御嶽神社裏の、ちいさなカフェが拠点です

マルカフェ文藝部

御嶽神社裏の、ちいさなカフェが拠点です

マルカフェ文藝部

冊数 3

紙本 3

更新 2013.12.11

ジャンル 文芸3

このエントリーをはてなブックマークに追加

小説・エッセイ・漫画・イラスト

石川友助
市川すなお
カフェラテ
鈴木清涜
中川マルカ
なかぎりせいじ
なかの真実


7人の作家による、
おとなのための文芸活動。
季節ごとにゲスト作家をお迎えしながら
年2回(春夏/秋冬)、季刊誌「棕櫚shuro」を発行しています。
連作短編小説「スポラディックE層」を皮切りに
2013年より御嶽神社裏で活動開始。

  • 『棕櫚shuro 創刊号』

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部出版発行

    文芸

    2013.12.11

    d本:94㌻ 10inch版

    紙本:96㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 6

    レビュー 0

    データ本

    550円

    紙本

    1,540円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    棕櫚shuro 創刊号

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部出版発行

    10名の作家による、珠玉の作品群。 マルカフェ文藝部季刊誌、2013年創刊。 【小説】 ●四代目石川友助「失われた時間」 ●市川すなお「笑いまち」 ●カフェラテ「同太郎のお見舞い」 ●鈴木清涜(犬神博士)「Kühleborn」 ●中川マルカ「河童のようなもの」 ●なかぎりせいじ「五一〇号室」 【漫画・イラスト】 ●オカザキトモノリ「夜桜紋様」 ●葛城美保子「触れる・動かす」 ●津川智宏「幽霊病棟」(夢:なかぎりせいじ/絵:津川智宏) ●なかの真実「じっと」「あの娘の好きな花」「春をのぞき見る」

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    1,540円
    購入

    『棕櫚shuro 創刊号』

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部出版発行

    文芸

    -

    10名の作家による、珠玉の作品群。
    マルカフェ文藝部季刊誌、2013年創刊。

    【小説】
    ●四代目石川友助「失われた時間」
    ●市川すなお「笑いまち」
    ●カフェラテ「同太郎のお見舞い」
    ●鈴木清涜(犬神博士)「Kühleborn」
    ●中川マルカ「河童のようなもの」
    ●なかぎりせいじ「五一〇号室」

    【漫画・イラスト】
    ●オカザキトモノリ「夜桜紋様」
    ●葛城美保子「触れる・動かす」
    ●津川智宏「幽霊病棟」(夢:なかぎりせいじ/絵:津川智宏)
    ●なかの真実「じっと」「あの娘の好きな花」「春をのぞき見る」

    データ本:550円

    紙本:1,540円

  • 『棕櫚shuro第二号』

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部出版発行

    文芸

    2013.12.11

    d本:98㌻ 10inch版

    紙本:96㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 3

    レビュー 0

    データ本

    550円

    紙本

    1,540円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    棕櫚shuro第二号

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部出版発行

    2013年秋冬コレクション。マルカフェ文藝部の季刊誌第二号。 【小説】 石川友助 「灼熱のタンガロア」 市川すなお 「シンゴのフリーズ」 カフェラテ 「ひらめきまんじゅう」 鈴木清涜 「燔祭」 中川マルカ 「ザムザ兄さん」 なかぎりせいじ 「相与田郷ノート(1)『林田 富夫』」 もりせいちる 「リコレクション/Gatto Bianco」 【自由律俳句】 天坂寝覚 「夢につづく」 【コラム】 鈴木清涜 「ヘルツォークの視線」 中川マルカ 「失恋ケイク」 【漫画】 津川智宏/つがわちひろ 「オブクロイ山のヌシ」 【アート、イラスト】 オカザキトモノリ 「マリンライン」 葛城美保子 「002-1」「002‐2」 なかの真実 「桜の樹・秋」

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    1,540円
    購入

    『棕櫚shuro第二号』

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部出版発行

    文芸

    -

    2013年秋冬コレクション。マルカフェ文藝部の季刊誌第二号。

    【小説】
    石川友助 「灼熱のタンガロア」
    市川すなお 「シンゴのフリーズ」
    カフェラテ 「ひらめきまんじゅう」
    鈴木清涜 「燔祭」
    中川マルカ 「ザムザ兄さん」
    なかぎりせいじ 「相与田郷ノート(1)『林田 富夫』」
    もりせいちる 「リコレクション/Gatto Bianco」

    【自由律俳句】
    天坂寝覚 「夢につづく」

    【コラム】
    鈴木清涜 「ヘルツォークの視線」
    中川マルカ 「失恋ケイク」

    【漫画】
    津川智宏/つがわちひろ 「オブクロイ山のヌシ」

    【アート、イラスト】
    オカザキトモノリ 「マリンライン」
    葛城美保子 「002-1」「002‐2」
    なかの真実 「桜の樹・秋」

    データ本:550円

    紙本:1,540円

  • 『スポラディックE層』

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部発行

    文芸

    2013.11.26

    d本:162㌻ A5変形版

    紙本:160㌻ A5変形版 モノクロ

    -

    販売数 1

    レビュー 0

    データ本

    550円

    紙本

    1,584円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    駅を通過するほか交わることのない、幾つかの、人生。 個性あふれるそれぞれの作品が一本の線でふとつながる瞬間。あなたは何を目撃するだろう。2013年発表「スポラディックE層」本編に加え、書き下ろし作品を盛り込んだ「外伝」を一冊にまとめた単行本です。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    1,584円
    購入

    『スポラディックE層』

    マルカフェ文藝部著

    マルカフェ文藝部発行

    文芸

    -

    駅を通過するほか交わることのない、幾つかの、人生。
    個性あふれるそれぞれの作品が一本の線でふとつながる瞬間。あなたは何を目撃するだろう。2013年発表「スポラディックE層」本編に加え、書き下ろし作品を盛り込んだ「外伝」を一冊にまとめた単行本です。

    データ本:550円

    紙本:1,584円

  • マルカフェ文藝部
    季刊誌「棕櫚shuro」創刊号(改定版)

    2013年春夏コレクション

    グラフィックデザイナー オカザキトモノリ、同人紙「800」編集長 津川智宏、クロッキー作家 葛城美保子らをゲスト作家として迎え、10の作品を盛り込んだ総合文芸誌。

Shuro
Mami NAKANO

マルカフェ文藝部
部長 中川マルカ

「読む」「書く」「語る」
ブンガクを愛する、大人の集い。

運営

Malu Cafe

http://malucafe.com/bungei/

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • VALU生存教本 〜無名の個人が生き残るために〜

      「VALUとは、人間の食べログである。」 個人を上場させ、個人の価値を株式市場のように売買する話題のサービス、VALU。国会や経済紙で取りざたされるほどのセンセーションを巻き起こすなか、いち早くVALUの渦中へダイブし時価総額で上位へ上り詰めるなど脅威の活躍を見せている著者が送る、無名の個人が最前線へ立つための必携バイブル、緊急刊行。

      データ本
      998円
      購入
      紙の本
      825円
      購入
    • あめあがりのもりで

      ひとりで留守番していたエマは、雨上がりの庭がきれいなので、つい外へ出てしまいます。たどり着いた森でエマが出会うのは…? 愛らしいイラスト満載の絵本。 ※紙質のため、データ本と紙本では風合いが異なります。ご了承ください。

      データ本
      795円
      購入
      紙の本
      1,650円
      購入
    • 月を狩る~鳥の国のはなし

      2019年10月13日更新 第15話「残響」追加しました。 ………………………… 2019年2月7日更新 第14話「郷愁」を追加しました。 ………………………… 2019年1月20日更新 第13話「風切羽」を追加しました。 ………………………… 2018年12月16日更新 12話目「遠足」を追加しました。 ………………………… 2018年7月22日更新 11話目「蝉好き」追加しました。 ………………………… 2017年9月19日更新 十話目「浮き島」を追加しました。 ………………………… 2017年5月8日更新 九話目「鳥の先生」を追加しました。 ………………………… 2016年11月3日更新 八話目「影の鳥」を追加しました。 ………………………… 2016年5月25日更新 七話目「荒野にて」を追加しました。 ………………………… 2016年5月21日更新 表紙と判型を変更しました。 ………………………… 2016年2月20日更新 六話目「カラスの特別」を追加しました。 ………………………… 2015年8月22日更新 五話目「駅」を追加しました。 ………………………… ヒトの世を離れ、「鳥の国」へ移り住んだ者たちの暮らしを、「元・ヒト」たちがそれぞれに語る連作です。 webでの公開にあわせ、順次追加してゆきます。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • Germe Vol.1

      Germe Vol.1

      陽崎杜萌子著

      陽崎杜萌子発行

      陽崎杜萌子のコミック・イラストのマガジンです。収録漫画【餅を斬れ!】【六橋条麗子の冒険「3人のイケメン」】【魔界の配達屋さん「海の封印」】イラストテーマ「夏祭り」

      データ本
      275円
      購入
      紙の本
      購入
    • 威風凛々+

      威風凛々+

      陽崎杜萌子著

      陽崎杜萌子発行

      中華娘が大暴れのショートギャグコミック集! 『ドラゴンと巫女』友人に中国から来たいとこの少女の観光案内を頼まれた仁平。しかしその娘の目的は別にあった。 『舞奈ちゃん、武者修行。』最強の師匠を求めて、舞奈ちゃんは日本から中国へやってきた! 2010年発行の短編コミック集にミニイラスト集を加えて再編集しました。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • コルシカの修復家2

      コルシカの修復家2

      さかな著

      水族館出版発行

      2014年11月1日更新 完結 ………………………… 絵画を還元してエネルギーを得るようになった未来、アートから芸術の価値が失われた世界。隠された絵画を探してルカ、アダム、ニノンが辿り着いた村・フィリドーザは、かつて『星の降る村』として栄えていたというが、今や見る影もなく…。 絵画を癒し人々を救う絵画修復家の少年の物語、第2巻!

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • コルシカの修復家1

      コルシカの修復家1

      さかな著

      水族館出版発行

      2019年10月9日更新 扉絵変更 ………………………… 2019年10月9日更新 序章改稿 ………………………… 絵画修復家の少年ルカの平凡な日常は、記憶喪失の少女との出会いによって終わりを告げた。父から明かされた秘密――コルシカ島の存在を揺るがす謎の絵画を探すべく、ルカは旅立つ。 これは絵画を還元してエネルギーを得るようになった未来、アートから芸術の価値が失われた世界のお話。そして、少年たちが世界から失われてしまった大切なものを見つける物語。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • Tenderloin National Forest SF, Oct 29, 2014

      It is not really a park but it is the alley in the middle of the rough Tenderloin district in San Francisco. The art group, the luggage store called artists to plant trees, kiln and mural, so that neighbor can have relief and community meeting. I was interested in so when I went to San Francisco I went there and took photos. サンフランシスコ、貧困地区、テンダーロイン地区の路地。ラゲッジストアギャラリーのプロジェクト。アーチストを招聘し、壁画やタイルアートや植木を植えてコミュニティーガーデンにしている。 2014年10月にサンフランシスコ訪問時に行って撮影した。

      データ本
      458円
      購入
      紙の本
      1,859円
      購入
    • The Night in the Coast Starlight

      英語の短編エッセイ. アメリカアムトラックコーストスターライト号でのシアトルからサンフランシスコ近郊エメリービルまでのけだるい一夜。

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      902円
      購入
    • 座談会「『ポスト・インターネット』を考える(β)」

      2012年1月よりICCで行われた「インターネット アート これから」展で行われた座談会シリーズの記録です。 ------------------------------------ 座談会「『ポスト・インターネット』を考える(β)」 日時:2012年3月4日(日)午後3時より 出演:水野勝仁,谷口暁彦,栗田洋介,萩原俊矢,畠中実(ICC) 会場:ギャラリーA内特設ステージ

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 新版電脳田舎暮らしのススメ

      新版電脳田舎暮らしのススメ

      岸田啓著

      エイティエル出版発行

       二〇一四年五月に日本創世会議が公表した「二〇四〇年には全国八九六市区町村が消滅の危機に直面する」という試算結果は日本の社会に衝撃を与えた。日本ほど政治のみならず経済や文化も首都である東京とその周辺に一極集中している国は、世界でも珍しい。とはいえ、少子化による人口減少と東京一極集中がここで論じられているわけではない。田舎暮らしの本は数多いが、都市に住む生活者の実感とあまりにかけはなれている。現代社会は、インターネットをはじめとするネットワークが張り巡らされた高度な情報社会である。日常の生活においても、コンピューターとは切っても切り離せない――にもかかわらず、そういうハイテク技術の恩恵には背を向けて「日本昔ばなし」の世界に閉じこもってしまうのでは、将来に対する展望は開けない。  その意味で、天草諸島に住みながらハイテク(電脳)を駆使して東京にいるときと同じ仕事をし、東京並みの報酬を得る、という著者のスタンスは明確だ。  この本が出版された当時はスマートフォンやタブレットはまだ存在せず、フェイスブックやツイッター、ラインなどの影も形もなかった。そういう時代から、コンピューターネットワークを駆使して田舎暮らしを実現させている。その内容は今日でもまったく古くなっていない。

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      購入