全部自分で編集企画できるから、気持ちは楽。ご存じ。

丸子陣屋堂

全部自分で編集企画できるから、気持ちは楽。ご存じ。

丸子陣屋堂

冊数 4

紙本 4

更新 2019.10.20

ジャンル エッセイ2 伝記・自伝1 評論1

このエントリーをはてなブックマークに追加

「大阪クラフトワーク」続編の「ラスト・トレイン・トゥ・オーサカ」を準備中。
近日公開予定!

  • 『ラスト・トレイン・トゥ・オーサカ』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    エッセイ

    2020.01.07

    d本:302㌻ A5変形版

    紙本:224㌻ A5変形版 モノクロ

    -

    販売数 116

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,518円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    大阪クラフトワークに続く第二弾。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,518円
    購入

    『ラスト・トレイン・トゥ・オーサカ』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    エッセイ

    -

    大阪クラフトワークに続く第二弾。

    データ本:無料

    紙本:1,518円

  • 『大阪クラフトワーク』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    伝記・自伝

    2017.01.29

    d本:188㌻ 10inch版

    紙本:160㌻ 10inch版 モノクロ

    -

    販売数 122

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,254円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

     批評や文学研究にいそしんでも、たいして評価されるわけでもないので、思い出話を書くことにした。  懐古趣味など、我ながらヤキが回った気もするが、幼年期の記憶は、いくら書いても尽きることはない。小説の習作のつもりでおもむいた過去への時間旅行は、意外に豊饒で、自ら掘り起こした幼年期の手触りは、悪くはなかった。(あとがきより)

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,254円
    購入

    『大阪クラフトワーク』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    伝記・自伝

    -

     批評や文学研究にいそしんでも、たいして評価されるわけでもないので、思い出話を書くことにした。
     懐古趣味など、我ながらヤキが回った気もするが、幼年期の記憶は、いくら書いても尽きることはない。小説の習作のつもりでおもむいた過去への時間旅行は、意外に豊饒で、自ら掘り起こした幼年期の手触りは、悪くはなかった。(あとがきより)

    データ本:無料

    紙本:1,254円

  • 『短銃と端末』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    評論

    2014.08.30

    d本:196㌻ 新書版

    紙本:192㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 93

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,089円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    短銃と端末

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    暴力表現の〈根拠〉へ 2003年から10年間の文芸時評/映画評を集めた著者初の文芸論集。初期のエッセイも収録。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,089円
    購入

    『短銃と端末』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    評論

    -

    暴力表現の〈根拠〉へ
    2003年から10年間の文芸時評/映画評を集めた著者初の文芸論集。初期のエッセイも収録。

    データ本:無料

    紙本:1,089円

  • 『一週間パイロット』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    エッセイ

    2016.03.14

    d本:290㌻ 文庫版

    紙本:288㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 191

    レビュー 1

    データ本

    無料

    紙本

    1,309円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

     二〇〇七年から不定期に発行しつづけている「一週間パイロット」。この学級通信ならぬ個人通信を七二本一挙掲載。国語教育関係のエッセイ「箱庭とサンドバック」「フリートークの中に真実がある」も収録。

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,309円
    購入

    『一週間パイロット』

    喜谷暢史著

    丸子陣屋堂発行

    エッセイ

    -

     二〇〇七年から不定期に発行しつづけている「一週間パイロット」。この学級通信ならぬ個人通信を七二本一挙掲載。国語教育関係のエッセイ「箱庭とサンドバック」「フリートークの中に真実がある」も収録。

    データ本:無料

    紙本:1,309円

喜谷暢史

一九七〇年大阪生まれ。共編著「千年紀文学叢書第7集」(皓星社)共著「〈教室〉の中の村上春樹」(ひつじ書房)「21世紀の三島由紀夫」(翰林書房)など。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • ネット犯罪の温床 ふたりの恋愛白書

      第1刷発行2018年6月7日  第2刷発行2019年4月12日 「ネット犯罪の温床 ふたりの恋愛白書」 ネットで知り合った 爺ちゃんと女のラブロマンス 「爺ちゃんの恋愛白書」のリニューアル版 ネットでは「ロマンス詐欺」の被害にあった女性が結構多いのです。 爺ちゃんも手口は同じようなものでした。爺ちゃんは「ヤクザを四十年やってきたからな」という言葉を残して去っていきました。それは爺ちゃんの自慢でもあったのでしょう。 でもこの行為は、堅気になった爺ちゃんの現実の姿なのです。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      1,223円
      購入
    • 覚醒剤なんか要らない!

      第1刷発行 2019年4月14日 「覚醒剤なんか要らない」 あなたの愛するひとが 薬物依存症だったらどうしますか?

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      998円
      購入
    • あめあがりのもりで

      ひとりで留守番していたエマは、雨上がりの庭がきれいなので、つい外へ出てしまいます。たどり着いた森でエマが出会うのは…? 愛らしいイラスト満載の絵本。 ※紙質のため、データ本と紙本では風合いが異なります。ご了承ください。

      データ本
      795円
      購入
      紙の本
      1,650円
      購入
    • 月を狩る~鳥の国のはなし

      2019年10月13日更新 第15話「残響」追加しました。 ………………………… 2019年2月7日更新 第14話「郷愁」を追加しました。 ………………………… 2019年1月20日更新 第13話「風切羽」を追加しました。 ………………………… 2018年12月16日更新 12話目「遠足」を追加しました。 ………………………… 2018年7月22日更新 11話目「蝉好き」追加しました。 ………………………… 2017年9月19日更新 十話目「浮き島」を追加しました。 ………………………… 2017年5月8日更新 九話目「鳥の先生」を追加しました。 ………………………… 2016年11月3日更新 八話目「影の鳥」を追加しました。 ………………………… 2016年5月25日更新 七話目「荒野にて」を追加しました。 ………………………… 2016年5月21日更新 表紙と判型を変更しました。 ………………………… 2016年2月20日更新 六話目「カラスの特別」を追加しました。 ………………………… 2015年8月22日更新 五話目「駅」を追加しました。 ………………………… ヒトの世を離れ、「鳥の国」へ移り住んだ者たちの暮らしを、「元・ヒト」たちがそれぞれに語る連作です。 webでの公開にあわせ、順次追加してゆきます。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 雑誌「エリス」第8号

      いままでにない電子書籍版音楽雑誌「ERIS/エリス」。 編集長が萩原健太、個性豊かな著名執筆陣が1万字のヴォリュームで音楽をマニアックに熱く語ります。亀渕昭信、北中正和、ピーター・バラカン、磯部涼など豪華メンバーが連載中。興味深い筆者では、最近女装でも話題の東大教授、安冨歩が「マイケル・ジャクソンの思想」を語ります。 「ERIS」は新譜やライヴ情報は一切載せず、ルーツ/背景/歴史を知って“音楽”の魅力を再発見できる“読ませる”音楽誌です。文字で音楽を語る楽しさ、素晴らしさをを感じてください。取り上げるジャンルも、ジャズ、ロックンロール、ポップス、フォーク、カントリー、ブルース、R&B、ヒップホップ、クラシック、ミュージカル、雅楽、ワールドと幅広く、ここでしか読めない原稿ばかりです。 季刊で年4回発行しています。通常の音楽雑誌が廃刊・休刊になる中、こんな音楽雑誌が読みたかったと、たくさんのメッセージも頂いてますので、まずは一度是非お読みください。 <コ ンテンツ> ソングライター・ファイル 萩原健太 どうしても聴いておきたいアメリカンポップス1001 亀渕昭信 マイケル・ジャクソンの思想 安冨歩 ブロードウエイまで12時間と45分 水口正裕 音楽の記憶と記録をめぐって 北中正和 クワイエット・ボーダー 成田佳洋 ピーター・バラカンの読むラジオ 旧聞ゴメン 鷲巣功 ニッポンのラップ 磯部涼 More Than Liner Notes :高橋道彦 各執筆者の「ヒビノオト」ほか

      データ本
      440円
      購入
      紙の本
      1,628円
      購入
    • アンジェリーナに恋した私たち

      2015年、佐野元春レコードデビュー35周年を祝して、それぞれが選ぶ35曲選集。

      データ本
      462円
      購入
      紙の本
      968円
      購入