みやけゆうこの本屋さん

そうゆーこと!?出版

みやけゆうこの本屋さん

そうゆーこと!?出版

冊数 1

紙本 0

更新 2013.03.03

このエントリーをはてなブックマークに追加

いろんな作品を発表したい!

初めて絵本を夫婦で描きました。
これをきっかけにこれからも絵本を描いていきたいと思っています。
私のブログでやっている【かるた弁当】【4コマ漫画】【イラスト】なども
まとめてここで本として発表したいです!

そうゆ~ことでよろしくお願いします。

  • 『アリアのカプセル』

    みやけゆうこ著

    そうゆーこと出版発行

    2013.04.14

    d本:11㌻ 大判版

    -

    レビュー 2

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    アリアのカプセル

    みやけゆうこ著

    そうゆーこと出版発行

    絵本が大好きな娘のために、娘が主人公のお話を描きたい! そんな思いからこの絵本は、うまれました。 小さな子どもたちはもちろん、大人の方にも是非たくさん読んでいただきたいです☆ 小さい子はみんな大好きな不思議なガチャガチャがでてくるお話です!

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『アリアのカプセル』

    みやけゆうこ著

    そうゆーこと出版発行

    -

    絵本が大好きな娘のために、娘が主人公のお話を描きたい!
    そんな思いからこの絵本は、うまれました。

    小さな子どもたちはもちろん、大人の方にも是非たくさん読んでいただきたいです☆

    小さい子はみんな大好きな不思議なガチャガチャがでてくるお話です!

    データ本:無料

三宅裕子

運営

三宅裕子のそうゆーこと!?

http://ameblo.jp/yuna-1128/

書店一覧
book store

その他の書店

    • おはなし手帖

      おはなし手帖

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      〈奇妙で不思議な幻の小片標本〉 ◆2011年5月、Twitter@ohanasitechoでちいさなおはなしの発信をはじめました。 2019年1月までに約800のおはなしをつぶやきました。 この本には206作を選び、「夜を歩く君へ」「月と砂漠へ焦がれる」「そのとき海の音を聴いた」「猫偏愛の」「地図のない町を歩く」「その国へ渡る切符を持っている」「青に捧ぐこと」と、七つの章におさめました。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      1,111円
      購入
    • アカパナの手紙

      アカパナの手紙

      かくら こう著

      おはなしの喫茶室発行

      2019年12月30日更新 表紙デザインを更新しました ………………………… 2019年2月4日更新 「おはなしの喫茶室 店主の手帖」追加 ………………………… 2019年1月27日更新 表紙・総扉・挿絵改め ………………………… とびきりおいしいパンの秘密は、真っ赤なピエロ鼻。それは犬みたいにするどい嗅覚。アカパナのパン屋に遺伝する特別な鼻。 でも、その鼻のせいで、頑固な父娘は大げんか。 ある夜、娘は家を飛び出して大陸へ渡る船へ乗り込み、一方父親は「娘の鼻をふつうの鼻にしてくれる」っていう〈なんでも可能な存在〉を名乗る正体不明のへんてこなやつと契約を交わして遠い山を目指して旅に出た。 わけもわからないまま残された奥さんともうひとりの娘のもとへ、ふたりから手紙が届き、家族の時間が動いてゆく。

      データ本
      242円
      購入
      紙の本
      726円
      購入
    • インディーズ作家の生きる道

       Do It Yourself.  言うは易く行うは難し。自分で「やる」道も「やらない」道もある。  誰もが「publisher」になれる時代とはいえ、出版へ至る企画・執筆・編集・校正・制作・流通・宣伝などのプロセスすべてを「自分でやる」ハードルはそれなりに高い。時間は誰にとっても平等で、限りのある資源だ。  既存の商業流通を離れたところにどんな道があるのか、なぜその道を選ぶのか。ともに「書く」ことを仕事としながら、いまは「やらない」道を選んだまつもとあつし氏と、「やる」道を選んだ倉下忠憲氏。進む方角は違えど、それぞれの信じた道だ。二人の語る言葉は、きっと道しるべとなる! ●まつもとあつし 『僕がセルフパブリッシングできてない理由』 (初出:『月刊群雛』2014年05月号) ●倉下忠憲『星空とカレイドスコープ ~セルフパブリッシング作家の多様な存在可能性~』 (初出:『月刊群雛』2014年07月号) 伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      924円
      購入
    • かーそる 2016年11月号

      2017年1月13日更新 2017.01.13 誤字修正 ………………………… 知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の創刊号です。 目次 ■特集1:脱知的生産の技術 ・知的よ、サラバ(倉下忠憲) ・知的はライフの中にある(Tak.) ・「技術」から「技道」へ(ruu_embo) ・技術ということ、生産ということ(いっき) ・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki) ・人間の条件?(Go Fujita) ・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa) ・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw) ■特集2:私と知的生産の技術 ・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita) ・知的生産の原風景(Tak.) ・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa) ・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo) ・書いてから、書く。(choiyaki) ・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲) ・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき) ■コラム ・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita) ・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲) ■巻末のあれこれ ≪刺激剤としての読書案内≫ ≪執筆者一覧≫ ≪Editor's sound≫

      データ本
      814円
      購入
      紙の本
      1,760円
      購入
    • 北国のタンゴ

      二十一世紀初頭の詩群。 詩集『夢と天然』の姉妹編です。 *雪が降る       12 *音叉の春に      11 *モジャム、モジャムと  8 *獏や狐やピアノ弾き  13 *嵐が駆けてくる    10 *泥のような夢を見て  12 6章67篇。 「大雪日誌」を始め、北国暮らし最後の漂白の日々。 詩集タイトルは、犀川辺で見た枯葉二枚の見事なタンゴから。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      2,200円
      購入
    • 夜明けの茶柱

      著者の二十世紀最後の詩編であり、 二十一世紀最初の電子詩集。  貘さん  地球は  明後日には  もう二十一世紀なんですよ      ──「はじめまして」 山之口貘に架空のメールを出してから二十年、 その日を記念して紙本を作りました。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      2,200円
      購入