syunseido

笋生堂

syunseido

笋生堂

冊数 4

紙本 4

更新 2014.01.29

ジャンル 詩歌4

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • d本:48㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 4

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    660円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私は文句の多い人間です。 ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。 今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    660円
    購入

    『こんな大人になりました Ⅰ』

    -

    私は文句の多い人間です。
    ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。
    今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本:220円

    紙本:660円

  • d本:48㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 4

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    660円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私は文句の多い人間です。 ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。 今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    660円
    購入

    『こんな大人になりました Ⅱ』

    -

    私は文句の多い人間です。
    ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。
    今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本:220円

    紙本:660円

  • d本:50㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 3

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    660円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私は文句の多い人間です。 ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。 今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    660円
    購入

    『こんな大人になりました Ⅲ』

    -

    私は文句の多い人間です。
    ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。
    今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本:220円

    紙本:660円

  • d本:48㌻ 文庫版

    紙本:48㌻ 文庫版 モノクロ

    -

    販売数 4

    レビュー 0

    データ本

    220円

    紙本

    660円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    私は文句の多い人間です。 ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。 今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本
    220円
    購入
    紙の本
    660円
    購入

    『こんな大人になりました Ⅳ』

    -

    私は文句の多い人間です。
    ある女性向け雑誌に「文句ばかり言ってると、ハッピーになれないぞ♪」と書いてありました。なので文句は言わないで、詠んでみることにしました。
    今のところ、私のもとにはハッピーとやらは来ていません。

    データ本:220円

    紙本:660円

迫本理寛

アラフォー・負け犬・ロストジェネレーション。 25歳の1999年の7の月に地球が滅亡すると思っていた為、人生設計をきちんと立てていませんでした・・・(--;

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • et cetera quest

      ……もう僕の本編は終わっている。この旅は、世界を救う旅でもないし、あるいは誰か大切な一人の人を助ける旅でもない――淡い夢の色彩を帯びた世界を、最後に添える花のために巡る、暗く低温なファンタジー。(「葉男と葉乙女」メリーゴーランド童話塾2008年発表作品・「空気口」「鼬の城」六本木詩人会発表作品に未公開の終章「世界の終わりへ続くパレード」を収録)

      データ本
      1,100円
      購入
      紙の本
      2,090円
      購入
    • everybody's mothergoose

      ちょっと不思議な・お洒落な・シュールなマザーグース。メリーゴーランド童話塾2008年発表作品。子どもの本専門店メリーゴーランド、手芸材料と雑貨のお店スピカロッカにて函入りのリトルプレスを販売。(テキスト:いまゆいけんたろう(ユリイカの新人)/絵:ここあ)

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      購入
    • ラグビー選手になりたかった

      ラグビー選手になりたかった

      和良 拓馬著

      ワラサンスポーツ出版発行

      2015年9月、日本ラグビーの歴史が変わった! では、ここに至るまでの4年間は、どのようなプロセスを歩んで来たのだろうか? エディジャパンの4年間を追った試合レポート、数多くの反響を呼んだ「ラグビーファン論」などのコラムはもちろん、書き下ろしエッセイも収録した盛りだくさんの内容! 昔からラグビーファンの人も、これからラグビーファンになりたい人も、2011年から2015年までの「今、そこにあるラグビー」を知るにはもってこいの1冊です。 ※再出版に際し、「僕がサンウルブズに『勝利』を期待していない理由」を新たに追加しました <内容詳細> ●はじめに ①「今、そこにあるラグビー」を愛するということ ②エディジャパン備忘録 テストマッチ編 ・選ばれ続けて欲しい3人の選手について 2012年春・代表シリーズ雑感 ・全てはここから始まった 2013年6月 日本対ウェールズ戦 ・真の強さと向き合って 2013年11月 日本対オールブラックス戦 ・「強み」を巡る駆け引き 2014年6月 日本対イタリア戦 ③エディジャパン備忘録 ワールドカップ編 ・過去を思わぬかたちで飛び越えた 南アフリカ戦 ・いつもの負け方と少しの言い訳 スコットランド戦 ・「素の力」で上回る サモア戦 ・強くなるための「余白」を残して アメリカ戦 ・「エディ後」のラグビーとは? ~W杯・日本代表総括~ ④コラム集 「ラグビーファンの現在地」 ・「楽しいラグビー」の時代へ ・「ラグビーファン」論 ・ラグビーファンをサッカーファンにする方法 ・「RED OUT」という革命 ⑤エッセイ集「今を弾む楕円球」 ・無慈悲なゲーム ・トライはPGの延長戦上にある ・これからのセブンズをつくろう ・きっと、桜咲くよ

      データ本
      275円
      購入
      紙の本
      1,320円
      購入
    • 食べる!競馬場

      食べる!競馬場

      和良 拓馬著

      ワラサンスポーツ出版発行

      鉄火場で食べる逸品は、なぜかホカホカ&美味!? 馬券とご飯をこよなく愛するスポーツライターによる、【競馬場×グルメ】の新感覚フォトエッセイ! ※本書は拙著「ウマをめぐる旅」のスピンオフ作品となっております。こちらもご一読頂ければ幸いです https://bccks.jp/bcck/152122/info

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      600円
      購入
    • 王さまとたからもの

      ある国に、宝物がとても大好きな王さまがいました。ほかの国に宝物があると聞くと王さまは、とても我慢ができませんでした。すぐに家来の兵隊たちに命令して宝物を奪ってしまいます。王さまは沢山の宝石や宝物に囲まれて毎日がとても幸せでした。だけど…王さまのために一生懸命働いた兵隊たちは、王さまから少しも宝物を分けてもらえませんでした。そのため、王さまの国の兵隊たちや人々はとても貧しかったのですが、王さまはそんなことは少しも知りませんでした。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      773円
      購入
    • 『捨てられて』山の中・小さな出来事

      2014年11月18日更新 表紙の変更と一部誤字、脱字がありましたので修正しました。 ………………………… 今日も町のどこかでポイポイと簡単に捨てられてしまうペットたち。動物愛護団体、協会等の報告によると、年間約80万匹の生き物が捨てられているといわれます。そして、ペットたちが保健所に持ち込まれ殺処分されてしまうその数が約40万匹以上と報告されています。また新薬、化粧品の開発に数多くの生き物たちが実験台にされ命を失っています。そしてペットショップの店頭に並ぶ生き物たちの陰で、姿見がよくない、生まれつき不都合な体をしている。と判断された生き物たちは選別され遺棄されて決してあなたの目にふれることはありません。ポイと闇から闇に葬られてしまいます。その処分される数、想像もつきません。おそらく年間、100万匹の単位になると推測されます。人間の身勝手な都合でいとも簡単にポイと放り投げられてしまうペットたちは、どうして生きていけばよいのでしょうか。そんな事実を背景に山に捨てられてしまった一匹の子犬の話(寓話)を綴ってみました。

      データ本
      220円
      購入
      紙の本
      1,023円
      購入