とらたま書店

とらたま書店

冊数 0

紙本 0

更新 2013.08.08

このエントリーをはてなブックマークに追加

book List

富永剛総

写真家。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • たわらもと帖

      たわらもと帖

      あんあん著

      マチオモイ帖出版発行

      「マチオモイ帖」は、日本各地のクリエイターが、それぞれのオモイが詰まった大切な町を自分だけの視点で表現するプロジェクトです。 2011年の大阪での展示に始まり、現在では日本各地で展覧会を展開し、大きな反響を呼んでいます。 この本は、これまで「マチオモイ帖」に集まった数多くのミニブックの中の1冊です。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 人でなし〈一〉

      我が家に同居している人でなし(猫)の写真です。名前は「まめ」といいます。 気が向いた時に気まぐれに足します。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 夜のヴィヴィはや T.B.D.

      夜をテーマに描く、ヴィヴィオとはやての合同小説集。 執筆:  璃都さん [古都の木の香りは刹那に]  九本麻有巣さん [有がとうございま巣]  多色さん[時雨文芸堂]  ほのかさん [好きこそモノの上手なれ]  一橋。さん [一橋的迷想宮]  瑞穂さん [MOON CHILD]  mugitaさん [ガラクタ。]  森村 慧さん  北乃ゆうひさん [North SunSet]  弐師さん [ZEROPOINT]  雨野渓悟さん [戯言亜空間]  安曇タケオさん [何も探してない。] 表紙イラスト:  川崎しょうさん[syo map] イラスト彩色:  サンぽんさん[だすとdeしゅーと] 編集・発行: 麻鞍ミナト [tsukiAtari]

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      999円
      購入
    • 真夜中のヴィヴィはや dep

      真夜中をテーマに描く、ヴィヴィオとはやての合同小説集。 ………………………… 2016年11月16日更新 本文 一部変更 ………………………… 執筆:  璃都さま [古都の木の香りは刹那に]  森村慧さま  むつさま  一橋。さま [一橋的迷想宮]  多色さま [時雨文芸堂]  瑞穂さま [MOON CHILD]  九本麻有巣さま [有がとうございま巣]  雨野渓悟さま [戯言亜空間] イラスト:  みかぜさま [くずごみ。]  近衛千暁さま 表紙イラスト:  川崎しょうさま [syo map] イラスト彩色:  サンぽんさま [だすとdeしゅーと] 編集・発行: 麻鞍ミナト [tsukiAtari]

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      900円
      購入
    • ハードボイルド主夫 竹田竜作

      風富来人(かぜとみらいと)、「笑撃」の中編小説処女作品。 初めて書き上げた小説はコメディー小説でした。 「竜作(りゅうさく)、あなたずっと家にいるのなら専業主夫やってよ!」  結婚して五年、現在無職の俺に対する我が家のボス(俺は陰で妻のことを『ボス』と呼んでいる)からの突然の提案だった。  俺は専業主夫になることを引き受けるが、俺が専業主夫になることは以前から決まっていた。  そう、俺が雇用されていた会社からリストラされた日から決まっていたことだ。  仕事だけの毎日だった男、竹田竜作(たけだりゅうさく)の専業主夫としての新たなる戦いが始まる。 本編作品のほか、ショートショートなど9編を収録。 もしよろしければ、お読み頂けたら幸いです。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • あきいろ 風富来人自選小説・詩集 第零巻

      2011年12月の執筆活動開始から2017年3月までに書き上げた掌編小説と詩の中からお勧めの作品をまとめた一冊です。 純文学ともエンタメとも違う少し変わった作品をお楽しみください。 【収録作品一覧】 《掌編小説》 「殺してやる」 「小さな棺」 「天使がくれたお守り」 「見知らぬ人」 「ひとり酒」 「私を殺した男」 「あきいろ」 「支配者に告ぐ」 「同棲生活最後の日」 《執筆勉強会「法螺會」(ほらかい)》 「悲哀の猟師」 「懺悔の宴」 「バーでの出来事」 「絶対的サポーターとの対話」 「DJゴッドのお祈りの時間」 《詩集「風の詩(かぜのうた)」》 「ルート69(ルートシックスティナイン)」 「時」 「シリアルナンバー」 「歯車」 「オワリトハジマリ」 「恋のかけら」 「サラリーマン・ブルース」 「メッセージ」 ご興味ありましたらお買い求めいただけたら幸いです。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • なめくじファンド

      なめくじファンド

      本間舜久著

      イリヤEブックス発行

       起業を志す者を取り込んで、消えてしまうおそろしいファンドがある。「なめくじファンド」は資本主義が日本に導入されてから脈々と続く謎の投資家。それによって現代に名を残す企業や発明品がいくつもあるというが、その代償は大きい……。現代の怪談として書き下ろしたホラー小説。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 「古事記と日本書紀はトリック小説である」ことの証明 2

      卑弥呼の父が判明。卑弥呼の実名が判明。 倭の五王が判明! ──────────────────── 本書は、 ・人に話したくなる古代史Ⅲ https://bccks.jp/bcck/152569 ・人に話したくなる古代史Ⅳ https://bccks.jp/bcck/153150 ・人に話したくなる古代史Ⅴ https://bccks.jp/bcck/153204 を合本し、タイトルを『「古事記と日本書紀はトリック小説である」ことの証明 2』として刊行するものです。 ※その他の作品紹介は上記リンクでご確認ください。 (ラインナップ及び価格は予告なく変更になる場合があります) https://bccks.jp/store/saraba-uso-kojiki電子本 https://bccks.jp/store/kami-hon紙本 https://bccks.jp/store/trick総合ラインナップ ※PCブラウザは、Google Chrome専用です。他のブラウザでは正しく表示されません。ご利用のブラウザをGoogle Chromeに切り替えて閲覧してください。 ※系図内の罫線位置等に多少のズレがあります。 ※紙の本にはカバーがついておりません。かすれ等、表紙の摩耗が早く進みます。 ──────────────────── [邪馬台国編(下)]からの本書収録項目 *卑弥呼の没年が、日本書紀に書いてある? *卑弥呼の父の正体 *東国支配 *元伊勢 *終章 ────────────────────

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      3,208円
      購入
    • 小説日本書紀編纂録[邪馬台国編(上・下)]

      卑弥呼の名前の秘密、アマテラスの秘密、 大国主の秘密、 卑弥呼の父の秘密…… 天皇欠史8代に隠された秘密とは! 架空の人物に託された真実とは! ・・・日本古代史、待望のブレイクスルー! …………………………………… (紙本では、ルビは見やすく印字されます) ※PCブラウザは、Google Chrome専用です。他のブラウザではリーダー線等、正しく表示されません。ご利用のブラウザをGoogle Chromeに切り替えて閲覧してください(電子本の場合)。 ※系図内の罫線位置等に多少のズレがあります(PCとipad等ではズレ方が異なります)。 ※1行に38文字以上表示できない場合、系図やリストが正しく表示されないものがあります(電子本の場合)。 ※紙の本にはカバーがついておりません。かすれ等、表紙の摩耗が早く進みます。 ◇本書は[倭の五王編]https://r.binb.jp/bibs/b23196/に続く、シリーズ第2弾(上)、第3弾(下)。 ◇本書は推理小説仕立てになっています。 ◇第1部[邪馬台国編(上)]+第2部[邪馬台国編(下)]=「邪馬台国編(上・下)」となります。 ●電子本──BCCKS── ・[邪馬台国編(上)]216円 ・[邪馬台国編(下)]7分冊スタイル (各216円~) 上下合本 ・「邪馬台国編(上・下)」 ●紙の本──アマゾン── ・「邪馬台国編(上)」 (ラインナップ及び価格は予告なく変更になる場合があります)https://bccks.jp/store/saraba-uso-kojiki電子本 https://bccks.jp/store/kami-hon紙本 https://bccks.jp/store/trick総合ラインナップ 〈キャッチフレーズ〉──── 「邪馬台国編(上)」…卑弥呼はこの人! 卑弥呼確定の決定的瞬間。 「邪馬台国編(下)」…邪馬台国はここ! 神話のベールを剥ぎ取ると、そこに邪馬台国があった…… 〈主な内容〉──── *神との結婚(1)……卑弥呼は倭迹迹日百襲姫か、大倭国阿礼媛か *海幸彦と山幸彦……神武天皇の祖父 *門外不出の系図 *神武を助けた男 *古事記、日本書紀の神話は盗作か? *叔母との結婚が多すぎる *謀反が多すぎる(1)第2代(2)第10代(3)第11代 *記紀編纂者は『倭人伝』を取り込んだ(1)入れ墨(2)殉死 *欠史は台与のためにある? *さらば邪馬台国 …ほか ・・・・・・・・・(以上、「邪馬台国編(上)」。以下、「邪馬台国編(下)」) *天照大神はいなかった? *卑弥呼の没年が、日本書紀に書いてある? *卑弥呼の父の正体 …ほか

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      3,834円
      購入