イラストレーターのオオスキトモコが制作している写真集を販売しています。

STUDIO PETIT

イラストレーターのオオスキトモコが制作している写真集を販売しています。

STUDIO PETIT

冊数 4

紙本 4

更新 2015.09.29

ジャンル 建築3 写真1

このエントリーをはてなブックマークに追加

イラストレーターのオオスキトモコが制作している写真集を販売しています。
・2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集
・個人的に作成した写真作品(デジタル・フォトグラム)の写真集
が購入できます。
★総集編的な写真集を作りました。
写真24点・350円でお得です。
「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真集」
オフセット印刷 A5横 中とじ 20ページ
350部限定 シリアルナンバー入り
https://tomoshop.booth.pm/items/144438

★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。
写真集に収録していない写真もあります。
https://instagram.com/komabaryo/
★連絡先→ tomoppee@gmail.com

  • 『Art and Message』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    建築

    2015.09.07

    d本:15㌻ 葉書版

    紙本:16㌻ 葉書版 カラー

    -

    販売数 12

    レビュー 0

    データ本

    1,620円

    紙本

    1,599円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    Art and Message

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。 2001年7〜8月にネガフイルムで撮影した写真をデジタル化。1000枚以上の写真の中から、「アート・落書き・メッセージ」の写真のみを選んだ編集版。1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。 ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。 → https://instagram.com/komabaryo/ ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

    データ本
    1,620円
    購入
    紙の本
    1,599円
    購入

    『Art and Message』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    建築

    -

    2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。
    2001年7〜8月にネガフイルムで撮影した写真をデジタル化。1000枚以上の写真の中から、「アート・落書き・メッセージ」の写真のみを選んだ編集版。1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。
    ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。
    https://instagram.com/komabaryo/
    ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

    データ本:1,620円

    紙本:1,599円

  • 『First impression』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    建築

    2013.11.17

    d本:15㌻ 葉書版

    紙本:16㌻ 葉書版 カラー

    -

    販売数 46

    レビュー 0

    データ本

    1,620円

    紙本

    1,599円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    First impression

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。 2001年7〜8月にネガフイルムで撮影したものを、2013年にデジタル化。柴田翔「されどわれらが日々ー」(文春文庫)装丁写真も収録。 1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。 ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。 → https://instagram.com/komabaryo/ ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

    データ本
    1,620円
    購入
    紙の本
    1,599円
    購入

    『First impression』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    建築

    -

    2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。
    2001年7〜8月にネガフイルムで撮影したものを、2013年にデジタル化。柴田翔「されどわれらが日々ー」(文春文庫)装丁写真も収録。
    1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。
    ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。
    https://instagram.com/komabaryo/
    ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

    データ本:1,620円

    紙本:1,599円

  • 『Lost Paradise』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    建築

    2014.12.18

    d本:15㌻ 葉書版

    紙本:16㌻ 葉書版 カラー

    -

    販売数 20

    レビュー 0

    データ本

    1,620円

    紙本

    1,599円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    Lost Paradise

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。 2001年7〜8月にネガフイルムで撮影したものを、2013年にデジタル化。1000枚以上の写真の中から、「屋上」の写真のみを選んだ編集版。1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。 ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。 → https://instagram.com/komabaryo/ ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

    データ本
    1,620円
    購入
    紙の本
    1,599円
    購入

    『Lost Paradise』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    建築

    -

    2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。
    2001年7〜8月にネガフイルムで撮影したものを、2013年にデジタル化。1000枚以上の写真の中から、「屋上」の写真のみを選んだ編集版。1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。
    ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。instagramには、写真集に収録していない写真もあります。
    https://instagram.com/komabaryo/
    ★連絡先→ tomoppee@gmail.com

    データ本:1,620円

    紙本:1,599円

  • 『UNIVERSE』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    写真

    2014.12.18

    d本:15㌻ 葉書版

    紙本:16㌻ 葉書版 カラー

    -

    販売数 13

    レビュー 0

    データ本

    無料

    紙本

    1,599円

    クーポンコードをお持ちの方はこちら

    UNIVERSE

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    スキャナの上に、海で拾ったガラスや貝殻を並べてスキャンしてみたら、そこには宇宙が広がっていました。 カメラを使わず、フラットベッドスキャナで「撮影」した、デジタル・フォトグラムの写真集です。 1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。 ★お取り扱いいただけるお店は、随時募集中です。書店さま、ギャラリーさま、美術館さまなど、ご興味のある方はどうぞお気軽にご連絡ください。→ tomoppee@gmail.com

    データ本
    無料
    読む
    紙の本
    1,599円
    購入

    『UNIVERSE』

    Tomoko Oosuki著

    STUDIO PETIT発行

    写真

    -

    スキャナの上に、海で拾ったガラスや貝殻を並べてスキャンしてみたら、そこには宇宙が広がっていました。
    カメラを使わず、フラットベッドスキャナで「撮影」した、デジタル・フォトグラムの写真集です。
    1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。
    ★お取り扱いいただけるお店は、随時募集中です。書店さま、ギャラリーさま、美術館さまなど、ご興味のある方はどうぞお気軽にご連絡ください。→ tomoppee@gmail.com

    データ本:無料

    紙本:1,599円

TOMOKO OOSUKI

失われゆくものへの憧憬と所有欲 http://www.sepia.dti.ne.jp/tomo/take/

読むアプリ

※アプリで本を読むには
会員登録が必要です。

書店一覧
book store

その他の書店

    • 恋するタブリエ Ⅳ.ワインノート

       ソムリエール頼子は黒、料理人美奈は白のタブリエ(エプロン)をつけて働く三十歳目前の女の子。タブリエの色と同じく、性格も正反対のふたりの仕事と恋の物語。 *  すべての客がほぼ同じ時間にやってきて、店内は一時混沌とした。  上着の預かりや席への案内だけでも手を焼き、コックコート姿の遠山に力を借りることになる。  前菜の盛り付けやメインディッシュに沿える野菜の準備、デセールの仕上げ、洗い物、遠山には遠山の仕事がたくさんあるというのに。  「ごめんね」  頼子はおしぼりを運ぶ遠山にすれ違いざまに声を掛ける。 「大丈夫です。ホールの仕事で判断できない時は、頼子さんの目を見て困ってることを知らせて指示を仰ぐようにって、美奈さんが」 (美奈が……)  いつからなのか。美奈は少しずつ頼もしくなっている。  後輩との呼吸があってきたことで作業に余裕が出来たせいか、周りがよく見えている。  ランチメニューを任され自信をつけてきたし、実際料理技術も上げていた。   (私は何か変われるんやろか)  自分を成長させるような出来事が起きるような気がしない。  回る長縄跳びの輪に一人だけリズムが合わずに入れないような焦りが頼子を支配する。 * 〈著者紹介〉 浜野稚子(はまのわかこ) 関西在住の主婦。 「自分だけの切り口を見つけて、普通の人の日常をよりリアルに感じていただけるような物語を書きたいと思います」 ☆Twitter:https://twitter.com/hamano_wakako ★作品HP:http://koisurutablier.officialblog.jp

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 恋するタブリエ Ⅵ.あなたがほしい

      「でも、その……一応、そういうんは……はっきりしといた方がよくないですか?」  美奈も納得がいかないといった表情だ。 「何をどうやってはっきりさせんねんな。まぁ、野村さんには後で電話はしてみるけど」  頼子は左手に持った携帯を振って見せる。  いっそ野村が踏み込んできてくれたら、頼子は余計なことを考えずに済んで意外と上手くいくかもしれない。 「頼子さん、……頼子さんの気持ちを大事にしてくださいね……流されんように……よく、考えて。その……私……なんかちょっと、心配です」  まるで美奈に脳内を覗かれたみたいでひやりとした。  核の部分をわざと避けるような言い方で、美奈は忠告めいたことを口にする。  辛気臭い美奈の気遣いが気に障った。  はっきり言えばいいのに。心の中で強がって突っかかる。  実際にはっきり言われたら困るのは頼子だ。  自分の気持ちをどう動かしたらこのもどかしさから解放されるのか、頼子自身わかっていない。 (美奈やって何か悩んどるんやろうが。他人の心配しとる場合ちゃうやろ)  沈黙する頼子と美奈の間を遠山の視線がウロウロとさまよう。 「あの……美奈さん、頼子さん、そろそろケーキ切りましょか。明日も早いですし」  遠山が立ち上がって、冷製料理とデセール用の調理スペースに設置されたナイフラックから長いケーキナイフを抜く。  コックコートを着た遠山は白い騎士のようで、こんな彫刻なかったやろうかと頼子は考える。  おそらく遠山は、最後には美奈のことを颯爽と抱きかかえて救うのだと思う。  羨ましい。  白いトラックに乗った次郎さんが一瞬頼子の頭の中を横切って、止まらずに行ってしまった。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 別冊ポプシクリップ。Vol.3 特集「スカートのひみつ」

      ポップ・マエストロ澤部渡が主催するバンド「スカート」。 2013年3月3日にリリースされた3rdアルバム『ひみつ』を記念して制作されたインタヴュー・ブック。 2時間にも及ぶ澤部本人へインタヴューでは、新作についてのお話から過去の音楽キャリアの振り返りまでじっくりとお話を伺いました。本文だけで1万2千文字以上と読み応えも十分。 インタヴューの他、音楽ライターによる過去作品も含めたディスク・レヴューも。スカートのひみつが今明かされる? 有志が運営するポップス・ギターポップスリスナー向けのストリートチーム型音楽情報サイト「ポプシクリップ。」が発行する電子書籍です。

      データ本
      216円
      購入
      紙の本
      -
      購入
    • 別冊ポプシクリップ。Vol.1 Swinging Popsicle 『LOUD CUT』発売記念インタヴュー

      2013年3月21日更新 クレジット修正 ………………………… 2013年2月18日更新 一部行間調整、クレジット追記 ………………………… 2013年2月16日更新 一部誤字を修正しました。 ………………………… 音楽情報サイトポプシクリップ。で掲載したインタヴュー記事の電子書籍版! ただいまトライアル無料配信中です。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • FishBowl プロローグ

      『その中には僕の求めていたものが含まれていた。父さんがどういった人物であったのか? というのと同じように僕が求めていたもの――父さんはどうして死んでしまったのか? に近づけたような気がしたのだ』 売れっ子芸人を父に、男にだらしない女優を母として 生まれた《僕》 のちに彼は 性転換者の陶芸家や、書けない小説家、 若くして才能豊かな劇作家、 父親を航空機事故で亡くした『タネ違い』の妹 などとともに 暮らすようになります―― 『プロローグ』においては、 これからはじまる長い物語を前に 《僕》がこれを書くことになった 幾つかの動機が提示されます。 すべてを読み終えることで理解できる動機もあれば、 よりわかりやすい動機も含まれます。 最もわかりやすいのは―― 『父さんはどうして死んでしまったのか?』ですかね。 それを縦軸にして、また 数多の人々が横軸となり、 物語は進んでいきます。 「じゃあ、それで、どうなるんだ?」に至るまで――です。 ………………………… 2019年3月10日更新 一部改訂 2019年2月15日更新 一部改訂 2017年9月11日更新 一部改訂 句読点整理 2017年4月4日更新 誤字訂正 句読点整理 2016年10月16日更新 一部訂正 2016年8月17日更新 改頁の訂正

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      940円
      購入
    • 木を伐る

      『私は自分がなにを考え、それをどうこの人に伝えようとしているか不安になった。雨は窓にあたった。私は川を思った。記憶にある川の光景を思い浮かべていた』 突然、義母と暮らすことになった《私》 義母は自分の部屋の窓を覆う大きな木のことで、毎日夫に文句を言ってくる。 《私》は極力それに関わらないようにしているのだが―― 林檎、川の奔流、雨、風、大きな木 幾つかのイメージが重なっていき、 最後に、それが切って落とされるような感じに書いてみました。 ある意味では、怖い話かもしれません。 あるいは、《怖いこと》というのは 主に家庭内で醸成されるものだというのを 示しているものだと思います。 ------------------------- しばらくのあいだ無料にします。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • たわらもと帖

      たわらもと帖

      あんあん著

      マチオモイ帖出版発行

      「マチオモイ帖」は、日本各地のクリエイターが、それぞれのオモイが詰まった大切な町を自分だけの視点で表現するプロジェクトです。 2011年の大阪での展示に始まり、現在では日本各地で展覧会を展開し、大きな反響を呼んでいます。 この本は、これまで「マチオモイ帖」に集まった数多くのミニブックの中の1冊です。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入
    • 人でなし〈一〉

      我が家に同居している人でなし(猫)の写真です。名前は「まめ」といいます。 気が向いた時に気まぐれに足します。

      データ本
      無料
      読む
      紙の本
      -
      購入