ラー店長が挑戦するランニング物語

『青春書店』

ラー店長が挑戦するランニング物語

『青春書店』

冊数 1

紙本 0

更新 2016.08.16

ジャンル スポーツ全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングにとりつかれて12年。壮絶な旅ラン物語です。

本州縦断1500km・トランスエゾ1100kmを走りぬき、第3弾は四国遍路を通し打ちで挑戦。
雨と酷暑と膝痛に耐えた壮絶ドキュメント。

  • 笑いあり!涙あり!感動の走り遍路旅!

    「四国遍路激走1227km一人旅」

    右膝半月板断裂のケガを乗り越えて四国遍路へ。
    四国八十八ヶ所霊場1227kmを19日と21時間35分で踏破。

  • 『四国遍路激走1227km 一人旅』

    井上サトシ著

    青春スポーツ発行

    スポーツ全般

    2016.10.04

    d本:132㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    864円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    雨と酷暑とヒザ痛に耐えた壮絶ドキュメント。 四国八十八ヶ所霊場1227kmを19日と21時間35分で踏破。 青春スポーツの「ラー店長」が、四国八十八ヶ所霊場を巡拝しながら走った感動の記録。 同行二人、お大師さまとの旅は通し打ちで阿波からスタート。 4/29に一番札所をスタートして、遥か彼方の88番札所大窪寺を目指した。 あたたかい四国の方のお接待に支えられ、阿波、土佐、伊予、讃岐と巡って行った。 3日間で阿波の札所23ヶ所巡拝。 7日間で土佐の札所16ヶ所巡拝。 6日間で伊予の札所26ヶ所巡拝。 4日間で讃岐の札所23ヶ所巡拝。 半月板水平断裂の状態で挑んだ結果、足摺岬手前で激しい痛みにより中断の危機に。 さらに、度重なる雨により足に大量のマメができ苦しめられた。 酷暑の車道をもくもくと走り、足摺岬から6日後には讃岐まで移動。 讃岐の4日間はスピードアップして巡拝。 最初から最後まで何回も道に迷ったが、地元の方のおかげで本来のへんろ道に復帰できた。 最終日は、遍路が終わる寂しさを感じ涙があふれた。 結願は終わりでなく、次への始まりに感じた。 四国の方に感謝。 応援してくれた仲間に感謝。 支援してくれた取引様に感謝。 挑戦させてくれた家族に感謝。 多くの出会い、一期一会に感謝(合掌)

    データ本
    864円
    購入
    紙の本
    購入

    『四国遍路激走1227km 一人旅』

    井上サトシ著

    青春スポーツ発行

    スポーツ全般

    -

    雨と酷暑とヒザ痛に耐えた壮絶ドキュメント。
    四国八十八ヶ所霊場1227kmを19日と21時間35分で踏破。
    青春スポーツの「ラー店長」が、四国八十八ヶ所霊場を巡拝しながら走った感動の記録。
    同行二人、お大師さまとの旅は通し打ちで阿波からスタート。
    4/29に一番札所をスタートして、遥か彼方の88番札所大窪寺を目指した。
    あたたかい四国の方のお接待に支えられ、阿波、土佐、伊予、讃岐と巡って行った。

    3日間で阿波の札所23ヶ所巡拝。
    7日間で土佐の札所16ヶ所巡拝。
    6日間で伊予の札所26ヶ所巡拝。
    4日間で讃岐の札所23ヶ所巡拝。

    半月板水平断裂の状態で挑んだ結果、足摺岬手前で激しい痛みにより中断の危機に。
    さらに、度重なる雨により足に大量のマメができ苦しめられた。
    酷暑の車道をもくもくと走り、足摺岬から6日後には讃岐まで移動。
    讃岐の4日間はスピードアップして巡拝。
    最初から最後まで何回も道に迷ったが、地元の方のおかげで本来のへんろ道に復帰できた。
    最終日は、遍路が終わる寂しさを感じ涙があふれた。
    結願は終わりでなく、次への始まりに感じた。

    四国の方に感謝。
    応援してくれた仲間に感謝。
    支援してくれた取引様に感謝。
    挑戦させてくれた家族に感謝。
    多くの出会い、一期一会に感謝(合掌)

    データ本:864円

2004年、友達に誘われウルトラマラソン100kmに出走。初挑戦で初完走。その後、佐渡島一周206km・萩往還250km・川の道520km・トランスエゾ1100km・本州縦断1520km・UTMF・信越五岳・ハセツネなどトレランと超ウルトラマラソンのレースに数回出場。海外レースに興味なく国内のジャーニーランにのめり込んでおります。

運営

株式会社JPP

http://www.ao-spo.com

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 菜の花の咲くころ

      菜の花の咲くころ

      hana*著

      hana00015出版発行

      日々、元気いっぱいに頑張るシングルマザーの主人公がパニック障害で、どん底な人生へと一転。後、薬に頼らずにほぼ自力で回復させた10年に渡る闘病記。今、同じように苦しんでおられる方に、少しでも肩の力を抜いてもらえる事が出来たらと思います。

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      616円
      購入
    • 編集者ライターへの道

      2016年7月9日発行 --- 2016年6月26日更新 紙本最終verとして発行 ………………………… 2016年6月26日更新 表紙を流し込み ………………………… 2016年6月25日更新 校正内容を反映 ………………………… 2016年6月24日更新 紙本版校正用データ作成 ………………………… 2016年6月20日更新 パスワード公開ver1 ………………………… 米光講座先輩インタビュー回(仮)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 編集者ライターへの道2014

      2015年3月20日更新 平原:全体公開に変更しました。 ………………………… 2014年4月27日更新 修正 ………………………… 2014年4月27日更新 修正 ………………………… 2014年4月11日更新 平野:PW付き限定公開に変更しました。 ………………………… 米光講座シーズン5の講座生が、プロの編集者・ライターにインタビュー。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • かーそる 2017年7月号

      ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の第二号です。 目次 ■特集:書く道具と書く動機 前半 ・ポメラを九年使って、僕が考えたこと(Hibiki Kurosawa) ・たくらみの暖炉(いっき) ・心地よく書くために。書きだす前にできるちょっとした工夫。(ruu_embo) ・「書く」の向こうに待つもの(choiyaki) ・文章スケッチを楽しむ(Go Fujita) ・文章を効率的に書く方法(倉下忠憲) ・黒歴史は動機だったのか道具だったのか(Tak.) ■インタビュー:シェイクとスイングの向こう側へ ■特集:書く道具と書く動機 後半 ・書く。整える、共感。(ruu_embo) ・微小パルスの水路(いっき) ・道具にひきだされる「こだわり」の味わい(choiyaki) ・道具としての雑多、動機としての雑多(Tak.) ・シンプルは武器になる(Go) ・テレビのようなメカニズム(Hibiki Kurosawa) ■執筆の現象学(倉下) ■ひびきあい ・境界のない議論 はじめに(Go)] ・「かーそる」読書日記⑦ Go Fujitaさんの章 子どもの知的生産の技能を,学校,家庭,地域社会で育てる(Lyustyle) ・忘れてしまうぼくたちが忘れないために(Go) ・境界のない議論 さぁしごとしよう(Go) ■コラム ・アルテさんのブックガイド 『思考のエンジン』(倉下) ・「万年筆インク紙」片岡義男 (ruu) ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go) ■巻末のあれこれ ・≪刺激剤としての読書案内≫ ・≪執筆者一覧≫ ・≪Editor's sound≫

      データ本
      800円
      購入
      紙の本
      1,728円
      購入
    • かーそる 2016年11月号

      2017年1月13日更新 2017.01.13 誤字修正 ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の創刊号です。 目次 ■特集1:脱知的生産の技術 ・知的よ、サラバ(倉下忠憲) ・知的はライフの中にある(Tak.) ・「技術」から「技道」へ(ruu_embo) ・技術ということ、生産ということ(いっき) ・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki) ・人間の条件?(Go Fujita) ・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa) ・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw) ■特集2:私と知的生産の技術 ・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita) ・知的生産の原風景(Tak.) ・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa) ・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo) ・書いてから、書く。(choiyaki) ・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲) ・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき) ■コラム ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita) ・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲) ■巻末のあれこれ ≪刺激剤としての読書案内≫ ≪執筆者一覧≫ ≪Editor's sound≫

      データ本
      800円
      購入
      紙の本
      1,728円
      購入