BCCKS

0

login
会員登録

  • 『霊力使い小学生たちの京都信仰 第一巻群』

    坪内琢正

    坪内琢正

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.05.14

    文庫版 218 834円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数3冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2017.05.13

    文庫版 224 1,674円

    霊力使い小学生たちの京都信仰 第一巻群

    珠洲「あ、あの、みなさんこんにちは…許可をいただいてこの場をお借りしています…、これはハイでなくローファンタジーです。なのに、目を背けないでいてくださって、本当にありがとうございます。発生する事案が大きいとか、私が幼い、というのは、気にされなくても大丈夫です。ずっと追い続けてくださるだけで、私の励みになっています」 ーーー 約550年前、人の、自身の心を謗る気持ちを媒体として、京都近郊各地の、神社や寺院が人格化された存在である『神霊』を惑わせる『末鏡』という書物があった。末鏡は『解脱』のない者を狙うと言われているが解脱の意味まではよくわかっていない。惑わされた神霊は、心を謗った人が発する鬼玉という妖気を喰らうことで、現世と幽世の関係を破壊しようとしていた。末鏡は当時の巫女によって封印されたが、その封印には『善悪反転の第二末法の到来』という解除の条件があった。末法対策としての、歎異抄などの、嘆きの感情が通じず、価値観が善悪から強弱に代わり、悪びれている不良、と呼ばれるべき者が、まともな社会の成人と呼ばれ始めたとき…現代、その末鏡の封印が解除された。当時封印した巫女の娘、新蘭も亡霊となって現代に蘇り、光筒という霊の力を発することのできる短筒を用いて、再び末鏡を封印しようとするが失敗する。彼女は、偶然助けた珠洲、美濃ら八人の小学四年生の子どもたちが、自分以上に光筒をうまく操れることに気づき、彼らに事情を話し、彼らに、世界修復のために、惑わされた神霊たちの鎮魂と、末鏡の封印を頼む。しかし、神霊たちが神幹を放ったり、各々が得意とする四季の文物などの神能を用いて子どもたちに抵抗してくるため、鎮魂を彼らの力だけで成し遂げるのは難しかった…。 電子版 https://medibang.com/book/ls1610131545362000000025178 https://medibang.com/book/1z1610131902371090000025178 https://medibang.com/book/0f1610161449253970000025178

    データ本
    834円
    購入
    読む
    紙の本
    1,674円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 772円/紙本あり
    • 新着
  • 『霊力使い小学生たちの脱北支援』

    坪内琢正

    坪内琢正

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.05.14

    新書版 220 834円
    閲覧数5冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数0冊

    【紙本】

    販売中

    2017.05.11

    新書版 224 1,748円

    霊力使い小学生たちの脱北支援

    珠洲「あ、あの、みなさんこんにちは…許可をいただいてこの場をお借りしています…、これはハイでなくローファンタジーです。なのに、目を背けないでいてくださって、本当にありがとうございます。発生する事案が大きいとか、私が幼い、というのは、気にされなくても大丈夫です。ずっと追い続けてくださるだけで、私の励みになっています。また、坪内さんによると、読む気をなくした点などを初めさまざまなご指摘も是非お待ちしています、また、メッセージ性が、宿善のない方にとっては一時的に苦痛となる場合があることに御留意ください、とのことです」 ーーー 珠洲と美濃は下京区の幼馴染の小学四年生の女子と男子。図書館に行って読書をするのが好きなおかげで、二人とも、交通事故現場で心肺蘇生ができたりといろいろなことを知っている。初夏のある日、友人たちと新京極に行ったとき、二人は蛸薬師に世界の平和を祈るためにお参りをして目を閉じる。するといつの間にか二人は真っ暗な空間の中におり、そこにいた骸骨に無理やり引きずられ…。 電子版 https://medibang.com/book/h61608131807360980000025178 https://medibang.com/book/5v1608131822023370000025178 https://medibang.com/book/as1608131843078180000025178

    データ本
    834円
    購入
    読む
    紙の本
    1,748円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 772円/紙本あり
    • 新着
  • 『霊力使い四年二組の内閣と史上最悪の人災 第一巻群』

    坪内琢正

    坪内琢正

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.05.14

    文庫版 198 834円
    閲覧数2冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2017.05.12

    文庫版 224 1,674円

    霊力使い四年二組の内閣と史上最悪の人災 第一巻群

    珠洲「あ、あの、みなさんこんにちは…許可をいただいてこの場をお借りしています…、これはハイでなくローファンタジーです。なのに、目を背けないでいてくださって、本当にありがとうございます。発生する事案が大きいとか、私が幼い、というのは、気にされなくても大丈夫です。ずっと追い続けてくださるだけで、私の励みになっています」 ーーー 京都の小学四年生の幼馴染の女子と男子、珠洲と美濃は図書館に行くのが好きなおかげで、交通事故に遭った人に救命活動ができたりといろんなことを知っている。図書室の掃除中、彼らは気づけばまたいつの間にかどこか見知らぬ場所にいた。山で気を失った二人をヂアナンと名乗る少年が助けてくれた。人々はいい人たちばかりに見えるが、出されたトウモロコシのパンを消化できなかったり、本当は公共食堂以外で食べ物を食べると大変な目に遭うと言われたりとやはりどこかおかしい。二人はそこがどこかを探る途中、その地域の代表らしき者の家に招かれた。自分たちを外国の記者と勘違いし誇らしげにその村の穀物生産高の数値を語る彼の後ろにあった旗に、読めない箇所もあったものの刺繍されていた、『三面紅旗 総路線 …民…社 大躍進』という文字を見た瞬間、珠洲の額からはびっしょりと汗がこぼれ出した…。 電子版 https://medibang.com/book/zt1608250122094380000025178 https://medibang.com/book/gx1609221956458880000025178 https://medibang.com/book/bg1609291749389950000025178

    データ本
    834円
    購入
    読む
    紙の本
    1,674円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 772円/紙本あり
    • 新着
  • 『小随筆集 第一巻群』

    坪内琢正

    坪内琢正

    エッセイ

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.05.14

    文庫版 172 834円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数1冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2017.05.14

    文庫版 192 1,577円

    小随筆集 第一巻群

    そもそもここで述べているようなことは、当たり前のように思われる方も大勢おられるでしょうし、またそんな当たり前のことすら私も実践できていないことばかりなのですが、自分なりに選別したり、随想を述べてみたところ、思っていた以上に評判が良く、また価値観が落ちるところまで落ちている現代社会にあってはそれなりに評価されることもあるそうですので、それであればもう少し広めてみよう、という意図でもって、専属書庫化したものです。再述しますが、執筆している私もろくに徳のあるような者ではないという点にご留意ください。 なお 「ツイッタ―から」 などの引用は全て当人引用許可済みです。 電子版 https://medibang.com/book/ul1610091513447310000025178 https://medibang.com/book/sq1610111644480510000025178 https://medibang.com/book/sq1610111644480510000025178

    データ本
    834円
    購入
    読む
    紙の本
    1,577円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 772円/紙本あり
    • 新着
  • 『霊力使い四年二組の内閣と史上最悪の人災 第二巻群』

    坪内琢正

    坪内琢正

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2017.05.13

    文庫版 178 557円
    閲覧数1冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数1冊

    【紙本】

    販売中

    2017.05.13

    文庫版 192 1,383円

    霊力使い四年二組の内閣と史上最悪の人災 第二巻群

    珠洲「あ、あの、みなさんこんにちは…許可をいただいてこの場をお借りしています…、これはハイでなくローファンタジーです。なのに、目を背けないでいてくださって、本当にありがとうございます。発生する事案が大きいとか、私が幼い、というのは、気にされなくても大丈夫です。ずっと追い続けてくださるだけで、私の励みになっています」 ーーー 珠洲国務院総理、耐国務院副総理らのもと関東共和国国務院委員となったクラスメートたちは、史香、夙伝らの各地の情報などを参考に政治改革、暴動鎮圧、中国共産党中央軍事委員会副主席・中国国防部部長林彪元帥の指揮による外患からの防衛などに乗り出す。議員機構加入を拒否した楢樹ら野党議員もクラスメート結束目的から国務院委員となったため会議は多数決制となった。そんな中、国家保衛委員会のシギントにより、対立から融和に変化したソ連が中国にR―五型MRBMを極秘譲渡、中国が第二種砲兵部隊を編成したことが判明する。史香は内蒙古自治区シリンゴル盟の秘密基地に潜入しR―五の破壊を試みるが失敗、彼女を救出したのは珠洲だった。ところが、耐のペンを奪い、ペンの秘密の一部に気付いた林元帥が二人を追う。どうにか林を撒いたものの、ペンを手に入れた林には、毛沢東にも言えない新たな野望が生まれていた…。 電子版 https://medibang.com/book/c11609301803002360000025178 https://medibang.com/book/px1610051210058060000025178

    データ本
    557円
    購入
    読む
    紙の本
    1,383円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 515円/紙本あり
    • 新着
« 1 »