shosi-shosi

書肆しょし

shosi-shosi

書肆しょし

冊数 2

紙本 0

更新 2017.11.27

ジャンル その他2

このエントリーをはてなブックマークに追加

創作の孤独と商いの社交。夢中で浮わついたり不安でひっこんだりしながら、進んでゆきます。書肆は本の制作・販売を表し「しょし」は秋田の方言で「恥ずかしい」の意味です。恥ずかしがり屋の店主は、ひょっとこやオカメのお面をつけます。現在、秋田県に実店舗(本屋)を製作中。

  • 『書肆しょし_0号』

    書肆しょし著

    物書商工会議所発行

    その他

    2017.11.27

    d本:22㌻ 新書版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    書肆しょし_0号

    書肆しょし著

    物書商工会議所発行

    秋田県にある本屋「書肆しょし」店主のボヤキを編集しました。本の紹介から東北4県を巡るレポ、付箋漫画など掲載しています。 #ときめき交換日記

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『書肆しょし_0号』

    書肆しょし著

    物書商工会議所発行

    その他

    -

    秋田県にある本屋「書肆しょし」店主のボヤキを編集しました。本の紹介から東北4県を巡るレポ、付箋漫画など掲載しています。
    #ときめき交換日記

    データ本:無料

  • 『名称未設定 vol.3』

    蟹川森子著

    物書商工会議所発行

    その他

    2014.12.06

    d本:18㌻ 新書版

    -

    レビュー 3

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    名称未設定 vol.3

    蟹川森子著

    物書商工会議所発行

    2014年12月5日更新 ③ 2014.12.6 ………………………… 君はこの本をきっと開くだろう。それから、君はこの本を閉じるだろう。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『名称未設定 vol.3』

    蟹川森子著

    物書商工会議所発行

    その他

    -

    2014年12月5日更新
    ③ 2014.12.6
    …………………………
    君はこの本をきっと開くだろう。それから、君はこの本を閉じるだろう。

    データ本:無料

蟹川森子

蟹川森子です。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 夜を守る者達

      優しき獣との盟約を胸に、平原と外の世界とを隔てる砦『始まりの都』を魔物の襲撃から守る『夜を守る者』の、終わりから始まりまでの物語。Web企画『宿語りのシーガル』(http://wonmaga.jp/project/winter2015/index.html)に寄稿した物語「夜を守る者」(http://wonmaga.jp/project/winter2015/contents/91982.html)スピンオフ作品。

      データ本
      270円
      購入
      紙の本
      購入
    • 混沌の刻へ

      ファンタジー長編。 困り果てた少女に手を貸すだけだったはずの冒険者たちは、知らず知らずのうちに『世界の運命』に巻き込まれてしまっていた。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 恋するタブリエ Ⅱ.恋の章の終わりに

      ソムリエール頼子は黒、料理人美奈は白のタブリエ(エプロン)をつけて働く三十歳目前の女の子。タブリエの色と同じく、性格も正反対のふたりの仕事と恋の物語。 *  人はすぐに快適なものの方へ流される。  美奈はそれが怖い。  一度心地よさを知ると、失ったときの苦しさは耐え難い。  だから美奈はなるべく人と関わらないようにしてきたし、物をあまり持たない。  誰かの肩に寄りかかってはいけない。もちろん、頼子にも。  美奈はキュッと唇を結ぶ。  頼子は前に終わった恋愛で人肌の温かさを知ったと言った。  美奈はそれ以上に、失った後の冷たさのことを強く覚えている。 * 仕事に、恋に。 悩める女性に読んで欲しい。 共幻文庫 短編小説コンテスト2015 最優秀作品賞『恋の章の終わりに』連載化作品 * 〈著者紹介〉 浜野稚子(はまのわかこ) 関西在住の主婦。 「自分だけの切り口を見つけて、普通の人の日常をよりリアルに感じていただけるような物語を書きたいと思います」

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 恋するタブリエ Ⅴ.どうなりたいの?

      ソムリエール頼子は黒、料理人美奈は白のタブリエ(エプロン)をつけて働く三十歳目前の女の子。タブリエの色と同じく、性格も正反対のふたりの仕事と恋の物語。 *  皿をひっくり返せばブランド名が記されているとは思うが、それをチェックするのはやめた。  高級な洋食器ブランドの名前など美奈にはどうせわからない。  自分の店を持つとしたら―――。  買ってもいない宝くじの賞金の使い道を夢想するように考えることはある。  自分なりにこだわった食器を使って、自分なりの店を、と。  しかし、美奈の考える「こだわり」はこの店のような高級さとは違う。  河田と一緒に店を、なんて一瞬でも夢見たあの頃の自分の若さに美奈はにが笑いした。  描いていた未来はもともと違うものだったようだ。 「すごいなぁと思うんですけど、俺のしたいのとは違います。資金とか度外視しても」  ガラスの向こうの庭を真っ直ぐ見て話す遠山の瞳に、照明の光が映りこんで暖かいオレンジ色に光る。 「うん。私も」 「ですよね。美奈さんもこういう感じやないやろうと思いました」  ふっ、と同時に息をついて笑う。  良かった。一緒に働く遠山が自分と全く違う方を向いてなくて。  美奈はテーブルの上の遠山の大きな左手を握りたいような気持ちになった。 * 〈著者紹介〉 浜野稚子(はまのわかこ) 関西在住の主婦。 「自分だけの切り口を見つけて、普通の人の日常をよりリアルに感じていただけるような物語を書きたいと思います」 ☆Twitter:https://twitter.com/hamano_wakako ★作品HP:http://koisurutablier.officialblog.jp

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 彼方に吹く風

      彼方に吹く風

      吉田航著

      月夜と少年発行

      芸術は、この世界においてまだ有効な表現活動となりえるのでしょうか。半ば何かにすがるように、身近にいるアーティスト達に「100年後の未来に残したいモノは何か?」と聞き始めたのです。 9名のアーティスト達のインタビューと、尾道市光明寺會舘で行われた展覧会と滞在制作の様子をまとめたドキュメントブック。

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      1,597円
      購入