BOOKSTORE

FdeC

bookstore

FdeC

冊数 2

紙本 0

更新 2015.01.26

ジャンル アート2

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『F de C reader 2』

    f de c著

    f de c 出版発行

    アート

    2013.08.18

    d本:264㌻ 文庫版

    -

    レビュー 1

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    F de C reader 2

    f de c著

    f de c 出版発行

    F de C reader 2 日本語訳(一部): 青木正一、任航 、Dooling Jiang/Digest、 西山高士、 Jack Mauritsz、インベ カヲリ etc

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『F de C reader 2』

    f de c著

    f de c 出版発行

    アート

    -

    F de C reader 2
    日本語訳(一部): 青木正一、任航 、Dooling Jiang/Digest、 西山高士、 Jack Mauritsz、インベ カヲリ etc

    データ本:無料

  • 『F de C reader 1』

    f de c著

    f de c 出版発行

    アート

    2013.08.17

    d本:104㌻ 文庫版

    -

    レビュー 1

    データ本

    無料

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    F de C reader 1

    f de c著

    f de c 出版発行

    F de C Reader 1 日本語訳(一部):中西俊夫、サイモン・フジワラ、Anders Edström、鈴木親、Max Pam、张大 etc.

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    購入

    『F de C reader 1』

    f de c著

    f de c 出版発行

    アート

    -

    F de C Reader 1
    日本語訳(一部):中西俊夫、サイモン・フジワラ、Anders Edström、鈴木親、Max Pam、张大 etc.

    データ本:無料

F de C

FdC.Tokyo

書店一覧
book store

その他の書店

    • 鬼和尚の仏教勉強会

      全人類の宝であるお釈迦様の真の教え。仏教の根本教理である四諦は、覚えるべき知識ではなく、苦を消し悟りに至るために実践すべき方法だった。正しく実践すれば、久しく失われていたお釈迦様の真の教えが読者の心に蘇る。 「鬼和尚の仏教勉強会」 http://onioshyou.blog122.fc2.com の電子書籍です。2007年10月から2014年6月までの記事が収録されています。 ..... 2015/8/14 表紙レイアウト修正。 2015/8/5 紙本の目次にページ番号追加。 2015/2/23 タイプミス等修正。 2014/8/17 電子書籍のために目次に小項目を追加。紙本はページ数の都合により、従来から変更なし。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,914円
      購入
    • 鬼和尚説法集

      2chとしたらばでの鬼和尚の説法集。2007年2月〜2014年8月。 ページ数調整のため他に、数息観と縁起の法の習熟段階表、鬼和尚十戒、十牛図の解説を入れました。また、ブログと重複する部分は省きました。発行日現在、 http://jbbs.shitaraba.net/study/8276/ の「鬼和尚に聞いてみるスレ」で、直接鬼和尚に質問することもできます。 …………………………  2015年8月14日更新:表紙レイアウト修正・紙本の目次にページ数追加 2015年2月21日更新:タイプミスの修正

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,012円
      購入
    • 観音小説

      観音小説

      未衣子著

      さいたま養豚場発行

       うさぎの楽園、世界一の観音、しがない会社員のわたしと、《女王》と呼ばれる女。  この《白兎大観音》、日本各地に存在する巨大観音像たちに比べればまだ随分と歴史は浅いけれども、それでもすでに十年以上は、ここ埼玉県坂戸市の、大きな護り役として生き永らえている。かつては日本一の高さを誇る立像であった牛久大仏の背を抜いてさらに世界一の座に躍り出、あるいは、世界一美しいと称賛された小豆島大観音に勝るとも劣らぬ柔和な造形の、夢のような観音像。金色の身体をもつ加賀大観音をも圧倒するほど奇抜なそのご尊顔は、頭頂にすっと伸びるふたつの細長い耳、伏しがちな黒目に、なだらかで控えめな鼻、笑みをたたえる小動物の口許をした、世にも珍しい《うさぎ様》なのであった。これこそが、新しい埼玉県のシンボルとなってまだ間もない、《白兎大観音》である。  巨大観音像といえば、やけに景気の良かった時代の実業家たちによって、日本各地へ私的に建立されたものが多く知られているが、近年はその後の不景気な時代の風潮もあってか、新たな像の誕生は長らく無かったのだった。今や、当時に散々流行したような豪奢で浮かれたテーマパークたちもおおよそ閉鎖し、あるいはほとんど寂れてしまって、どこもかしこも始終、現実的な空気が充満している。こんな時代に今更、巨大観音像なんて。一体、誰が何のために!

      データ本
      550円
      購入
      紙の本
      880円
      購入
    • ひかれあう巨像

      ひかれあう巨像

      未衣子著

      さいたま養豚場発行

      【巨体観音像のミニ写真集つき】 物心ついた頃から2体の巨像の足元で暮らす少女サラ。 母親に見捨てられ、祖母の邸宅で暮らす彼女は、ついに受験生になった。 学業や友人関係に悩む彼女のもとに、突如として現れた少女、華子との出会いにより、彼女の人生がゆるやかに変わっていく。 祖母との絆、華子との関係、対になった双樹白大観音像の秘密……。 『観音小説』に続く、巨大観音像への愛を込めた小説。 巻末には、著者が全国各地で撮影した巨大観音像のミニアルバムを収録しています。

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      671円
      購入