明哲の舎

明哲の舎

冊数 0

紙本 0

更新 2017.07.23

このエントリーをはてなブックマークに追加

book List

高山直人

青森県生まれ。 2009年~2012年:ネット右翼 2012年~2014年:左翼 2014年~現在:「左翼」知識人

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • MOJIの群レ(データ配信版)

      小説は、結局のところ文字の群れなんじゃないの? という御意見をもとに書き上げた作品です。モナドを追いかけたり、野菜が氾濫していたり、不思議な列車に乗ったりします。執筆当時、多和田葉子について研究していたため、その影響がかなりにじみ出ています。過去に作成した『MOJIの群レ』(2008.5.11/2009.8.16)と『紙の束』(2011.6.12)との二冊をまとめたものになります。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • エソラコーヘレト(データ配信版)

      考えるということが内容の主軸となっている冊子をまとめました。身近なところから、やたら小難しいところまでと、考えていることは幅広いですが、私がなにかがむしゃらに考えているという点についてはともかく共通しています。 『楽園のまなざし』(2011.11.3)、『エソラコーヘレト』(2012.11.18)、『大切なことは、そんなに多くない。』(2009.5.10/2009.12.6)、および、未発表の文章をまとめました。

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      購入
    • C

      C

      Maruo003著

      Studio baysick発行

      「C」という作品集。MixからTearsまでの作品を再考。そして、2012年、「アートの今、岡山2012 風景をこえて」展、出品作品をまとめた、数個の要素から成る、カラーを題材にした作品集。ストリーではなく、そこには、詩がある。そんな作品だと作者は思っております。よろしくお願い致します。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • Flower

      Flower

      Maruo003著

      Studio baysick発行

      花。静物であり、生物である。ゆっくりと、色々な角度から見る。そっと、時には荒っぽく。だけど、なぜか最終的には、優しくなる。まさか、花と向き合う日が来ようとは。僕の野暮な心を花は何かにかえていってくれるような気がした。 引き続き、花の写真を継続して撮影して行こうとおもっております。まだまだ、ページ数は少ないですが、よければ見てください。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入