天川裕司(佐賀裕司)の、生気を与えるグッズ本の流行

天川文庫

天川裕司(佐賀裕司)の、生気を与えるグッズ本の流行

天川文庫

冊数 0

紙本 0

更新 2017.11.21

このエントリーをはてなブックマークに追加

~読者心得~ この夢日記の各題はすべて著者の夢が織り成した物語の一部に在り、一つ一つの夢とは一続きの連想に在る為、この『夢日記』とは未完の長編と成るものである。尚、この「夢」を眠って見る夢と捉えないで頂いて一向に構わない。「夢」とは現実に浸透して、真実に基いて生き行く物であると独断にて著者が捉えた故である。尚、天川裕司(tenkawa yuji)とは、著者の号である。著者の母の天河神社への憧れ、又、著者が友人と共に同所へキャンプへ行き、一夜を過した思い出の地である為、等の理由に依拠し、号とした訳である。尚、「天河神社」とは奈良県吉野郡天川村坪内に位置する天河神社を指す。 ~The Knowledge for readers~ The contents of dreamy shafts which are spilling from my heaven always compel me to metamorphose myself by the natural dogma. That is, this like mentalism continue to change its realization against the living, and therefore, human spiritualism should be recognized by the specific drawers. This "Drawer" means that human truth gains the individual vanity which aims to achieve to the realistic maternal, and in addition to this elapse, that appearance is related to the fact that this "Mother ship" exists in human technologies. And then individual longing which exists in the supernatural world would get back the former citadel that surely should be brought to us.

book List

天川裕司

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • EGYPT

      EGYPT

      YUKIKOLEMON著

      MICHIKUSA.P発行

      ✴︎ギザのピラミッド、スフィンクス ✴︎サッカラの階段ピラミッド ✴︎アブシンベル神殿 ✴︎フィラエ神殿 を中心に構成しています。 古代エジプトの奇跡! きゃー!かっこよすぎる!!! 光が!影が!うーつーくーしーい✴︎

      データ本
      2,445円
      購入
      紙の本
      6,680円
      購入
    • EGYPT 5

      EGYPT 5

      YUKIKOLEMON著

      MICHIKUSA.P発行

      ✴︎エドフ神殿 ✴︎コム・オンボ神殿 を中心に構成しています。 古代エジプトの奇跡。 なんて美しい光と影でしょう! I ❤︎ EGYPT ❤︎

      データ本
      2,445円
      購入
      紙の本
      6,680円
      購入
    • 恋するタブリエ Ⅵ.あなたがほしい

      「でも、その……一応、そういうんは……はっきりしといた方がよくないですか?」  美奈も納得がいかないといった表情だ。 「何をどうやってはっきりさせんねんな。まぁ、野村さんには後で電話はしてみるけど」  頼子は左手に持った携帯を振って見せる。  いっそ野村が踏み込んできてくれたら、頼子は余計なことを考えずに済んで意外と上手くいくかもしれない。 「頼子さん、……頼子さんの気持ちを大事にしてくださいね……流されんように……よく、考えて。その……私……なんかちょっと、心配です」  まるで美奈に脳内を覗かれたみたいでひやりとした。  核の部分をわざと避けるような言い方で、美奈は忠告めいたことを口にする。  辛気臭い美奈の気遣いが気に障った。  はっきり言えばいいのに。心の中で強がって突っかかる。  実際にはっきり言われたら困るのは頼子だ。  自分の気持ちをどう動かしたらこのもどかしさから解放されるのか、頼子自身わかっていない。 (美奈やって何か悩んどるんやろうが。他人の心配しとる場合ちゃうやろ)  沈黙する頼子と美奈の間を遠山の視線がウロウロとさまよう。 「あの……美奈さん、頼子さん、そろそろケーキ切りましょか。明日も早いですし」  遠山が立ち上がって、冷製料理とデセール用の調理スペースに設置されたナイフラックから長いケーキナイフを抜く。  コックコートを着た遠山は白い騎士のようで、こんな彫刻なかったやろうかと頼子は考える。  おそらく遠山は、最後には美奈のことを颯爽と抱きかかえて救うのだと思う。  羨ましい。  白いトラックに乗った次郎さんが一瞬頼子の頭の中を横切って、止まらずに行ってしまった。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 恋するタブリエ Ⅳ.ワインノート

       ソムリエール頼子は黒、料理人美奈は白のタブリエ(エプロン)をつけて働く三十歳目前の女の子。タブリエの色と同じく、性格も正反対のふたりの仕事と恋の物語。 *  すべての客がほぼ同じ時間にやってきて、店内は一時混沌とした。  上着の預かりや席への案内だけでも手を焼き、コックコート姿の遠山に力を借りることになる。  前菜の盛り付けやメインディッシュに沿える野菜の準備、デセールの仕上げ、洗い物、遠山には遠山の仕事がたくさんあるというのに。  「ごめんね」  頼子はおしぼりを運ぶ遠山にすれ違いざまに声を掛ける。 「大丈夫です。ホールの仕事で判断できない時は、頼子さんの目を見て困ってることを知らせて指示を仰ぐようにって、美奈さんが」 (美奈が……)  いつからなのか。美奈は少しずつ頼もしくなっている。  後輩との呼吸があってきたことで作業に余裕が出来たせいか、周りがよく見えている。  ランチメニューを任され自信をつけてきたし、実際料理技術も上げていた。   (私は何か変われるんやろか)  自分を成長させるような出来事が起きるような気がしない。  回る長縄跳びの輪に一人だけリズムが合わずに入れないような焦りが頼子を支配する。 * 〈著者紹介〉 浜野稚子(はまのわかこ) 関西在住の主婦。 「自分だけの切り口を見つけて、普通の人の日常をよりリアルに感じていただけるような物語を書きたいと思います」 ☆Twitter:https://twitter.com/hamano_wakako ★作品HP:http://koisurutablier.officialblog.jp

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入