BCCKS

0

login
会員登録

  • 『運命の泉 上 (前編)』

    垣根 新

    垣根 新出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.05.18

    新書版 162 無料
    閲覧数26冊
    タチヨミ数13冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数36冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 160 980円

    運命の泉 上 (前編)

    左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか? 運命の泉 上  (前編)  主人公は、運命の人を探すために旅に出た。何一つの目的地もないまま生まれ育ったところから出て初めての街に着くのだった。その街に着いてみると何か何まで初めて見る物であり光景であり。全てのことに驚くのだが、そこで、初めての試練であり。左手の小指ある赤い感覚器官の指示であり。運命の相手を探すための時の流れの修正が開始されたのだ。その修正の内容の中には初めての街を救うために隣の街から援軍の要請に向かう。その途中で何者か知らない者に襲われて・・・・知らない村に着いた。だが、幼児後退などの病気に掛かってしまったが病気は治るのだろうか、運命の相手には会えるのだろうか、運命の相手とは誰なのだろうか・・・・。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    980円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『夏の幻の恋』

    垣根 新

    垣根 新出版

    ロマンス

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.12

    新書版 246 無料
    閲覧数18冊
    タチヨミ数8冊
    デバイスDL数3冊
    EPUB DL数36冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 256 1,300円

    夏の幻の恋

    夏の幻の恋

    垣根 新著

    垣根 新出版発行

     鏡(かがみ)結子(ゆうこ)には左手の小指に赤い感覚器官(赤い糸)があだけではなく、背中に蜻蛉(カゲロウ)のような羽(羽衣)がある。運命の人と結ばれるために時の流れの修正をする運命の持ち主だったが、普通の高校生である。だが、何をするのかの指示は全て赤い糸が指示するが、羽衣の機能で過去や未来に飛ぶこともある。そんな、赤い糸を持った者の人生は・・・・・。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,300円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『運命の泉 上 (後編)』

    垣根 新

    垣根 新出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.11

    新書版 290 無料
    閲覧数4冊
    タチヨミ数3冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数25冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 288 1,370円

    運命の泉 上 (後編)

    (左手の小指に赤い感覚器官(赤い糸)背中に蜻蛉(カゲロウ)のような羽(羽衣)ある者の物語である)  左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?                運命の泉 上 (後編)  主人公は、村の人の優しく接してくれたことで、病気は治った。だが、村で目覚めた時から以前の記憶だけは戻らなかった。それでも、村の一員と認められた証明だろう。仕事を与えられたこともあるが、村の仕事も生活も楽しく一生の住処と考える気持にもなってきた時の事だった。この地域の領主の代行と言う者が現れて村の男の全てを兵員にすると命令をするのだ。この先の命の危機的な状況と未来を考えたからだろうか、一人の女性が好きだと内心の気持ちに気付いた。女性も思いを伝えてたが未来が心配になったことで、運命の泉を勧めたのだ。驚くことに運命の泉に思い人の姿が映し出された。だが、この先に結ばれるまでの様々なことが始まるのだった

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,370円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『運命の泉 下 (前)』

    垣根 新

    垣根 新出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.11

    新書版 128 無料
    閲覧数4冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数25冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 128 890円

    運命の泉 下 (前)

    運命の泉 下 (前)

    垣根 新著

    垣根 新出版発行

    左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?                運命の泉 下  (前編) ある村で夜のことだった。その村で兵士たちの慰労会が催された。だが、数人の者しか知らないことだが、慰労会が催された本当の意味があり。誰にも知られてはならない企みだったのだ。それは、杞憂(きゆう)だと分かるのだが、慰労会が終わろうとする夜に数人の浮浪者が現れたことで新たな問題が・・・・。そんな問題など知らずに、前の戦いで勝利した都市や他の都市では・・・新たな問題が・・邪な企みが・・・。主人公の新たな運命の修正の指示が・・・やはり、皆の命を救うことに直面するが・・・今回の左手の小指の赤い感覚器官は不可解な動きをしたのだった。まるで、命の危険から身を守るための動きと言うよりも、故意に、ある物が身体に当たらないように避ける動きよりも、ある物を当たるような線上と言うか軌道に無理やりに身体を動かしたのだ。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    890円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『運命の泉 下(中編)』

    垣根 新

    垣根 新出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.11

    新書版 244 無料
    閲覧数3冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数18冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 256 1,300円

    運命の泉 下(中編)

    左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?              運命の泉 下  (中編) ある者の思い出の料理を食べて感涙する人たちもいれば、全ての記憶を忘れる者もいた。そんな様々な思いもあるが、徴兵された人たちは過酷な人を殺す鍛錬を強制されるのだった。それは、仕方がないことだった。ある都市だけの問題ではなくなり。新たな都市の仕組みなどからの理由もあり。もう昔には戻れないのだろう。それを証明するかのように都市と都市だけでなく周囲の村まで騒動が飛び石するのだった・・・そして、一連の出来事の全ての結果で上空から女神の降臨(?)ある者の目的で女神信仰を起こさせるための全ての企てであり。その者は未来人であり。未来に帰るためだった・・・帰れるのだろうか・・・・だが、まだ、まだ、終わりではなかった。当然だった。赤い感覚器官(赤い糸)の指示は続いていたのだ。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,300円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『探偵見習と化け猫』

    垣根 新

    垣根 新出版

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.07

    新書版 250 無料
    閲覧数35冊
    タチヨミ数20冊
    デバイスDL数5冊
    EPUB DL数93冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 256 1,300円

    探偵見習と化け猫

    探偵見習と化け猫

    垣根 新著

    垣根 新出版発行

    月に住む人々は、背中に蜉蝣に似た羽があり。左手の小指に赤い感覚器官がある。羽で時を飛び、赤い感覚器官で連れ合いを探す。月人は種族としての滅亡が決まっていた。だが、諦めることは出来ず。地球の生物の遺伝子を使い。愛玩や様々な補佐の担い手として擬人、獣人を造った。時が流れ、男女と一匹の獣は、何故戦うのか、生まれた地や仲間を探す為に旅を続けていたが、最後の戦いで天猫だけを残し、主達は消えて千年が過ぎた。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,300円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『夢か現実か幻か』

    垣根 新

    垣根 新出版

    文芸

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.07

    新書版 256 無料
    閲覧数30冊
    タチヨミ数19冊
    デバイスDL数1冊
    EPUB DL数97冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 256 1,300円

    夢か現実か幻か

    夢か現実か幻か

    垣根 新著

    垣根 新出版発行

    ナンパも出来ない軟弱な男が、絶世の美女と知り会い。人生の生き方から性格も変わってしまうのです。男は、どのように変わるのか、変わってしまった為に、親の人生も変わるのだろうか?。。。。。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,300円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『糸の導きを信じて』

    垣根 新

    垣根 新 出版

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.07

    新書版 294 無料
    閲覧数43冊
    タチヨミ数22冊
    デバイスDL数3冊
    EPUB DL数94冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 320 1,500円

    糸の導きを信じて

    糸の導きを信じて

    垣根 新著

    垣根 新 出版発行

    主人公の涙花は、いや、涙花が住む都市の住人は、左手の小指に赤い感覚器官があり、背中に蜉蝣のような羽がある。その羽は、羽衣と言われていた。 涙花は、誕生日の日に、父からのプレゼントを貰い。それは、幼い時からの夢だった。 だが、それが、全ての始まりだった。それからは、想像も出来ない生き方を選ぶ事になる。何故、それは、左手の小指の赤い感覚器官が見えると、ある人に言われたのだ。それは、自分の運命の相手のはずだからだ。再び、その人物と再び会えるだろうか、そして、結ばれるのだろうか?

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,500円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『早く月に帰りたい』

    垣根 新

    垣根 新出版

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.07

    新書版 248 無料
    閲覧数89冊
    タチヨミ数24冊
    デバイスDL数3冊
    EPUB DL数100冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 256 1,300円

    早く月に帰りたい

    早く月に帰りたい

    垣根 新著

    垣根 新出版発行

    主人公の輪は、月の住人だ。月人は、背中に蜉蝣のような羽を持ち、左手の小指に赤い感覚器官があった。背中の羽で、他世界、過去、未来を飛び、赤い感覚器官で、連れ合いを探す為の導きを示す。輪は、連れ合いを探し出す事できるか?。そして、連れ合いと共に月に帰る事ができるか?

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,300円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『運命の泉 下 (後編)』

    垣根 新

    垣根 新出版

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.07

    新書版 318 無料
    閲覧数2冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数17冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 320 1,470円

    運命の泉 下 (後編)

    左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?                運命の泉 下  (後編) 左手の小指の赤い感覚器官(赤い糸)の指示で、運命の人がいる村に帰って来れたのだ。おそらく、何の指示なのか分からないままだが、おそらく、これが最後の赤い糸の指示だろう。と思いながら村の中に入ろうとしていた・・・その後、近隣の村々が戦場になり。攻める側と守る側の兵力の差は圧倒的だったが、陣太鼓の音の響きで戦いの勢い・・・だが、北東都市の旗が掲げられると・・・・陣太鼓の音が変わると・・・ある者の宣言で・・・徴兵された者たちは自分の村に帰るのだったが、赤い感覚器官を持つ者も共に村に帰るが意識がないままだった。今までは、運命の人と結ばれる時の流れの世界を作る土台だった。やっと、目を覚ましてからは二人で旅に出ることで自分たちの時の流れの世界である。愛と愛の結ばれる世界を作る旅へ・・・。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,470円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『運命の泉 中 (後編)』

    垣根 新

    垣根 新出版

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.07

    新書版 258 無料
    閲覧数3冊
    タチヨミ数2冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数27冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 256 1,300円

    運命の泉 中 (後編)

    左手の小指に赤い感覚器官(赤い糸)があり。背中に蜻蛉(カゲロウ)のような羽(羽衣)で運命の相手を探す

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,300円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『運命の泉 中 (前編)』

    垣根 新

    垣根 新出版

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.04.07

    新書版 286 無料
    閲覧数3冊
    タチヨミ数3冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数16冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 288 1,400円

    運命の泉 中 (前編)

    左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?                運命の泉 中  (前編)  徴兵されて任務地に赴く途中の都市で、主人公には記憶が戻っていないため仕方がないことだが驚きの人と再会する。そして、宿舎を案内されて過ごすことになり数日が過ぎるのだ。その都市は村と違った華やかな都市で様々なことで驚くが主人公だけではなく徴兵された者たちも人生で忘れらない思い出を作るのだ。だが、一時だけのことで、運命の相手と結ばれるための初めての時の流れの修正の指示を感じて、皆で任務地に赴くのだ。その途中で様々な時の流れの運命の修正をするのだが、成功するだろうか?・・・・すでに、都市の前では敵の陣形が整え終わり・・ ・その後のことだった・・・風の噂である都市が王政を廃止して民主国家になったと・・・・だが、その噂と同時のことだった。都市名も国名も分からないが十万以上の軍勢が集結すると、ある都市に進軍するのだった。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,400円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
  • 『数冊の本と運命の泉』

    垣根 新

    垣根 新出版

    SF・ホラー・ファンタジー

    権限:管理者

    【データ本】

    2016.02.29

    新書版 278 無料
    閲覧数34冊
    タチヨミ数25冊
    デバイスDL数0冊
    EPUB DL数89冊

    【紙本】

    販売中

    2016.04.26

    新書版 288 1,400円

    数冊の本と運命の泉

    数冊の本と運命の泉

    垣根 新著

    垣根 新出版発行

    主人公である新は、生涯で唯一の運命の女性を探さなければならなかった。その原因は先祖にあるのだが、他にも、左手の小指に赤い感覚器官(赤い糸)と背中に蜉蝣のような羽(羽衣)を持って生まれるのだ。赤い感覚器官で運命の相手が居る方向を示すだけでなく結ばれるための障害の修正の指示も伝える。背中の羽衣は飛ぶこともできるが、片方を運命の相手に渡すことで自分の無事を知らせることもできるのです。  新は、一族も育ての親(機械仕掛けの女)も亡くなり。一般常識も知らないままに一人で運命の相手を探す旅に出ることに・・・。    運命の修正の障害でもあった。ある出来事の修正の途中で記憶喪失になるが、運命の相手に出会えた事と両親が結ばれる要因にも・・。  そして、運命の食べ物(仙人の霞の饅頭)を食べたことで記憶が戻るが、二人が結ばれる運命のために、再度一人で旅に出ることになるのだが、最後の修正の時に修正の規模が大きすぎて理性を失うが、背中の蜉蝣のような羽である羽衣の力と幻の運命の泉の力を借りて・・運命の修正は完了するだろうか・・・・運命の相手とは・・・・。

    データ本
    無料
    読む
    読む
    紙の本
    1,400円
    購入
    • ランキング - 位
    • レビュー: 0
    • 価格: 0円/紙本あり
    • 未入手
« 1 »