描いて刷って縫って。

寅ノ孔研究所

描いて刷って縫って。

寅ノ孔研究所

冊数 1

紙本 1

更新 2014.05.04

ジャンル アート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

バームクーヘンと書いて幸せと読む。

  • 『Speech Balloons』

    なかじま康弘著

    寅ノ孔研究所出版発行

    アート

    2014.04.21

    d本:66㌻ 文庫版

    紙本:64㌻ 文庫版 カラー

    -

    販売数 6

    レビュー 2

    データ本

    無料

    紙本

    1,242円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    Speech Balloons

    なかじま康弘著

    寅ノ孔研究所出版発行

    私の思いつきを50体の人形達に語ってもらいました。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,242円
    購入

    『Speech Balloons』

    なかじま康弘著

    寅ノ孔研究所出版発行

    アート

    -

    私の思いつきを50体の人形達に語ってもらいました。

    データ本:無料

    紙本:1,242円

  • 書店仕切り記事

    ジャンルごとに本の並びを区切ったり、本をオススメする文章や画像を書き込めます

     見出、本文、画像のパネルを本の編集と同じように追加、編集、削除することができます。
    http://bccks.jp/
    ↑URLは自動的にリンクに変換されます。

なかじま康弘

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 小説日本書紀編纂録[邪馬台国編(上・下)]

      (電子本つきはコチラ→https://bccks.jp/bcck/150019) (10インチ版はコチラ→https://bccks.jp/bcck/148052) ──────────────── 卑弥呼には父がいた──この当たり前のことでありながら、誰も言及することのなかった事実。その実相を追って現れた驚きの系図。 卑弥呼の父は誰でも知っている人物だった・・ 日本古代史、待望のブレイクスルー。 ──────────────── (ラインナップ及び価格は予告なく変更になる場合があります) https://bccks.jp/store/saraba-uso-kojiki電子本 https://bccks.jp/store/kami-hon紙本 https://bccks.jp/store/trick総合ラインナップ ※タチヨミの範囲は、『邪馬台国編(上・下)』https://bccks.jp/bcck/148052/infoが充実しています。 (紙本では、ルビは見やすく印字されます) ※本書は新書判(縦180×横110mm)です。 ※表紙人物写真はMika+Rika。 ──────────────── 遣隋使や遣唐使、歴代の使節が入手してきた異国の神話の文献に目を通す。 遥か遠くシルクロードの先にあるという国・ギリシャの神話は、イザナギイザナミの死者の国の話としてすでに拝借している。 これからは、別の国の神話を拝借しながら、神武の祖父の時代を書いてみるつもりだ。 主人公の名前は海幸彦と山幸彦にすでに決めてある。(「序章」より) ──────────────── ※PCブラウザは、Google Chrome専用です。他のブラウザでは、リーダー線等、正しく表示されません。ご利用のブラウザをGoogle Chromeに切り替えて閲覧してください。 ※系図内の罫線位置等に多少のズレがあります。 ※1行に38文字以上表示できない場合、系図やリストが正しく表示されないものがあります(電子本の場合)。 ※紙の本にはカバーがついていません。かすれ等、表紙の摩耗が早く進みます。 ◇本書は[倭の五王編]https://r.binb.jp/bibs/b23196/に続く、シリーズ第2弾(上)、第3弾(下)。 ◇本書は推理小説仕立てになっています。 ◇第1部[邪馬台国編(上)]+第2部[邪馬台国編(下)]=「邪馬台国編(上・下)」となります。 〈目次抜粋〉──── *海幸彦と山幸彦……神武天皇の祖父 *門外不出の系図 *山幸彦は紀元前51年没? *古事記、日本書紀の神話は盗作か? *第7代孝霊天皇(桃太郎伝説) *記紀編纂者は『倭人伝』を取り込んだ (1)入れ墨 (2)殉死 *欠史は台与のためにある? *さらば邪馬台国 …ほか ・・・・・(以上、「邪馬台国編(上)」。 以下、「邪馬台国編(下)」) *神武は邪馬台国と同一勢力か敵対勢力か *天照大神はいなかった? *卑弥呼の没年が、日本書紀に書いてある? *卑弥呼の父の正体 …ほか

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      3,208円
      購入
    • 小説日本書紀編纂録[邪馬台国編(下)]

      神武 ── 卑弥呼       ┌神武(?) 大国主─┤     └卑弥呼       ┌神武(?)    ─┤     └卑弥呼       ||      大国主 どの系図が正しいか、その答えは85ページに。 ──────────────── (ラインナップ及び価格は予告なく変更になる場合があります) https://bccks.jp/store/saraba-uso-kojiki電子本 https://bccks.jp/store/kami-hon紙本 https://bccks.jp/store/trick総合ラインナップ ──────────────── 卑弥呼はアマテラスではなかった! 卑弥呼の父は、意外な人物だった。 卑弥呼の夫は、誰でも知っている人物だった。 卑弥呼と大国主の関係とは? 卑弥呼の父の秘密とは? 大国主、神武、卑弥呼、アマテラス・・・古代史が書き変わる驚嘆の人間関係を遂に公開。 日本古代史の「天の岩戸」が今、開く! ──────────────── ※紙本は10インチ判(縦192×横148mm)です。 (紙本では、ルビは見やすく印字されます) ※本の中身は『邪馬台国編(上・下)』https://bccks.jp/bcck/148052/infoでご覧ください。 ※PCブラウザは、Google Chrome専用です。他のブラウザでは、リーダー線等、正しく表示されません。ご利用のブラウザをGoogle Chromeに切り替えて閲覧してください(電子本の場合)。 ※系図内の罫線位置等に多少のズレがあります(PCとipad等ではズレ方が異なります)。 ※1行に38文字以上表示できない場合、系図やリストが正しく表示されないものがあります(電子本の場合)。 ※紙の本にはカバーがついていません。かすれ等、表紙の摩耗が早く進みます。 ※表紙人物写真はMika+Rika。 ──────────────── ◇本書は[倭の五王編]https://r.binb.jp/bibs/b23196/、[邪馬台国編(上)]に続く、シリーズ第3弾。 ◇本書は推理小説仕立てになっています。 ◇第1部[邪馬台国編(上)]+第2部[邪馬台国編(下)]=[邪馬台国編(上・下)]となります。 〈目次抜粋〉──── *海幸彦と山幸彦……神武天皇の祖父 *門外不出の系図 *山幸彦は紀元前51年没? *古事記、日本書紀の神話は盗作か? *第7代孝霊天皇(桃太郎伝説) *記紀編纂者は『倭人伝』を取り込んだ (1)入れ墨 (2)殉死 *欠史は卑弥呼のためにある? *欠史は台与のためにある? *さらば邪馬台国 …ほか ・・・・・(以上、「邪馬台国編(上)」。 以下、「邪馬台国編(下)」) *神武は邪馬台国と同一勢力か敵対勢力か *天照大神はいなかった? *卑弥呼の没年が、日本書紀に書いてある? *卑弥呼の父の正体 …ほか

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      2,182円
      購入
    • 王さまとたからもの

      ある国に、宝物がとても大好きな王さまがいました。ほかの国に宝物があると聞くと王さまは、とても我慢ができませんでした。すぐに家来の兵隊たちに命令して宝物を奪ってしまいます。王さまは沢山の宝石や宝物に囲まれて毎日がとても幸せでした。だけど…王さまのために一生懸命働いた兵隊たちは、王さまから少しも宝物を分けてもらえませんでした。そのため、王さまの国の兵隊たちや人々はとても貧しかったのですが、王さまはそんなことは少しも知りませんでした。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      759円
      購入
    • 『捨てられて』山の中・小さな出来事

      2014年11月18日更新 表紙の変更と一部誤字、脱字がありましたので修正しました。 ………………………… 今日も町のどこかでポイポイと簡単に捨てられてしまうペットたち。動物愛護団体、協会等の報告によると、年間約80万匹の生き物が捨てられているといわれます。そして、ペットたちが保健所に持ち込まれ殺処分されてしまうその数が約40万匹以上と報告されています。また新薬、化粧品の開発に数多くの生き物たちが実験台にされ命を失っています。そしてペットショップの店頭に並ぶ生き物たちの陰で、姿見がよくない、生まれつき不都合な体をしている。と判断された生き物たちは選別され遺棄されて決してあなたの目にふれることはありません。ポイと闇から闇に葬られてしまいます。その処分される数、想像もつきません。おそらく年間、100万匹の単位になると推測されます。人間の身勝手な都合でいとも簡単にポイと放り投げられてしまうペットたちは、どうして生きていけばよいのでしょうか。そんな事実を背景に山に捨てられてしまった一匹の子犬の話(寓話)を綴ってみました。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,005円
      購入
    • 地獄の底は頭の上

      軍艦島(端島)とともに、2015年ユネスコ世界遺産に登録された「高島炭鉱」。そこで閉山までの6年間を炭鉱夫として過ごした著者の手記。 海底炭鉱という苦しい現場における労働記録ながらも、著者の愚直なエピソードが笑いと涙を誘うノンフィクション。 ★電子本の「タチヨミ」では、紙本がベースのため最初の2~3ページほど文字配列が乱れます。これは有料の電子版では起こりませんので、何卒ご容赦ください。

      データ本
      777円
      購入
      紙の本
      999円
      購入