ようこそ

風の書店

ようこそ

風の書店

冊数 2

紙本 2

更新 2017.08.24

ジャンル 文芸2

このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ「風の書店」へここは、角田康の小説を個人出版する<風博士出版>の書店です。オリジナル小説を販売しております。どうぞタチヨミしていってください。

  • 『小さな者たち』

    角田 康著

    風博士出版発行

    文芸

    2017.09.26

    d本:40㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 122

    レビュー 0

    データ本

    216円

    紙本

    600円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    小さな者たち

    角田 康著

    風博士出版発行

    紙本のため、短編『朝、凪』を併録しました! ぜひ、紙本版、お買い求めください! 七歳の時、あさ美は友達のより子を守れなかった。 教室の喧騒にかき消され、届かなかった言葉が、その姿を虫に変えて指先から飛び立っていった。 彼女の成長とともに美しく変化していく虫。飛び立つ姿を、自分の中から美しさが消えていく様子だと感じたあさ美は、次第に口を閉ざし、人と距離を置くようになっていく。 そんな彼女を待ち受けていたのは、高校での辛い日々だった。 伝わらない、伝えられない、伝えたくない。それでも言葉を発した少女に訪れた、小さな者たちからの祝福と、切なさに満ちた自身の飛び立ちの瞬間を描いた、記念すべき著者の電子出版第一作。

    データ本
    216円
    購入
    紙の本
    600円
    購入

    『小さな者たち』

    角田 康著

    風博士出版発行

    文芸

    -

    紙本のため、短編『朝、凪』を併録しました!
    ぜひ、紙本版、お買い求めください!

    七歳の時、あさ美は友達のより子を守れなかった。
    教室の喧騒にかき消され、届かなかった言葉が、その姿を虫に変えて指先から飛び立っていった。
    彼女の成長とともに美しく変化していく虫。飛び立つ姿を、自分の中から美しさが消えていく様子だと感じたあさ美は、次第に口を閉ざし、人と距離を置くようになっていく。
    そんな彼女を待ち受けていたのは、高校での辛い日々だった。
    伝わらない、伝えられない、伝えたくない。それでも言葉を発した少女に訪れた、小さな者たちからの祝福と、切なさに満ちた自身の飛び立ちの瞬間を描いた、記念すべき著者の電子出版第一作。

    データ本:216円

    紙本:600円

  • 『さくらんぼの描き方』

    角田 康著

    風博士出版発行

    文芸

    2017.12.17

    d本:84㌻ 文庫版

    紙本:96㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 66

    レビュー 0

    データ本

    378円

    紙本

    810円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    とんでもないよ、絵って。 途方もないよ、描くって。 高校卒業を間近に控えた主人公の「僕」に届いた、美大の不合格通知。 希望を失った「僕」は、絵を描く意味さえ見失ってしまう。 恋人の智子を描き続けた果てに、行く先のないまま迎えることになった高校生活の終わり。 受験に失敗した「僕」に智子が提示した罰ゲームは、「私のパンツを履いて卒業式に出ること」だった!! 2人だけの秘密を制服のズボンの下に隠しながら挑んだ卒業式の日に、「僕」が再び手を伸ばそうとしたものは何だったのか。 真面目な振りしてとんでもない! とんでもないけどとっても一途! 絵を描くことと、愛することと、進んで行くことと、それからもっといろんなことと、これからのことを描いた著者第二作目。

    データ本
    378円
    購入
    紙の本
    810円
    購入

    『さくらんぼの描き方』

    角田 康著

    風博士出版発行

    文芸

    -

    とんでもないよ、絵って。
    途方もないよ、描くって。


    高校卒業を間近に控えた主人公の「僕」に届いた、美大の不合格通知。
    希望を失った「僕」は、絵を描く意味さえ見失ってしまう。
    恋人の智子を描き続けた果てに、行く先のないまま迎えることになった高校生活の終わり。
    受験に失敗した「僕」に智子が提示した罰ゲームは、「私のパンツを履いて卒業式に出ること」だった!!
    2人だけの秘密を制服のズボンの下に隠しながら挑んだ卒業式の日に、「僕」が再び手を伸ばそうとしたものは何だったのか。

    真面目な振りしてとんでもない!
    とんでもないけどとっても一途!

    絵を描くことと、愛することと、進んで行くことと、それからもっといろんなことと、これからのことを描いた著者第二作目。

    データ本:378円

    紙本:810円

風博士出版

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • ウマが逢う話

      ウマが逢う話

      和良 拓馬著

      ワラサンスポーツ出版発行

      好きな競走馬と同じ向きのままで、共に走り続ける。 それが競馬ファンにとって一番幸せなことではないだろうか… 競馬場にて時折起こる、ちょっと不思議な人馬との出逢い。 暖かくてかつ少し切ない、短編競馬エッセイ集……を2017年夏にまさかの大型アップデート。 第80回日本ダービーを舞台にした掌編小説+第59回有馬記念3部作を完全収録。さらに読み応えたっぷりの競馬本となりました! 観戦のお供にぜひお楽しみ下さい!! 【収録作(括弧内は舞台となったレース名)】 ・雲のような存在 ・キズナからの便り(第80回日本ダービー) ・走る天使 ・小さな声の後押し (2014年フェブラリーステークス) ・コスモネモシン (2013年新潟記念) ・風雨が運んだ名勝負 (2014年ジャパンダートダービー) ・追い続ければ、いつかまた逢える (2014年菊花賞) ・わいわい競馬(2013年有馬記念) ・ ギブ・ミー・ア・チャンス(2014年有馬記念) ・最後は笑みを(2014年ファイナルステークス)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      740円
      購入
    • スタジアムの言い訳②

      スタジアムの言い訳②

      和良 拓馬著

      ワラサンスポーツ出版発行

      歓喜、奮戦、そして苦悩。必死になってゲームに挑んでいるからこそ、どうしても一言付け加えたくなってしまう。 ◆さよなら、愛しき巨神兵! 日本ラグビー暗黒時代に現れたヒーローの足跡 「戦術ナドロ」(ネマニ・ナドロ) ◆見上げた先にある、白球と空の色。4本のショート・ベイスボール・エッセイ 「ベースボール・イン・ザ・スカイ」(ブランドン・レアード、中畑清、新井貴浩など) ◆闇の果てまで、声は届いた。リオを目指す「もう一つの」日本代表たち 「念じた先の光」(ブラインドサッカー日本代表) ◆第61回有馬記念にて。僕らは何のために、そして誰のために働くのだろうか? 「自分の仕事」(サトノノブレス) 2015年から16年にかけて発表した作品に、新作書き下ろしエッセイを1本追加収録致しました。気鋭のインディー・スポーツライターが描く、スポーツが見せる新たな風景。人気シリーズの第2弾!

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      643円
      購入
    • オールアバウトオブ鉄研でいず!!

      オールアバウトオブ鉄研でいず!!

      米田淳一著

      米田淳一未来科学研究所発行

      2017年1月18日更新 追記第2話『快挙、そして不安』を追加。 ………………………… 2016年10月27日更新 SF雑誌『オルタナ』への掲載情報を追加第1話として加筆。 ………………………… 2016年10月18日更新 本文追加。 ・付録を新設、「MU」解説図と秋のセルパブSF雑誌マツリの予告を追加。 ………………………… 2016年9月7日更新 「鉄研でいず4」発売情報を追加。 ………………………… 2016年9月3日更新 鉄道マナーとご購読の案内について加筆。 ………………………… 2016年9月2日更新 軽微なミス訂正。 ………………………… 女子だけの鉄研を描いた半分実録小説「鉄研でいず」シリーズのガイドブック。「乙女のたしなみ・テツ道」の入門書として「鉄研でいず」を徹底解説。これであなたも「テツ道」を始められます!

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 僕は君の街を焼いた

      僕は君の街を焼いた

      米田淳一著

      米田淳一未来科学研究所発行

      若く、そしてやさしすぎる日系の米軍爆撃手・ウェンツ少尉と、彼に課せられた任務の空爆で家族を失った日本人の女の子・香椎鏡子(かしい・きょうこ)。本来隔てられるべきその二人。しかしウェンツ大尉の率直な償いの気持ちと、女の子の大いなる意思によって、立場を超え惹かれあい、歴史と運命に立ち向かっていく。  その中で少尉は思い出す。日本を爆撃する高高度のB-29編隊を、ただ一機だけ、さらにその上空から襲い掛かる日本の迎撃機がいた。トージョーでもオスカーでもフランクでもなく、たった一機なのにネメシスとB-29クルーに呼ばれ、恐れられた伝説の迎撃機。ウェンツはGHQに所属しながら、そのまぼろしの迎撃機の秘密を探っていく。

      データ本
      432円
      購入
      紙の本
      1,512円
      購入