描いて刷って縫って。

寅ノ孔研究所

描いて刷って縫って。

寅ノ孔研究所

冊数 1

紙本 1

更新 2014.05.04

ジャンル アート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

バームクーヘンと書いて幸せと読む。

  • 『Speech Balloons』

    なかじま康弘著

    寅ノ孔研究所出版発行

    アート

    2014.04.21

    d本:66㌻ 文庫版

    紙本:64㌻ 文庫版 カラー

    -

    販売数 6

    レビュー 2

    データ本

    無料

    紙本

    1,265円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    Speech Balloons

    なかじま康弘著

    寅ノ孔研究所出版発行

    私の思いつきを50体の人形達に語ってもらいました。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,265円
    購入

    『Speech Balloons』

    なかじま康弘著

    寅ノ孔研究所出版発行

    アート

    -

    私の思いつきを50体の人形達に語ってもらいました。

    データ本:無料

    紙本:1,265円

  • 書店仕切り記事

    ジャンルごとに本の並びを区切ったり、本をオススメする文章や画像を書き込めます

     見出、本文、画像のパネルを本の編集と同じように追加、編集、削除することができます。
    http://bccks.jp/
    ↑URLは自動的にリンクに変換されます。

なかじま康弘

書店一覧
book store

その他の書店

    • よもやまクラブと秘密のゴーストゲーム

      よもやまクラブシリーズ第3巻! 夏休み真っただ中。結華はクラスメイトの一色千景に、 屋内型テーマパークでのシューティングゲームに誘われる。 参加者の中に一人、〈隠れゴースト〉が存在する? 一方で、人間関係にも微妙な変化が。 それぞれが、ちょっとずつ抱えた秘密。 ――秘密なんて、ろくなもんじゃない。 ------- ※一般的な文庫本換算:157ページ(39字×15行計算)

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • よもやまクラブと140文字の嘘つき金魚

      よもやまクラブシリーズ第2巻! 《番人》事件から1ヶ月。 学校はようやく落ち着きを取り戻しつつあったそんな矢先、 「結華と英一が付き合っている」なんて噂が流れ、 挙句の果てに付き合っているフリをすることに!? 一方、街で発生する切りつけ魔事件。 事件を予告するのは、140文字のSNS「ツイープ」で流れる超短編小説? ――大切な人についた嘘は、誰のための嘘なんだろう。 ------- ※一般的な文庫本換算:217ページ(39字×15行計算) ※作中の超短編小説は、猫春雨さんに寄稿いただきました。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 波長

      波長

      竹島八百富著

      Smart JUKU出版発行

      ★★新感覚ホラー★★  突然……見えるべきものではないものが見えてしまった。それがこの世のものではないことを知り、自分に何かを訴えているとしたら?  ある日、部活指導の終わりに、運動場で自校の生徒らしからぬ少年の姿を見てしまった新任教師の木村。  それからというもの、その少年は、思わぬところで木村に姿を見せる。  もし、あなたなら、彼らの訴えを聞き入れますか? それとも……?  この世のものと、この世のものではないものの【波長】が合ってしまったとき、生者は受け身になるだけなのか……?  夢に見る数字、体に残る感触、スマホに録音されたもの……多くの「点」が一気に「線」となり謎が解けたとき、壮絶な結末を迎える。  そして、誰も予想だにしない終結が……。

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      購入
    • 独り雛2014(サンプル版)

      小説家や漫画家などの作家志望、クリエイティブ志望の皆様へ  ほんの一歩の歩みを戸惑っている方にお伝えしたい。自分の脳内の空想が活字や絵となって、他人様に目を通してもらうのは快感です。  この本は、HOW TO本でもノウハウ本でもありません。私、竹島八百富個人の『自分の、自分による、自分のための本』です。 『月刊群雛』で掲載していただいた作品を、出版順に、キャッチコピー、インタビュー、本文を(ほぼ)そのまま(多少変更あり)まとめたものです。またインタビュー記事も、今更再読すると、こっぱずかしくて照れ臭くなりますが、(ほぼ)そのまま掲載致しました。  改めて申し上げます。  本書のコンセプトは、正に記述通り、【自己満足の本】です。  それでありながら、尚且つ、お世話になっている『月刊群雛』へのリスペクト、敬意の表れでもあります。  幾度か作品を『月刊群雛』で掲載していただいて、いつしか創作の世界が楽しくなってきました。こんな自己満足な思いを体験していただきたく出したものです。  この本によって、少しでも『月刊群雛』に興味を引いて頂き、自分も参加したい、と思う方が増えればとの願いから作った本でもあります。  参加するのに、難しいルールはありません。ご興味を頂けたら幸いです。  さあ、自分もなんか書きたい(描きたい)とお思いの方、【日本独立作家同盟】にポチッと参加表明の意思表示をしてみて下さい。そして、『月刊群雛』に作品を投稿してみましょう。ちな、早い者勝ちです。  で、いつか、こうやって自己満足本を出してみましょう。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入