Nekoによる旅のほんや

MANGO BOOKS

冊数 5

紙本 0

更新 2015.02.01

ジャンル 旅行5

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nekoによる

 旅 の ほ ん や



南国うろうろ歩き。そこで見たもの。

   なんでもない日、

     なんでもない人、

       なんでもない風景。

  • 『Madurai,Madurai』

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    2015.02.01

    d本:244㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    Madurai,Madurai

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    ヒンドゥーの朗唱とアザーンと賛美歌と。 嵐と落雷、行き会った人々。天使。おしよせる神々。 南インド、マドゥライ日記。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『Madurai,Madurai』

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    -

    ヒンドゥーの朗唱とアザーンと賛美歌と。
    嵐と落雷、行き会った人々。天使。おしよせる神々。
    南インド、マドゥライ日記。

    データ本:無料

  • 『MYSORE days』

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    2014.03.02

    d本:100㌻ 10inch版

    -

    レビュー 3

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    MYSORE days

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    雨と雷。白檀と柘榴。パレス、時計塔、行き交う人々のざわめき。 印象は、ひとつではない。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『MYSORE days』

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    -

    雨と雷。白檀と柘榴。パレス、時計塔、行き交う人々のざわめき。
    印象は、ひとつではない。

    データ本:無料

  • 『jasmin』

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    2013.08.25

    d本:178㌻ 10inch版

    -

    レビュー 2

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    jasmin

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    2013年8月25日更新 「TOY TRAIN etc」の項を加筆しました。 ………………………… 南インドの小さくて、でもカラフルな世界。 個人的 Mamallapuram 本。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『jasmin』

    Neko著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    -

    2013年8月25日更新
    「TOY TRAIN etc」の項を加筆しました。
    …………………………
    南インドの小さくて、でもカラフルな世界。
    個人的 Mamallapuram 本。

    データ本:無料

  • 『旅の途中』

    sasaberi著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    2012.08.05

    d本:136㌻ 10inch版

    -

    レビュー 3

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    旅の途中

    sasaberi著

    MANGO BOOKS発行

    泳ぐ。食べる。散歩する。ハンモックでお昼寝。自由な人たち。 バンコクから南の島へ。旅は続く。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『旅の途中』

    sasaberi著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    -

    泳ぐ。食べる。散歩する。ハンモックでお昼寝。自由な人たち。
    バンコクから南の島へ。旅は続く。

    データ本:無料

  • 『光と闇、蝶のいる庭』

    sasaberi著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    2013.04.10

    d本:256㌻ 10inch版

    -

    レビュー 0

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    2013年3月4日更新 「旅の途中」vol.2の改訂版です。 ………………………… 南の島を出てミャンマー→タイ→カンボジア→タイを巡る日々のスケッチ。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『光と闇、蝶のいる庭』

    sasaberi著

    MANGO BOOKS発行

    旅行

    -

    2013年3月4日更新
    「旅の途中」vol.2の改訂版です。
    …………………………
    南の島を出てミャンマー→タイ→カンボジア→タイを巡る日々のスケッチ。

    データ本:無料

Neko

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • アリアのカプセル

      アリアのカプセル

      みやけゆうこ著

      そうゆーこと出版発行

      絵本が大好きな娘のために、娘が主人公のお話を描きたい! そんな思いからこの絵本は、うまれました。 小さな子どもたちはもちろん、大人の方にも是非たくさん読んでいただきたいです☆ 小さい子はみんな大好きな不思議なガチャガチャがでてくるお話です!

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 棕櫚shuro第二号

      棕櫚shuro第二号

      マルカフェ文藝部著

      マルカフェ文藝部出版発行

      2013年秋冬コレクション。マルカフェ文藝部の季刊誌第二号。 【小説】 石川友助 「灼熱のタンガロア」 市川すなお 「シンゴのフリーズ」 カフェラテ 「ひらめきまんじゅう」 鈴木清涜 「燔祭」 中川マルカ 「ザムザ兄さん」 なかぎりせいじ 「相与田郷ノート(1)『林田 富夫』」 もりせいちる 「リコレクション/Gatto Bianco」 【自由律俳句】 天坂寝覚 「夢につづく」 【コラム】 鈴木清涜 「ヘルツォークの視線」 中川マルカ 「失恋ケイク」 【漫画】 津川智宏/つがわちひろ 「オブクロイ山のヌシ」 【アート、イラスト】 オカザキトモノリ 「マリンライン」 葛城美保子 「002-1」「002‐2」 なかの真実 「桜の樹・秋」

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      1,512円
      購入
    • 棕櫚shuro 創刊号

      棕櫚shuro 創刊号

      マルカフェ文藝部著

      マルカフェ文藝部出版発行

      10名の作家による、珠玉の作品群。 マルカフェ文藝部季刊誌、2013年創刊。 【小説】 ●四代目石川友助「失われた時間」 ●市川すなお「笑いまち」 ●カフェラテ「同太郎のお見舞い」 ●鈴木清涜(犬神博士)「Kühleborn」 ●中川マルカ「河童のようなもの」 ●なかぎりせいじ「五一〇号室」 【漫画・イラスト】 ●オカザキトモノリ「夜桜紋様」 ●葛城美保子「触れる・動かす」 ●津川智宏「幽霊病棟」(夢:なかぎりせいじ/絵:津川智宏) ●なかの真実「じっと」「あの娘の好きな花」「春をのぞき見る」

      データ本
      540円
      購入
      紙の本
      1,512円
      購入
    • 幸せになってね小百合さん

      新聞を開くと毎日のように凶悪な事件が掲載されていた。姑息な手段で資産をため込む輩の記事も目に余った。小百合さんはそんな記事に目を通しながら世知辛い世の中を憂いていた。ある日、小百合さんは持病の片頭痛に顔を歪めた。片頭痛の痛みは一瞬だった。痛みが去ると小百合さんはとても穏やかな気分に満たされ、我知らずフッと唇の先を震わすのが癖になっていた。その日も片頭痛が小百合さんを襲った。小百合さんはグッと歯を食いしばり激痛を堪えた。痛みが去りとても安寧な気分に満たされフッと口もとを綻ばせた小百合さんの双眸がギラッと光った。 慎ましくお淑やかな小百合さんと穏やかな性分の敏行は一大決心しました。そんなふたりを決して笑ったりしないでください。ふたりはとても真剣なのですから。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,491円
      購入
    • 『捨てられて』山の中・小さな出来事

      2014年11月18日更新 表紙の変更と一部誤字、脱字がありましたので修正しました。 ………………………… 今日も町のどこかでポイポイと簡単に捨てられてしまうペットたち。動物愛護団体、協会等の報告によると、年間約80万匹の生き物が捨てられているといわれます。そして、ペットたちが保健所に持ち込まれ殺処分されてしまうその数が約40万匹以上と報告されています。また新薬、化粧品の開発に数多くの生き物たちが実験台にされ命を失っています。そしてペットショップの店頭に並ぶ生き物たちの陰で、姿見がよくない、生まれつき不都合な体をしている。と判断された生き物たちは選別され遺棄されて決してあなたの目にふれることはありません。ポイと闇から闇に葬られてしまいます。その処分される数、想像もつきません。おそらく年間、100万匹の単位になると推測されます。人間の身勝手な都合でいとも簡単にポイと放り投げられてしまうペットたちは、どうして生きていけばよいのでしょうか。そんな事実を背景に山に捨てられてしまった一匹の子犬の話(寓話)を綴ってみました。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      1,005円
      購入