ようこそ

風の書店

ようこそ

風の書店

冊数 2

紙本 2

更新 2017.08.24

ジャンル 文芸2

このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ「風の書店」へここは、角田康の小説を個人出版する<風博士出版>の書店です。オリジナル小説を販売しております。どうぞタチヨミしていってください。

  • 『小さな者たち』

    角田 敏康著

    本の工房 ぽけっと発行

    文芸

    2018.09.27

    d本:44㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 172

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    611円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    小さな者たち

    角田 敏康著

    本の工房 ぽけっと発行

    紙本のため、短編『朝、凪』を併録し、さらには新しい表紙に生まれ変わりました。 ぜひ、紙本版、お買い求めください! 七歳の時、あさ美は友達のより子を守れなかった。 教室の喧騒にかき消され、届かなかった言葉が、その姿を虫に変えて指先から飛び立っていった。 彼女の成長とともに美しく変化していく虫。飛び立つ姿を、自分の中から美しさが消えていく様子だと感じたあさ美は、次第に口を閉ざし、人と距離を置くようになっていく。 そんな彼女を待ち受けていたのは、高校での辛い日々だった。 伝わらない、伝えられない、伝えたくない。それでも言葉を発した少女に訪れた、小さな者たちからの祝福と、切なさに満ちた自身の飛び立ちの瞬間を描いた、記念すべき著者の電子出版第一作。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    611円
    購入

    『小さな者たち』

    角田 敏康著

    本の工房 ぽけっと発行

    文芸

    -

    紙本のため、短編『朝、凪』を併録し、さらには新しい表紙に生まれ変わりました。
    ぜひ、紙本版、お買い求めください!

    七歳の時、あさ美は友達のより子を守れなかった。
    教室の喧騒にかき消され、届かなかった言葉が、その姿を虫に変えて指先から飛び立っていった。
    彼女の成長とともに美しく変化していく虫。飛び立つ姿を、自分の中から美しさが消えていく様子だと感じたあさ美は、次第に口を閉ざし、人と距離を置くようになっていく。
    そんな彼女を待ち受けていたのは、高校での辛い日々だった。
    伝わらない、伝えられない、伝えたくない。それでも言葉を発した少女に訪れた、小さな者たちからの祝福と、切なさに満ちた自身の飛び立ちの瞬間を描いた、記念すべき著者の電子出版第一作。

    データ本:220円

    紙本:611円

  • 『さくらんぼの描き方』

    角田 敏康著

    本の工房 ぽけっと発行

    文芸

    2017.12.17

    d本:92㌻ 文庫版

    紙本:96㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 77

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    764円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    さくらんぼの描き方

    角田 敏康著

    本の工房 ぽけっと発行

    とんでもないよ、絵って。 途方もないよ、描くって。 高校卒業を間近に控えた主人公の「僕」に届いた、美大の不合格通知。 希望を失った「僕」は、絵を描く意味さえ見失ってしまう。 恋人の智子を描き続けた果てに、行く先のないまま迎えることになった高校生活の終わり。 受験に失敗した「僕」に智子が提示した罰ゲームは、「私のパンツを履いて卒業式に出ること」だった!! 2人だけの秘密を制服のズボンの下に隠しながら挑んだ卒業式の日に、「僕」が再び手を伸ばそうとしたものは何だったのか。 真面目な振りしてとんでもない! とんでもないけどとっても一途! 絵を描くことと、愛することと、進んで行くことと、それからもっといろんなことと、これからのことを描いた著者第二作目。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    764円
    購入

    『さくらんぼの描き方』

    角田 敏康著

    本の工房 ぽけっと発行

    文芸

    -

    とんでもないよ、絵って。
    途方もないよ、描くって。


    高校卒業を間近に控えた主人公の「僕」に届いた、美大の不合格通知。
    希望を失った「僕」は、絵を描く意味さえ見失ってしまう。
    恋人の智子を描き続けた果てに、行く先のないまま迎えることになった高校生活の終わり。
    受験に失敗した「僕」に智子が提示した罰ゲームは、「私のパンツを履いて卒業式に出ること」だった!!
    2人だけの秘密を制服のズボンの下に隠しながら挑んだ卒業式の日に、「僕」が再び手を伸ばそうとしたものは何だったのか。

    真面目な振りしてとんでもない!
    とんでもないけどとっても一途!

    絵を描くことと、愛することと、進んで行くことと、それからもっといろんなことと、これからのことを描いた著者第二作目。

    データ本:220円

    紙本:764円

風博士出版

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • THEY / 彼等

      2017年1月21日更新 背表紙/表4修正 ………………………… 写真家 遠藤彰 初の写真集「THEY / 彼等」 記憶を呼び覚ます装置として「彼等」や「扉」「カーテン」は存在する。ひかりの痕跡を頼りに、不在とノスタルジアを映し出した珠玉の短編写真集。

      データ本
      1,650円
      購入
      紙の本
      2,145円
      購入
    • 鬼嫁です

      鬼嫁です

      未衣子著

      さいたま養豚場発行

      おい、ふざけんなよ! 既婚・子なし・兼業主婦。結婚したばかりの鬼嫁が、結婚にまつわるあれこれについて口うるさく述べたり、ディスったりするエッセー。 ■産みなさいと言われるとマジでムカつきます ■氏名変更は困難です ■子どもを産まない人間は幼稚なのか ■誰かの《お母さん》と遊んで思うこと ■寿退社というカードの切り方 ■結婚式はいつやればいいのか ■好かれる義理の両親になりたければ息子夫婦を無視しろ ■フラッシュモブで離婚に思うこと ■ハラスメントのない社会 ■子どもは欲しくないけど子どもをトイザらスに連れていきたい ■夫が仕事を辞めたけど意外と大丈夫だ ■お前らはなんのために浮気と風俗の話をするのか

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      660円
      購入
    • ラッキーガール~お金が集まる~

      あなたもわたしも大好きな、お金にまつわるエッセイ♡ 社会で生きている限り、みんなが必ず金を使っているのに、金について語る機会の方はあまり用意されていない。だから、勝手に作っちゃいました! ■あなたも金が好きですか? ~はじめに、に代えて~ ■理論上生きていけていない ■男性は女性よりも収入が高くなくてもいいのに ■わたしに金はあるのかな、それともないのかな ■買ってはいけない、は呪いの言葉 ■『この世界の片隅に』から学ぶへそくりのステキな使い方 ■宝くじで見られる夢 ■金持ちをディスっていいのは金持ちだけと言うけれど ■欲しいのはほんとうにジルスチュアートのコスメだったのかしら ■大金をかける買い物だけが記憶に残るわけじゃない ■いくら金をもらえてもやりたくない仕事がある ■マイカーへ十円傷をつけた犯人に告ぐ ■いつ死ぬかわからないのに貯金をするのがつらい ~おわりに、に代えて~

      データ本
      330円
      購入
      紙の本
      660円
      購入