わしょっぷ

和処布

わしょっぷ

和処布

冊数 4

紙本 3

更新 2022.02.04

ジャンル 自然・環境1 ホビー1 ファッション・コスメ1 暮らし全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『2022-1 花の名X』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    自然・環境

    2022.06.30

    d本:180㌻ A5変形版

    -

    レビュー 1

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2022-1 花の名X

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    富士山を観るのが好きで 見たくって、高いところについ登ってしまい 山登りのつもりはまるでなく 観山と称しております。 花が好き 特に野の花が好き 雑草とひとくくりにされている花が好き ちゃんとある名前を知りたい 山に行くと足元に かわいい名前を知らない花々が咲いている 後で調べようと名前を調べるために 写真を撮る その写真が去年からたまってきたので まとめてみよう ということで生まれた本です。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『2022-1 花の名X』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    自然・環境

    -

    富士山を観るのが好きで
    見たくって、高いところについ登ってしまい
    山登りのつもりはまるでなく
    観山と称しております。

    花が好き
    特に野の花が好き
    雑草とひとくくりにされている花が好き
    ちゃんとある名前を知りたい
    山に行くと足元に
    かわいい名前を知らない花々が咲いている
    後で調べようと名前を調べるために
    写真を撮る
    その写真が去年からたまってきたので
    まとめてみよう

    ということで生まれた本です。

    データ本:無料

  • 『ばあばのかんたん子供服』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    ホビー

    2021.07.01

    d本:68㌻ A5変形版

    紙本:96㌻ A5変形版 カラー

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    330円

    紙本

    2,453円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2021年7月1日更新 非公開になっていました。修正。 ………………………… 製図なしで、Tシャツと生地だけで、創る子供服のつくり方です。 6歳の女の子 Tシャツサイズは110 いつもは着物地を使って婦人服をつくっているのですが、 コロナ疎開でやってきた孫のお洋服を手元にある着物地で作ってみました。 ばあばとしては、生活だけでもクタクタでしたが 楽しい思い出がたくさんできました。

    データ本
    330円
    購入
    紙の本
    2,453円
    購入

    『ばあばのかんたん子供服』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    ホビー

    -

    2021年7月1日更新
    非公開になっていました。修正。
    …………………………
    製図なしで、Tシャツと生地だけで、創る子供服のつくり方です。
    6歳の女の子
    Tシャツサイズは110

    いつもは着物地を使って婦人服をつくっているのですが、
    コロナ疎開でやってきた孫のお洋服を手元にある着物地で作ってみました。
    ばあばとしては、生活だけでもクタクタでしたが
    楽しい思い出がたくさんできました。

    データ本:330円

    紙本:2,453円

  • 『ハオルンのつくりかた』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    ファッション・コスメ

    2019.11.15

    d本:50㌻ A5変形版

    紙本:48㌻ A5変形版 カラー

    -

    販売数 9

    レビュー 0

    データ本

    440円

    紙本

    1,815円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2019年4月22日更新 図の色の調整。 ………………………… 2019年4月5日更新 ページ割 ………………………… ハオルンとは 既成のストールを、ちょっと縫い止めただけで、着られるようにしたものです。 手で、縫ってもよいですし、もちろんミシンで縫ってもO.K. ちょっと、その時だけという時には、ブローチや安全ピンで留めるだけでも、いい感じですよ。 そんな風に、既成のストールに手を加えたものに ハオルンと名前をつけてしまいました。 着物生地を扱っていると、33cmくらいの巾で、いろいろ考えていくので、ちょうど、ストールを扱っているよう。エスニック屋さんが好きで、ストールを、つい買ってしまう。 そんな、ストールを、ちょいと、はおってみたら、そして、都合のいいところを留めてみたらば、 あらあらナント! とても簡単なチクチクでストールが着られてしまうので、是非、その縫い方をお教えしたいと思い、この本が出来上がりました。

    データ本
    440円
    購入
    紙の本
    1,815円
    購入

    『ハオルンのつくりかた』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    ファッション・コスメ

    -

    2019年4月22日更新
    図の色の調整。

    …………………………
    2019年4月5日更新
    ページ割
    …………………………
    ハオルンとは

    既成のストールを、ちょっと縫い止めただけで、着られるようにしたものです。
    手で、縫ってもよいですし、もちろんミシンで縫ってもO.K.
    ちょっと、その時だけという時には、ブローチや安全ピンで留めるだけでも、いい感じですよ。
    そんな風に、既成のストールに手を加えたものに ハオルンと名前をつけてしまいました。

    着物生地を扱っていると、33cmくらいの巾で、いろいろ考えていくので、ちょうど、ストールを扱っているよう。エスニック屋さんが好きで、ストールを、つい買ってしまう。
    そんな、ストールを、ちょいと、はおってみたら、そして、都合のいいところを留めてみたらば、
    あらあらナント!

    とても簡単なチクチクでストールが着られてしまうので、是非、その縫い方をお教えしたいと思い、この本が出来上がりました。

    データ本:440円

    紙本:1,815円

  • 『そらでん生活』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    暮らし全般

    2018.11.12

    d本:88㌻ A5変形版

    紙本:96㌻ A5変形版 モノクロ

    -

    販売数 2

    レビュー 0

    データ本

    330円

    紙本

    1,320円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    そらでん生活

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    そらでん生活って何?ですよね。 もちろん私の造語です 「そら」に、sola:太陽光発電、空、自然、 風、心地よさ、楽しい、ゆったり、を感じて、「でん」に、電気のこと、電化製品、と考えると、私たちの生活ほぼ全て、電気と関わっている、抜きでは暮らせないということを、2011大震災で思い知らされた。その電気って何?生活って何?なんてことを包括しての命名です。 誰もが感じた不安、疑問。 そこから、まずは電気の事を自分でなんとかできないのか。 太陽光パネルを備え、どんなものにどんなふうに使えるのか。 知らないことへの挑戦の日々の記録をまとめてみました。

    データ本
    330円
    購入
    紙の本
    1,320円
    購入

    『そらでん生活』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    暮らし全般

    -

    そらでん生活って何?ですよね。
    もちろん私の造語です
    「そら」に、sola:太陽光発電、空、自然、 風、心地よさ、楽しい、ゆったり、を感じて、「でん」に、電気のこと、電化製品、と考えると、私たちの生活ほぼ全て、電気と関わっている、抜きでは暮らせないということを、2011大震災で思い知らされた。その電気って何?生活って何?なんてことを包括しての命名です。


    誰もが感じた不安、疑問。
    そこから、まずは電気の事を自分でなんとかできないのか。

    太陽光パネルを備え、どんなものにどんなふうに使えるのか。
    知らないことへの挑戦の日々の記録をまとめてみました。

    データ本:330円

    紙本:1,320円

吉村佳子

着物の生地で洋服を作っています。

書店一覧
book store

その他の書店

    • カンボジアの水は澄んでいる

      【人生を前向きに生きていくためのヒントを探す滞在記】 《 カンボジアの価値観を見れば自分の価値観が見えてくる⁈ 》 ========== バーテンダーとして働いていた俺は伸び悩んでいた 「価値」とはなんかのか たくさんの人を幸せに出来るスーパー接客マスターになるためには何が必要なのか? そのヒントを得るための第一歩として、縁もゆかりもない異国の地 カンボジア シェムリアップへとやってきた カンボジアの歴史や文化、人々と触れ合い、そこにある価値観や様々な問題と向き合う中で日々成長していく自分 旅を終えた時、その先に見えた価値観とは⁈ ========== この作品は21つのエピソードと共にシェムリアップの情報や写真なども盛り込んだシェムリアップ旅エッセイです

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      840円
      購入
    • yoron color ~与論島旅写真集~

      鹿児島最南端の島「与論島」 この島には、素朴で温もりのある輝く風景が広がっています この作品はヨロンブルーをはじめ、ビーチや自然などの風景を 独自の視点で切り取った与論島旅写真集です。 「探し求めた色がある。」 キラキラしたヨロン色をぜひ ※この作品の売り上げの一部はヨロン島サンゴ礁基金に寄付させて頂きます

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      1,199円
      購入
    • 日は昇り、日は沈む

      日は昇り、日は沈む

      Cairns著

      DEAD SCENE出版発行

      ひとまわり上のあの人がひとまわり上のセンセイの愛人で、ひとまわり下の俺にはいつまでたっても気付いてくれない。あの人に気づいてほしいから俺は地位も名誉も手に入れたのに。あの人はきれいな瞳を汚すことなく俺を飼い殺す。

      データ本
      7,590円
      購入
      紙の本
      購入
    • 観音小説

      観音小説

      未衣子著

      さいたま養豚場発行

       うさぎの楽園、世界一の観音、しがない会社員のわたしと、《女王》と呼ばれる女。  この《白兎大観音》、日本各地に存在する巨大観音像たちに比べればまだ随分と歴史は浅いけれども、それでもすでに十年以上は、ここ埼玉県坂戸市の、大きな護り役として生き永らえている。かつては日本一の高さを誇る立像であった牛久大仏の背を抜いてさらに世界一の座に躍り出、あるいは、世界一美しいと称賛された小豆島大観音に勝るとも劣らぬ柔和な造形の、夢のような観音像。金色の身体をもつ加賀大観音をも圧倒するほど奇抜なそのご尊顔は、頭頂にすっと伸びるふたつの細長い耳、伏しがちな黒目に、なだらかで控えめな鼻、笑みをたたえる小動物の口許をした、世にも珍しい《うさぎ様》なのであった。これこそが、新しい埼玉県のシンボルとなってまだ間もない、《白兎大観音》である。  巨大観音像といえば、やけに景気の良かった時代の実業家たちによって、日本各地へ私的に建立されたものが多く知られているが、近年はその後の不景気な時代の風潮もあってか、新たな像の誕生は長らく無かったのだった。今や、当時に散々流行したような豪奢で浮かれたテーマパークたちもおおよそ閉鎖し、あるいはほとんど寂れてしまって、どこもかしこも始終、現実的な空気が充満している。こんな時代に今更、巨大観音像なんて。一体、誰が何のために!

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      880円
      購入
    • 右耳がずっと聞こえない

      右耳がずっと聞こえない

      未衣子著

      さいたま養豚場発行

      あなたのお涙、頂戴しません! “わたしは物心ついたときから片耳難聴で、子どもの頃からずっと右耳が聞こえない状態にある。どれくらい聞こえないのか。今、静かなところにいる方は、親指と人差し指をくっつけて、耳元へ近づけてから、二つの指をすり合わせてみてほしい。意外にも大きな音がするはずだ。わたしの右耳には、その音がまったく聞こえない”――実は右耳が聞こえないのをずっと隠して生きてきた著者が、日常生活に差支えない程度の身体的欠損について、笑いあり涙なしでお届けします。 ■~はじめに~右耳がずっと聞こえない ■一生右耳が聞こえないと悟ったときの衝撃 ■治らなくてもいい、治さなくてもいい、治らないんだけど ■「聞こえません」が言えない ■超健康なのに《要再検査》になる健康診断はクソ ■もう《聞こえないわたし》を幽閉しない ■片耳難聴がイヤフォンで音楽を聴くとどうなる? ■世界で一番わたしの片耳難聴を心配する人物について ■実はかなり聞こえてなかったっぽい ■カミングアウトは誰のためでもない ■耳鳴りは幽霊の仕業 ■森永の珈琲牛乳プリン ■「聞こえる」と「聞こえない」のはざまで~おわりに~

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      660円
      購入
    • 木を伐る

      『私は自分がなにを考え、それをどうこの人に伝えようとしているか不安になった。雨は窓にあたった。私は川を思った。記憶にある川の光景を思い浮かべていた』 突然、義母と暮らすことになった《私》 義母は自分の部屋の窓を覆う大きな木のことで、毎日夫に文句を言ってくる。 《私》は極力それに関わらないようにしているのだが―― 林檎、川の奔流、雨、風、大きな木 幾つかのイメージが重なっていき、 最後に、それが切って落とされるような感じに書いてみました。 ある意味では、怖い話かもしれません。 あるいは、《怖いこと》というのは 主に家庭内で醸成されるものだというのを 示しているものだと思います。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 街に散らばる記号

      街に散らばる記号を集めた写真集です。 なんの思想性もなく、ただ単に街にある数字や文字を写しただけなので、なにも考えずにパラパラと捲っていって下さい。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入