こんな生活があったらいいな、という短編小説を書いてます。

Chestnut Hall

こんな生活があったらいいな、という短編小説を書いてます。

Chestnut Hall

冊数 0

紙本 0

更新 2013.03.10

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィラデルフィアと横浜で過ごした生活から書いた、短編小説です。
自分の毎日が少しでも純粋な心で過ごせるよう、小説を書いているので、読んだ人が少しでも同じ気持ちになってもらえたら、とても嬉しいです。

book List


荒川 あい子

1981年、東京生まれ。
幼少をアメリカ・フィラデルフィアで過ごした後、カナダを旅行してから、横浜市金沢区で海を眺めながら育ちました。
今は東京に住んでいます。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • ミンツ

      ミンツ

      ロロイ著

      アナストロフェ社発行

      ロロイ作品集です(詩、掌編、短編 全39作品)。 少し乙女ちっくで、奇妙で、切なく、不思議で、可笑しく、異常な物語たちです。 夜長のお供に是非。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 塔

      ロロイ著

      アナストロフェ社発行

      不可思議な塔をのぼっていく様を、各階ごとに記録したものです。 妙な、不確かな、不条理な、奇矯な様を、体験して頂ければ幸いです。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 独り雛2014(サンプル版)

      小説家や漫画家などの作家志望、クリエイティブ志望の皆様へ  ほんの一歩の歩みを戸惑っている方にお伝えしたい。自分の脳内の空想が活字や絵となって、他人様に目を通してもらうのは快感です。  この本は、HOW TO本でもノウハウ本でもありません。私、竹島八百富個人の『自分の、自分による、自分のための本』です。 『月刊群雛』で掲載していただいた作品を、出版順に、キャッチコピー、インタビュー、本文を(ほぼ)そのまま(多少変更あり)まとめたものです。またインタビュー記事も、今更再読すると、こっぱずかしくて照れ臭くなりますが、(ほぼ)そのまま掲載致しました。  改めて申し上げます。  本書のコンセプトは、正に記述通り、【自己満足の本】です。  それでありながら、尚且つ、お世話になっている『月刊群雛』へのリスペクト、敬意の表れでもあります。  幾度か作品を『月刊群雛』で掲載していただいて、いつしか創作の世界が楽しくなってきました。こんな自己満足な思いを体験していただきたく出したものです。  この本によって、少しでも『月刊群雛』に興味を引いて頂き、自分も参加したい、と思う方が増えればとの願いから作った本でもあります。  参加するのに、難しいルールはありません。ご興味を頂けたら幸いです。  さあ、自分もなんか書きたい(描きたい)とお思いの方、【日本独立作家同盟】にポチッと参加表明の意思表示をしてみて下さい。そして、『月刊群雛』に作品を投稿してみましょう。ちな、早い者勝ちです。  で、いつか、こうやって自己満足本を出してみましょう。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 奇談屋の本〈其の惨〉

       いらっしゃいませ  つれづれなるままに、日暮し、パソコンに向ひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。  奇談屋書店の店主、竹島八百富と申します。  私は存在致しません。そして、私は一人でもありませんが、小説などを書いて日々のんびり過ごしております。  この度は、本書『奇談屋の本』〈其の惨〉をご購入いただきまして誠にありがとうございます。  これも何かのご縁でございましょう。お会いできたことを嬉しく思います。  お読み頂いた方が、読了直後に、「な~んかモヤモヤするなぁ」、「えつ? ここで終わるの?」などと、物語のその後の続きを思い馳せるようなものを、普段から好んで書いております。  今回も五つの作品を用意致しました。是非とも、読了後モヤモヤして頂けたら幸いです。  コーヒー、紅茶、またはお酒でも飲みながら、リラックスしながらお読み下さい。  では、お楽しみ下さい。

      データ本
      297円
      購入
      紙の本
      購入
    • 学食

      学食

      添嶋 譲著

      空想少年はテキストデータの夢を見るか?発行

      大学の学食って、あんまりおいしくない。一人で食べてるときはなおさら。 勇気を出して誰かを誘うこと、食べる気がしなくても誰かとならごはんを食べる気になること、サークルの悩みだってときどきは解消しちゃうかもしれないこと。 三人の大学生がそれぞれの立場で学食を利用して、そこで起こったなんでもない、ただそれだけの話。 短編三つの詰め合わせ。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • ささやかだけど、たいせつなこと

      ささやかだけど、たいせつなこと

      添嶋 譲著

      空想少年はテキストデータの夢を見るか?発行

      第十二回文学フリマにて頒布開始の第一作品集。 NIFTY-Serve詩のフォーラムにて発表された過去作品から、本紙公開時の最新作まで収録。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入