米川研究所

サブタイトルを入れます

米川研究所

冊数 1

紙本 0

更新 2016.11.28

ジャンル 人文学1

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『『論語』枢密の編集思想』

    米川 浩著

    米川研究所発行

    人文学

    2017.04.26

    d本:1180㌻ A5変形版

    -

    レビュー 0

    データ本

    2,750円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    「論語」の編集の仕方については、特に決まった方針のない雑録と見られてきた。しかし実際には、「論語」全体にも又各篇内部にもストーリーがあり、編集者たちはそこに深遠な思想を込めている。2000年来の通説を破る新説。

    データ本
    2,750円
    購入
    紙の本
    購入

    『『論語』枢密の編集思想』

    米川 浩著

    米川研究所発行

    人文学

    -

    「論語」の編集の仕方については、特に決まった方針のない雑録と見られてきた。しかし実際には、「論語」全体にも又各篇内部にもストーリーがあり、編集者たちはそこに深遠な思想を込めている。2000年来の通説を破る新説。

    データ本:2,750円

米川研究所


  1  Ameba(アメーバ)     ブログ
  元おたくNO1 (プロ   フィールの部)
   mysite 米川研究所

  をご覧ください

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • いつか、二人の時間

      大切なものはみんななくなってしまうと感じた少女、自分が死ぬ運命にあることを恐れた少年。それぞれの道を歩んでいく二人の人生が交差する時間。少年少女であった1988年、性に眼ざめる1995年、異性との関係に溺れていた2001年、人生の転機に迷う2006年、そして新しい人生を歩もうとする2010年。それぞれの欠けたものを追い求めていく二人の人生を追いながら、二人の時間の重なり合いを描いた短編小説。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 今日は木曜日

      編み物教室に通って日々を過ごすある高齢男性の話。記憶こそが人生か。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • First impression

      First impression

      Tomoko Oosuki著

      STUDIO PETIT発行

      2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。 2001年7〜8月にネガフイルムで撮影したものを、2013年にデジタル化。柴田翔「されどわれらが日々ー」(文春文庫)装丁写真も収録。 1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。 ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。 → https://instagram.com/komabaryo/ ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

      データ本
      1,650円
      購入
      紙の本
      1,628円
      購入
    • Lost Paradise

      Lost Paradise

      Tomoko Oosuki著

      STUDIO PETIT発行

      2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。 2001年7〜8月にネガフイルムで撮影したものを、2013年にデジタル化。1000枚以上の写真の中から、「屋上」の写真のみを選んだ編集版。1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。 ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。 → https://instagram.com/komabaryo/ ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

      データ本
      1,650円
      購入
      紙の本
      1,628円
      購入
    • 雨降り岬

      雨降り岬

      由良辺みこと著

      たまゆら書房発行

      中つ国に暮らす少女ナチは、姉の婚姻に反対だった。けれど、遠い異国の地である高天原へ嫁ぐという姉には、ナチの知らない秘密があった。姉の想いを知り、婚姻の儀へと向かう決意をしたナチの前に、やがて、一頭の白い牡鹿が現れる――。 姉を慕う少女がたどる和風ファンタジー。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 百鬼夜行童子

      百鬼夜行童子

      由良辺みこと著

      たまゆら書房発行

      大飢饉を孤独に生きていた「おれ」。ただただ飢えと渇きを癒やすため、無人の民家を漁り、死人の骸を漁ってきた。明日への絶望などなければ、希望もない。けれど、「そいつ」と出会ったときから、「おれ」の世界は色を変えた。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入