人の心をまっすぐ深く、見つめて書きます。

孤帆出版

人の心をまっすぐ深く、見つめて書きます。

孤帆出版

冊数 5

紙本 0

更新 2017.06.20

ジャンル 文芸3

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『異界』

    畠山拓著

    孤帆出版発行

    文芸

    2017.06.20

    d本:28㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    異界

    畠山拓著

    孤帆出版発行

    「夢を見ていた。色々な魑魅魍魎と戦っていた。」−−現実と非現実の、皮膜に一筋の水滴がはうような。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『異界』

    畠山拓著

    孤帆出版発行

    文芸

    -

    「夢を見ていた。色々な魑魅魍魎と戦っていた。」−−現実と非現実の、皮膜に一筋の水滴がはうような。

    データ本:無料

  • d本:22㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    久しぶりの妹との会話。みんなが持っている孤独の話。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『ヒア、ボトム』

    とうやまりょうこ著

    孤帆出版発行

    -

    久しぶりの妹との会話。みんなが持っている孤独の話。

    データ本:無料

  • 『いつか、二人の時間』

    塚田遼著

    孤帆出版発行

    文芸

    2017.06.06

    d本:52㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    大切なものはみんななくなってしまうと感じた少女、自分が死ぬ運命にあることを恐れた少年。それぞれの道を歩んでいく二人の人生が交差する時間。少年少女であった1988年、性に眼ざめる1995年、異性との関係に溺れていた2001年、人生の転機に迷う2006年、そして新しい人生を歩もうとする2010年。それぞれの欠けたものを追い求めていく二人の人生を追いながら、二人の時間の重なり合いを描いた短編小説。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『いつか、二人の時間』

    塚田遼著

    孤帆出版発行

    文芸

    -

    大切なものはみんななくなってしまうと感じた少女、自分が死ぬ運命にあることを恐れた少年。それぞれの道を歩んでいく二人の人生が交差する時間。少年少女であった1988年、性に眼ざめる1995年、異性との関係に溺れていた2001年、人生の転機に迷う2006年、そして新しい人生を歩もうとする2010年。それぞれの欠けたものを追い求めていく二人の人生を追いながら、二人の時間の重なり合いを描いた短編小説。

    データ本:無料

  • 『今日は木曜日』

    とうやまりょうこ著

    孤帆出版発行

    文芸

    2017.06.20

    d本:18㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    編み物教室に通って日々を過ごすある高齢男性の話。記憶こそが人生か。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『今日は木曜日』

    とうやまりょうこ著

    孤帆出版発行

    文芸

    -

    編み物教室に通って日々を過ごすある高齢男性の話。記憶こそが人生か。

    データ本:無料

  • d本:12㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    先ごろ開通した東武東上線からみなとみらい線までの直通運転車内での、ちょっとしたできごと。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『川越のおじさん』

    とうやまりょうこ著

    孤帆出版発行

    -

    先ごろ開通した東武東上線からみなとみらい線までの直通運転車内での、ちょっとしたできごと。

    データ本:無料

人の心をまっすぐ深く、見つめる作品、発行中

孤帆出版

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 京都恋慕情

       伝統ある日本文化の中心であり雅な雰囲気が漂う京都を舞台に、人々の心が行き交い、温かい関りだけでなく別れや傷つけ合いなど、濃い人間関係が紡がれて行く。緻密で瑞々しい心情描写に「人間」がしっかりと描かれて行く。 これは京都の長い歴史に沿い、人々が想いを紡ぎ続ける八つの恋の物語である。 

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      購入
    • 仕事が出来る社員の条件

       知恵を出さずして給料は出ない・・・仕事が出来る社員は仕事以前の基本が出来ている。  ストップが掛かるまで突っ走れ・・・戦略的リーダーは常に前進する。  待って居ても仕事は来ない・・・企業の使命は顧客の創造と維持である。  この書は経営コンサルタントとして長年中小企業の経営管理に携わって来た著者が、日夜奮闘努力するビジネスマンの皆さんに、心を込めて贈る珠玉の提言集である。その神髄をじっくりご精読下さい。

      データ本
      448円
      購入
      紙の本
      購入
    • 背徳の海前編

      背徳の海前編

      北本世之介著

      北本世之介出版発行

      かつて、『別冊・週刊マンガタイムズ』(芳文社刊)で3年間余り連載され、1年間は他の追随を許さずアンケートぶっちぎりトップ人気を続けた評判作品。『マル秘 欲望ファイル』の書名で黒田出版興文社(=解散)から文庫化出版。(前編)    世間の常識を打ちのめす人間のリアルな姿、タブー知らずの男と女の愛の形、ハレンチという言葉も及ばない放胆な蜜戯、飽むことなき猟色……。因果な商売の探偵が見た、現代ニッポンの光と影、人間の浅ましき強欲、底知れぬ欲望の闇、そして希望……。 この世に男と女が存在する限り、日本全国津々浦々、引きも切らずに怪異事件や驚嘆ドラマが生まれては消える。ときにはウンザリするような、ときには目もくらむばかりの官能的世界が姿を現わす。 そんな百花繚乱の世界に、ベテラン一匹狼探偵の目を通して迫る衝撃のレポート!

      データ本
      305円
      購入
      紙の本
      購入
    • 女囚

      女囚

      北本世之介著

      北本世之介出版発行

      『エロチカマガジン』(雄出版)で長期連載された「ドキュメント・女囚」を、コスミック出版が新たに『女囚たちの淫罪白書』の書名で文庫化出版。  息もできない鮮烈な歓喜、すべてを焼き尽くしたくなるくらいの狂おしい絶頂、生と死の谷間に忍び寄る暗い情念……。  たとえようのない快楽をむさぼった果て、なぜ、彼女たちは凄惨な凶行に走り、塀の内側に転落しなければならなかったのか。  平和で安穏な生活を塀の外側で送る者たちには想像もつかない、女子受刑者たちの烈しい性愛と、過酷な人生ドラマが始まる……。  一線を越えて人間としての尊厳を傷つけられ、踏みにじられたら、ひとは、女は、邪鬼にも魔物にも変身する。  子供も家庭も、すべてを投げ捨てて走った男に裏切られたとき、炎のような消しがたい殺意がメラメラと燃え上がる……。 涙なしには読めない感動の慟哭ドキュメント!

      データ本
      305円
      購入
      紙の本
      購入
    • 王さまとたからもの

      ある国に、宝物がとても大好きな王さまがいました。ほかの国に宝物があると聞くと王さまは、とても我慢ができませんでした。すぐに家来の兵隊たちに命令して宝物を奪ってしまいます。王さまは沢山の宝石や宝物に囲まれて毎日がとても幸せでした。だけど…王さまのために一生懸命働いた兵隊たちは、王さまから少しも宝物を分けてもらえませんでした。そのため、王さまの国の兵隊たちや人々はとても貧しかったのですが、王さまはそんなことは少しも知りませんでした。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      773円
      購入
    • 雪がふる

      雪がふる

      森田浩章著

      森田書店出版発行

      ………………………… ………………………… ………………………… 登場人物団体等はすべて架空の物語です 山また山に囲まれた寒村で修は育まれた。中学を卒業すると同時に就職のために上京した。ある日、修は就職先の先輩職人に引かれ歓楽街に足を運んだ。純粋な修は歓楽街の華やかさに目を奪われた。酒の味さえ知らない修だったが、歓楽街で酒の味を覚えた。歓楽街で酒を飲んでは正体を失い誰彼の見境なく争うようになった。子供の時から野山を駆け回っていた修だった。修は誰よりも偉丈夫で強かった。そんな修のことを歓楽街を治める『浅田組』の親分浅田に見込まれた。修は浅田組の構成員になった。十九才の時だった。それ以来二十数年…いやそれ以上、歓楽街で飯を喰らっていた。いまでは歓楽街の暴れ熊、坂田の修、修と仲間からも敵対する他の組の連中からもひと目(もく)もふた目も置かれ恐れられた。そんな修の目の裏にふっと故郷の空が浮かんだ……

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      924円
      購入
    • 世界の一週間

      世界の一週間

      森山智仁著

      森山出版発行

      大人に読んでほしい児童文学です。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • その話いつまでしてんだよ

      平成の二文字が今、理不尽にして不条理に結実する! 小説版ハッカソンNovelJAM2018のCチームがお送りする二大傑作! 昭和64年1月、全国的に吹き荒れた自粛ムードが小劇団の公演に襲いかかる。理不尽に翻弄される団員、自粛を迫る善意の暴力! 公演は中止すべきなのか? 貧乏劇団の明日はどっちだ! ――あの時、悲しみとともに訪れた曰く言いがたい困惑を、昭和最後の追憶とともにグイグイと再現されて胸に来やがる、膝にも来る。80年代の中央線沿線小劇団ブームの空気感も「あるある」連発で読ませてくれます。お元気ですか? そんなこともありました!(50代男性) ――この作品を読んで、小説の社会的意義がわかった。これは優れたポレミークだ。(30代女性) ――今、読者の勇気が試されている。(40代男性) 森山智仁(著) 米田淳一(編) 杉浦昭太郎(デザイン) NovelJam 2018 出場作品

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入