わしょっぷ

和処布

わしょっぷ

和処布

冊数 2

紙本 2

更新 2019.04.06

ジャンル ファッション・コスメ1 暮らし全般1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『ハオルンのつくりかた』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    ファッション・コスメ

    2019.04.22

    d本:50㌻ A5変形版

    紙本:48㌻ A5変形版 カラー

    -

    販売数 9

    レビュー 0

    データ本

    432円

    紙本

    1,782円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2019年4月22日更新 図の色の調整。 ………………………… 2019年4月5日更新 ページ割 ………………………… ハオルンとは 既成のストールを、ちょっと縫い止めただけで、着られるようにしたものです。 手で、縫ってもよいですし、もちろんミシンで縫ってもO.K. ちょっと、その時だけという時には、ブローチや安全ピンで留めるだけでも、いい感じですよ。 そんな風に、既成のストールに手を加えたものに ハオルンと名前をつけてしまいました。 着物生地を扱っていると、33cmくらいの巾で、いろいろ考えていくので、ちょうど、ストールを扱っているよう。エスニック屋さんが好きで、ストールを、つい買ってしまう。 そんな、ストールを、ちょいと、はおってみたら、そして、都合のいいところを留めてみたらば、 あらあらナント! とても簡単なチクチクでストールが着られてしまうので、是非、その縫い方をお教えしたいと思い、この本が出来上がりました。

    データ本
    432円
    購入
    紙の本
    1,782円
    購入

    『ハオルンのつくりかた』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    ファッション・コスメ

    -

    2019年4月22日更新
    図の色の調整。

    …………………………
    2019年4月5日更新
    ページ割
    …………………………
    ハオルンとは

    既成のストールを、ちょっと縫い止めただけで、着られるようにしたものです。
    手で、縫ってもよいですし、もちろんミシンで縫ってもO.K.
    ちょっと、その時だけという時には、ブローチや安全ピンで留めるだけでも、いい感じですよ。
    そんな風に、既成のストールに手を加えたものに ハオルンと名前をつけてしまいました。

    着物生地を扱っていると、33cmくらいの巾で、いろいろ考えていくので、ちょうど、ストールを扱っているよう。エスニック屋さんが好きで、ストールを、つい買ってしまう。
    そんな、ストールを、ちょいと、はおってみたら、そして、都合のいいところを留めてみたらば、
    あらあらナント!

    とても簡単なチクチクでストールが着られてしまうので、是非、その縫い方をお教えしたいと思い、この本が出来上がりました。

    データ本:432円

    紙本:1,782円

  • 『そらでん生活』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    暮らし全般

    2018.11.12

    d本:88㌻ A5変形版

    紙本:96㌻ A5変形版 モノクロ

    -

    販売数 2

    レビュー 0

    データ本

    324円

    紙本

    1,296円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    そらでん生活

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    そらでん生活って何?ですよね。 もちろん私の造語です 「そら」に、sola:太陽光発電、空、自然、 風、心地よさ、楽しい、ゆったり、を感じて、「でん」に、電気のこと、電化製品、と考えると、私たちの生活ほぼ全て、電気と関わっている、抜きでは暮らせないということを、2011大震災で思い知らされた。その電気って何?生活って何?なんてことを包括しての命名です。 誰もが感じた不安、疑問。 そこから、まずは電気の事を自分でなんとかできないのか。 太陽光パネルを備え、どんなものにどんなふうに使えるのか。 知らないことへの挑戦の日々の記録をまとめてみました。

    データ本
    324円
    購入
    紙の本
    1,296円
    購入

    『そらでん生活』

    吉村佳子著

    和処布出版発行

    暮らし全般

    -

    そらでん生活って何?ですよね。
    もちろん私の造語です
    「そら」に、sola:太陽光発電、空、自然、 風、心地よさ、楽しい、ゆったり、を感じて、「でん」に、電気のこと、電化製品、と考えると、私たちの生活ほぼ全て、電気と関わっている、抜きでは暮らせないということを、2011大震災で思い知らされた。その電気って何?生活って何?なんてことを包括しての命名です。


    誰もが感じた不安、疑問。
    そこから、まずは電気の事を自分でなんとかできないのか。

    太陽光パネルを備え、どんなものにどんなふうに使えるのか。
    知らないことへの挑戦の日々の記録をまとめてみました。

    データ本:324円

    紙本:1,296円

吉村佳子

着物の生地で洋服を作っています。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 読心術の達人

      読心術の達人

      島田梟著

      NPO法人日本独立作家同盟発行

      ── 角砂糖は左手で入れなさい  彼は読心術の達人。人の心が手に取るようにわかる。今日も教え子がひとり、相談にやってきた。達人はその該博な知識を駆使して、青春の苦悶に全力で応える。 (※『月刊群雛』2016年08月号掲載作品のサンプルおよび作品情報&著者情報を収録しています)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • いじめられっ子の恩讐

      いじめられっ子の恩讐

      原田修明著

      NPO法人日本独立作家同盟発行

      ── 大人になって、いじめっ子と再び出会った。  僕の趣味は、趣味と言うには深刻すぎると自分でも思うが、復讐計画を作ることである。  相手は、山岸涼。十年前、中学生のころ、僕の人格をズタズタにした男だ。  いまだに当時の屈辱を思い出し、夜中に飛び起きることがある。そんなときはパソコンに向かい、山岸の殺害計画を作る。  絞殺。  撲殺。  扼殺。  焼殺。  計画のテキストファイルは、百五十を越えた。  実行したことは、ない。  僕にできることは悶々と怨念をキーボードに叩きつけることばかりだった。計画は何の意味もない。それは判っていた。  虚しい計画を徹夜で作った朝、往復はがきが届いていた。同窓会の案内だった。  幹事は、山岸涼。  はがきを破り捨てようと思った。  しかし、十年も山岸の記憶に縛られ続けていながら、僕にはチンケなプライドがあった。  山岸ごときに人生を左右されたくない。  僕は、同窓会に出ることに決めた。  忌まわしい記憶に、僕は勝てるのか。 (※『月刊群雛』2016年08月号掲載作品のサンプルおよび作品情報&著者情報を収録しています)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • ふたり。

      ふたり。

      chickii著

      千画本舗発行

      少女ふたりの、ほのかな恋模様を中心に描かれる、様々な「ふたり」の関係。 大空純は、勉強が苦手な少女。高校の芸術コースに進学したが、打ち込めるものがなく「何か違う」と感じていた。ある日、部員数の少ない写真部に誘われ、ある少女の存在を思い出す。写真で賞をとったという、不登校のクラスメイト、澤井薫子。純からの突然のコンタクトを受けた薫子は戸惑うが、次第にある感情が芽生えていき…。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,120円
      購入