あなたらしく 自分らしく

椰子の実書房

あなたらしく 自分らしく

椰子の実書房

冊数 1

紙本 1

更新 2018.10.19

ジャンル 教育1

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても伝えたい想いがある

素敵な本をあなたへ

若葉さんの作品です。

運営

情報考学研究会

https://infothink-lab.org

お問い合わせはこちら

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • サイボーグ・ドッグ・ベイリー NO.10

      サイボーグドッグを親分と呼ぶジャイアントコヨーテオオカミのボブが正義の味方と成りました。プロテクトスーツの鎧を装着すれば、ライオン、象までも倒せる野生の王様になってしまいました。裏切られたならば、大変です。ベイリーは、マイケルに頼んで、爆弾をジャイアントコヨーテオオカミのボブの身体に埋め込みました。モンスターワニドラゴンを制圧できるのでしょうか。マイケルの婚約者ケイトは、新婚旅行の計画を練っています。マイケルは、緊急指令で大忙しです。

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • NO3 サイボーグ・ドッグ・ベイリー横書き

      元気に育って今やマイケルと大親友です。しかし、カナダの大自然に旅行に出かけて、マイケルを助けようとして、熊に襲われ瀕死の重傷をおいます。しかし、森の妖精に助けられて、命拾いをしました。そして、動物として動けなくなるのは、絶望となりますのでサイボーグとして新しい犬の人生が始まりました。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • FishBowl プロローグ

      『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』 売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として 生まれた《僕》 のちに彼は 性転換者の陶芸家や、書けない小説家、 若くして才能豊かな劇作家、 父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹 などとともに 暮らすようになります―― 『プロローグ』においては、 これからはじまる長い物語を前に 《僕》がこれを書くことになった 幾つかの動機が提示されます。 すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、 よりわかりやすい動機も含まれます。 最もわかりやすいのは―― 『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。 それを縦軸にして、また 数多の人々が横軸となり、 物語は進んでいきます。 「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。 ………………………… 2019年3月10日更新 一部改訂 2019年2月15日更新 一部改訂 2017年9月11日更新 一部改訂 句読点整理 2017年4月4日更新 誤字訂正 句読点整理 2016年10月16日更新 一部訂正 2016年8月17日更新 改頁の訂正

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      940円
      購入
    • 木を伐る

      『私は自分がなにを考え、それをどうこの人に伝えようとしているか不安になった。雨は窓にあたった。私は川を思った。記憶にある川の光景を思い浮かべていた』 突然、義母と暮らすことになった《私》 義母は自分の部屋の窓を覆う大きな木のことで、毎日夫に文句を言ってくる。 《私》は極力それに関わらないようにしているのだが―― 林檎、川の奔流、雨、風、大きな木 幾つかのイメージが重なっていき、 最後に、それが切って落とされるような感じに書いてみました。 ある意味では、怖い話かもしれません。 あるいは、《怖いこと》というのは 主に家庭内で醸成されるものだというのを 示しているものだと思います。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • IN THE PRISON

      IN THE PRISON

      松本弦人著

      天然文庫発行

      囚人番号466番 松本弦人の「獄中デザイン記」。刑務所という完全カンヅメ状態で延べ1000時間、黒・赤・青のボールペン十二本を使い切って描き殴ったうめき声のような三冊のノートは、「デザインの不必要な作家領域」を嫌う松本弦人の「抗いようのない作品集」となっている。

      データ本
      432円
      購入
      紙の本
      1,318円
      購入
    • 愛し、日々

      愛し、日々

      寺尾紗穂著

      天然文庫発行

      透明感あふれる清冽な歌声と類稀な詩世界の鋭さ、美しさで今最も注目されるシンガー・ソングライター、寺尾紗穂の処女エッセイ集。18歳から28歳の現在に至る10年間の時の移ろいを残酷なまでに浮き彫りにする、ワルツのように愛(かな)しい青春の記念碑。

      データ本
      864円
      購入
      紙の本
      1,512円
      購入