平間書店

「平間みなの」が各所で出した小説を配信しています。

平間書店

冊数 6

紙本 6

更新 2020.05.06

ジャンル SF・ホラー・ファンタジー1 ロマンス3 文芸2

このエントリーをはてなブックマークに追加

そこに物語はあるか。

「平間みなの」名義で、各所イベントで発行した小説の紙本販売、電子書籍の配信を行っています。
「イール」名義の鉄道擬人化本(紙本・ダウンロード共に)をお求めの方は、ジャンルの都合上、お手数ですがhttps://iyru.booth.pm/でご購入願います。

  • 『Anti the Harmonia』

    平間みなの著

    平間書店発行

    SF・ホラー・ファンタジー

    2020.05.05

    d本:288㌻ 文庫版

    紙本:288㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 16

    レビュー 0

    データ本

    825円

    紙本

    1,520円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    冴えない大学生が、世界の平和に貢献しようとする組織の一員となったが… 架空生物系SF小説。 世間を騒がせている、黒くもじゃもじゃとした危険生物、『アンチ・ザ・ハルモニア』、略称AHM。主人公、篠山裕樹は、冴えない大学生だったが、大学の健康診断をきっかけに、AHMの退治・研究にあたる機関の一員として抜擢される。 だがそこで彼を待ち受けていたのは、AHMの退治という仕事だけではなく、AHMにまつわる疑惑の数々だった。 果たして篠山は、その疑惑にどう立ち向かっていくのか? そして機関の運命は?

    データ本
    825円
    購入
    紙の本
    1,520円
    購入

    『Anti the Harmonia』

    平間みなの著

    平間書店発行

    SF・ホラー・ファンタジー

    -

    冴えない大学生が、世界の平和に貢献しようとする組織の一員となったが…
    架空生物系SF小説。
    世間を騒がせている、黒くもじゃもじゃとした危険生物、『アンチ・ザ・ハルモニア』、略称AHM。主人公、篠山裕樹は、冴えない大学生だったが、大学の健康診断をきっかけに、AHMの退治・研究にあたる機関の一員として抜擢される。
    だがそこで彼を待ち受けていたのは、AHMの退治という仕事だけではなく、AHMにまつわる疑惑の数々だった。
    果たして篠山は、その疑惑にどう立ち向かっていくのか? そして機関の運命は?

    データ本:825円

    紙本:1,520円

  • 『Achernar-First』

    平間みなの著

    平間書店発行

    ロマンス

    2019.04.01

    d本:194㌻ 文庫版

    紙本:192㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 7

    レビュー 0

    データ本

    550円

    紙本

    1,067円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    Achernar-First

    平間みなの著

    平間書店発行

    これは、醜くて、痛々しくて、しかし美しい、男二人の愛の物語―― 『平間文庫』第3弾は、仄かに暗い、けれども幸せを掴もうともがく二人のゲイ文学。 背は低いけれども美少年面、少しツンデレの入った30代ゲイ、川崎翔(かわさき・かける)。彼は喘息の発作で入院し、同じ病室にいた、同い年で長身、こちらも美青年の、しかし既婚男性、猫属性な青井澪(あおい・みお)に一目惚れ。 相手が既婚者なため、諦めようと思った川崎だったが、家族の面会の終わった夜、青井から熱烈な愛の告白を受ける―― 上巻(この本)は出会いとデート編。下巻は幸せへの東奔西走編。 ※本格的な性描写があるため、18禁とさせていただきます。ご了承ください。 『第28回文学フリマ』新刊。 ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    1,067円
    購入

    『Achernar-First』

    平間みなの著

    平間書店発行

    ロマンス

    -

    これは、醜くて、痛々しくて、しかし美しい、男二人の愛の物語――
    『平間文庫』第3弾は、仄かに暗い、けれども幸せを掴もうともがく二人のゲイ文学。
    背は低いけれども美少年面、少しツンデレの入った30代ゲイ、川崎翔(かわさき・かける)。彼は喘息の発作で入院し、同じ病室にいた、同い年で長身、こちらも美青年の、しかし既婚男性、猫属性な青井澪(あおい・みお)に一目惚れ。
    相手が既婚者なため、諦めようと思った川崎だったが、家族の面会の終わった夜、青井から熱烈な愛の告白を受ける――
    上巻(この本)は出会いとデート編。下巻は幸せへの東奔西走編。
    ※本格的な性描写があるため、18禁とさせていただきます。ご了承ください。

    『第28回文学フリマ』新刊。

    ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本:550円

    紙本:1,067円

  • 『Achernar-Second』

    平間みなの著

    平間書店発行

    ロマンス

    2019.04.01

    d本:194㌻ 文庫版

    紙本:192㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 7

    レビュー 0

    データ本

    550円

    紙本

    1,067円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    Achernar-Second

    平間みなの著

    平間書店発行

    これは、醜くて、痛々しくて、しかし美しい、男二人の愛の物語―― 『平間文庫』第3弾は、仄かに暗い、けれども幸せを掴もうともがく二人のゲイ文学。 背は低いけれども美少年面、少しツンデレの入った30代ゲイ、川崎翔(かわさき・かける)。彼は喘息の発作で入院し、同じ病室にいた、同い年で長身、こちらも美青年の、しかし既婚男性、猫属性な青井澪(あおい・みお)に一目惚れ。 相手が既婚者なため、諦めようと思った川崎だったが、家族の面会の終わった夜、青井から熱烈な愛の告白を受ける―― 上巻は出会いとデート編。下巻(この本)は幸せへの東奔西走編。 ※本格的な性描写があるため、18禁とさせていただきます。ご了承ください。 『第28回文学フリマ』新刊。 ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    1,067円
    購入

    『Achernar-Second』

    平間みなの著

    平間書店発行

    ロマンス

    -

    これは、醜くて、痛々しくて、しかし美しい、男二人の愛の物語――
    『平間文庫』第3弾は、仄かに暗い、けれども幸せを掴もうともがく二人のゲイ文学。
    背は低いけれども美少年面、少しツンデレの入った30代ゲイ、川崎翔(かわさき・かける)。彼は喘息の発作で入院し、同じ病室にいた、同い年で長身、こちらも美青年の、しかし既婚男性、猫属性な青井澪(あおい・みお)に一目惚れ。
    相手が既婚者なため、諦めようと思った川崎だったが、家族の面会の終わった夜、青井から熱烈な愛の告白を受ける――
    上巻は出会いとデート編。下巻(この本)は幸せへの東奔西走編。
    ※本格的な性描写があるため、18禁とさせていただきます。ご了承ください。

    『第28回文学フリマ』新刊。

    ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本:550円

    紙本:1,067円

  • d本:70㌻ 文庫版

    紙本:64㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 11

    レビュー 0

    データ本

    275円

    紙本

    671円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    平間みなのの本、第4弾はゲイ短編集です。 ・夏休みの間だけ別荘に、猫耳に尻尾姿、首に鈴で軟禁される男(会社社長)とご主人様(社長秘書)のお話「ロシアン・ブルー」(書き下ろし) ・一杯のミルクティーで胃袋を掴むお話。おとなしめショタ×わんぱくショタからの大学生×大学生「ロイヤル・ミルクティー」(書き下ろし) ・大学の先輩と後輩の秘密の恋のお話「卒業」(Web再録) の三本を収録しています。 『第28回文学フリマ』新刊。 ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本
    275円
    購入
    紙の本
    671円
    購入

    『ロシアン・ブルー -ゲイ文学短編集 Ⅰ-』

    平間みなの著

    平間書店発行

    ロマンス

    -

    平間みなのの本、第4弾はゲイ短編集です。
    ・夏休みの間だけ別荘に、猫耳に尻尾姿、首に鈴で軟禁される男(会社社長)とご主人様(社長秘書)のお話「ロシアン・ブルー」(書き下ろし)
    ・一杯のミルクティーで胃袋を掴むお話。おとなしめショタ×わんぱくショタからの大学生×大学生「ロイヤル・ミルクティー」(書き下ろし)
    ・大学の先輩と後輩の秘密の恋のお話「卒業」(Web再録)
    の三本を収録しています。

    『第28回文学フリマ』新刊。

    ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本:275円

    紙本:671円

  • 『バックパックと海月雲』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    2018.11.26

    d本:226㌻ 文庫版

    紙本:224㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 20

    レビュー 0

    データ本

    550円

    紙本

    1,166円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    幼馴染で、小学生の頃から恋人関係を続けていた「ハル」と「シオン」。 二人は大学四年生、就職活動も終えた「平成最後の夏」に、「行ったことのないところへ、旅をしよう」というシオンの提案に、ハルが賛成し、山形、新潟、福島を巡ることに。 荷物は、一人一つのバックパックと、小さなトランクが一つ。 川あり、海あり、山あり―二人は、幻想と浪漫の旅路で、誰に出会い、何を目撃し、体験するのか。 私が今書けるだけを書いた、少し不思議な幻想恋愛譚、あるいは、一つの時代の締めくくりの一幕。 ※背表紙の表示が崩れて表示されるかもしれませんが、どうしても直らないのでこのままにしておきます。 本文を読むのには支障ございません。 ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    1,166円
    購入

    『バックパックと海月雲』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    -

    幼馴染で、小学生の頃から恋人関係を続けていた「ハル」と「シオン」。
    二人は大学四年生、就職活動も終えた「平成最後の夏」に、「行ったことのないところへ、旅をしよう」というシオンの提案に、ハルが賛成し、山形、新潟、福島を巡ることに。

    荷物は、一人一つのバックパックと、小さなトランクが一つ。
    川あり、海あり、山あり―二人は、幻想と浪漫の旅路で、誰に出会い、何を目撃し、体験するのか。

    私が今書けるだけを書いた、少し不思議な幻想恋愛譚、あるいは、一つの時代の締めくくりの一幕。

    ※背表紙の表示が崩れて表示されるかもしれませんが、どうしても直らないのでこのままにしておきます。
    本文を読むのには支障ございません。
    ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本:550円

    紙本:1,166円

  • 『ペーパークラフト』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    2018.11.26

    d本:226㌻ 文庫版

    紙本:224㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 20

    レビュー 0

    データ本

    550円

    紙本

    1,166円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    『この世界は紙のように丈夫で、紙のように脆い』 現代恋愛小説。東京・池袋と軽井沢を舞台にした、明るいようで仄暗い、大人の恋と罪と傷の物語。 時は初夏、場所は東京・池袋駅、西口方面。 あるバーで、20代後半の主人公・山松裕樹(やままつ・ひろき)は、知り合いの不思議な女―南道睦(なんどう・むつみ)―昔好きだった人と再会する。 だが、南道は山松と離れている間に背負った、ある「秘密」を人知れず抱えていた。 彼女に再び恋をし、その「秘密」を知った時、山松の日々が一転し、南道が好きだという紙工作―ペーパークラフトを通じて、彼女への愛を深めていく。 しかし、南道が隠していた「秘密」は一つではなかった。 やがて時はその年のお盆、山松の帰省先の田舎の親戚との確執、南道の別荘での休暇、そしてそれらをきっかけに、山松は未だ知らない、彼女のより重い「過去」に触れていく―― ・終盤、軽いグロシーンがありますが、ハッピーエンドです。 ・「第二十七回 文学フリマ東京」新刊です。 ※背表紙が崩れて表示されるかもしれませんが、改善しないのでそのままにしております。 読むのに支障はございません。 ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本
    550円
    購入
    紙の本
    1,166円
    購入

    『ペーパークラフト』

    平間みなの著

    平間書店発行

    文芸

    -

    『この世界は紙のように丈夫で、紙のように脆い』 現代恋愛小説。東京・池袋と軽井沢を舞台にした、明るいようで仄暗い、大人の恋と罪と傷の物語。

    時は初夏、場所は東京・池袋駅、西口方面。
    あるバーで、20代後半の主人公・山松裕樹(やままつ・ひろき)は、知り合いの不思議な女―南道睦(なんどう・むつみ)―昔好きだった人と再会する。 だが、南道は山松と離れている間に背負った、ある「秘密」を人知れず抱えていた。
    彼女に再び恋をし、その「秘密」を知った時、山松の日々が一転し、南道が好きだという紙工作―ペーパークラフトを通じて、彼女への愛を深めていく。

    しかし、南道が隠していた「秘密」は一つではなかった。
    やがて時はその年のお盆、山松の帰省先の田舎の親戚との確執、南道の別荘での休暇、そしてそれらをきっかけに、山松は未だ知らない、彼女のより重い「過去」に触れていく――

    ・終盤、軽いグロシーンがありますが、ハッピーエンドです。
    ・「第二十七回 文学フリマ東京」新刊です。

    ※背表紙が崩れて表示されるかもしれませんが、改善しないのでそのままにしております。
    読むのに支障はございません。
    ※紙本はhttps://iyru.booth.pm/にてお求めください。

    データ本:550円

    紙本:1,166円

平間みなの

ファンタジー小説とか恋愛小説とかSFとか、いろいろ書きたいと思っている人。「イール」名義で、鉄道擬人化小説も書いています。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店