そこいらのSFより未知の領域だよ!

星界ウィザード書房

そこいらのSFより未知の領域だよ!

星界ウィザード書房

冊数 2

紙本 0

更新 2018.01.31

ジャンル 健康・医療・介護1 エッセイ1

このエントリーをはてなブックマークに追加

謎の怪人が本屋を開いてしまった!

他の作家さんとは一味も二味も違った作品を手がけていきたい。どんなに駄作呼ばわりされようとも、まず自分自身がファンであり続けること。
孤独を極めたような、ある種の達人感性と皆々様の社会問題を作品の中に無理なく落とし込む。それでいて何気に面白い作品、そう感じてもらえるように。この志で、本に限らず様々な形にして育てていきたい。

  • 『「歯医者さんがこわい」その恐怖の本質』

    紅日扇休著

    ぼっちエンタープライズ発行

    健康・医療・介護

    2018.01.10

    d本:6㌻ A5変形版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    歯を削るドリルはただの道具である。 それを扱う人間にこそ責任があり、危険な人物がいるとすれば、彼らを養育する土壌が存在する。 本書は皆さんの案内係です。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    -
    購入

    『「歯医者さんがこわい」その恐怖の本質』

    紅日扇休著

    ぼっちエンタープライズ発行

    健康・医療・介護

    -

    歯を削るドリルはただの道具である。
    それを扱う人間にこそ責任があり、危険な人物がいるとすれば、彼らを養育する土壌が存在する。
    本書は皆さんの案内係です。

    データ本:無料

  • 『自由人生珈琲党の政局 序  みんなを信じて当選するよ!』

    紅日扇休著

    ぼっちエンタープライズ発行

    エッセイ

    2018.01.10

    d本:28㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    7,144円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2018年1月10日更新 大人の事情で大幅値上げ! ………………………… 落第貧乏茶人の、紅日扇休によるぅ、口下手のためのぉぉぉ! 熱いけどまろやかな味わいのする日常系政治秘話です。 僕が書いた物は僕の物、秘書が書いた物も僕の物。 半人とか出てくるので、フィクションと思われてしまうのは致し方ないですね。 ◎意外にまじめ  「二番ではなく一番になる」こととは? その真髄を分かり易く掘り下げて表現。  至極真っ当な「美しい国」の在り方についても言及。 ◎大人から子どもまで  読み方の難しい漢字はほとんど使わず、易しい文章に努めました。  基本的に、登場人物は男二人と少女一人だけ。話し合いが進んでいきます。  名前を憶えるのも楽です。 ◎風刺はごく自然に  各方面の方々が、扇休の自爆に巻き込まれていくのでしょう。忘れ去られそうな事を蒸し返しちゃったらごめんね。まろやか無罪! ◎物理的描写は少ない  読者様のご想像にお任せ。  美容がどうとか、調度品がどうとか、今どんな風が吹いたとか、オシャレ系の内容ではありません。  でも、慣れていない人には物足りないのかな? ◎細かく行間を取る  段落は二行開けます。  連続した「」は同じ人物の発言になります。  別の人に切り替わる時は、間を取っているか地の文を挟んでいます。

    データ本
    7,144円
    購入
    紙の本
    -
    購入

    『自由人生珈琲党の政局 序  みんなを信じて当選するよ!』

    紅日扇休著

    ぼっちエンタープライズ発行

    エッセイ

    -

    2018年1月10日更新
    大人の事情で大幅値上げ!
    …………………………
    落第貧乏茶人の、紅日扇休によるぅ、口下手のためのぉぉぉ!
    熱いけどまろやかな味わいのする日常系政治秘話です。
    僕が書いた物は僕の物、秘書が書いた物も僕の物。
    半人とか出てくるので、フィクションと思われてしまうのは致し方ないですね。


    ◎意外にまじめ
     「二番ではなく一番になる」こととは? その真髄を分かり易く掘り下げて表現。
     至極真っ当な「美しい国」の在り方についても言及。

    ◎大人から子どもまで
     読み方の難しい漢字はほとんど使わず、易しい文章に努めました。
     基本的に、登場人物は男二人と少女一人だけ。話し合いが進んでいきます。
     名前を憶えるのも楽です。

    ◎風刺はごく自然に
     各方面の方々が、扇休の自爆に巻き込まれていくのでしょう。忘れ去られそうな事を蒸し返しちゃったらごめんね。まろやか無罪!

    ◎物理的描写は少ない
     読者様のご想像にお任せ。
     美容がどうとか、調度品がどうとか、今どんな風が吹いたとか、オシャレ系の内容ではありません。
     でも、慣れていない人には物足りないのかな?

    ◎細かく行間を取る
     段落は二行開けます。
     連続した「」は同じ人物の発言になります。
     別の人に切り替わる時は、間を取っているか地の文を挟んでいます。

    データ本:7,144円

紅日扇休

茶の道において一周二周どころではなく、大きく出遅れてしまった感のある、正に落第貧乏茶人。 諦めきれず、練乳たっぷりのノンカフェイン・コーヒーを嗜む。  

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 社長のススメ

      社長のススメ

      福富成幸著

      jugaad出版発行

      この時代を乗り切って豊かな人生を送るためには「社長になること」が最も近道であるという持論を持つ筆者が、 「どうして社長になるのが良いのか?」 「社長になったらどれぐらいお金持ちになれるのか?」 「社長になるのは簡単なのか?」 「社員とは何が違くなるのか?」 などの素朴な疑問について、自らの12社に及ぶ社長歴にもとづき、その裏話を交えながら本音で説明。 これまでの社長を題材とした他の書籍とは一線を画した、まったく新しい視点から、社長になるうえでの心構えや、実際に社長になるための方法までのアドバイスをしています。 これ一冊を読めば誰もが、今すぐ、社長になりたくなること間違い無し。

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 電子出版のススメ

      誰でも簡単に本が出版できる電子出版ですが、現実的にはそんなに簡単ではなく途中で挫折したりするケースが少なくありません。 はじめて電子書籍の販売に挑んだ筆者が、自らが突き当たった障害や問題点を中心に、初心者の誰もが確実に自分の本を販売できるために書き下ろした、短いながらもポイントを絞った価値のある一冊です。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • かーそる 2016年11月号

      2017年1月13日更新 2017.01.13 誤字修正 ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の創刊号です。 目次 ■特集1:脱知的生産の技術 ・知的よ、サラバ(倉下忠憲) ・知的はライフの中にある(Tak.) ・「技術」から「技道」へ(ruu_embo) ・技術ということ、生産ということ(いっき) ・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki) ・人間の条件?(Go Fujita) ・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa) ・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw) ■特集2:私と知的生産の技術 ・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita) ・知的生産の原風景(Tak.) ・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa) ・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo) ・書いてから、書く。(choiyaki) ・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲) ・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき) ■コラム ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita) ・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲) ■巻末のあれこれ ≪刺激剤としての読書案内≫ ≪執筆者一覧≫ ≪Editor's sound≫

      データ本
      800円
      購入
      紙の本
      1,728円
      購入
    • インディーズ作家の生きる道

       Do It Yourself.  言うは易く行うは難し。自分で「やる」道も「やらない」道もある。  誰もが「publisher」になれる時代とはいえ、出版へ至る企画・執筆・編集・校正・制作・流通・宣伝などのプロセスすべてを「自分でやる」ハードルはそれなりに高い。時間は誰にとっても平等で、限りのある資源だ。  既存の商業流通を離れたところにどんな道があるのか、なぜその道を選ぶのか。ともに「書く」ことを仕事としながら、いまは「やらない」道を選んだまつもとあつし氏と、「やる」道を選んだ倉下忠憲氏。進む方角は違えど、それぞれの信じた道だ。二人の語る言葉は、きっと道しるべとなる! ●まつもとあつし 『僕がセルフパブリッシングできてない理由』 (初出:『月刊群雛』2014年05月号) ●倉下忠憲『星空とカレイドスコープ ~セルフパブリッシング作家の多様な存在可能性~』 (初出:『月刊群雛』2014年07月号) 伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      908円
      購入