天川裕司(佐賀裕司)の、生気を与えるグッズ本の流行

天川文庫

天川裕司(佐賀裕司)の、生気を与えるグッズ本の流行

天川文庫

冊数 0

紙本 0

更新 2017.11.21

このエントリーをはてなブックマークに追加

~読者心得~ この夢日記の各題はすべて著者の夢が織り成した物語の一部に在り、一つ一つの夢とは一続きの連想に在る為、この『夢日記』とは未完の長編と成るものである。尚、この「夢」を眠って見る夢と捉えないで頂いて一向に構わない。「夢」とは現実に浸透して、真実に基いて生き行く物であると独断にて著者が捉えた故である。尚、天川裕司(tenkawa yuji)とは、著者の号である。著者の母の天河神社への憧れ、又、著者が友人と共に同所へキャンプへ行き、一夜を過した思い出の地である為、等の理由に依拠し、号とした訳である。尚、「天河神社」とは奈良県吉野郡天川村坪内に位置する天河神社を指す。 ~The Knowledge for readers~ The contents of dreamy shafts which are spilling from my heaven always compel me to metamorphose myself by the natural dogma. That is, this like mentalism continue to change its realization against the living, and therefore, human spiritualism should be recognized by the specific drawers. This "Drawer" means that human truth gains the individual vanity which aims to achieve to the realistic maternal, and in addition to this elapse, that appearance is related to the fact that this "Mother ship" exists in human technologies. And then individual longing which exists in the supernatural world would get back the former citadel that surely should be brought to us.

book List

天川裕司

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 親子でカフェ時間。(2)

      親子でカフェ時間。(2)

      Chai編集部著

      CMC,INC. Tokachi Mainichi Newspaper,INC.発行

       食事やスイーツを子供と一緒にゆったりと、たまには楽しみたい。小さい子供連れで親子で行けるカフェや息子とデート気分を楽しめるカフェをご紹介します。ちょっと一息の時間を過ごしませんか? ◎café MIRANO ricetto ◎BABY FACE PLANET’S 長﨑屋帯広店 ◎uraniwa café ◎KIMURA SHOKUDO

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • あずき好き(下)

      あずき好き(下)

      Chai編集部著

      CMC,INC. Tokachi Mainichi Newspaper,INC.発行

      全国の菓子メーカーで、人気が高い十勝の小豆。国内生産量の6割が十勝で収穫されています。お菓子だけでなく、いろいろな物に変身している小豆。これから収穫が本格化するおいしい十勝の小豆にChaiが注目しました! 【読書時間:あずきを知りたいだけ】

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 最後の花摘み

      空想の上澄みを一滴一滴採集したアフォリズムと一行物語の書から厳選したセンテンスを採録。また、随想的な創作と詩的な思索による短文、断章を綴ったノートを再構成。エピグラム、あるいは箴言集の形で綴られたこれらに、今回加筆修正を施し、文庫サイズにまとめました。 --------------------------------------- 「美意識というものが他の感覚と異なり圧倒的に独立した個としての感性でありうるのは、こと美意識に関してのみ言及すれば、その片鱗に至るまで他者の流儀や哲学に一切の影響を受けたり干渉されてはならないというその一点にある。何を美しいと感じるか、という自由こそが貴方を貴方たらしめるのです」 「あなたが素敵であればあるほど、あなたの隣に居てはいけない」 「行き先を告げてから、もう十五年間タクシーに乗りつづけているのだが、いまだに目的地に辿り着く気配がない」 ――本文より抜粋 本文・表紙デザイン  箒 処女作「雪とストロベリー」に比べると、日常で使わない難しめの語彙も出てきますし、文章も洗練されています(意図してそのように書きました)。どちらかというと、玄人向けの内容になっています。 ※ときどき発行日時が更新されるのは、誤字脱字等(変換ミス含む)が見つかった際に微細な修正をしているためです。2019夏の文庫化以降で本文に大きな変更はありません。

      データ本
      715円
      購入
      紙の本
      1,452円
      購入
    • 雪とストロベリー

      眠れぬ夜に捧げる、希望と絶望の蝋燭に燈された六十六の幻想小篇集。 著者の処女作となる短篇集。文庫化にあたり、いくつかの話の取捨選択とレイアウトの再構成をしました。 本文・表紙デザイン  箒 一話一話がとても短く、難しい言葉も使っていないので、本を読む習慣がない方でも読みやすくなっています。短いのでちょっとした隙間の時間にすぐ読め、すぐ完結します。洗練された文章を意識していないので、読書慣れした方には物足りなく感じるかもしれませんが、文体云々より発想の多様さが売りの内容なので、読み方次第で楽しめるかと思います。 ※ときどき発行日時が更新されるのは、誤字脱字等(変換ミス含む)が見つかった際に微細な修正をしているためです。2019夏の文庫化以降で本文に大きな変更はありません。

      データ本
      715円
      購入
      紙の本
      1,056円
      購入