http://dooks.info/

DOOKS

http://dooks.info/

DOOKS

冊数 4

紙本 4

更新 2014.07.12

ジャンル アート3 写真1

このエントリーをはてなブックマークに追加

DOOKS

http://dooks.info/
こちらのサイトで全ての本をご覧いただけます。

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • これって、ネット恋愛?~爺ちゃんの恋愛白書

      2019年4月12日更新 紙本を文庫版に変更 ………………………… 第1刷発行 2017年8月21日  第2刷発行 2019年4月12日 ………………………… ネットで知り合った爺ちゃんと 女のラブロマンス❤️ 元ヤクザの爺ちゃん、刺青持ち、小指無しの… 正真正銘の刑務所暮らしが長かった爺ちゃん。 金貸してと優しく寄ってきた爺ちゃんとの 悪戦苦闘の戦いが始まりました。

      データ本
      1,008円
      購入
      紙の本
      1,008円
      購入
    • ネット犯罪の温床 ふたりの恋愛白書

      第1刷発行2018年6月7日  第2刷発行2019年4月12日 「ネット犯罪の温床 ふたりの恋愛白書」 ネットで知り合った 爺ちゃんと女のラブロマンス 「爺ちゃんの恋愛白書」のリニューアル版 ネットでは「ロマンス詐欺」の被害にあった女性が結構多いのです。 爺ちゃんも手口は同じようなものでした。爺ちゃんは「ヤクザを四十年やってきたからな」という言葉を残して去っていきました。それは爺ちゃんの自慢でもあったのでしょう。 でもこの行為は、堅気になった爺ちゃんの現実の姿なのです。

      データ本
      タチヨミのみ
      なし
      読む
      紙の本
      1,223円
      購入
    • 魔界の配達屋さん+ 02

      【魔界に暮らす悪魔っ娘と残念なイケメンコンビのファンタジーギャグコミック】 風邪を引いてしまい仕事に出れなくなったランセの代わりに仕事に行く事になったのは…!? WEBコミックとして公開の第3話「ランセ、風邪を引く」電子書籍のみの描き下ろしの温泉回!第4話「温泉地の魔王」の2編を収録。 更にストア限定マガジン「Germe Vol.1」で先行公開した「海の封印」と描き下ろしのおまけマンガとイラストも収録しました!

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • 威風凛々+

      威風凛々+

      陽崎杜萌子著

      陽崎杜萌子発行

      中華娘が大暴れのショートギャグコミック集! 『ドラゴンと巫女』友人に中国から来たいとこの少女の観光案内を頼まれた仁平。しかしその娘の目的は別にあった。 『舞奈ちゃん、武者修行。』最強の師匠を求めて、舞奈ちゃんは日本から中国へやってきた! 2010年発行の短編コミック集にミニイラスト集を加えて再編集しました。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • FishBowl プロローグ

      『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』 売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として 生まれた《僕》 のちに彼は 性転換者の陶芸家や、書けない小説家、 若くして才能豊かな劇作家、 父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹 などとともに 暮らすようになります―― 『プロローグ』においては、 これからはじまる長い物語を前に 《僕》がこれを書くことになった 幾つかの動機が提示されます。 すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、 よりわかりやすい動機も含まれます。 最もわかりやすいのは―― 『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。 それを縦軸にして、また 数多の人々が横軸となり、 物語は進んでいきます。 「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。 ………………………… 2019年3月10日更新 一部改訂 2019年2月15日更新 一部改訂 2017年9月11日更新 一部改訂 句読点整理 2017年4月4日更新 誤字訂正 句読点整理 2016年10月16日更新 一部訂正 2016年8月17日更新 改頁の訂正

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      957円
      購入
    • 木を伐る

      『私は自分がなにを考え、それをどうこの人に伝えようとしているか不安になった。雨は窓にあたった。私は川を思った。記憶にある川の光景を思い浮かべていた』 突然、義母と暮らすことになった《私》 義母は自分の部屋の窓を覆う大きな木のことで、毎日夫に文句を言ってくる。 《私》は極力それに関わらないようにしているのだが―― 林檎、川の奔流、雨、風、大きな木 幾つかのイメージが重なっていき、 最後に、それが切って落とされるような感じに書いてみました。 ある意味では、怖い話かもしれません。 あるいは、《怖いこと》というのは 主に家庭内で醸成されるものだというのを 示しているものだと思います。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 愚者の螺旋劇場

      夢は、有益だ、そいつは想像力を働かせる。そのほかはすべて失望と疲労を与えるだけだ。僕の旅は完全に想像のものだ。それが強みだ。 それは生から死への旅だ。ひとも、けものも、街も自然も一切が想像のものだ。これは小説、つまりまったくの作り話だ。リトレもそう定義している。まちがいない。 それに第一、これはだれにだってできることだ。目を閉じさえすればよい。 すると人生の向こう側だ。 (ルイ=フェルディナン・セリーヌ『夜の果てへの旅』)

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 神々と人間

      幻想作家として知られるロード・ダンセイニの戯曲集。 戯曲家・ダンセイニが発表した初期の作品群、「五話集」と「神々と人間」の翻訳。 この馥郁たる読書空間……、さながら稲垣足穂の作品世界を逍遥するかのようである。

      データ本
      385円
      購入
      紙の本
      購入