平間書店

「平間みなの」が各所で出した小説を配信しています。

平間書店

冊数 2

紙本 0

更新 2018.11.26

ジャンル 文芸2

このエントリーをはてなブックマークに追加

そこに物語はあるか。

「平間みなの」名義で、各所イベントで発行した小説の電子書籍を配信しています。
紙本や、「イール」名義の鉄道擬人化本(紙本・ダウンロード共に)をお求めの方は、お手数ですがhttps://iyru.booth.pm/でご購入願います。

  • 『バックパックと海月雲』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    2018.11.26

    d本:226㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    540円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    幼馴染で、小学生の頃から恋人関係を続けていた「ハル」と「シオン」。 二人は大学四年生、就職活動も終えた「平成最後の夏」に、「行ったことのないところへ、旅をしよう」というシオンの提案に、ハルが賛成し、山形、新潟、福島を巡ることに。 荷物は、一人一つのバックパックと、小さなトランクが一つ。 川あり、海あり、山あり―二人は、幻想と浪漫の旅路で、誰に出会い、何を目撃し、体験するのか。 私が今書けるだけを書いた、少し不思議な幻想恋愛譚、あるいは、一つの時代の締めくくりの一幕。 ※背表紙の表示が崩れて表示されるかもしれませんが、どうしても直らないのでこのままにしておきます。 本文を読むのには支障ございません。 ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本
    540円
    購入
    紙の本
    -
    購入

    『バックパックと海月雲』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    -

    幼馴染で、小学生の頃から恋人関係を続けていた「ハル」と「シオン」。
    二人は大学四年生、就職活動も終えた「平成最後の夏」に、「行ったことのないところへ、旅をしよう」というシオンの提案に、ハルが賛成し、山形、新潟、福島を巡ることに。

    荷物は、一人一つのバックパックと、小さなトランクが一つ。
    川あり、海あり、山あり―二人は、幻想と浪漫の旅路で、誰に出会い、何を目撃し、体験するのか。

    私が今書けるだけを書いた、少し不思議な幻想恋愛譚、あるいは、一つの時代の締めくくりの一幕。

    ※背表紙の表示が崩れて表示されるかもしれませんが、どうしても直らないのでこのままにしておきます。
    本文を読むのには支障ございません。
    ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本:540円

  • 『ペーパークラフト』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    2018.11.26

    d本:226㌻ 文庫版

    -

    レビュー 0

    データ本

    540円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『この世界は紙のように丈夫で、紙のように脆い』 現代恋愛小説。東京・池袋と軽井沢を舞台にした、明るいようで仄暗い、大人の恋と罪と傷の物語。 時は初夏、場所は東京・池袋駅、西口方面。 あるバーで、20代後半の主人公・山松裕樹(やままつ・ひろき)は、知り合いの不思議な女―南道睦(なんどう・むつみ)―昔好きだった人と再会する。 だが、南道は山松と離れている間に背負った、ある「秘密」を人知れず抱えていた。 彼女に再び恋をし、その「秘密」を知った時、山松の日々が一転し、南道が好きだという紙工作―ペーパークラフトを通じて、彼女への愛を深めていく。 しかし、南道が隠していた「秘密」は一つではなかった。 やがて時はその年のお盆、山松の帰省先の田舎の親戚との確執、南道の別荘での休暇、そしてそれらをきっかけに、山松は未だ知らない、彼女のより重い「過去」に触れていく―― ・終盤、軽いグロシーンがありますが、ハッピーエンドです。 ・「第二十七回 文学フリマ東京」新刊です。 ※背表紙が崩れて表示されるかもしれませんが、改善しないのでそのままにしております。 読むのに支障はございません。 ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本
    540円
    購入
    紙の本
    -
    購入

    『ペーパークラフト』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    -

    『この世界は紙のように丈夫で、紙のように脆い』 現代恋愛小説。東京・池袋と軽井沢を舞台にした、明るいようで仄暗い、大人の恋と罪と傷の物語。

    時は初夏、場所は東京・池袋駅、西口方面。
    あるバーで、20代後半の主人公・山松裕樹(やままつ・ひろき)は、知り合いの不思議な女―南道睦(なんどう・むつみ)―昔好きだった人と再会する。 だが、南道は山松と離れている間に背負った、ある「秘密」を人知れず抱えていた。
    彼女に再び恋をし、その「秘密」を知った時、山松の日々が一転し、南道が好きだという紙工作―ペーパークラフトを通じて、彼女への愛を深めていく。

    しかし、南道が隠していた「秘密」は一つではなかった。
    やがて時はその年のお盆、山松の帰省先の田舎の親戚との確執、南道の別荘での休暇、そしてそれらをきっかけに、山松は未だ知らない、彼女のより重い「過去」に触れていく――

    ・終盤、軽いグロシーンがありますが、ハッピーエンドです。
    ・「第二十七回 文学フリマ東京」新刊です。

    ※背表紙が崩れて表示されるかもしれませんが、改善しないのでそのままにしております。
    読むのに支障はございません。
    ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本:540円

平間みなの

ファンタジー小説とか恋愛小説とかSFとか、いろいろ書きたいと思っている人。「イール」名義で、鉄道擬人化小説も書いています。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • らいおんのため息

      ユートピアがあると言う。 ないことは知ってる。 行ってみる価値はある・・・。 ※こちらの作品のデータ本のレイアウトは、iPhoneでの表示に最適化されています。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • once again

      once again

      KOHEI.MIYAI著

      MIYAI FILM発行

      「そうだな、何から話そうか・・・。」 静かに語り始めた男は、 物々しい軍隊が建物を包囲する中、 まるで『ゲーム』を楽しむように淡々と、 囚われの身となった人々の中から【選別】を開始する・・・。 「・・・『研究』と言って欲しいもんだね。せめて。」 やがて、眠りについた男が見た夢は・・・、 男が、 【人】だった頃の記憶。 男の過去が明かされる時、真の目的が見えてくる。 新感覚【啓蒙小説】。 どうやら物事には順序があります。 どうか、御再読を。 ※こちらの作品は、紙本のレイアウトを重視して作られています。 データ版・EPUB版をデバイスで表示する際、読みづらい可能性がございますが、御了承下さい。

      データ本
      1,080円
      購入
      紙の本
      1,080円
      購入
    • The shynamic Gallery

      The shynamic Gallery

      La CHENAMITOJ/the SHYNAMITES著

      The Mat Mirror publishment発行

      2018年8月12日更新 2018年1月に屋号の日本語表記を改めた故、本書にも新表記を反映致しました。内容に変更等はございません。 ………………………… the SHYNAMITESによる写真・画像・短文の束。 正式にデビューする前から一部で好評だった制作物もございます。 *データ本はきわめて高額なのでご注意ください。

      データ本
      32,400円
      購入
      紙の本
      2,646円
      購入
    • 書籍002参考書

      新しいブックフォーマット「書籍002」をより良く使っていただくための参考書です。あわせて「紙のBCCKS」についても解説しています。より良い本づくりに役立てください。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 運命の泉 上 (前編)

      左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか? 運命の泉 上  (前編)  主人公は、運命の人を探すために旅に出た。何一つの目的地もないまま生まれ育ったところから出て初めての街に着くのだった。その街に着いてみると何か何まで初めて見る物であり光景であり。全てのことに驚くのだが、そこで、初めての試練であり。左手の小指ある赤い感覚器官の指示であり。運命の相手を探すための時の流れの修正が開始されたのだ。その修正の内容の中には初めての街を救うために隣の街から援軍の要請に向かう。その途中で何者か知らない者に襲われて・・・・知らない村に着いた。だが、幼児後退などの病気に掛かってしまったが病気は治るのだろうか、運命の相手には会えるのだろうか、運命の相手とは誰なのだろうか・・・・。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      980円
      購入
    • 早く月に帰りたい

      早く月に帰りたい

      垣根 新著

      垣根 新出版発行

      主人公の輪は、月の住人だ。月人は、背中に蜉蝣のような羽を持ち、左手の小指に赤い感覚器官があった。背中の羽で、他世界、過去、未来を飛び、赤い感覚器官で、連れ合いを探す為の導きを示す。輪は、連れ合いを探し出す事できるか?。そして、連れ合いと共に月に帰る事ができるか?

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,300円
      購入