ラー店長が挑戦するランニング物語

『青春書店』

ラー店長が挑戦するランニング物語

『青春書店』

冊数 1

紙本 0

更新 2016.08.16

ジャンル スポーツ全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングにとりつかれて12年。壮絶な旅ラン物語です。

本州縦断1500km・トランスエゾ1100kmを走りぬき、第3弾は四国遍路を通し打ちで挑戦。
雨と酷暑と膝痛に耐えた壮絶ドキュメント。

  • 笑いあり!涙あり!感動の走り遍路旅!

    「四国遍路激走1227km一人旅」

    右膝半月板断裂のケガを乗り越えて四国遍路へ。
    四国八十八ヶ所霊場1227kmを19日と21時間35分で踏破。

  • 『四国遍路激走1227km 一人旅』

    井上サトシ著

    青春スポーツ発行

    スポーツ全般

    2016.10.04

    d本:132㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    864円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    雨と酷暑とヒザ痛に耐えた壮絶ドキュメント。 四国八十八ヶ所霊場1227kmを19日と21時間35分で踏破。 青春スポーツの「ラー店長」が、四国八十八ヶ所霊場を巡拝しながら走った感動の記録。 同行二人、お大師さまとの旅は通し打ちで阿波からスタート。 4/29に一番札所をスタートして、遥か彼方の88番札所大窪寺を目指した。 あたたかい四国の方のお接待に支えられ、阿波、土佐、伊予、讃岐と巡って行った。 3日間で阿波の札所23ヶ所巡拝。 7日間で土佐の札所16ヶ所巡拝。 6日間で伊予の札所26ヶ所巡拝。 4日間で讃岐の札所23ヶ所巡拝。 半月板水平断裂の状態で挑んだ結果、足摺岬手前で激しい痛みにより中断の危機に。 さらに、度重なる雨により足に大量のマメができ苦しめられた。 酷暑の車道をもくもくと走り、足摺岬から6日後には讃岐まで移動。 讃岐の4日間はスピードアップして巡拝。 最初から最後まで何回も道に迷ったが、地元の方のおかげで本来のへんろ道に復帰できた。 最終日は、遍路が終わる寂しさを感じ涙があふれた。 結願は終わりでなく、次への始まりに感じた。 四国の方に感謝。 応援してくれた仲間に感謝。 支援してくれた取引様に感謝。 挑戦させてくれた家族に感謝。 多くの出会い、一期一会に感謝(合掌)

    データ本
    864円
    購入
    紙の本
    -
    購入

    『四国遍路激走1227km 一人旅』

    井上サトシ著

    青春スポーツ発行

    スポーツ全般

    -

    雨と酷暑とヒザ痛に耐えた壮絶ドキュメント。
    四国八十八ヶ所霊場1227kmを19日と21時間35分で踏破。
    青春スポーツの「ラー店長」が、四国八十八ヶ所霊場を巡拝しながら走った感動の記録。
    同行二人、お大師さまとの旅は通し打ちで阿波からスタート。
    4/29に一番札所をスタートして、遥か彼方の88番札所大窪寺を目指した。
    あたたかい四国の方のお接待に支えられ、阿波、土佐、伊予、讃岐と巡って行った。

    3日間で阿波の札所23ヶ所巡拝。
    7日間で土佐の札所16ヶ所巡拝。
    6日間で伊予の札所26ヶ所巡拝。
    4日間で讃岐の札所23ヶ所巡拝。

    半月板水平断裂の状態で挑んだ結果、足摺岬手前で激しい痛みにより中断の危機に。
    さらに、度重なる雨により足に大量のマメができ苦しめられた。
    酷暑の車道をもくもくと走り、足摺岬から6日後には讃岐まで移動。
    讃岐の4日間はスピードアップして巡拝。
    最初から最後まで何回も道に迷ったが、地元の方のおかげで本来のへんろ道に復帰できた。
    最終日は、遍路が終わる寂しさを感じ涙があふれた。
    結願は終わりでなく、次への始まりに感じた。

    四国の方に感謝。
    応援してくれた仲間に感謝。
    支援してくれた取引様に感謝。
    挑戦させてくれた家族に感謝。
    多くの出会い、一期一会に感謝(合掌)

    データ本:864円

2004年、友達に誘われウルトラマラソン100kmに出走。初挑戦で初完走。その後、佐渡島一周206km・萩往還250km・川の道520km・トランスエゾ1100km・本州縦断1520km・UTMF・信越五岳・ハセツネなどトレランと超ウルトラマラソンのレースに数回出場。海外レースに興味なく国内のジャーニーランにのめり込んでおります。

運営

株式会社JPP

http://www.ao-spo.com

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • さくらんぼの描き方

      さくらんぼの描き方

      角田 敏康著

      本の工房 ぽけっと発行

      とんでもないよ、絵って。 途方もないよ、描くって。 高校卒業を間近に控えた主人公の「僕」に届いた、美大の不合格通知。 希望を失った「僕」は、絵を描く意味さえ見失ってしまう。 恋人の智子を描き続けた果てに、行く先のないまま迎えることになった高校生活の終わり。 受験に失敗した「僕」に智子が提示した罰ゲームは、「私のパンツを履いて卒業式に出ること」だった!! 2人だけの秘密を制服のズボンの下に隠しながら挑んだ卒業式の日に、「僕」が再び手を伸ばそうとしたものは何だったのか。 真面目な振りしてとんでもない! とんでもないけどとっても一途! 絵を描くことと、愛することと、進んで行くことと、それからもっといろんなことと、これからのことを描いた著者第二作目。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      750円
      購入
    • 小さな者たち

      小さな者たち

      角田 敏康著

      本の工房 ぽけっと発行

      紙本のため、短編『朝、凪』を併録し、さらには新しい表紙に生まれ変わりました。 ぜひ、紙本版、お買い求めください! 七歳の時、あさ美は友達のより子を守れなかった。 教室の喧騒にかき消され、届かなかった言葉が、その姿を虫に変えて指先から飛び立っていった。 彼女の成長とともに美しく変化していく虫。飛び立つ姿を、自分の中から美しさが消えていく様子だと感じたあさ美は、次第に口を閉ざし、人と距離を置くようになっていく。 そんな彼女を待ち受けていたのは、高校での辛い日々だった。 伝わらない、伝えられない、伝えたくない。それでも言葉を発した少女に訪れた、小さな者たちからの祝福と、切なさに満ちた自身の飛び立ちの瞬間を描いた、記念すべき著者の電子出版第一作。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      600円
      購入
    • 亜人

      小説。2011年10月脱稿。2013年12月改稿。 読書メーター:http://book.akahoshitakuya.com/b/org4fe61583d8 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 第55回群像新人文学賞一次選考落選 第49回文藝賞一次選考落選 第29回太宰治賞一次選考落選 第45回新潮新人文学賞一次選考落選 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 手持ちのクレジットカードがBCCKSの決済システムに対応していないなどの理由で紙本の購入を控えられている方がいれば、redkyonc*hotmail.comまでご一報ください。振込先の口座をお知らせしますので、入金が確認でき次第、こちらから郵送いたします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,329円
      購入
    • 囀りとつまずき

      小説。2016年10月脱稿。 第53回文藝賞非受賞作品。 読書メーター:http://bookmeter.com/b/org79de95ca3b

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,815円
      購入
    • 夢を継ぐ

      夢が生み出す悲劇とサスペンスの小説! 「約束よ。私の夢を受け継いでちょうだい」  小学六年の時、おじいちゃんが死んだ。父は畑を手に入れ、農業をやると言い出した。私が中学へ進級するのと同時に、父の言いなりのまま、家族は田舎に引っ越す事に。  私には、アイドルになる夢があった。でも、父のせいで潰えてしまいそう。何度か抵抗するも、父の暴力の前に為す術がない。ママは助けてくれない。そんなある日、中国人留学生の劉が、畑の手伝いに来てくれた。私と劉は、少しずつ距離を縮めていく。 (初出:『月刊群雛』2015年03月号・05月号) 表紙イラスト:神谷依緒(『月刊群雛』2015年06月号・09月号表紙イラスト担当)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      908円
      購入
    • Xメン・日本〈竹島八百富短編集〉

      読後にモヤモヤする、なんともいえない後味の短編小説集! 『Xメン』  寒風吹き荒れる二月上旬。サラリーマンの聖地新橋に全国各地から集まった五人のおじさん。彼らはネット上で知り合った自称『超能力者』ならぬ『超能力っぽい力がある人』。主催者ウルヴァリンの呼びかけのもと、オフ会で初めて顔を合わせる五人。  居酒屋を舞台に互いの超能力のお披露目会。  そして、『超能力っぽい力がある人』同士の悲哀を語り合い結束を固めていくおじさんたち。  果たして、おじさんたちに未来はあるのか! いや、あるのか? (初出:『月刊群雛』2015年04月号) 『日本』  紅葉が映える山間の風景を画用紙に描く葉山卓は、自分の技術が一向に上手にならないことに不安を感じるが、ナースの鈴木裕子からの励ましで描き続ける。しかし、結局はそれを活かすことなく、ある単調な作業場で働くことになる。そこで生活は保障されるのだが……。 (初出:『月刊群雛』2015年01月号) 表紙イラスト:しんいち(『月刊群雛』2014年07月号表紙イラスト担当)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      908円
      購入
    • ふうら春秋

      ふうら春秋

      泉井小太郎著

      六角文庫発行

      春夏秋冬、風と光の中のふうら(風羅漢)陶像写真集です。 ふうらは、さまざまな土、窯から生まれた旅する羅漢たち。 『ふうら春秋』は31枚のカード(裏面は白紙)を束ねてありますが、一枚一枚剥がして絵葉書として使うこともできます。 最後の一枚のみ2016年生誕300年になる蕪村の像です。<たんぽゝ花咲り三々五々五々は黄に 三々は白し…>と「春風馬堤曲」にあるような情景。記念に収めました。

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      1,728円
      購入
    • サックスマン

      ぽとぽとぽと、と きのうから来て、あしたへゆくような、 あしたから来て、きのうへゆくような、 そんな姿と音楽の、無口なサックスマン。 旅をして、サックスを吹いて、花を咲かせて… 花屋なのか、手品師なのか、道楽者なのか、 簡素で美しい文章と線画による、ポエトリー・ロマン。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      1,188円
      購入