ストーリーボックス新書

これからのコンテンツとIPを考える

ストーリーボックス新書

冊数 1

紙本 1

更新 2017.07.17

ジャンル ビジネス1

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワーク全盛の今、コンテンツと知的財産(IP)はその価値を認められつつあります。これからの未来を考えるヒントを、私たちは提供します。

  • 『VALU生存教本 〜無名の個人が生き残るために〜』

    中島太一著

    株式会社ストーリーボックス発行

    ビジネス

    2017.07.15

    d本:268㌻ 新書版

    紙本:96㌻ 新書版 モノクロ

    -

    販売数 

    レビュー 0

    データ本

    980円

    紙本

    810円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    「VALUとは、人間の食べログである。」 個人を上場させ、個人の価値を株式市場のように売買する話題のサービス、VALU。国会や経済紙で取りざたされるほどのセンセーションを巻き起こすなか、いち早くVALUの渦中へダイブし時価総額で上位へ上り詰めるなど脅威の活躍を見せている著者が送る、無名の個人が最前線へ立つための必携バイブル、緊急刊行。

    データ本
    980円
    購入
    紙の本
    810円
    購入

    『VALU生存教本 〜無名の個人が生き残るために〜』

    中島太一著

    株式会社ストーリーボックス発行

    ビジネス

    -

    「VALUとは、人間の食べログである。」

    個人を上場させ、個人の価値を株式市場のように売買する話題のサービス、VALU。国会や経済紙で取りざたされるほどのセンセーションを巻き起こすなか、いち早くVALUの渦中へダイブし時価総額で上位へ上り詰めるなど脅威の活躍を見せている著者が送る、無名の個人が最前線へ立つための必携バイブル、緊急刊行。

    データ本:980円

    紙本:810円

株式会社ストーリーボックス

コンテンツと知的財産(IP)の未来、入ってます。

運営

株式会社ストーリーボックス

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 別冊ポプシクリップ。Vol.3 特集「スカートのひみつ」

      ポップ・マエストロ澤部渡が主催するバンド「スカート」。 2013年3月3日にリリースされた3rdアルバム『ひみつ』を記念して制作されたインタヴュー・ブック。 2時間にも及ぶ澤部本人へインタヴューでは、新作についてのお話から過去の音楽キャリアの振り返りまでじっくりとお話を伺いました。本文だけで1万2千文字以上と読み応えも十分。 インタヴューの他、音楽ライターによる過去作品も含めたディスク・レヴューも。スカートのひみつが今明かされる? 有志が運営するポップス・ギターポップスリスナー向けのストリートチーム型音楽情報サイト「ポプシクリップ。」が発行する電子書籍です。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      購入
    • 別冊ポプシクリップ。Vol.1 Swinging Popsicle 『LOUD CUT』発売記念インタヴュー

      2013年3月21日更新 クレジット修正 ………………………… 2013年2月18日更新 一部行間調整、クレジット追記 ………………………… 2013年2月16日更新 一部誤字を修正しました。 ………………………… 音楽情報サイトポプシクリップ。で掲載したインタヴュー記事の電子書籍版! ただいまトライアル無料配信中です。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      購入
    • 菜の花の咲くころ

      菜の花の咲くころ

      hana*著

      hana00015出版発行

      日々、元気いっぱいに頑張るシングルマザーの主人公がパニック障害で、どん底な人生へと一転。後、薬に頼らずにほぼ自力で回復させた10年に渡る闘病記。今、同じように苦しんでおられる方に、少しでも肩の力を抜いてもらえる事が出来たらと思います。

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      616円
      購入
    • 鬼嫁です

      鬼嫁です

      未衣子著

      さいたま養豚場発行

      おい、ふざけんなよ! 既婚・子なし・兼業主婦。結婚したばかりの鬼嫁が、結婚にまつわるあれこれについて口うるさく述べたり、ディスったりするエッセー。 ■産みなさいと言われるとマジでムカつきます ■氏名変更は困難です ■子どもを産まない人間は幼稚なのか ■誰かの《お母さん》と遊んで思うこと ■寿退社というカードの切り方 ■結婚式はいつやればいいのか ■好かれる義理の両親になりたければ息子夫婦を無視しろ ■フラッシュモブで離婚に思うこと ■ハラスメントのない社会 ■子どもは欲しくないけど子どもをトイザらスに連れていきたい ■夫が仕事を辞めたけど意外と大丈夫だ ■お前らはなんのために浮気と風俗の話をするのか

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      648円
      購入
    • ラッキーガール~お金が集まる~

      あなたもわたしも大好きな、お金にまつわるエッセイ♡ 社会で生きている限り、みんなが必ず金を使っているのに、金について語る機会の方はあまり用意されていない。だから、勝手に作っちゃいました! ■あなたも金が好きですか? ~はじめに、に代えて~ ■理論上生きていけていない ■男性は女性よりも収入が高くなくてもいいのに ■わたしに金はあるのかな、それともないのかな ■買ってはいけない、は呪いの言葉 ■『この世界の片隅に』から学ぶへそくりのステキな使い方 ■宝くじで見られる夢 ■金持ちをディスっていいのは金持ちだけと言うけれど ■欲しいのはほんとうにジルスチュアートのコスメだったのかしら ■大金をかける買い物だけが記憶に残るわけじゃない ■いくら金をもらえてもやりたくない仕事がある ■マイカーへ十円傷をつけた犯人に告ぐ ■いつ死ぬかわからないのに貯金をするのがつらい ~おわりに、に代えて~

      データ本
      324円
      購入
      紙の本
      648円
      購入
    • 亜人

      小説。2011年10月脱稿。2013年12月改稿。 読書メーター:http://book.akahoshitakuya.com/b/org4fe61583d8 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 第55回群像新人文学賞一次選考落選 第49回文藝賞一次選考落選 第29回太宰治賞一次選考落選 第45回新潮新人文学賞一次選考落選 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 手持ちのクレジットカードがBCCKSの決済システムに対応していないなどの理由で紙本の購入を控えられている方がいれば、redkyonc*hotmail.comまでご一報ください。振込先の口座をお知らせしますので、入金が確認でき次第、こちらから郵送いたします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,329円
      購入
    • 囀りとつまずき

      小説。2016年10月脱稿。 第53回文藝賞非受賞作品。 読書メーター:http://bookmeter.com/b/org79de95ca3b

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      1,815円
      購入
    • セルフパブリッシングのための校正術

       誰でも作品を発表し、簡単に販売できる時代。ところが、せっかく苦心して書き上げた作品に、あとから誤字脱字、内容や表現のまちがいが見つかって、恥ずかしい思いをしたことはありませんか? セルフパブリッシングに必要な校正のスキルを、プロ校正者・大西寿男が伝授します! [目次] 第1回 校正者がやってきた! ・セルフパブリッシングに校正は不要? ・たんなるまちがい探しでなく ・見落とさないための20の知恵 ・付録──校正のチェックポイント 第2回 一文字一文字に愛を注ぐ ・一人読み合わせ校正 ・読み換えていくほど漢字はわかる ・文字の見た目を変えてみよう ・電子書籍の組版を校正する 第3回 木も見て森も見る ・日本で初めてラジオから流れたCMは? ・図書館のレファレンスから学ぶ ・意図がなければゆるされる? ・ゲラの側に立つ ・校正者になってみる 表紙イラスト:伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      908円
      購入
    • 群れなす雛たちへ送るエール

       我々は雛だ!  デジタル化とネットワーク化により、誰もが「publisher」になれる時代。書き手と読み手は、既存の流通手段に頼らずとも、ダイレクトに繋がれる。自らの手で作品を世に送り出す「インディーズ作家」たちに送られた、力強いエールがここにある。雛たちよ、その翼を思う存分羽ばたかせよ! ●仲俣暁生『「群雛 (GunSu)」の創刊によせて』  鶴見俊輔が打ち出した「限界芸術」という概念の可能性が、いまあらためて試されている。宮沢賢治が感じたような、未来圏から吹く見えない風を感じとれ! (初出:『月刊群雛』2014年02月号) ●池田敬二『「月刊群雛」への応援歌』  芥川賞候補に五回選ばれるもすべて落選、自殺してしまった不遇の作家・佐藤泰志。もし彼がいま生きていたら。自分の足で立ち上がるためのツールやテクノロジーが整ってきた現在は、創作者にとって幸福な時代だ。 (初出:『月刊群雛』2014年08月号) 表紙イラスト:伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      908円
      購入