 神とはなにか。神話とは、建国神話とはなにか。そのすべても古代天文学に基づいている。そして日本書紀もまたその神話の一つだった! 本書ではコンピューターシミュレーションから導き出された古代天文学をもとに、さまざまな神話の由来を神話伝承を決して趣味興味ロマンのレベルではなく冷静に解き明かす。 また日本書紀の形成過程について粟田真人(あわたまひと)の存在に焦点を合わせて考察し、古事記の形成過程についての大きな問題点を提起する。

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      5,291円
      購入
    • 君のことを忘れない

      君のことを忘れない

      碓井武史著

      碓井武史出版発行

      昔の好きだった人への思い

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 恋愛小説、だいっきらいたみけど愛してる

      暴走族のリーダ、ゆうごはある日、かなえまきに出会う。 一目惚れしたゆうごは、かなえまきに付き合ってくれというが、かなえまきはその条件に暴走族をやめることをいう。 ゆうごは暴走族を解散して、かなえまきと付き合い新しい生活をする それまでの行いと一変して、ゆうごはがむしやらに働く。 ゆうごはかなえまきにプロポーズするために、貯めていた貯金で、指輪をかいアパートに戻るとまきはアパートを出ていった後だった。 彼女は自分の夢を叶えるため、単身、アメリカに渡る。 それから時が過ぎ、ゆうごは喫茶店のマスターになっていた。 ある日、一枚の手紙がゆうごのもとにやって来て。 一枚の手紙からはじまるラブストーリー。

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      購入
    • 「彼女は金切声です。いけませんか?」

       栞鋏 凛声(しおりはさみ りんせい)は、ある事件を切っ掛けに人前で喋ることが出来なく成っておりました。  彼女は、黒板を爪で引っ掻くような耳障りな声で喋るのです。  一緒に暮らす叔母以外に、声を出して話す事が出来る相手はおらず、日常的な意思疎通の方法は筆談でした。  故に、彼女に友達などが出来ようもなく、ましてや恋など無理だと考えておりました。  その奇声の為、彼女が誤って声を発しようものなら、それを耳にした皆に忌み嫌われるのがオチでありました。  けれども、黙ってニコニコ笑ってさえいれば、平穏に暮らせるのだと、彼女は理解しておりました。  彼女は、いつも物静かに黙って微笑むだけで、自ら話し掛ける事など、今後無いのだと考えておりました。  けれども、彼女の問題はもっと深刻でありました。  彼女の声は、鐵すらも斬り裂く……まさに金切声。  その見えない刄は、彼女に悲しみだけを与えました。  あの娘(こ)と出会うまでは…… 「あの娘が金(財力)で私を守ってくれるって云うから…… 私は、声(金切声)であの娘の事を守れたら良いのに……そう思ったよ」  彼女は、残酷な運命を背負いながらも、明治から大正時代を健気に生きる。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入